四ツ谷「大長野酒祭り2014」に行ってきました

 今年も四ツ谷の食べ&飲み歩きイベント「大長野酒祭り」に行ってきました。
 例によって詳細は公式ページをご参照ください

 さて、今回私も3回目の参加ということで、イベントの楽しみ方なんかを玄人ぶってドヤ顔で語るはずだったのですが、今回は完全にやらかしてしまいました…。
 まあ単純に飲み過ぎたということなのですが、今回は大反省。
 折角頂いたお酒の味わいも、正直後半はほぼ記憶がないという始末で、これは蔵元さんにもお店の方にも大変失礼だと痛感しています…。

 記事自体書くかどうか迷ったのですが、写真は残っているので一応紹介しようと思います。

 まずは今回全体受付で、スタート地点となった信濃町の「アートコンプレックスカフェ」で待っていたゆるキャラ「アルクマ」の一枚。
1407233656733.jpg

 開始より少し早めに着いたのですが、10分ほど並んで受付をすましスタート。
 まずは「アートコンプレックスカフェ」内で二銘柄いただきました。

1407233718747.jpg
・「横笛」伊東酒造(諏訪)

1407233744176.jpg
・「喜久水」喜久水酒造(飯田)

 こちらの喜久水は初飲み銘柄だったのですが、「82%の扁平精米」という非常にマニアックなスペックが目に留まりました。
 味わいも歩合の割に非常にキレイで、尚且つ値段もリーズナブルと、蔵の実力を感じさせる逸品だったと思います。

1407233775696.jpg

次に「わいがい」さんに移動。

1407233808918.jpg
・「美寿々」美寿々酒造(塩尻)

 美寿々は毎年いただいていますがやっぱり上手かった…、特に純米吟醸無濾過生の完成度は素晴らしい。
 また、今回8年熟成ものが出ていて、頂くときつい熟成感がなく氷温熟成のような素直な味の乗り。
 しかしお話によると蔵内での常温熟成とのことで、びっくり仰天でした。
1407233793765.jpg
(写真が逆光でひどいですが普通の色のラベルです)

1407233825027.jpg
・「笑亀」笑亀酒造(塩尻)

1407233840163.jpg
・「水尾」田中屋酒造店(飯山)
 水尾の安定感も良かったなあ…、濃厚フルーティーといった印象。

 次に「日がさ雨がさ」さん。

1407233857513.jpg
・「縁喜」玉村本店(山之内町)

1407233870499.jpg
・「積善」西飯田酒造店(篠ノ井)
 積善さんは毎年そのしっかりした旨味と後味の見事なキレに感動するのですが、売っているところが少ないのが難点。
 今年は家飲みするぞ。

 「山ちゃん」さんに移動。

1407233883742.jpg
・「澤の花」伴野酒造(佐久)

1407233895930.jpg
・「信濃鶴」長生社(駒ケ根)

1407233907992.jpg
・「聖山」「オバステ正宗」長野銘醸(千曲)

 次に「酒徒庵」さん。

1407233926455.jpg
・「和田龍登水」和田龍酒造(上田)

1407233939663.jpg
・「豊賀」「米川」高沢酒造(小布施)

1407233952425.jpg
・「真澄」「みやさか」宮坂醸造(諏訪)

 ここらへんになると、大体味わいの記憶が「どれもおいしい」ぐらいに、ぼやっとしてきます。
 次に「オールザットジャズ」さん。

1407233967455.jpg
・「北安大國」北安醸造(大町)

1407233981551.jpg
・「本金」酒ぬのや本金(諏訪)

1407233995799.jpg
・「中乗さん」中善酒造店(木曽町)

 続いて「りんごの花」さん。

1407234010887.jpg
・「勢正宗」丸世酒造店(中野)

1407234023637.jpg
・「笹の誉」笹井酒造(松本)

1407234038513.jpg
・「松尾」「戸隠」高橋助作酒造店(信濃町)

 次に「地酒あさま」さん。

1407234050254.jpg
・「和和和」古屋酒造店(佐久)

1407234064028.jpg
・「明鏡止水」大澤酒造(佐久)

 「花てまり」さん。

1407234076100.jpg
・「大雪渓」大雪渓酒造(池田町)

1407234102529.jpg
・「夜明け前」小野酒造店(辰野)

 ここで四ツ谷エリアに移動して「肉や しるし」さん。
 …なのですが、正直もうほとんど記憶がない有様。

1407234115075.jpg
・「十六代九郎右衛門」「木曽路」湯川酒造店(木祖村)

 そして「かいのみ」さん。

1407234144258.jpg
・「井の頭」漆戸醸造(伊那)

1407234156368.jpg
・「川中島幻舞」酒千蔵野(川中島)

1407234170575.jpg
・「白馬錦」薄井商店(大町)

 最後に「じきしん」さん。

1407234182430.jpg
・「北光正宗」角口酒造店(飯山)

1407234198763.jpg
・「高天」高天酒造(岡谷)

 うーん、改めて写真で振り返ってみると、これはダメですね…。
 狂気の沙汰ともいえるような、完全に飲みすぎでしょう。
 
 私は貧乏性なので、普通に飲むときは財布というブレーキがかかるのですが、飲み放題は鬼門のようです。
 本当、こういうイベントでは特に気を付けないと…、色々な方に迷惑をかけてしまいます。
 今一度、大人の飲み方を身に着けなければならぬという思いを強めたイベントでした。

 ただ、最後に一つだけ。
 私の場合いくら飲み放題でも、お酒が美味しくなければ飲み過ぎることはありません。
 今回も正直なところ、口に合わないお酒は全くありませんでした。
 長野酒のレベルの高さに乾杯!

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2014年08月06日 日本酒関連の雑記 トラックバック:0 コメント:0

<< 郷の誉 純米吟醸 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 流輝 純米吟醸 舟絞り無ろ過 生 山田錦 >>












管理者にだけ公開する