富久長 特別純米 しぼりたて 無濾過本生 淡くおりからみ

本日の家飲み 富久長 特別純米 しぼりたて 無濾過本生 淡くおりからみ

20170703135443371.jpg  20170703135454303.jpg

 広島県東広島市のお酒です。
 外では何度かいただいていますが、家飲みは初めて。

 富久長は「海風土(シーフード)」という魚介類向け食中酒を出していたり、なんとなく今風の蔵というイメージがあります。
 ホームページを見ると、一見地味なデザインながら、特約店一覧や通販ページなど、消費者が求めるものはしっかり備えている印象を受けました。
 特に特約店一覧を載せるにあたり、取扱店自体は他にもあること、蔵元直販との関係、小売価格が一定でないことなど、お酒の販売について結構センシティブな話題についてもしっかり蔵元としての説明を記載しているところは、素晴らしいの一言だと思います。
 さらに一覧コーナー名を「酒販店は蔵の宝」としているところも素敵。
 この辺りについては一買い手として上から目線で何十回でも繰り返しますが、ホームページに特約店のリストを載せないで「お問い合わせください」みたいな扱いにしている閉鎖的なところは、同蔵のホームページを100回ぐらい見て深く反省して欲しいところですね。

 完全に話が逸れました…、今回いただくのは広島の代表的酒米八反錦を60%まで削って醸した新酒になります。
 「淡くおりからみ」という表記は面白いですね、実際にごり方は薄目でうっすらという感じ。
 
20170703135507719.jpg  20170703135519150.jpg

 上立ち香はセメダインとガスが混じった、ラムネ的な爽やかさのある香りがそこそこに。
 含むと、イメージ通りのシュワシュワした甘旨酸味が、これまた新酒らしい苦渋味で引き締められつつ、最初から最後まで勢い良く喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、やはりサイダー的な甘味とガスが中心にあるのですが、渋味が仕事をしてそこそこの奥深さを演出していますね、苦味はちょっと甘味と喧嘩している気も…
 後味は、少々渋味を口中に残しつつ、ガス酸で引き上げていきます。

 フレッシュ感と青さと苦味がそれぞれストレートに主張する、今どきの新酒しぼりたての典型のようなお酒でした。
 私がたまに出会う「プラスアルファが欲しい」という想いを抱かせるタイプのお酒ですね、より洗練させる方向でも個性を伸ばす方向でもどちらでも良いのですが。
 ただ、苦味に関しては今期特有の可能性もあるので、一本で印象を決めてしまうのは早計とも思います。
 富久長、次はまた別のスペックも試してみたいと思います。

20170703135531325.jpg  20170703135542814.jpg

名称:富久長 特別純米 しぼりたて 無濾過本生 淡くおりからみ
精米歩合:60%
使用米:八反錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社今田酒造本店
購入価格(税抜):1,400円/720ml
購入した酒屋さん:鈴木酒販(神田)
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年07月22日 広島の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

射美 SILVER 無濾過生原酒

本日の家飲み 射美 SILVER 無濾過生原酒

20170703135222589.jpg  20170703135231666.jpg

 岐阜県揖斐郡大野町のお酒です。
 一応当ブログ殿堂入り銘柄の一つ。
 
 射美については、気に入ったスペック(ほぼ特別純米)については物凄く好きになれるのですが、そうでない場合ははっきり「合わない」と感じてしまう、自分にとって当たりはずれが大きい銘柄という印象があります。
 特にアル添スペックはそういう傾向が強いんですよね…、低酸で柔らかい甘味が魅力だと思っているので、それとアル添のキレが融合しないといいますか。

