風の森 雄町 純米吟醸 無濾過無加水生原酒 真中採り

本日の家飲み 風の森 雄町 純米吟醸 無濾過無加水生原酒 真中採り

1409886873385.jpg  1410500780182.jpg

 奈良県御所市のお酒です。
 当ブログ一押し銘柄。

 風の森はもう何度もこのブログで紹介しており、他のブログ・サイトさんでも感想をよくみる銘柄です。
 しかし個人的には、燗を試している方がほとんどいないことが残念でなりません。
 確かに無濾過生原酒がほとんどのこのお酒を燗にすることには抵抗があるとおもいますが、一度は絶対に試してみるべきと改めて主張したいと思います。
 なお味わいが力強くてそこまで細かい温度調整はいらないと思うので、試すだけならレンジ燗で十分でしょう、気に入ったら色々な温度帯を試してみると面白いです。

 さて、今回は風の森のなかでもお気に入りの雄町純米吟醸、しかも真中採り(まなかどり)です。
 まなかどりについては裏ラベルに解説ありますが、まあ「中取り」とほぼ同義ですね。

1409886892639.jpg  1409886907308.jpg  1409886933069.jpg

 お約束のように開栓時にはシャンパンのごとく栓が飛び、注ぐと気泡がグラスにつきます。
 ココらへんはもう風の森フリークとしては、その時点でワクワクしてしまう感じですね。

 上立ち香はガス感強めで甘味が混じる、サイダーのような香りがそこそこに。
 含むとやはり強めのガス感をまず感じ、そこから少し間をおいて自然な感じで芳醇な甘旨味が広がります。
 旨味はいつもの風の森らしい芯のある甘味が主役の、マスカットのような味わいなのですが、今回は青りんごのようなフレッシュさと青臭さも強く感じます。
 何よりやはり真中採りらしく旨味に透明感がありますね…、これも贅沢な味わいだなあ。
 後味はガスが見事に受け持ってしっかりとキレます。

 しっかりとした甘旨味、フレッシュなガス感、中取りらしい飲みやすさがそれぞれちゃんとある、ある意味想定通りに完成度の高いお酒でした。
 流石に笊籬採りと比べるとまだまだ若いという感じもしますね、これも寝かせると旨みがさらに乗りそうですが、我慢できないなあ。
 やっぱり風の森は私の重い期待にもしっかり答えてくれるなあ…、一升瓶の信頼感がハンパないです。
 次は低精米のお酒をじっくりいただこうかな。

 開栓後はガス感が抜けていくと共に、少々渋味や辛さのようなキツさも出てきます。
 しかしこれはこれで完成度が高く、むしろこっちが好きな人も多そうな感じですね。
 また、例によって燗を付けてみると、やっぱり素直に甘旨味が出てきます。
 これは素晴らしいなあ…、特に燗冷ましで人肌燗ぐらいの温度だと飲みやすさも最高で、極めて危険なお酒になってしまいます。
 相変わらずのポテンシャルの高さにメロメロになってしまう一時でした。

1409886951766.jpg

名称:風の森 雄町 純米吟醸 無濾過無加水生原酒 真中採り
精米歩合:50%
酒米:雄町
アルコール度:17%
日本酒度:-4
蔵元情報:油長酒造株式会社
購入価格(税込)3,300円/1800ml
お気に入り度:8.7/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2014年09月19日 奈良の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 大治郎 純米吟醸 生酒 迷水 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 白やまユ 酒こまち 生酒 25BY >>












管理者にだけ公開する