花陽浴 純米吟醸 山田錦 直汲み 生

本日の家飲み 花陽浴(はなあび) 純米吟醸 山田錦 直汲み 生

fc2_2014-07-03_23-43-04-385.jpg  fc2_2014-07-03_23-43-26-103.jpg

 埼玉県羽生市のお酒です。
 現在当ブログで取り上げた回数が一番多い、鉄板のお気に入り銘柄です。

 花陽浴は色々なスペックを頂いていますが「直汲み」をうたうものは初めてかな…、と思ったらイベント限定の「アビノミクス」がそうでした。
 「直汲み」というのは一般的には絞ったお酒を保存用のタンクに移さずに直接瓶詰することをいうらしいのですが、正式な日本酒用語ではなく、ハッキリした定義はないようですね。
 まあざっくりと、「鮮度を保つよう工夫して瓶詰してます」というぐらいにとらえておいた方が良いのかも…。
 
 個人的には花陽浴の山田錦(赤ラベル)というと「秋上がり」のイメージがありますが、酒屋さんによるとこの直汲みは夏に狙いを定めた味わいになっているとのこと。
 ブルーボトルなところにその意図が少し見て取れますね。

fc2_2014-07-03_23-44-21-328.jpg

 上立ち香はいつもの花陽浴らしい甘めのパイン香がほどほどに。
 含むと、フレッシュかつ濃厚でとろみを感じさせるような甘旨味が、袋吊りらしく摩擦ゼロで入ってきて、素直に広がります。
 旨みはいつものパインっぽい甘味が主役なのですが、より酸味が強い印象があって、唾液腺が刺激されるような甘酸っぱさを感じます。
 この酸味が夏向けってことなのかな…、でも味わい自体はとろみを感じるほど濃いのでなかなか不思議な感じ。
 後味はその酸っぱさでキレます。

 花陽浴らしいらしい華やかな甘旨味を、酸っぱさで力強く引き上げていくようなお酒でした。
 なんというかいつもの花陽浴というより三芳菊とかを思いださせるような甘酸っぱさだったと思います。
 ただ、これだけ濃厚個性的な味わいでもあくまで上品さがあるのが花陽浴の凄さだなあ…、ちょっとお高いのは気になるのですが。
 花陽浴、それぞれのスペックにそれぞれの魅力を感じさせてくれます。

fc2_2014-07-03_23-43-49-451.jpg

名称:花陽浴 純米吟醸 山田錦 直汲み 生
精米歩合:55%
酒米:山田錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:南陽醸造株式会社
購入価格(税込):1,800円/720ml
お気に入り度:8.3/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2014年09月07日 埼玉の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 三千盛 純米大吟醸 しぼりたて 生酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 梅乃宿 風香 純米吟醸 袋しぼり生原酒 >>












管理者にだけ公開する