木戸泉「afs(アフス)」 純米生酒

本日の家飲み 木戸泉「afs(アフス)」 純米生酒

20150112135136712.jpg  20150112135150317.jpg

 千葉県いすみ市のお酒です。
 木戸泉自体は一度ブログでも紹介しています。

 このお酒はボトル・ラベルデザインからいって既に日本酒とは思えない佇まいですね。
 造りもオンリーワンで、「高温山廃一段仕込み」という極めて特徴的なやり方だそうです。
 そのあたりの解説や想いは、蔵元さんの商品紹介に詳しいですし、裏ラベルにも解説がありますね。
 個性的な味わいが予想されますが、そのへんを考慮してか500mlで出してくれているので、試しに購入した次第です。

 スペック的には、アルコール度の低さ(13.7度)が目につきます。
 加水の有無はわからないのですが、海外を意識しているお酒らしいので、ワインレベルに抑えているのかも。
 なお、どうやら千葉県の酒米「総の舞」を使っているらしいのですが、ラベルにその記載がないのは実に残念。


 上立ち香は酸を感じる香りがそこそこに。
 含むと、一瞬クセの無い旨味を感じるのですが、そこから出てくるのは酸、酸、酸。
 味わいの内容は非常に強い酸味がメインで、そこに果実的な甘味が寄り添う程度につき従う感じ。
 後味はダメ押しのように酸っぱさが出てきて、少々それを舌先に残しつつ引いていきます。

 ある意味予想通り、まさにオンリーワンの、超酸味酒でした。
 完全に人を選ぶタイプのお酒ですね、旨味が合って酸味をスッキリさと感じられれば食中酒として優秀そうです。
 ただ正直なところ、私はここまでいってしまうと結構飲むのが辛いレベルだったりして…。
 単純に酸っぱい系の酸味が苦手なので、そっちを敏感に感じて甘味が隠れてしまうんですよね。
 今後、木戸泉は素直に自分が好きそうなスペックをいただこうと思います。

 ちなみに妻は気に入ったようで、半分以上飲んでもらいました。
 白ワインぽい感じながら渋味がなく、甘味もあって飲みやすいとのこと。
 酸っぱ味が好きかどうかでかなり印象が変わるお酒なのは間違いなさそうです。

20150112135207094.jpg  20150112135220674.jpg

名称:木戸泉「afs(アフス)」 純米生酒
精米歩合:65%
酒米:総の舞
アルコール度:13.7%
日本酒度:-28
蔵元情報:木戸泉酒造株式会社
購入価格(税抜):1,050円/500ml
お気に入り度:7.4/9.0(あくまで個人的には)

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2015年02月10日 千葉の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 廣戸川 純米にごり生酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | (プチ感想)喜楽里 純米吟醸 蔵出し生原酒21BY >>












管理者にだけ公開する