来福X 【黒】

本日の家飲み 来福X 【黒】

fc2_2013-06-19_20-26-48-331.jpg  fc2_2013-06-19_20-27-17-429.jpg

 今回は茨城県、来福酒造さんの醸す一風変わったラベルのお酒です。
 来福酒造さんは全国でも珍しい、花酵母(東京農大が実用化した花から抽出した酵母)を使ったお酒を醸していることで有名ですね。
 他にも、精米歩合8%のお酒、いわゆる貴醸酒、専用の装置を使った高アルコールの凍結濃縮酒などなど、いろいろなお酒にチャレンジされています。

 私は一度お酒のイベントで蔵元さんと話をしたことがあるのですが、そのとき凍結濃縮酒を注ぎながら「この装置を使えばいくらでも高アルコールの日本酒を作れちゃうんですよ」と、とても楽しそうにお話ししていたのが印象に残っています。
 お酒造りが本当に好きなんだろうなあ…、ご苦労も多いでしょうが数々のチャレンジも基本的に楽しんでやっているのだろうと想像します。

 閑話休題、今回のお酒はスペック非公開のお酒(生原酒)です。
 エックスにはもう一つ赤いラベルのものもありますが、黒の方が高精米で値段も少し高かったはず。
 意向どおり頭を空にしていただきます。

 上立ち香は特徴的な、甘味とセメダインが混じったような香りが濃く。
 含むと、まずは濃厚な甘旨味をじわっと感じますが、次第に追って出てきた渋味と混ざり合い、複雑な表情を見せてくれます。
 旨味はとてもフレッシュで多少のガス感を伴っており、渋味も相まって甘味濃厚ながら非常にキレの良い印象。
 後味は少々の渋味できっちりキレます。

 しっかりとした個性的な旨味のあるフレッシュ生原酒でした。
 ラベルは奇抜ですが、味わいは直球というか正統派というか、結構万人向けに思えます。
 これなら、蔵元さんの意向の通り、黙ってじっくりと楽しめますね。
 来福はレギュラー品、限定品共に今後も注目しようと思います。

 開栓後はちょっと渋味が出てきてより複雑な味わいになる感じですね。
 しかし今回冷酒が十分旨かったこともあって、燗を付けるのを忘れてしまった…。
 裏ラベルに書いてあるように色々な楽しみ方をするには、やっぱり一升瓶が要るのかもしれません。

fc2_2013-06-19_20-27-57-074.jpg

名称:来福X 【黒】
製法情報:生原酒
精米歩合:50%
酒米:不明
アルコール度:17%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:来福酒造株式会社(茨城県筑西市)
製造年月:2013/5(24BY)
購入価格(税込):1,575円/720ml
お気に入り度:8.2/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 来福

2013年06月24日 茨城の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 外飲み雑記in秋葉原1 「きんぼし」 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 真・女神転生4 うちのアリス自慢 >>












管理者にだけ公開する