井の頭 純米生原酒 無濾過 「みふゆ月」 

本日の家飲み 井の頭 純米生原酒 無濾過 「みふゆ月」 

20150112142958912.jpg  20150112143014508.jpg

 前回に続き、2本目の井の頭です。
 
 アル添酒だけ買うのもどうかと思い純米も買った旨前回書きましたが、私は別に「純米にあらずんば日本酒にあらず」といった過激な純米派ではありません。
 理論的な純米派ではなく、経験に基づく純米派という感じですね。
 アル添酒の特徴と感じる「アルコール感によるキレ」が個人的には苦手で、多少味が残っても自然な後味の純米が好きなのです。
 このアルコール感は本醸造クラスで顕著と思いますが、大吟醸クラスでも気になることがたまにありますし…(多分に思い込みでしょうけど)
 そんなわけで、私は本醸造と純米が並んでいたら、迷わず純米を買うようにしている次第です、結果としてブログ掲載銘柄もほとんどが純米となっております。

 さて、完全に話がずれました。
 こちらには裏ラベルに細かいスペックがありますね、純米の無濾過生原酒です。
 「みふゆ月」の意味については書いてありますが(なぜかやけにかすれていて読みにくい…)、なぜこのお酒にネーミングしたのかは不明。

20150112143030205.jpg

 上立ち香は濃厚甘めな果実香が仄かに。
 含むと、とても濃厚かつ青臭さのある甘酸味がググっと入ってきて、新酒らしい苦味で引き締められながら染みこんできます。
 旨味は井の頭らしい落ち着いた果実の甘味を強く感じるのですが、同時に苦味と荒々しい酸味もそこそこ感じますね。
 言われてみればこれは辛口なのかな…、後味はそんな感じでやっぱりスッキリキレます。

 芳醇な旨味をフレッシュな酸味と辛さで力強く引き上げる、新酒らしい旨辛酒でした。
 甘さが脇役なところは少し寂しい気もしますが、でも十分に存在感のある味わいのお酒だと思います。
 井の頭は生だとこんな感じなんだなあ…、意外ですが一つの完成形としてしっかりまとまっていますね。
 今後も気合を入れて追っていこうと思います。

20150112143045386.jpg

名称:井の頭 純米生原酒 無濾過 「みふゆ月」 
精米歩合:65%
アルコール度:17%
日本酒度:+3
蔵元情報:漆戸醸造株式会社
購入価格(税抜):1,300円/720ml
お気に入り度:8.3/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 井の頭 純米

2015年03月03日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< (プチ感想)黒村祐 本生 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 【ギャザリー】「もっと評価されるべき!」強くオススメしたい知られざる日本酒+購入できる酒屋さん紹介 >>












管理者にだけ公開する