鳳凰美田 「WINE CELL」 純米吟醸 無濾過生詰

本日の家飲み 鳳凰美田 「WINE CELL」 純米吟醸 無濾過生詰

fc2_2013-09-07_11-11-45-484.jpg  fc2_2013-09-07_11-12-50-813.jpg

 栃木の実力派銘柄、鳳凰美田の新しい試みのお酒です。
 名前通り、仏国の友情蔵のワイナリーより提供された「ワイン酵母」を使って醸されたお酒だそうです。
 見た目からしてワインらしいデザインですね。

 鳳凰美田はもはや地酒界では確固たる地位を占めていると思うのですが、それでもこういう大胆な試みを続けるということに、尊敬の念を覚えます。
 個人的には「新政」とか「来福」とかも積極的チャレンジを欠かさない蔵元さんというイメージがあります(もちろんここだけに限りませんが)。
 「伝統的味わい」を堅持する蔵元さんの姿勢にも敬意ははらいますが、私は新しい日本酒を指向するお酒の方が断然好みです。

 上立ち香は、酸を感じる爽やかな吟醸香がそこそこに。
 含むと、やっぱり白ワインを想起してしまう、酸味で引き締まった綺麗な旨味が輪郭を保ったままきます。
 面白いことに、最初の一口は酸味がメインに感じるのですが、飲み進めると米の旨みも強く感じます。
 キレは、酸味のスッキリさで、バッチリキレます。

 また、ラベルの記載通り、常温に近づくと旨味が開いてくる感があります。
 味が開ききると、最初とは全く違った、正統派日本酒の味わいに感じられるのがまた面白い。

 飲むたびに色々な表情を見せてくれる、面白い個性派酒でした。
 新しいチャレンジをしながら、これだけ完成度の高いお酒に仕上げるところに蔵元の実力を感じます。
 鳳凰美田の地位は当分揺るがないであろうことを、思い知らせてくれるような一本でした。

fc2_2013-09-07_12-47-06-426.jpg

名称:鳳凰美田 「WINE CELL」 純米吟醸 無濾過生詰
製法情報:無濾過 生詰 
精米歩合:50%
酒米:山田錦
アルコール度:16%
酵母:ワイン酵母
日本酒度:不明
蔵元情報:小林酒造株式会社(栃木県小山市)
製造年月:2013/8(24BY)
購入価格(税込)1,785円/720ml
お気に入り度:8.3/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2013年09月12日 栃木の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< プチ外飲み雑記2 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 真・女神転生4 東京に未来をクリア&仲魔自慢2 >>












管理者にだけ公開する