中乗さん 純米吟醸 無濾過生原酒

本日の家飲み 中乗さん(なかのりさん) 純米吟醸 無濾過生原酒

20150112142219444.jpg  20150112142819548.jpg

 長野県木曽郡木曽町のお酒です。
 家飲みは初めて、外では信州おさけ村でいただいていますね

 あまり東京の酒屋や居酒屋では見ない銘柄かと思います、こちらも「信州おさけ村」で購入しました。
 変わった名前の由来については、蔵元ホームページに記載がありました
 「中乗さん」は民謡の「木曽節」に登場する言葉で、木曽節を全国に広めたいという思いから、約60年前に従来銘柄の名称を変更したとのことです。
 ちょっと田舎のにおいがしますが、インパクトはあるネーミングと思います。
 
 見た目的には、長珍や義侠と同じように新聞紙で包まれています。
 で、外に貼ってあるラベルに銘柄名が大きくあり、中のラベルに裏ラベルっぽい詳細スペックが書いてあるという面白い感じ。
 スペック自体は割とスタンダードな長野の無濾過生原酒ですね。

20150112142847325.jpg

 上立ち香はほんのり甘さが混じるセメダインが控えめに。
 含むと、芳醇そのものの甘旨味が固まりで入ってきて、若干の新酒らしい青臭さと共にそのまま染みこんできます。
 旨味はまさに無濾過生原酒といった感じの、苦味が存在しつつそれを上回るフレッシュな甘味が主役を奪う力強い味わい。
 後味はその苦味がきっちりと引き取って、荒々しくキレます。

 無濾過生原酒らしい力強い旨味が少々の荒さを覆い隠す、芳醇フレッシュ酒でした。
 例によって長野酒の魅力があって自分好みなのですが、あえて言うならもう少し個性というか、プラスアルファ的な魅力が欲しい気もしますね。
 その魅力は旨味の個性だったり、口当たりのキレイさだったり、後味の自然さだったりするのですが、そういうものがある銘柄がやっぱり最近伸びていると思うのです。
 兎も角、中乗さんは今後も注目したいと思います。

20150112142904388.jpg

名称:中乗さん 純米吟醸 無濾過生原酒
精米歩合:59%
酒米:ひとごこち
アルコール度:17~18%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社中善酒造店
購入価格(税抜):1,500円/720ml
お気に入り度:8.0/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2015年02月25日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< 【ギャザリー】萌酒だけじゃない!キャラクターに関係する日本酒銘柄ピックアップ | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 【ギャザリー】今だから味わえる幸せ!日本酒「生酒」のススメ >>

こんにちは。度々おじゃまいたします。
中部のお酒はなぜか新聞紙に包まれているものをしばしば見かけます。
新聞紙に包まれていると特別感があってついつい手を伸ばしてしまいます(笑

木曽のお酒はどれも個性があり危険(良い意味で)なお酒が多い気がします。長野県は地区によって味の性格が違うので飲んでいて楽しいですよ。

2015年02月26日 シンパク URL 編集

>シンパク様、コメントありがとうございます。

そういえば新聞紙シリーズは全部中部地方のお酒ですね!
何気に今気づきました、うーむどういう理由なのか…

七笑とか九郎右衛門も木曽ですよね、確かに個性がある気がします。
長野酒は相当飲んでいると思いますが、それでも全然飽きないのは、確かにその多彩な地域性によるものかもしれません。
いやあ奥が深いです。

2015年02月27日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する