川中島幻舞 特別純米 無濾過生原酒 中取り 山田錦

本日の家飲み 川中島幻舞(かわなかじまげんぶ) 特別純米 無濾過生原酒 中取り 山田錦

fc2_2013-06-03_08-29-27-894.jpg  fc2_2013-06-03_08-30-01-075.jpg

 私は長野酒がかなり好きで、お気に入り銘柄は両手両足でも数え切れなくなりそうな勢いです。
 そんな中でもこの川中島幻舞は特に好きな銘柄であり、昨年もいくつかのスペックをいただきました。
 こちらを醸す「酒千蔵野」さんは400年もの歴史を持つ酒蔵で、かの川中島の戦いで武田信玄が飲んだという逸話も残っているとか。
 これまた「戦国銘柄」ですね(勝手に分類)。

 私としては、山田錦は今回が初飲みです。
 幻舞というと長野県産の美山錦やひとごこちで醸しているイメージが強いのですが、山田錦ではどのような味わいになるのでしょうか。
 ラベルには記載ありませんが、酒屋さんの紹介によると「中取り」らしいです。

 上立ち香はほんのり甘めの果実香がほどほどに。
 含むと、なんともやさしい甘旨味が、徐々に濃厚になりながら広がっていく感じです。
 旨味は甘味中心で、フレッシュさと熟したような芳醇さを兼ね備えており飲みごたえがあります。
 渋味や苦味はあまり感じないのですが、それでいて甘だれた印象はないですね、中取りっぽい透明感を感じます。
 後味は少々の甘味を残しつつ、なかなかのキレ。

 優しい口当たりと、濃厚な甘味、そしてキレイな透明感を兼ね備えた完成度の高いお酒でした。
 いわゆるフルーティー系ということで、個人的にとても好きな味わいです。
 これがこのお値段というのには驚愕の一言。
 幻舞と山田錦の組み合わせは、やっぱり素晴らしいものでした。

 開栓後は少々苦味が出てくるものの、透明感はなかなか失われず悪くないです。
 ただ、なるべく早く飲み切るべきだとは思います。

fc2_2013-06-03_08-30-48-075.jpg

名称:川中島幻舞 特別純米 無濾過生原酒 中取り 山田錦
製法情報:無濾過生原酒 中取り
精米歩合:59%
酒米:山田錦
アルコール度:17%
酵母:不明
日本酒度:+-0
蔵元情報:株式会社酒千蔵野(長野県長野市)
製造年月:2013/5(24BY)
購入価格(税込):1,207円/720ml
お気に入り度:8.5/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2013年06月14日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 伊予賀儀屋 無濾過純米生原酒 赤ラベル | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 天虹 純米 無濾過生原酒(23BY) >>












管理者にだけ公開する