クラシック仙禽 亀の尾

本日の家飲み クラシック仙禽 亀の尾

20150420122229754.jpg  20150420122240924.jpg

 栃木県さくら市のお酒です。
 外飲みも家飲みも経験あるのですが、意外にもブログでの紹介は初めてですね。

 仙禽といえば、薄井一樹蔵元社長がフジテレビの「ほこ×たて」に「絶対味覚の持ち主」として出演したことで一時期かなり話題になっていたかと思います。(獺祭の桜井社長も同番組に出てましたね)
 「絶対味覚」という煽りはどうかとも思いますが、そもそも薄井社長は蔵に戻る前はソムリエをやっていたとのことで、味覚の鍛え方は相当なものなのでしょう。
 実際その経歴は商品の開発にも表れているようで、仙禽はいわゆる「テロワール」へのこだわりと、日本酒の枠に囚われない新しい味わいで各所の高評価を得ている印象です。

 今回いただくのは「クラシック仙禽」、なぜか特定名称の表記がないっぽいですね。
 無ろ過原酒ながらアルコール度14度という最近流行の「低アル原酒」で、一回瓶火入れ。
 復刻米として有名な「亀の尾」(しかも栃木県産)を使っているということもポイントでしょう。
 実は朧酒店さんの飲み比べイベントで一杯いただき、好印象だったので、その場で購入させていただきました。

20150420122254042.jpg  20150420122304562.jpg

 上立ち香はスッキリ爽やか系の甘さ控えめ果実といった香りが控えめに。
 含むと、透明感のある上品な甘旨味が、落ち着いた酸に寄り添われて、濃厚ながら切れ味を保った味わいを形作ります。
 旨味はほどほどの甘味がありつつ、やはり派手さはないものの存在感のある酸が主役のスッキリとした味わい。
 後味はその酸が引き取って、自然かつしっかりとキレます。
 
 甘酸っぱいというよりは、スッキリさを強く感じる、火入れが良い方向に働いている印象のお酒でした。
 私の仙禽のイメージと比べて甘みも酸味も控えめですが、酸に関しては自分にはこれぐらいが丁度良いのかも。
 仙禽という銘柄の奥深さを感じた一本でした、今後も注目したいと思います。

 そして開栓後もほぼ減退はなく、むしろ落ち着いて良い感じ。
 火入れ酒のこの安定感もやっぱり良いですね、

20150420122319540.jpg

名称:クラシック仙禽 亀の尾
精米歩合:50%
使用米:亀の尾
アルコール度:14%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社せんきん
購入価格(税抜):1,500円/720ml
お気に入り度:8.3/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 仙禽

2015年06月03日 栃木の日本酒 トラックバック:0 コメント:1

<< 而今 純米吟醸 酒未来 無濾過生 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 潦(にわたづみ) 純米吟醸 むろか生酒 >>

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015年06月03日 編集












管理者にだけ公開する