美少年 劍門 純米吟醸酒

本日の家飲み 美少年 劍門(けんもん) 純米吟醸酒

1412251253461.jpg  1412251263164.jpg

 熊本県菊池市のお酒です。
 家飲み、外飲み共に初めて。

 美少年といえばやはり思い出してしまうのが2008年に発覚した「事故米不正転売事件」です(リンク先はwikipedia)。
 日本酒の要といっても良いであろうお米について、プロ意識の欠片もないやりかたで消費者を騙したこの事件により、清酒「美少年」の名は一度地に堕ちたといっても良いと思います。
 個人的には有名どころの銘柄ということもあり「過去のお酒」として興味もなかったのですが、今回たまたまはせがわ酒店さんの通販に並んでいて、熊本県のお酒を未だ飲んだことがなかったことからセレクトした次第です。
 
 蔵元ホームページによると、現在は事故時の会社から事業を受け継いで、「美少年」を醸しているとのこと。
 規模を縮小して酒質を上げるという方向性には共感できますが、実際はいかがでしょうか。
 今回いただくのは甲板商品の一つっぽい純米吟醸。
 多分加水火入れ有りだと思いますが、それにしてもお安いのはありがたいところ。

 上立ち香はスッキリとした吟醸香がそこそこに。
 含むと、一瞬「ん、これお酒?」と感じる、いわゆる淡麗な味わいの液体がスッと入ってきて、時間差で優しい印象の爽やかな甘旨味が染み出してきます。
 旨味は甘味そこそこの伝統的な米の旨味っぽいのですが、あくまで軽い感じでフルーティーとも言える気もします(表現が難しい…)。
 後味はちょっとチリチリする辛さも出てきて、綺麗にキレます。

 クセ・雑味のないスッキリ系ながら、自然な旨味の存在感もしっかりと感じる爽快旨酒でした。
 いわゆる飲み飽きないお酒という感じで、飲み進めるにつれて良さを感じてきます。
 ただ、無濾過生原酒と一緒に飲んじゃうと瞬時に物足りないお酒になってしまうので、食事と一緒にちびちびやるのが無難な楽しみ方でしょう。
 正直イメージは良くなかったのでディスる気満々だったのですが、この味わいをこの値段で出してきたのには黙らされてしまいました。
 美少年、是非品質勝負でまた信頼を取り戻して欲しいと思います。

 また温度でかなり印象が変わってきますね。
 冷やすと本当に水のように飲めますし、常温付近だと旨味の存在感が増してきます。
 これは好みで決めて良いでしょう。

1412251272843.jpg  1412251386894.jpg

名称:美少年 劍門 純米吟醸酒
精米歩合:60%
酒米:不明
アルコール度:15%
日本酒度:+1
蔵元情報:株式会社美少年
購入価格(税抜):1,200円/720ml
お気に入り度:8.0/9.0(値段も考慮に入れて)

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2014年11月20日 熊本の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 【ギャザリー】一度は飲もう!入手困難な日本酒銘柄紹介+おまけ | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 十九 Trifoglio 生酒 >>












管理者にだけ公開する