プチ外飲み雑記in所沢+α

 所沢のとある居酒屋さんで、彼女とちょっと飲んできたのでメモ程度に記録をつけておきます。
 そのお店は数は少なめながら結構今時の銘柄を揃えていたのですが、十四代本丸が1合1,800円というのを見て、かなり萎えてしまいました。
 なんというか「十四代置いてます!」みたいな売り文句のところほど、こういう値段設定が多い気がします。
 ブランド化というのは功罪入り混じるものだなあと改めて思いました。

 飲んだ銘柄は以下の通り
・鏡山 初しぼり生 
・写楽
・太平海
・百楽門 純米生原酒 五百万石

 写楽のささめゆきは去年家飲みしたことがありましたが、今回飲んでさらに印象が良くなりました。
 うっすら白い感じの見た目と、やさしい甘味がなんともネーミングにあっていると思います。

fc2_2013-01-29_19-35-22-610.jpg

 百楽門は私のお気に入り銘柄の一つなのですが、雄町のイメージが強く五百万石は初飲みです。
 甘さは控えめながら、百楽門らしい米の旨みがはっきりと出ている完成度の高い美酒でした。

fc2_2013-01-29_19-35-58-790.jpg  fc2_2013-01-29_19-36-21-170.jpg

 他2銘柄も含め数は少ないながらも、日本酒自体はどれも美味しかったと思います。
 ただ「やっぱり私がいつも行っているようなお店はレベルが高いんだなあ」と改めて実感したひとときでもありました。

 なんというか、いいお店には店長さんの「思い」がお酒や料理そのもの以外にも、あちらこちらに表れるんですよね。
 それはコメント付きの日替わりメニューだったり、注ぐときの一言解説だったり、黙っても出てくる仕込み水の和らぎ水だったり、あるいは直接お話しした時にストレートに伝わってくるものだったりします。
 私は当然日本酒が大好きなので、そういう思いに触れるのはとても楽しいのです。
 もちろん、そういった部分はある程度コストに反映されることもあるはずですが、プレミア銘柄に本来価格の何倍ものお金を出すよりは遥かに有意義だと私は思います。

 かなり話題が逸れて、思いを書き綴ってしまいました。
 しかし我ながら、2年前には「はなの舞」とかでモスコミュールとかをバカスカ飲んでいた人間の書くこととは思えませんねえ…、自分の半可通ぶりにちょっと呆れてしまいます。
 ま、まあそれだけ今の日本酒には悪魔的な魅力があるということで…。

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 冩樂 百楽門

2013年02月01日 外飲み記録 トラックバック:0 コメント:1

<< 陸奥八仙 黒ラベル 純米吟醸 生原酒 直汲み | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 鳳凰美田 しずく絞り斗瓶取り 純米吟醸 若水 無濾過生酒 >>

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013年02月04日 編集












管理者にだけ公開する