屋守 純米 無濾過無調整生 おりがらみ 仕込み1号 

本日の家飲み 屋守(おくのかみ) 純米 無濾過無調整生 おりがらみ 仕込み1号 

20150112143802789.jpg  20150112143922202.jpg

 東京都東村山市のお酒です。
 外飲み、家飲み含め何度もいただいています、ブログでは4本目。

 屋守は私のお気に入り銘柄の一つです、醸す豊島屋酒造の地元向け銘柄は「金婚」。
 こちらは数少ない東京のお酒の一つとして、「澤乃井」と共に雑誌「東京人」2月号に掲載されていました。
 自分が注目している銘柄が紹介されると、やっぱり嬉しいものですね。
 (ちなみにその東京人は、私が日本酒マニアであることを知っている同僚がプレゼントしてくれました。いやあありがたい限り)

 今回いただくのは純米の、限定おりがらみです。
 おりがらみは昨年も狙っていたのですがうっかり買い逃したので、今年は直ぐに駆けつけて調達した次第。
 名乗りは「純米」ですが、八反錦を麹50、掛55まで削っています。

20150215151822430.jpg 20150215151447848.jpg

20150112144023661.jpg

 まずはしっかり混ぜていただきます。
 上立ち香はおりがらみらしくコメっぽさが混じった吟醸香がそこそこに。
 含むと、フレッシュながらまろやかな甘旨味が自然に入ってきて、爽やかな酸味とともに広がります。
 旨味はバランスの良いジューシーな甘酸味が主役で、新酒の生酒らしいフレッシュ芳醇な旨さをストレートに楽しめます。
 後味はほどよい苦味が引き取ってきっちりキレ。

 いつもの屋守の延長線上にありつつ、うすにごりの魅力を素直に上乗せしたような旨酒でした。
 いやあ屋守の新酒は安定して私のストライクゾーンです。
 正直上の感想だけでは他のジューシー系生酒と殆ど変らないように見えてしまうと思いますが、旨味に個性があるのと全体的なまとまりが頭一つ抜けていると感じるのです、この点は而今・花陽浴の生と同じですね。
 屋守、今後も追い続けていきたいと思います。

 ちなみに上澄みを取っても普通にいつもの屋守って感じで旨いです。
 ただ、この場合はしっかり絡めたほうが魅力的かな。

20150112144105494.jpg  20150112144206381.jpg

名称:屋守 純米 無濾過無調整生 おりがらみ 仕込み1号
精米歩合: 麹米:50% 掛米:55%
酒米:八反錦
アルコール度:16%
日本酒度:+2
蔵元情報:株式会社豊島屋酒造
購入価格(税抜):1,394円/720ml
お気に入り度:8.6/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2015年02月15日 東京の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< (プチ感想)青やまユ 生酒 25BY | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 【ギャザリー】【一升2000円程度】コスパの良いオススメ日本酒10選 >>












管理者にだけ公開する