惣邑 純米吟醸中取り 舞いさくら 羽州誉

本日の家飲み 惣邑(そうむら) 純米吟醸中取り 舞いさくら 羽州誉

fc2_2014-04-07_17-15-18-171.jpg  fc2_2014-04-07_17-15-58-807.jpg

 山形県長井市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 実はこちらの銘柄は店頭で見るまで私は寡聞にして知りませんでした。
 ではなぜ目に留まったかというと、使用米が「羽州誉」だったのです。
 羽州誉は酒未来、龍の落とし子同様、十四代を醸す高木酒造が自社開発した酒米ということで、マニアには知られているお米です。
 ネットで調べてみると、当初は羽州誉の提供を受け、使用できたのはこの惣邑だけだったらしいです。
 今では「東洋美人」や「写樂」なども使っているようですが、酒未来に比べ羽州誉はまだまだレアですね。

 また、どうやら「惣邑」自体、蔵元さんが羽州誉で醸したお酒に初めてつけられたのが出発点のようです。
 その後、羽州誉以外の山形県産のお米を使って醸された限定品にもブランドとして使うようになったとのこと。
 蔵元さんが地元以外で勝負をかけるブランドとして、気合いが伝わってきます。

fc2_2014-04-07_17-17-15-417.jpg

 上立ち香はスッキリとした吟醸香がそこそこに。
 含むと、クセのない甘旨味が摩擦無しに入ってきて、徐々に出てくる苦味と拮抗します。
 旨味はフルーティー系吟醸酒のスタンダードな味わいといった感じで、火入れながらフレッシュと芳醇さもしっかりと残しています。
 後味は、苦味が引き取りキッチリキレます。

 奇を衒わずに王道を突き進んでいくかのような、完成度の高い旨味系吟醸酒でした。
 中取りらしい雑味の無さも魅力ですね、ちょっとだけ値段も上がりますけど。
 ただ、これが羽州誉の特性なのか蔵の造り方によるのか現時点で判断がつかないので、次はレギュラースペックをいただいてみようと思いました。

fc2_2014-04-07_17-18-15-770.jpg

名称:惣邑 純米吟醸中取り 舞いさくら
製法情報:中取り
精米歩合:50%
酒米:羽州誉
アルコール度:17%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:長沼合名会社(山形県長井市)
製造年月:2014/3(25BY)
購入価格(税込):1,733円/720ml
お気に入り度:8.0/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 惣邑 純米吟醸

2014年04月18日 山形の日本酒 トラックバック:1 コメント:0

<< 三井の寿 クアドリフォリオ 春純吟 無濾過生酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 会州一 特別純米酒 無濾過生酒原酒 >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://marumechi.blog.fc2.com/tb.php/268-1027d3be

ケノーベルからリンクのご案内(2014/04/19 08:56)

長井市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

2014年04月19日 ケノーベル エージェント