真・女神転生IVファーストインプレッション(ほぼネタバレ無し)

 とりあえず6時間ほどプレイして、最初のダンジョンを抜けたところでまず感想。

悪いところ
①雑魚戦が大味過ぎる
→先制とれるかされるかでノーダメor全滅ぐらいに差が出てしまうのはいかがなものか。まあ緊張感はあるし、今までのように避けれない不意打ちよりはやさしいのかもしれないけど…。
②全滅時のその場復活について
→お金で復活は兎も角、ゲームコインで復活できてしまうのはちょっと興冷めかなあ。ちなみに、その場復活できてもゲーム自体の難易度は相当高いと思います。
③発売日に有料DLC
→これは精神的に勘弁してほしい…。DLC出すなとは言わないけど、せめてちょっと間を空けるとかの配慮が欲しかったですね。
④スティーブンのデザイン
→諸事情はわかるけど、あれじゃ趣味で車椅子に乗ってるただのメガネのオッサンじゃないか…。

良いところ
①ゲームバランス
→雑魚戦もかなり危険だけど、ボスの強さも素敵にエグイ。初見では大体ズタボロにされ、色々と対策を練っても運ゲーと紙一重の危ない橋を渡らされる感じ。まあシリーズファンならきっちり快感を味わえるでしょう。
②全体的なテンポ
→ハードを3DSにしたのは多分にここが大きいんじゃないかな。ロードは全く気にならないレベルで、ボイスやムービーもほどよい主張にとどまってると思います。
③少しずつメガテンぽくなっていく雰囲気
→最初は相当違和感がある全体の雰囲気だけど、徐々にそれっぽくなっていく感じでかなりワクワクします。現時点ではあまりダークな感じでは無いですが、まあそれは仲間と袂を分かつ前だし、今後に期待。

 まあ最序盤ではこんな感じの印象でした。
 面白い面白くないでいうと、間違いなく面白いゲームです。
 上で上げた難点は基本大したこと無くて、良い点は本当に楽しいところだったりしますし。
 多大な期待を今のところ裏切られていないと思えます。
 体験会での多数意見だったという「思ったよりもメガテンだった」という感想は、割りと的を射ているのではないかと。

 ちなみに悪魔のメンツや、合体システム周りの面白みはまだ全然これからなので評価は保留。
 ダーッと現時点での感想を書きなぐり、さっさと続きをやりたいと思います。

 最後に、2番めのボスで大活躍だったフォルトゥナさんのご近影を。
fc2_2013-05-24_17-34-12-822.jpg
 吸魔は今作でも神スキルの予感!

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: DS

2013年05月24日 ゲーム トラックバック:0 コメント:0

<< プチ外飲み雑記 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 真・女神転生IV購入 >>












管理者にだけ公開する