西條鶴 純米原酒 プレミアム13

本日の家飲み 西條鶴 純米原酒 プレミアム13

20150827120811774.jpg  20150827120822255.jpg

 広島県東広島市のお酒です。
 ブログで取り上げるのは2回目ですね。

 日本酒業界(特に造り手側)には大小さまざまな「ブーム」があるように思います。
 大きいくくりでは「生酒」とか「純米」とか、小さいくくりでは「ワイン酵母」とか「亀の尾」とか、そんなイメージですね。
 その小さいくくりの中で、今年のブームを一つ上げるとすれば「低アル原酒」ではないかと個人的には思います。
 日本酒はアルコール度数18~19ぐらいの「原酒」に「加水」して、15~16度に飲みやすくして売りに出されるのが一般的と、まあ言われているかと思います(最近は原酒のまま売られることも多いのですが)。
 「低アル原酒」は、水を加える前の原酒の状態で、既に15度以下ぐらいの度数になるように造られたお酒という感じでしょうか(厳密な定義はないはず)。

 今回その低アル原酒を数本連続でいただいてみました。
 トップバッターは広島の西條鶴、度数は13です。

 上立ち香は甘くてフレッシュな感じの果実香がそこそこに。
 含むと、やはりアルコール感が弱い感じの柔らかな甘旨味がスルスルと入ってきて、そのまま自然に喉奥に流れ込んできます。
 旨味は、軽快な感じですが存在感のある砂糖菓子のような甘味が主役、酸味や苦味は完全に裏に廻っている印象で、全体的にキレイさを保った味わいです。
 後味はアルコール飲料であることを忘れるような、自然なキレ。

 いわゆる「ジュース的」な味わいの、飲みやすくてキレイな甘味が特長のお酒でした。
 度数以上にスイスイ行ってしまう感じが強い、極めて危険なお酒のような気がします。
 ただ、やっぱり私からしたら「軽すぎる」という気もするような…、これは無濾過生原酒ばっかり飲んでる影響だと思いますが。
 兎も角、狙い通りのお酒ではあるのだろうと思います、西條鶴の実力を感じた一本でした。

20150827120845247.jpg

名称:西條鶴 純米原酒 プレミアム13
精米歩合:65%
酒米:不明
アルコール度:13%
日本酒度:不明
蔵元情報:西條鶴醸造株式会社
購入価格(税抜):1,400円/720ml
お気に入り度:8.0/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 西條鶴 純米

2015年09月08日 広島の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< かわつる 純米原酒 14 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 山和 特別純米 中取り原酒 >>












管理者にだけ公開する