越乃寒梅 純米吟醸酒 無垢

本日の家飲み 越乃寒梅 純米吟醸酒 無垢

1418372044360.jpg  1418372053261.jpg

 新潟県新潟市のお酒です。
 日本酒に目覚めて以来では、実は家飲み、外飲み共に初めていただく銘柄です。

 私は基本的には新傾向の日本酒を好み、新潟の「淡麗辛口」酒については、ある意味仮想敵(苦笑)として考えてきた酒飲みです。
 しかし冷静に考えてみると、パック酒やスーパーに置いてあるお酒はともかく、ハイレベルかつ伝統的な越後酒をじっくり家飲みしたことはなかったのではないかと思い至り、今回数本購入してみました。
 一本目は泣く子も黙る有名酒、越乃寒梅です。
 
 越乃寒梅は昔からプレミア酒と言われていながら、安めのランクの物はそこらへんのスーパーでごろごろ転がっているという不思議なお酒です。
 本丸さえ、えらく入手困難な十四代とは大違いですね、違いの理由は当然生産量でしょう。
 低価格帯については大量生産して、保存状態にもこだわらずガンガン流通させるという姿勢は、ブランドの安売りとも言えると思えますが、一概に悪いこととも言えないのが難しいところです。

 今回は蔵がしっかり造っていると言えるだろうお酒ということで、少しお高めの純米吟醸をセレクトしました。
 もちろん、特約店さんから定価での購入。
 

 上立ち香は意外にもとても抑えめな米の香り。
 含むと、やはり伝統的な米の旨味がとても自然に入ってきて、少々の渋辛で輪郭を保ちつつゆっくりと染みこんできます。
 旨味はお米っぽい落ち着いた甘味が主役ですが、熟成感はほどほどでストレートに楽しめます。
 うーん、米っぽいを連発してますが、干しレーズンとかも想起する濃い旨味だと思います。
 後味は文句なしに自然にキレます。

 落ち着いた感じの透明感のある旨味を、じっくりと楽しめるお酒でした。
 当たり前のように雑味やクセは皆無で、万人が飲んで旨いと言いそうな完成度です。
 伝統を感じさせるようなホッとする印象が魅力なのですが、決して薄くはない感じ。
 これまた私のイメージする淡麗辛口とは全然違うなあ…、むしろ結構甘味を感じました。
 取りあえず越乃寒梅は、タイミングをみてもう少し下のクラスも飲んでみたいと思います。

1418372063728.jpg  1418372075596.jpg

名称:越乃寒梅 純米吟醸酒 無垢
精米歩合:50%
酒米:不明
アルコール度:16~17%
日本酒度:不明
蔵元情報:石本酒造株式会社
購入価格(税抜):1,900円/720ml
お気に入り度:8.1/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2015年01月25日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 雪中梅 純米 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | ロ万 無濾過一回火入れ >>












管理者にだけ公開する