風の森 雄町 純米吟醸 無濾過無加水生酒 笊籬採り

風の森 雄町 純米吟醸 無濾過無加水生酒 笊籬採り(いかきどり)

fc2_2013-10-24_19-40-42-599.jpg fc2_2013-10-24_19-41-13-671.jpg

 私のフェイバリット銘柄、風の森の限定品です。
 秋はひやおろしの時期ですが、風の森ファンにとっては笊籬採りのシーズンでもあったりします。
 基本的に1年の間蔵内で寝かされ(寝かしかたにも独自のやり方があるらしい)、一升瓶限定で出荷されるこのシリーズは、ただでさえ魅力的な風の森の酒質を格段に上げて仕上げられる、まさにこだわりの逸品といえるでしょう。
 実は去年も同じスペックをいただき、すっかり虜になってしまった覚えがあります。

 口には封があり「開栓注意」の赤字が目を引きます。
 笊籬採り経験者ならご存知かと思いますが、これが本当に勢い良く栓が飛ぶんです。
 特に油断しがちな二日目が危ないので要注意ですね、今回も天井まで飛びました。
 
fc2_2013-10-24_19-43-05-265.jpg  fc2_2013-10-24_19-44-33-455.jpg

 注ぐと、いつものようにグラスに細かい気泡がつきます。
 上立ち香は風の森らしいフレッシュかつ甘い感じの果実香。
 含むと、超濃厚かつ非常に整った甘旨味が、若干のガス感を伴い口内にジュワ~ッと染みこんできます。
 旨味は、マスカット的な芳醇な甘味が主役で、そこに渋酸味があくまで裏方として寄り添い、輪郭を整える感じ。
 また後味は、その渋味が、ガス感と相まってこれほど濃厚なのにスッキリキッチリとキレ。

 熟した感じの濃厚な旨み、フレッシュ感のあるキレ、心地よく整った甘味を兼ね備えた、私の好みドストライクのお酒でした。
 正直なところ、このお酒は私の理想の日本酒像の、一つの具現化ともいえるものだったりします。
 今年もやっぱり期待を外さない仕上がりでした、このお酒があると晩酌の幸せ度が上がります。

 それでまた燗が良かったですね…。
 酒屋さんも言っていましたが、今年のこのスペックはかなり甘味が強く出るのですが、私的には全然アリです。
 風の森は本当、不思議なほどに燗の悪いところが出ないのが素晴らしいと思います。

 ちなみにこのスペックについては、開封後は早めに飲むのが個人的にはオススメ。
 風の森は味わいが力強いので基本変化も良いのですが、これに関しては味わいの絶妙なバランスが魅力だと思うので…。
 開封1~3日がやっぱり一番好きかな、今回も一升瓶が一週間持ちませんでした。

 ただでさえ完成度の高い笊籬採りの中でもこの雄町純吟はとりわけ素晴らしい。
 怪しいぐらいのべた褒めになってしまいましたが、私はやっぱりこれ本当に好きなんです。
 来年も必ず飲みます!

fc2_2013-10-25_10-34-35-062.jpg  fc2_2013-10-24_19-42-05-349.jpg


名称:風の森 雄町 純米吟醸 無濾過無加水生酒 笊籬採り
製法情報:無濾過生原酒
精米歩合:50%
酒米:雄町
アルコール度:17%
酵母:k-7系
日本酒度:-2.5
蔵元情報:油長酒造株式会社(奈良県御所市)
製造年月:2013/9(24BY)
購入価格(税込)3,780円/1800ml
お気に入り度:9.0/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2013年10月26日 奈良の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< 寿喜心 雄町純米 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 不老泉 山廃仕込純米酒 生原酒 >>

これは美味しそうですネ♪
拙生も風の森は大好物の銘柄です(≧▽≦)ノ
そろそろ開けようかな…でも栓が飛びますか!
冷蔵庫に寝かした状態では保管不可能でしょうか!?
我が家は普通の冷蔵庫なので、縦置きは厳しい!!
どうしよう(^▽^;)

2013年11月01日 くりのとげ URL 編集

>くりのとげ様、コメントありがとうございます。

風の森は美味しいですよね!
特に笊籬採りには毎年悩殺されています。
保存に関しては、私も普通の冷蔵庫なので寝かして置いてますが、そんなに問題ないと思いますよ。
ただ、開封後飲みきるまで時間がかかりそうなら、四合瓶に移し替えて保存した方が良いかも。
後、くれぐれも人とかガラスとかに向けて開けないようにしてください(笑)

2013年11月02日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する