天吹 純米吟醸 雄町 無濾過生

本日の家飲み 天吹(あまぶき) 純米吟醸 雄町 無濾過生

fc2_2013-08-14_20-09-19-399.jpg  fc2_2013-08-14_20-09-38-391.jpg

 酒どころとして最近個人的に大注目している、佐賀のお酒です。
 天吹といえば東京農大が花から抽出した「花酵母」をメインに使っていることで有名ですね。
 花酵母といえば、まずは茨城の来福かこの天吹が想起されるでしょう、「東の来福、西の天吹」とも言われているようです。

 今回のお酒でつかっているのは「なでしこ酵母」。
 東京農大花酵母研究会HPによると、「撫子酵母(ND)のお酒は洋なしを思わせるフルーティな香りのなかに、バランスよくふくよかな味わいを醸します。」とのこと。
 雄町もまさに「ふくよか」なイメージがありますが、合わさるとどうなるのでしょうか。

fc2_2013-08-14_20-10-31-083.jpg

 上立ち香はさすがに華やかな吟醸香が強めに。
 含むと、まずその華やかな印象そのままの甘旨味がパッと広がり、その後はほんの少々の渋味がダレるのを防ぐ感じ。
 旨味は甘味中心でまさにフルーティーかつ濃厚なのですが、雑味が少なく上品な印象を受けます。
 ただ、さすがにここまで華やか&濃厚だとちょっと「飲み飽きる・飲み疲れる」感はあるかな…。
 後味は渋さと甘さが少々残る感じで、キレはまあまあ。

 華やかな香りに負けない旨味のある、芳醇個性酒でした。
 花酵母の特徴(≒天吹の特徴)と、雄町の特徴が掛け合わさると、これほどの個性酒になるんだなあと感嘆しました。
 淡麗好きには間違っても進められませんが、私はこういうお酒大好きです。
 天吹の個性に対する信頼感がまた一歩増した一本でした。

 最後に一言。
 天吹酒造のホームページは、情報公開度、更新頻度、日本酒初心者への配慮、デザインともに素晴らしいです。
 なかなかここまではできないと思いますが、他の酒造さんも是非参考にして欲しいと思いました。

fc2_2013-08-14_20-11-05-816.jpg

名称:天吹 純米吟醸 雄町 無濾過生
製法など:無濾過生酒
精米歩合:50%
酒米:雄町
アルコール度:16度
酵母:なでしこ酵母
日本酒度:不明
蔵元情報:天吹酒造合資会社(佐賀県三養基郡)
製造年月:2013/7(24BY)
購入価格(税込):1,575円/720ml
お気に入り度:8.3/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 天吹 純米吟醸

2013年08月22日 佐賀の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 「夏祭初音鑑」(特別演出回)に参加してきました! | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 東方輝針城Extraクリア!プチ攻略メモ >>












管理者にだけ公開する