墨廼江 純米吟醸 中垂れ

本日の家飲み 墨廼江(すみのえ) 純米吟醸 中垂れ

fc2_2013-07-28_15-04-25-124.jpg  fc2_2013-07-28_15-05-13-344.jpg
  
 宮城県は石巻市のお酒です。
 こちらを醸す墨廼江酒造は、同じ石巻市で「日高見」を醸す平孝酒造と同様に震災でかなりの被害を受けた、いわゆる被災蔵です。
 震災からある程度時間は経ったとはいえ、酒造りの復旧のためには並々ならぬ努力があったものと想像します。
 今さら「飲んで応援」というのはすこしおこがましいですが、事情に思いを馳せながらいただきます。
 
 こちらのスペックは麹米山田錦の50で、しかも中垂れ(中取り)なのに1,500円を切るという驚きの価格。
 「酒門の会」という酒販店の集まりでの、限定取扱い品であるとともに推奨品であるとのことです。
 明記はされてませんが、一回火入れかな…。

 上立ち香は爽やかな印象の吟醸香が強めに。
 含むと、フレッシュながら落ち着いた感じもする、濃厚な甘旨味が輪郭を整えつつ染み込んできます。
 旨味はフルーティーでしっかりとした甘味が主役ですが、同時にほどよい辛味と爽やかな酸味があり、とてもバランスがよい感じ。
 中取りらしいキレイさとも相まって、このバランスの良さは飲み飽きないですね…、いくらでもいけてしまいそうです。
 後味も、きっちりと酸渋が受け持ってスッキリキレます。

 なんというか、非の打ち所の無いタイプの美酒でした。
 あえて言うと、もう少しパンチのある旨味なり甘味があれば個人的に好みになるかな…。
 ただ、そういう指向で行くと、この味わいのバランスは壊れてしまうのでしょう。
 恐らくこれがこのお酒の完成形だと思わせるような一本でした、まさに万人向けですね。
 震災で全く損なわれていない、墨廼江の実力をひしひしと感じたひとときでした。

fc2_2013-07-28_15-05-37-655.jpg

名称:墨廼江 純米吟醸 中垂れ
製法など:中取り
精米歩合:50%
酒米: 麹:山田錦 掛:蔵の華
アルコール度:16度
酵母:宮城酵母
日本酒度:+3
蔵元情報:墨廼江酒造株式会社(宮城県石巻市)
製造年月:2013/3(24BY) (出荷2013/5)
購入価格(税込):1,418円/720ml
お気に入り度:8.3/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2013年08月12日 宮城の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 豊賀 純米大吟醸 中取り無濾過生原酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 外飲み雑記in四ツ谷しんみち3 「和酒とおばんざい 和ごころ」 >>












管理者にだけ公開する