風の森 キヌヒカリ 純米大吟醸 無濾過無加水生酒 笊籬採り

本日の家飲み 風の森 キヌヒカリ 純米大吟醸 無濾過無加水生酒 笊籬採り(いかきどり)

1416126880818.jpg  1416126890983.jpg

 今期(25BY)の笊籬採り第二弾は「キヌヒカリ」を半分以上削った純米大吟醸です。
 同じく風の森の原料米としてよく使われる飯米にアキツホがありますが、キヌヒカリの方がより飯米としてメジャーというか、生産量が多いみたいですね。
 
 飯米は酒米に比べ値段が安いと一般的に言われますが、流石に45%まで削ってしまうと安くはないです。
 同じ分のお酒を醸すのに単純計算で雄町80のほぼ1.8倍のお米が必要なわけですしね。
 まあ、酒米で45ならこんな値段じゃすまないので、そういう意味ではお得感もあるかも。

 上立ち香はガス混じりの吟醸香が意外にも仄かに。
 含むと、やはり高精米らしい上品な口当たりの甘旨味を感じるのですが、ガス感の刺激も前に出てきてプチシャンパンな感じ。
 旨味はその甘味が主役を演じる、ガスによるフレッシュ感と季節を経た落ち着きという相反しそうな要素がうまく融合した、笊籬採りらしい魅力的な味わいです。
 後味はガス感もあってスッキリキレます。

 強めかつ上品な甘味が心地よい、風の森らしいガス感がアクセントをつける旨酒でした。
 雄町80とはかなり違う味わいなのですが、共通する魅力的な部分(心地よいガス感・熟成香なしの熟した旨味など)も多いです。
 これこそもう少し落ち着いた方がイケそうな雰囲気ですね、変化が楽しみです。

 …と書いたのですが、保存ミスで経過感想メモがほぼ紛失してしまいました…。
 確かにいえるのは、笊籬採りの例に漏れず、変化してもうまかったし、燗を付けてもうまかったということぐらい。
 やっぱり笊籬採りはハズレなし、というか全て大当たりですね、いつかまたいただいてじっくり感想をまとめようと思います。

1416126900725.jpg  1416126915603.jpg

1416126925596.jpg

名称:風の森 キヌヒカリ 純米大吟醸 無濾過無加水生酒 笊籬採り
精米歩合:45%
酒米:キヌヒカリ
アルコール度:17%
日本酒度:-2.0
蔵元情報:油長酒造株式会社
購入価格(税抜):3,500円/1,800ml
お気に入り度:8.7/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2014年12月21日 奈良の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 黒兜 純米吟醸 無濾過瓶囲い 山田錦 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 【ギャザリー】実際に飲んでみた!「SAKE COMPETITION 2014」上位入賞酒感想まとめ >>












管理者にだけ公開する