遊穂 山おろし 純米 無ろ過生原酒 ひやおろし

本日の家飲み 遊穂 山おろし 純米 無ろ過生原酒 ひやおろし

fc2_2013-10-06_21-56-50-382.jpg  fc2_2013-10-06_21-57-17-639.jpg

 石川県の割と新しい銘柄、遊穂です。

 このお酒に限らず遊穂は「山おろし」を名乗るお酒が多いのですが、これは一般にいう「生酛」のことのようですね。
 最も伝統的で手間のかかる製法である生酛から山おろし作業を省いたのが「山廃」なので、山おろしをやっていると明記=生酛という理屈なのでしょう。
 なお製法の詳しいことはwiki等を参照してください。
 
 今回いただくスペックは生酛の上にひやおろしということで、あまり見ない組み合わせです。
 裏ラベルに製法の解説や、味わいの特徴、そして合わせるのにオススメの料理を書いているのは好感が持てます。
 こう書きでもしない限り、日本酒に唐揚げの甘酢あんを合わせようとする人はあまりいないでしょう…。
 また、酸度は驚きの2.4。

fc2_2013-10-06_21-57-42-817.jpg

 上立ち香は吟醸香に強く酸が混じった感じで、結構強め。
 含むと、濃厚な旨味と酸を感じますが、意外にもそんなにクセはなく、ストレートな芳醇酒という感じ。
 旨味は中程度の甘味を伴う非常に濃厚なものながら、酸味がそれをうまく引き締めている印象ですね。
酸味はぐわっと酸っぱいというよりじわじわと染み出てくる感じで、含んでいると唾液線がガンガン刺激されます。
後味はその酸味が受け持って、舌に少々の刺激を残しつつ引き上げていきます。

 酸味が中心でいろいろな役割を果たす、力強い芳醇酒でした。
 なんというか、裏ラベルの記載通り微生物の力を感じます。
 まさに、味が濃い料理を引き立てるような、新しいタイプの食中酒だったと思います。

 ちなみに燗をつけると、さらに酸が強まったような…。
 個人的には、これは強烈過ぎるような気がしました。

fc2_2013-10-06_21-58-20-081.jpg

名称:遊穂 山おろし 純米 無ろ過生原酒 ひやおろし
製法など:生酛 ひやおろし
精米歩合:五百万石60%及び能登ひかり55%
酒米:五百万石24%+能登ひかり76%
アルコール度:18度
酵母:不明
日本酒度:+6.7
蔵元情報:御祖酒造株式会社(石川県羽昨市)
製造年月:2013/9(24BY)
購入価格(税込):1,575円/720ml
お気に入り度:7.8/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 遊穂 純米

2013年10月12日 石川の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 鏡野 純米無濾過生原酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 外飲み雑記in池袋「もり山」 >>












管理者にだけ公開する