 で、今回買ってしまったのはアル添高精白(40%)の新製品です、しかも若干お高め。
 大吟醸を名乗れると思うのですが、特定名称の記載自体をしていないようです。
 裏ラベルには珍しくお酒のことが買いてありますね、同時に低精白純米の「ブラック」も発売されていたみたいで、対照的なスペックで醸してみるというコンセプトだったようですね。
 そして、前飲んだ吟醸同様、「思ったようにはいきませんでした」という一言が…
 既に入手困難状態であり、たまたま店頭に普通に並んでいたので買ってしまいましたが、飲む前から若干嫌な予感。


 上立ち香は個性的な、硬質さとアルコールを感じさせる香りが控えめに。
 含むと、非常に個性的な甘辛が入り混じったような旨味がグワッと入ってきて、そこに強めの苦味が絡みついて、独特な複雑さを創り出しつつ、ゆっくりと染み込んできます。
 味わいは、射美らしい砂糖的な甘さを芯に感じさせつつも、アルコール的辛さと新酒的苦味の双方が強く、引き締まっているというより単にそれぞれの要素が喧嘩している印象。
 後味はその苦辛を口中に残しつつ引き上げていきます。

 案の定、アルコールのキレと砂糖的甘さがうまくかみ合わない、目指すところが良く分からないお酒でした。
 まあ自分にとっては、芯の甘さがとにかく好みなので実際は普通に飲めるのですが…
 射美に限らず、買いにくいからといって考え無しに飛びつくのは本当よろしく無いですね、そういう考えが需給関係を悪化させてさらにプレミア化を進めるわけですし…、深く反省。
 射美、次こそ冷静にセレクトしようと思いました。

20170703135242130.jpg

名称:射美 SILVER 無濾過生原酒
精米歩合:40%
使用米:揖斐の誉「S7」
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:杉原酒造株式会社
購入価格(税抜):1,800円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年07月20日 岐阜の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

杜の蔵 採れたて純米 一の矢 うすにごり生

本日の家飲み 杜の蔵(もりのくら) 採れたて純米 一の矢 うすにごり生

20170706103415099.jpg  20170706103427453.jpg

 福岡県久留米市のお酒です。
 家飲みは初めて、外飲み経験については後述します。
 
 このお酒を醸す株式会社杜の蔵は、別シリーズとして「独楽蔵(こまぐら)」というお酒を出しています。
 独楽蔵は(火入れ)熟成の上で出荷されるシリーズで、こちらの方は一度外飲みした経験があります。
 が、当時は日本酒を飲み始めて日も浅く、ハッキリ言って熟成香を受け入れられずに嫌な印象だけが残った出会いでした。
 いやあこういう日本酒との不幸な出会いって、今この瞬間にも日本中で起こっていそうで恐ろしい限りですね…
 このあたり、日本酒の味わいの多様さ自体が参入障壁になっている感じがあって、忸怩たる想いを抱いてしまいます。

 で、数年を経て、改めて独楽蔵にチャレンジという手もあったのですが、「いやまだ早い」と、自分の領域たる新酒生酒をセレクトした次第です。
 同蔵のホームページは極めて充実しており、このお酒にもバッチリ商品紹介が載っていますので、スペック等の情報はそちらをご参照ください。
 いやあ本当、このホームページは取り扱い店を含めほぼ理想的な情報公開をしていると思います、昔の私にもっとリテラシーがあれば…


 上立ち香は若干セメダイン系のスッキリフレッシュな香りがそこそこに。
 含むと、苦味をまとったキリリとした旨味がグワッと入ってきて、時間差で辛さの刺激も強めながら、最後まで引き締まったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、ほんのりとした甘さを彷彿とさせつつも主役はあくまで苦渋で、旨味としては濃厚かつ複雑、しかしグイグイイケてしまう飲み飽きなさがありますね。
 後味はやはり苦渋辛が引き取って極めて力強くキレます。

