潦(にわたづみ) 純米吟醸 むろか生酒

本日の家飲み 潦(にわたづみ) 純米吟醸 むろか生酒 

20150420122434051.jpg  20150420122446484.jpg

 高知県安芸市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 難読銘柄は数ありますが、その中でもこちらは一等級なのではないでしょうか。
 裏ラベルによると、潦(にわたづみ)とは「雨が降る折に、地上にたまり流れる水のこと」だそうで、「日常と非日常の境界にある酒」をイメージしてのネーミングとのこと。
 なかなか詩的ですね…、ちなみにこちらは限定ブランドで、通常銘柄は「安芸虎」などのようです。

 スペック的には「土佐錦」を利用しているところが特徴でしょうか。
 高知の酒造好適米だそうですが東京ではあまり見ない印象です、司牡丹などが使っているとか。
 ちなみに普通に検索すると、金魚(トサキン)が出てくるところがちょっと面白かったです。

20150420122504274.jpg

 上立ち香はスッキリ系の香りが仄かに。
 含むと、とろみを感じるしっかりとした甘旨味が、心地よい酸味で輪郭を保ちながら、力強く入り込んできます。
 旨味は濃厚そのもののながら荒さを感じない、ほどよく熟した果実の甘味が主役で、キツくない酸味と完全に裏方に回った苦味がダレをちゃんと防ぎます。
 後味は最後まで酸味が仕事をしつつ、ほんの少々苦味が表に出て見事にキレます。

 無濾過生原酒らしい芳醇な甘旨味が主役かつ、ありがちな荒さやエグさが皆無で滑らかさすら感じるまとまりのあるお酒でした。
 これは旨い!特にやさしい酸味が特長ですね…、酸をどう使いこなすかというのは最近の日本酒の味わいにおける重要ポイントかなと思います。
 コスパも素晴らしいですし、完全にお気に入りです、次は是非安芸虎もいただいてみたいと思いました。

20150420122516263.jpg  20150420122529655.jpg

名称:潦(にわたづみ) 純米吟醸 むろか生酒
精米歩合:50%
使用米:土佐錦
アルコール度:16.5%
日本酒度:-1
蔵元情報:有限会社有光酒造場
購入価格(税抜):1,229円/720ml
お気に入り度:8.6/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2015年06月01日 高知の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< クラシック仙禽 亀の尾 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 勝山 特別純米 濃純旨口 縁 >>












管理者にだけ公開する