鉄砲隊 純米吟醸 瓶囲い一つ火 22BY

本日の家飲み 鉄砲隊 純米吟醸 瓶囲い一つ火 22BY

fc2_2013-05-20_20-55-19-672.jpg
 
 「鉄砲隊」は「車坂」を醸す吉村秀雄商店さんの限定ブランドです。
 裏ラベルによると、戦国時代の和歌山(というか紀州)と鉄砲とのつながりにちなんだネーミングとのこと。
 色々な意味で「雑賀」と似た感じの由来ですね。

 ラインナップとしては、基本的に1年以上熟成したものを揃えているようです。
 今回買ったのは22BYの一回火入れです、氷温ではなく冷蔵で2年以上というのは相当な熟成感が予想されますね。
 製造年月が24年2月なので、1年は店舗熟成かなあ。
 自分としては普通買わないようなスペックなのですが、実は去年たまたま飲んで好印象だったので、今年も買ってみました。

 ちょっと気になるのは、表ラベルは「純米吟醸」表記なのに、裏ラベルには「醸造アルコール」の記載があるところですね。
 どっちかが間違っているのだと思いますが、これは良くないでしょう。

fc2_2013-05-20_20-55-56-946.jpg

 注ぐと、ちょっとたじろぐくらい黄色がかっております。

 上立ち香はアルコール混じりの、少し甘い熟した感じの果実香。
 含むと、クリームのように濃厚そのものといった甘旨味が、強いアルコールと伴ってグワッと来ます。
 甘旨味は、まさに熟しきった果実といった感じで、相当の熟成感がありますね。
 ただ、不思議なほど嫌なクセがなく、旨いことその濃厚な甘味と熟成感のバランスがとれている印象です。
 後味は少々のアルコール感と熟成香を残しつつ、その刺激でキレる感じ。

 濃厚で強烈な熟成感がありながら、嫌味のない甘旨味を楽しめるお酒です。
 いわゆる氷温熟成と違い露骨に熟成香はあるのですが、それに濃厚な甘旨味が負けていないためなんとも面白い印象を受けました。
 以前、元が淡麗系と思われる熟成酒を飲んで、完全に旨みが熟成香に負けているお酒を飲んで辟易した経験が
 鉄砲隊は熟成酒好きにも熟成酒嫌いにも、一度飲んでみることをオススメしたい1本です。

 今回も燗をつけてみましたが、元の味わいが強烈すぎてあまり印象は変わらないかも…。
 ただ、キツさがむしろ減退して少しやわらかい感じになるので、燗との相性はやはり良いようです。

fc2_2013-05-20_20-57-08-265.jpg  fc2_2013-05-20_20-56-35-587.jpg

名称:鉄砲隊 純米吟醸 瓶囲い一つ火 22BY
製法情報:
精米歩合:58%
酒米:山田錦
アルコール度:17%~18%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社吉村秀雄商店(和歌山県岩出市)
製造年月:2012/2(22BY)
購入価格(税込):1,470円/720ml
お気に入り度:8.0/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2013年05月31日 和歌山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 花陽浴 純米吟醸 美山錦 直汲み生 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 真・女神転生4クリア!とりあえず感想 >>












管理者にだけ公開する