川鶴 特別純米無濾過生原酒 限定直汲み 讃州オオセト55

本日の家飲み 川鶴 特別純米無濾過生原酒 限定直汲み 讃州オオセト55

fc2_2013-07-06_19-29-58-963.jpg  fc2_2013-07-06_19-30-47-961.jpg

 以前より何度かいただいている香川のお酒です。
 先日外飲みでもいただいて、やはり自分の好みのラインだったのでセレクトしました。

 スペック的には香川産の酒米である「オオセト」を使用しているのが特徴かな。
 悦凱陣を始め、結構多くの銘柄に使われているお米ですね。
 また、財田川地下伏流水使用と明記しているところ「地産」ということをかなり意識しているお酒だと思います。

fc2_2013-07-06_19-30-20-477.jpg

 上立ち香は甘い感じの米の香りが濃厚に。
 含むと、薄いセメダインの膜に覆われた感じのどっしりとした甘旨味の塊がゆっくりと来ます。
 旨味は濃厚な甘味が中心ながら、そこそこの酸渋味とからみ合って表現しづらい複雑な様相を呈しています。
 フルーティーというよりは、熟しきった果実の甘旨味といった印象なのですが、同時にフレッシュ感もあるタイプです。
 後味にはまたセメダインぽい感じが出てきて、甘味を引き取ってキレます。

 自分好みの、味わいの表現が難しい個性派濃厚旨甘酒でした。
 川鶴はどうやらどのスペックも自分のストライクゾーンを外さない銘柄のようです。
 こういう銘柄のストックが増えてくると、家飲みがさらに充実してきて嬉しい限り。
 次は山田錦か雄町を試してみたいと思いました。

 ちなみに、私がセメダインというときは別に悪い意味で使っているのではないので悪しからず。
 日本酒のセメダイン香というのは、接着剤みたいに無機的ではないんですが、表現しようとするとセメダインしかないという感じなんですよね…、最初に表現した人は凄いと思います。
 個人的にはフレッシュな印象を与え、同時に固さを感じさせるもので、良い悪いは場合によりけりかと。
 この川鶴の場合は、断然良い方向に感じました。

fc2_2013-07-06_19-31-17-892.jpg

名称:川鶴 特別純米無濾過生原酒 限定直汲み 讃州オオセト55
製法など:無濾過生原酒 直汲み
精米歩合:55%
酒米:オオセト
アルコール度:17度
酵母:不明
日本酒度:+-0
蔵元情報:川鶴酒造株式会社(香川県観音寺市)
製造年月:2013/4(24BY)
購入価格(税込):1,418円/720ml
お気に入り度:8.2/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 川鶴 特別純米

2013年07月19日 香川の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 羽根屋 純吟 煌火(きらび) 生原酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 鳴海 純米吟醸 酒こまち 直詰め生 >>












管理者にだけ公開する