 苦渋の青さを不思議と前向きに楽しめる、イメージ通りのフレッシュキリリ酒でした。
 ああ、これはハッキリ言える気がします「若い」と、このお酒のコンセプトはその若さを楽しむところにあるんでしょうね。
 個人的には、こういうお酒なら「生熟」というのもありのように思えます(蔵元さん的には商品化は色々難しそうですが)、1年ぐらいの売れ残りがちゃんとした酒屋さんで売っていたら飛びつくでしょうね。
 コスパも素晴らしい!
 杜の蔵、次はそろそろ独楽蔵に再チャレンジしても良いかなと思った今日この頃でした。

 ただ、温度が上がってくると甘味も出てきましたね…
 あ、常温だと口当たりも柔らかくなっていい感じです、冷酒がピンとこなかったら、思い切って注いでしばらく放置という手もあるでしょう。

 あれ、二日目だと普通に甘味も出てきた…、マスカットジュース的な後味の苦味は健在ながら、ここまでくると私のストライクゾーンにも入ってきますね。
 これは私の手にあまる系のお酒だったかも…、開栓直後結構飲んじゃったのを若干後悔するレベル。
 こういうお酒を120%楽しめるよう、今後も家飲み経験値を貯めていきたいところです。

20170706103438579.jpg

名称:杜の蔵 採れたて純米 一の矢 うすにごり生
精米歩合:65%
使用米:夢一献
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社杜の蔵
購入価格(税抜):1,200円/720ml
購入した酒屋さん:登酒店(通販)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 杜の蔵 純米

2017年07月18日 福岡の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

星泉 純米吟醸 無濾過生原酒 Prototype9

本日の家飲み 星泉 純米吟醸 無濾過生原酒 Prototype9

20170706121417354.jpg  20170706121426362.jpg

 愛知県知多郡阿久比町のお酒です。
 同蔵のお酒のブログ登場は二回目ですね。

 ほしいずみはブログ「日本酒感想日誌」さんのイチオシ銘柄ということで、昨年ひらがなラベルの純米おりがらみをいただきました
 その時の印象はすこぶる良く、今回通販にて購入機会があったので同梱した次第です。
 今回はラベルが漢字記載ですが、これは購入先の登酒店さんの商品紹介コーナーによると、「クラシックな酵母を使用したシリーズということで、ラベルは昔使用されていたラベルをベースにしたレトロラベルとなっています。」とのこと。
 本当はもうちょっと情報が欲しかったのですが、蔵元ホームページの更新が約8年前で止まっているという壊滅的な状態なので諦めました…

 ただ、裏ラベルの記載が丁寧なのは良いですね、酸度・アミノ酸度まで明記されているのはレアかと。
 使用米は最近白老でも出会った愛知県の酒米「夢吟香」で、60まで削っています。

20170706121515039.jpg

 上立ち香は意外にも抑えめなキリリとしたアルコール混じりの香りが仄かに。
 含むと、中程度の濃度のキリリとした甘酸旨味がスルスルと入ってきて、最後まで引き締まりを保ったままじんわりと染み込んできます。
 味わいは、甘味寄りの柑橘系果実の甘酸が芯にあるもので、とにかく旨味の存在感と酸による引き締まりのバランスが良く、どんどん飲めてしまうような軽さもあります。
 後味は少々の苦味をほんのりと残しながら、スッキリとキレます。

 全体的に中庸を行く印象の、スイスイ飲めるバランス系甘酸酒でした。
 これはこれで良いお酒だと思うのですが、前回飲んだ印象とはかけ離れていますね、そして個人的にはそれは残念。
 日誌係さんから28BYの純米はイマイチだったという情報もあり、この印象の違いがスペックによるものかBYによるものかは判断が難しいところです。
 ともかく、ほしいずみは、次はまたひらがなラベルをいただいてみようと思います。

 常温の方が甘味が出てきて個人的には好きです。
 が、冷やしてスッキリいただくのがふさわしいお酒のような気も…、迷うところですね。

20170706121525345.jpg

名称:星泉 純米吟醸 無濾過生原酒 Prototype9
精米歩合:60%
使用米:夢吟香
アルコール度:17%
日本酒度:-0.5
蔵元情報:丸一酒造株式会社
購入価格(税抜):1,400円/720ml
購入した酒屋さん:登酒店(通販)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年07月16日 愛知の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

