鍋島 純米吟醸 生酒 山田錦

本日の家飲み 鍋島 純米吟醸 生酒 山田錦

1409887541950.jpg  1409887552972.jpg

 佐賀県鹿島市のお酒です。
 このブログでも何度か取り上げており、外飲みでは数え切れないぐらいいただいている銘柄です。

 私が好きな銘柄は多々ありますが、私個人だけでなく私の周りの様々な嗜好の人達みんなが好きという銘柄というのは相当に限られます、 具体的には十四代や而今、そしてこの鍋島ぐらいしか思いつきません。
 万人に受け入れられるには個性的な魅力だけでなく、有無を言わせぬ「完成度」が必要なのでしょう。
 良く日本酒業界で「ポスト十四代」という言葉が使われますが、個人的にはその万人向けの完成度という点で、やはり鍋島と而今が最右翼といえるだろうと思っています。

 さて、今回のスペック的には山田錦を50まで削った生酒、このパープルラベルは結構よく見かける印象がありますね。
 山田錦を50まで磨いた純米吟醸は色々な酒蔵さんが造っていて、酒米の王様らしくほぼ外れがないと感じているのですが、今年の鍋島はどう仕上げているのでしょうか。

 上立ち香はスタンダードで濃厚フレッシュな吟醸香が強めに。
 含むと、芳醇ながらクセのない甘旨味がふっと広がり、その後はほんの少々の渋酸味で最後まで輪郭を保ちつつゆっくりと染み入ってきます。
 旨味は鍋島らしい高級リンゴ的な甘味が中心で、やはり生酒らしくフレッシュな渋酸味もあるのですが、それを青臭く感じさせないバランスの良さがあります。
 後味は飲み下した瞬間にその渋酸味が表に出てきて、見事に引き上げていきました。

 濃厚フレッシュな生酒らしい魅力がありながら、荒さを全く感じさせない見事な完成度のお酒でした。
 うーん、鍋島は本当に、貫禄を感じさせるような安定感がありますね…、それが生酒でもブレないのが凄い。
 数ある山田錦50磨きのお酒の中でもやはり一歩二歩先を進んでいる印象です。
 昨年いただいた雄町の生は香り高い分少し派手すぎるかなというきらいもあったのですが、これは本当に欠点が見つからない美酒だと思いました。

 今回は一升瓶で買えたので、このお酒がある間は晩酌がいつも以上に楽しみでした。
 鍋島、今後も色々なスペックをいただいていきたいと思います(入手できればですが…)。

1409887566271.jpg

名称:鍋島 純米吟醸 生酒 山田錦
製法情報:生酒
精米歩合:50%
酒米:山田錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:富久千代酒造株式会社
購入価格(税込):3,200円/1800ml
お気に入り度:8.8/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2014年09月13日 佐賀の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 明鏡止水 純米 垂氷 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 花垣 純米 無濾過生原酒 >>












管理者にだけ公開する