井の頭 無濾過 しぼりたて生

本日の家飲み 井の頭 無濾過 しぼりたて生

20150112143108030.jpg  20150112143123648.jpg

 長野県伊那市のお酒です。
 外飲みは相当数、ブログでの紹介は3本目です。

 中乗さんに続き、信州おさけ村で購入したお酒です。
 個人的に大注目の井の頭は昨年純米吟醸火入れひやおろしをいただいており、今年新酒の時期を待ち構えていたのです。
 で、おさけ村さんにTELで「井の頭のしぼりたて入ってますか!?」と確認してから、矢も楯もたまらず駆けつけました。
 果たして冷蔵庫に井の頭はあったのですが、何とラベルには「醸造アルコール」の文字が!
 完全に油断していたのですが、「純米」が付かないしぼりたてもあったんですね…、やはり日本酒のスペック確認はややこしいものです。
 純米派の自分としては、これだけ買って帰るのもなんだなあと思ったので、同時にもう一つ並んでいた井の頭純米スペックの新酒も購入しました(紹介は次回)

 まあ私は純米派でも穏健派(笑)なので、こちらはこちらで普通にいただきます。
 しかし、精米歩合すら書いてないんですよねこのお酒、まさか普通酒扱いなのでしょうか。
 蔵元ホームページの商品紹介によると、使用米はひとごこち、あえて加水をしているようですね、日本酒度は相当高めの+14。


 上立ち香はフレッシュな吟醸香がそこそこに。
 含むと、口当たり軽やかに中濃度の甘旨味がスッと入ってきて、そのまま自然に喉奥に流れ込みます。
 旨味はフレッシュな果実様の甘味と新酒らしい苦味が程よいバランスでせめぎ合って、飲みやすさが印象に残る味わい。
 井の頭のホッとするような味わいの特徴は変わらず、フレッシュながら落ち着いてるというか…とにかく非常に自分好みです。
 後味は少々の辛さが出てきてキレます。

 しっかりとした旨味を思いっきりスッキリと引き上げる、見事にクセのないアル添酒でした。
 個人的に苦手なアルコール感は見事に感じなかったですね、それでいてスッキリ感だけ強く感じた印象です。
 いやあやっぱりこの酒蔵さんの実力は凄いと思うなあ…、コスパも十分。
 あえて言うなら、私にはちょっとスッキリ過ぎるという、イチャモンのような感想になってしまいます(薄いわけではない)。
 さて、次の井の頭はいかがでしょうか。

20150112143701586.jpg  20150112143645513.jpg 

名称:井の頭 無濾過 しぼりたて生
精米歩合:不明
酒米:ひとごこち
アルコール度:15%
日本酒度:+14
蔵元情報:漆戸醸造株式会社
購入価格(税抜):1,200円/720ml(村民だとさらに5%引き)
お気に入り度:8.4/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 井の頭

2015年02月27日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< 【ギャザリー】「もっと評価されるべき!」強くオススメしたい知られざる日本酒+購入できる酒屋さん紹介 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 【ギャザリー】萌酒だけじゃない!キャラクターに関係する日本酒銘柄ピックアップ >>

こんにちは。
伊那谷のお酒もどっしりした旨みのお酒が多い印象ですね。
純米に力を入れている蔵も多いのでまるめちさんの好みのお酒も多そうですね。

2015年03月02日 シンパク URL 編集

シンパク様、コメントありがとうございます。

私の感覚では、都道府県レベルまではグループとして捉えるのですが中々それ以上の地域までは把握できていなかったりします。
しかしちょっと見てみると、信濃鶴、夜明け前、黒松仙醸に今錦も伊那谷ですか…、もうご想像の通り好きなお酒ばかりです!

2015年03月03日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する