五十嵐 夏 純米直汲み

本日の家飲み 五十嵐 夏 純米直汲み

fc2_2013-06-27_21-12-17-301.jpg  fc2_2013-06-27_21-12-46-121.jpg

 これまた先日の外飲みで印象に残った銘柄をセレクトしました。
 蔵元、五十嵐酒造の地元銘柄は「天覧山」で、こちらの方が有名かな。
 
 この「五十嵐」はかなりの限定品のようで、都内で扱っている酒屋さんを探すのがかなり大変でした。
 しかもどうやら一升瓶だけっぽいですね、裏ラベルによるとこちらの夏酒は200本のみ生産とのこと。
 個人的には、掛米に飯米のキヌヒカリを使っているところが印象深いスペックですね、風の森以外では初めて見ました。
 そのためか値段もお安めです。

fc2_2013-06-27_21-13-21-093.jpg

 上立ち香はとてもフレッシュなセメダイン香が控えめに。
 含むと、かなりのガス感と透明感のあるフレッシュな旨味が直線的に来ます。
 旨味は、ちゃんとした甘味がありつつ、若干の渋味とガス、そして酸味の関係でとてもキリッとした印象。
 なお温度が上がってくると旨味が濃厚になりますが、同時に苦味も増してきてやっぱりドライな感じ。
 後味は少々辛さのようなものを残し、スパっとキレます。

 フルーティーな味わいながら、辛さとスッキリさでさわやかに飲ませるタイプの夏酒でした。
 直前に飲んだ神雷と似たタイプですが、こちらは甘さ控えめでさわやかさを増した感じ。
 個人的にはもう少し甘味があったほうが好みかな。
 ただ、この飲み飽きない感じは十分魅力的です、次は是非他のスペックもいただこうと思います。

 ちなみに、開栓後は良い感じに味が乗ってきて、甘味含めて味わいが濃厚になってくる感じです。
 個人的には開栓後2~3日ぐらいが丁度好きな味わいでした。

 しかし、一升瓶の方が、変化が良い方向に向かうことが多い気がするなあ…。
 でもやっぱり、一升瓶を飲み切るのはなかなか骨が折れる…、毎回二律背反を感じてしまいます。
 で、折角なので燗もつけてみました。
 う~む、いかにも燗酒といった感じで旨味が濃厚になりつつ、キツさも出てきますね。
 ぬる燗ぐらいだと柔らかさもあって良い感じです、好みによってこれはありかも。

fc2_2013-06-27_21-13-46-968.jpg

名称:五十嵐 夏 純米直汲み
製法情報:生酒 直汲み
精米歩合:65%
酒米: 麹米:五百万石 掛米:キヌヒカリ
アルコール度:16~17%
酵母:K1001
日本酒度:+3
蔵元情報:五十嵐酒造株式会社(埼玉県飯能市)
製造年月:2013/5(24BY)
購入価格(税込):2,520円/1800ml
お気に入り度:7.8/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 五十嵐 純米

2013年07月03日 埼玉の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 寿喜心 あいのゆめ 純米にごり | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 神雷 純米酒 八反錦 夏生原酒 >>












管理者にだけ公開する