花陽浴 純米吟醸 八反錦 無濾過生原酒&おりがらみ 25BY飲み比べ

本日の家飲み 花陽浴 純米吟醸 八反錦 無濾過生原酒&おりがらみ 25BY

fc2_2014-01-31_19-29-11-974.jpg  fc2_2014-01-31_19-29-48-247.jpg

 恐らく私が家で最も多く飲んでいるであろう、埼玉県羽生市の花陽浴です。
 おりがらみに関しては全く同じスペックを去年もいただいていますね。
 
 新酒の時期の八反錦といえば、個人的には「らしさ」がストレートに出るスペックとして花陽浴の味わいの基準という印象があります。
 今回は通常品と限定「おりがらみ」が入手できたので、贅沢に飲み比べてみることにしました。

fc2_2014-01-31_21-01-14-903.jpg  fc2_2014-01-31_21-00-53-262.jpg

 注ぐと、おりがらみの方は割合はっきりと濁っていますね。
 これだけ違うと飲み比べのしがいがあります。

fc2_2014-01-31_21-02-41-580.jpg
fc2_2014-01-31_21-03-05-961.jpg

 上立ち香はいつもの甘い果実香が強めですが、ちょっとセメダイン混じりでフレッシュな印象。
 含むと、フルーティーな甘旨味に新酒らしい苦味が寄り添いつつ、じわじわと染みこんできます。
 旨味は、もはや花陽浴味と感じてしまう、フレッシュな甘酸が特徴的でスペック以上に上品ないつもの味わいです。
 やはりこのスペックは花陽浴のスタンダードな感じがしますね、特にフレッシュさを強く感じるかな。
 後味はほんの少々の苦酸が引取り、文句無しのキレ。

 と、ここまで書いた味わいの特徴は両方にほぼ共通。
 違いは、やはりうすにごりの方がうすにごりっぽいです。
 …さすがに適当過ぎるのでもう少し書くと、まず感触として若干の粉っぽさとガス感を感じますね。
 また、甘味が苦味にちょっと押される代わりに、全体の旨味がより濃厚に感じられる気がします。
 逆に含み香はかなり後退して、いわゆる旨味系の味わいになっているような…、「ああやっぱり花陽浴もお米からできているんだなあ」と思い出しました。

 これはそれぞれ魅力がありますね…、どちらを選ぶかは好みでしょう。
 私としては、旨みの濃厚さを評価して、あえて選ぶならおりがらみに軍配を上げます。

 それにしても、贅沢な飲み比べでした。
 普通これだけ同じ銘柄を数日間にわたって飲み続けると流石に飲み飽きることが多いのですが、この二つなら違いもあって最後まで楽しめました。
 来年も入手できることを祈りつつ、これからも応援していきたいと思います。

fc2_2014-01-31_21-01-59-507.jpg fc2_2014-01-31_21-01-35-984.jpg

名称:花陽浴 純米吟醸 八反錦 無濾過生原酒&おりがらみ
製法情報:無濾過生原酒 おりがらみ
精米歩合:55%
酒米:八反錦
アルコール度:16%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:南陽醸造株式会社(埼玉県羽生市)
製造年月:2013/12(おりがらみは11月)(25BY)
購入価格(税込):1,470円/720ml(おりがらみは1,575)
お気に入り度:8.6/9.0(おりがらみは8.7/9.0)

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2014年02月03日 埼玉の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< 山猿 純米吟醸 あらばしり 無濾過生酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 賀茂金秀 純米吟醸 生酒 雄町 >>

先月ノーマルを頂きましたがもの凄く美味しかったですネ♪
それにしても贅沢なのみ比べだ…(*^_^*)
花陽浴も今では人気上昇でかなり入手が困難になってきました。
先週は八反錦の純米大吟醸を頂きましたが、やはりとても美味しかったですよ!

2014年02月05日 くりのとげ URL 編集

>くりのとげ様、コメントありがとうございます。

いやあ今回は贅沢させていただきました(笑)
花陽浴の味わいには絶大な信頼を寄せているので、後気になるのは本当に入手難易度なんですよね。応援したいのは確かなんですが、複雑な気分です…。

八反錦の純米大吟醸なら48磨きですね、本当お値段以上の素晴らしい味わいだと思います!

2014年02月05日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する