十四代 大吟醸 播州山田錦 純米醸造 生詰

本日の家飲み 十四代 大吟醸 播州山田錦 純米醸造 生詰

20150302124730499.jpg  20150302124811633.jpg

 山形県村山市のお酒です。
 外飲み回数は数え切れず、家飲みは実は二回目。

 持ち込み銘柄三本目は、泣く子も黙る超入手困難銘柄、十四代の大吟醸です。
 転売屋にお金を落とすことのない方法で、イベント用に一本だけ入手させていただきました。
 まあ、そもそものお値段がいつもの家飲み銘柄よりかなりお高いのですが…

 さて、ラベルには「大吟醸」とはっきり書いてありますが、「純米醸造」ということでアル添は無し、つまりは純米大吟醸です。
 なぜこの表記なのかについて某居酒屋の店長さんに聞いてみたところ、法令にかかわらず蔵元の技術の粋を集めたお酒には「大吟醸」という呼称こそがふさわしいという、蔵元さんの想いがあるようです(まあいつかメディア露出の際に、蔵元さん自ら語ってくれるでしょう)
 少しわかりにくい気もしますが、まあ確かに最高級の出品酒は大体「大吟醸」ですし、獺祭の登場などで「純米大吟醸」のほうが身近な感もしてきているので、実態に即した判断とも思えます。
 
 なお、「清酒の製法品質表示基準を定める件」を見ると、「吟醸酒に純米の用語を併せて用いることも差支えない(要約)」みたいな記載になっているので、こういう書き方でも問題ないのでしょう。
 実際スペック的にも特A地区の山田錦を40まで磨いている、きわめて贅沢なものです。

20150302124826623.jpg  20150302124842320.jpg

 上立ち香はバニラを思わせる穏やかな吟醸香がそこそこに。
 含むと、うっとりするような美しく上品な甘旨味が舌触り極めて滑らかに滑り込んできて、そのままツーっと喉奥に流れ込んでいきます。
 旨味は、よくメロンと形容される十四代らしい甘味が主役で、兎にも角にも雑味と刺激が無く、良い意味で「水のように」自然に飲めてしまいます。
 後味は、数秒前の濃厚な甘味が夢であったかのように、自然にかつ上品に引き上げていきます。

 十四代らしい魅力的な甘味が、薄いヴェールに包まれたような上品さで供される、お値段以上に高級感あふれるお酒でした。
 十四代については、「言うほどのものではない」という評判もよく目にしますが、味わいの方向性が好みということもあって、個人的にはまだまだ離れられない銘柄です。
 旨味の質に、蠱惑的とすらいえるような魅力があるんですよね…、芳醇かつ優しく、クセが無く独特。
 「定価で飲めれば」素晴らしい銘柄であることは間違いないと考えます、今後もちゃんとした居酒屋さんでちょくちょくいただきたいですね。


 これでイベント持ち込み酒としては最後です、どれも「ハレの日」にふさわしい、素晴らしいお酒でした。
 日本酒は現在、私の人生にかなりの彩りを添えてくれていると、改めて感じている今日この頃です。
 これからも、蔵元さんに感謝しつつ、節度をわきまえて、楽しませていただこうと思います。
 
20150302124909265.jpg  20150302124930471.jpg

名称:十四代 大吟醸 播州山田錦 純米醸造 生詰
精米歩合:40%
使用米:山田錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:髙木酒造株式会社
購入価格(税抜):セット購入
お気に入り度:高級品なので対象外(味だけなら殿堂入り)

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2015年04月28日 山形の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 射美 特別純米酒 槽場無濾過生原酒 26BY | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 而今 純米吟醸 山田錦 無濾過生 26BY >>












管理者にだけ公開する