奥能登の白菊 純米無濾過生原酒 そのまんま

本日の家飲み 奥能登の白菊 純米無濾過生原酒 そのまんま

fc2_2014-02-04_01-43-08-501.jpg  fc2_2014-02-04_01-44-12-633.jpg

 石川県輪島市のお酒です。
 このブログでは、昨年のひやおろしを紹介しています。

 奥能登の白菊は数年単位での熟成酒も店頭で見かけるので、かなり熟成にこだわりのある蔵という印象があります。
 ただ、前回「次はあえて新酒の生酒とかをいただいてみたいと思いました。」と感想を書いた通り、意思を貫徹しての今回のセレクトです。
 日本酒(を始めとする趣味全般)のことになると、俄然意志力と記憶力を発揮する自分の脳にちょっと呆れてしまう今日この頃。

 「そのまんま」というのはほぼ「無濾過生原酒」という意味でしょうね。
 歩合はひやおろし同様55ですが、なぜか使用米の記載がありません。
 酒屋さんのHPによるとどうやら山田錦・五百万石らしいのですが、なんで書かないんだろう。

fc2_2014-02-04_01-43-47-048.jpg

 上立ち香はキリっとしたセメダインがそこそこに。
 含むと、非常にフレッシュさがある濃厚な旨味が、力強く染みとおってきます。
 旨味はかなりセメダインを感じさせる青臭いものながら、旨味に芯があって個人的には好きな感じ。
 濃醇な旨味がありつつ、若い感じの渋味がそれを強烈に引き締めていますね。
 後味はそのセメダインと渋味が受け持って、自然にキレます。

 強烈なフレッシュ感と、それに負けない濃厚な旨みが魅力の力強い新酒でした。
 このセメダインの強さは好みが分かれる気がしますが、私はかなり好みでした。
 ただ、ひやおろしはさらに完成度が高い印象があったので、やはり熟成に向く酒質なのでしょう。
 次は思い切って熟成系も試してみようかな…。

 燗をつけると、クセはそのままながら口当たりが滑らかになるような。
 これは結構いけますね、生酒のなかでは燗上がりするお酒だと思います。

fc2_2014-02-04_01-44-39-880.jpg

名称:奥能登の白菊 純米無濾過生原酒 そのまんま
製法情報:無濾過生原酒
精米歩合:55%
酒米:山田錦・五百万石
アルコール度:18%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社白藤酒造店(石川県輪島市)
製造年月:2014/1(25BY)
購入価格(税込)1,575円/720ml
お気に入り度:8.1/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2014年02月16日 石川の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 互 先発 純米吟醸 無ろ過生原酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 梵 GOLD 無濾過 純米大吟醸 >>












管理者にだけ公開する