巖 特別純米酒 701号 本生

本日の家飲み 巖(いわお) 特別純米酒 701号 本生 

20150630153948384.jpg  20150630154021951.jpg

 群馬県藤岡市のお酒です。
 家飲み、外飲みともに経験あり。

 「巖」、名前といい、ラベルの字体の雰囲気といい、極めて男臭い力強さを感じますね。
 私は二年くらい前に家飲み経験があるのですが、その時の印象は「筋肉質な味わいの、名前通りの男酒」というものでした。
 実際、名は体を表すお酒は多いと思いますね…、蔵元さんも当然わかったうえでのネーミングなのでしょう。
 ただ、個人的にははっきり言って女酒の方が好みなので単純に好みの問題でしばらく買いませんでした、が、今回なんとなく久しぶりにセレクトしてみた次第です。

 スペックやもろもろの情報については大き目な裏ラベルにびっしりと書かれています。
 もろみ日数や粕歩合など中々マニアックなデータに加え(ちなみに701号というのは酵母の種類)、蔵元の想い、スペックの解説まで記載がありますね。
 この情報発信の姿勢は本当、素晴らしいの一言だと思います。

20150630154011544.jpg

 上立ち香は爽やかな甘さを感じるセメダインがそこそこに。
 含むと、フレッシュでバランスの良い印象の旨味がグッと入ってきて、少々の苦味でキリリとしたまま染みこんできます。
 旨味は、うーん洋梨的な程良い甘味と酸味が存在感を出しつつ、フレッシュさと苦味でキッチリ飲み飽き無さもある完成度の高い味わい。
 後味は、バランスの良さを保ったまま自然にキレていきます。

 濃度の高い甘旨味がありながら、不思議なほどに引き締まった印象のある奥深い味わいのお酒でした。
 うーむ、キリリとした感じは保ちながら、前に飲んだ時より格段に私好みになっているような…。
 これがスペックの違いによるものか、酒質の向上によるものかはまだわかりませんが、とりあえず旨い!と思ったのは確か。
 コスパも文句なしですし、巌は今後注目度を上げていきたいと思います。

20150630154046718.jpg

名称:巖 特別純米酒 701号 本生
精米歩合:55%
使用米: 美山錦81%:五百万石19%
アルコール度:17~18%
日本酒度:+1
蔵元情報:高井株式会社
購入価格(税抜):1,350円/720ml
お気に入り度:8.5/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2015年07月19日 群馬の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 自然郷 純米吟醸 直汲 セブン 中取り | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | (お知らせ)Facebookページを作ってみました >>












管理者にだけ公開する