井の頭 純米吟醸 袋取り無濾過生しずく

本日の家飲み 井の頭 純米吟醸 袋取り無濾過生しずく

20150506011128828.jpg  20150506011140830.jpg

 長野県伊那市のお酒です。
 今期のマイブーム銘柄の一つですね。

 井の頭は2013年の大長野酒祭りで出会って以来の注目銘柄で、26BYすでにしぼりたて生みふゆ月(純米)をこのブログで紹介しています。
 この二つについては、アル添及び辛口と、コンセプト的に自分の好みから外れるかなあという危惧もあったのですが、実際はその味わいに十二分に満足できました。
 そんなこともあって引き続き注視していたのですが、今回満を持して純米吟醸・無濾過生・袋取り、という自分の好みド直球のスペックが出てきたため、おっとり刀で信州おさけ村さんに駆けつけ、購入した次第です。

 使用米は信州美山錦、アルコール度は15%とちょい低めですね。
 ちなみに蔵元さんホームページに商品紹介もあります

20150506011153999.jpg

 注ぐと、私が買った瓶については結構おりが絡んでいて、うすにごりといった風情。

 上立ち香は濃厚で割と落ち着いた果実香がそこそこに。
 含むと、濃厚ながら整った印象の甘旨味が、上品な程度の酸味でキレ味を添えられつつ、雑味皆無で染みこんできます。
 旨味は井の頭でいつも感じる、しっかり熟した感じの果実の甘味が主役で、今回は生らしくより主張が強いですね、ただ苦味はあくまでキツくならない程度で、全体的にはやっぱり優しいイメージ。
 後味はその優しさを保ったまま自然にキレます。

 井の頭らしい優しい甘旨味が、無濾過生らしくしっかりと、袋しぼりらしくキレイに感じられる、期待通りのお酒でした。
 やっぱりこのお酒は派手さはないです、でもオンリーワンの魅力があるんですよね…
 もう一皮むければ一気にブレイクしそうな予感を感じます。
 井の頭、今後も最大限に注目していきたいと思います。


 ただ、飲み進めて最後のあたり、おりが濃くなってくると少し苦味が勝ってしまうような…
 個人的には、このお酒はきっちりおり引きした方が上品さを楽しめた気がしますね、もちろん個人的好みですが。

20150506011209676.jpg  20150506011224078.jpg

名称:井の頭 純米吟醸 袋取り無濾過生しずく
精米歩合:55%
使用米:美山錦
アルコール度:15%
日本酒度:+3
蔵元情報:漆戸醸造株式会社
購入価格(税抜):1,600円/720ml
お気に入り度:8.6/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2015年06月11日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< ○飛(マルヒ) 山廃純米 No.24 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 姿 純米吟醸 山田錦 無濾過生原酒 中取り >>

こんにちは。
美山錦の無濾過生の純米吟醸ってだけでヨダレがでそうです。まぁ妄想ですが(笑)。
私も伊那谷のお酒に好みのものが多いので、これも是非飲んでみたいです。
ただ、私の家の周りではあまり伊那谷のお酒置いているところが少ないのでどうしても現地にドライブ行った時に買うくらいしかできないのが難点です。

2015年06月14日 シンパク URL 編集

>シンパク様、コメントありがとうございます。
美山錦のお酒は結構個性のあるものが多いように感じます、無濾過生原酒ならなおさらですね。
このお酒もそういう魅力がありました!

以前コメントいただいた時も思いましたが、本当に伊那谷のお酒は良いものが多いですね。
買いにくいのも同感です…、信州おさけ村さんの存在には本当に助けられている感じです。

2015年06月15日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する