かわつる 純米原酒 14

本日の家飲み かわつる 純米原酒 14

20150827120857191.jpg  20150827120908371.jpg

 香川県観音寺市のお酒です。
 ブログで取り上げるのは4回目と、結構な回数になりました。

 西條鶴に続き「低アル原酒」の範疇に入るであろうお酒です。
 ところで、今回の購入時に、そもそも低アル原酒というカテゴリーがなんで出てきたかを自分なりに考えてみました。
 一つは夏向けのお酒として、通常の夏酒はアル添・加水でスッキリ感を出すタイプが多いのですが、これは私のように薄さやアルコール感を嫌う人間には避けられがちなので、それ以外のアプローチで夏向きの「軽くて飲みやすい」お酒を志向したのかなと。
 もう一つはワイン、ひいては海外市場を意識して、加水無しでキツくない程度の度数に抑えたお酒として、売り出そうということかなあと思った次第です。
 まあ別に蔵元さんに聞いたわけではないので単なる想像ですが、こういうことに思いを馳せるのもマニアの楽しみということで…。

 さて、今回の度数は14度、香川のお米である「さぬきよいまい」を使用しています。
 あえてのひらがな表記に他スペックとの明確な差別化意図を感じますね。


 上立ち香はスッキリとした果実香がほのかに。
 含むと、軽めながら少々トロミを感じるような甘味がスルリと入ってきて、そのまま自然にのど奥に流れ込んできます。
 旨味はマスカット的な果実の甘酸味が主役を演じつつ、裏方に苦味も少し感じますね…結構複雑な味わいかも。
 後味はその苦味を少々舌に残して引き上げます。

 低アル酒だって奥深いんだぞ!と力強く主張するかのような、軽くかつ飲み飽きないお酒でした。
 やっぱり多少物足りなさもあるのですが、それをしっかりカバーする賑やかな味わいもあり、杯を重ねると良さが染み入ってきます。
 思えば「川鶴」らしい低アル酒だったなあ…、今後も追っていこうと思います。

20150827120918125.jpg

名称:かわつる 純米原酒 14
精米歩合:65%
酒米:さぬきよいまい
アルコール度:14度
日本酒度:不明
蔵元情報:川鶴酒造株式会社
購入価格(税込):1,500円/720ml
お気に入り度:8.3/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 川鶴 純米

2015年09月11日 香川の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 黒松仙醸 純米大吟醸 Prototype14 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 西條鶴 純米原酒 プレミアム13 >>












管理者にだけ公開する