雪の茅舎 秘伝山廃 純米吟醸

本日の家飲み 雪の茅舎(ゆきのぼうしゃ) 秘伝山廃 純米吟醸

fc2_2013-05-07_18-14-38-061.jpg fc2_2013-05-07_18-14-58-900.jpg

 秋田酒第二弾は、言わずと知れた有名銘柄、雪の茅舎です。
 特に意識したわけではないのですが、角右衛門に続きIWC関連銘柄となりました。
 NEXT5を始め若手の勢いがすごい秋田にあって、雪の茅舎はベテランの存在感を示す銘柄というイメージがあります。
 ちなみに茅舎とはかやぶきの家のことだそうです、雪に覆われた日本の村を想起させる趣き深いネーミングですね。

fc2_2013-05-07_18-14-13-061.jpg  fc2_2013-05-07_18-13-50-404.jpg

 私はなぜか飲みはぐれてしまうことが多く、家飲みは実は初めてだったりします。
 山廃に対する想いが強い蔵のようなので、ちょっと上のランクの秘伝山廃をセレクト。
 回数はわかりませんが、火入れされているようです。

 上立ち香はむしろフルーティーな印象の吟醸香。
 含むと、透明感のある甘旨味が、自然な感じて広がっていきます。
 結構濃厚な甘味がありながら、とても上品な味わいですね…。
 山廃でイメージされるようなクセは皆無ですが、旨味に寄り添うやさしい酸味が山廃ならではなのかな。
 その酸味のためか飲み口は軽快なイメージすらあります。
 後味はほんの少し辛さを感じさせて、綺麗にキレていきます。

 秘伝の名にも頷ける、完成度の高いクセのない芳醇旨口酒でした。
 私はどちらかと言うと新興蔵というか、今風の日本酒を好むのですが、こういう歴史の重みを感じさせるお酒も好きです(単純な端麗辛口は論外ですが)。
 なんというかホッとするような印象を受けるんですよね…。
 日本人のDNAに語りかけてくるような味わいに、日本酒の良さをじっくりと感じたひとときでした。

 で、味わいからしてこれはやっぱり燗だろうと思い、試してみました。
 いやあ、飲み口がとてもやわらかくなって、とても良い感じ。
 しかも熱燗~燗冷ましまでの温度変化それぞれが楽しめて、隙がないのです。

 なお、開栓後の変化も味わいがまろやかになり良くなる感じですね。
 どう飲んでも旨いっていうのは本当にすごいなあ。

fc2_2013-05-07_18-15-47-618.jpg  fc2_2013-05-07_18-15-23-953.jpg

名称:雪の茅舎 秘伝山廃 純米吟醸
製法情報:山廃
精米歩合:55%
酒米:不明
アルコール度:16%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社齋彌酒造店(秋田県由利本荘市)
製造年月:2013/2(24BY)
購入価格(税込):1,785円/720ml
お気に入り度:8.3/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2013年05月15日 秋田の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 白やまユ 純米吟醸 生酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 角右衛門 特別純米 生原酒 直汲み >>












管理者にだけ公開する