梅津の生もと 生原酒 玉栄 26BY

本日の家飲み 梅津の生もと 生原酒 玉栄 26BY

20170706121315197.jpg  20170706121325106.jpg

 鳥取県東伯郡北栄町のお酒です。
 外飲みは確か経験あったかと思いますが、家飲みは初めて。

 日本酒をグループ分けする方法はいくつもありますが(例:薫爽醇熟)、個人的には一つの分け方として「早飲み推奨のお酒」と「熟成上等のお酒」というグルーピングも割と有りなんじゃないかと思います(もちろん厳密に分割できるものじゃないですが)。
 当ブログとしては、今まで圧倒的に前者を中心に紹介してきましたが、昨年生熟酒を一つの重点テーマとして取り上げ自分としても十分楽しめた経験を経て、今期は後者の系統として知られる銘柄も試していこうと思っています。
 少々予告してしまうと、秋鹿、杜の蔵、睡龍、日置桜、蛇形、益荒男、竹鶴などを既に購入済みです(一部は熟成無しの新酒)、感想記事はゆっくり上げていきますのでお楽しみに…

 というわけでまずはこちら、梅津の生もと(うめづのきもと)です、なんか初っ端からラスボスが出てきた感じになってしまいました(笑)
 「どっしり系生もと」として定評のある銘柄という印象です、もう佇まいからしてオーラありますね。
 使用米は玉栄の60、26BYということで、2年以上の熟成を経た生熟酒になります、アルコール度数はガッツリ20度。
 
20170706121335969.jpg

 上立ち香は酸と熟感とアルコールが混ざった感じの香りがそこそこに。
 含むと、カラメル感のある熟した旨味が力強い酸を纏ってグワッと入ってきて、唾液腺を刺激しながら最初から最後まで強烈な存在感を示しつつゆっくりと流れ込んできます。
 味わいは、やはりパワフルな酸味が純然たる主役ですね、それと熟した旨味が絡み合ってカラメル・レーズン的な奥深い風味を演出しますが、意外にもあまり重くはなく飲み飽きない印象。
 後味も、酸味がガッと引き取って、力強くキレます。

 かなりの熟感と、強烈な酸味、そして非常に野太い旨味がしっかり共存している、力強い芳醇旨酸酒でした。
 思いっきり力強いを連呼してしまいましたが、やはりある意味想像どおりの、生もとのパワーを感じさせるようなお酒でしたね。
 いわゆるフルーティー系とは一線を画した味わいなので、もしかしたら日本酒飲み始めの頃では拒否反応が出ていたかも…、私としては最近ようやくこういうお酒も楽しめるようになった気がします。
 梅津の生もと、次はまた他のスペックも試してみたいと思いました。

 そして、これなら熱めに燗するのが鉄板だろうとやってみたところ…、ぎゃー辛い!
 正確には旨辛甘酸がそれぞれ激しく主張して、非常に面白い味わいになりますね、甘味も割と存在感が出てきます。
 ちなみに香りは完全にレーズンになります、そして燗冷ましでも甘味は減退しません、いやあ面白いなあ。

 そして、折角だからと開栓後ちょっとだけ残して二週間ほど放置してみましたが、これがまた全然崩れませんね。
 むしろ酸が柔らかくなってとても良いです、もうちょっと残しておけばよかったと思うレベル。
 今後こういうお酒についての家飲み経験値も蓄積していって、より良い飲み方ができるようになりたいと思った今日この頃でした。

20170706121407063.jpg
20170706121356494.jpg  20170706121345564.jpg

名称:梅津の生もと 無濾過生原酒 玉栄 26BY
精米歩合:60%
使用米:玉栄
アルコール度:20%
日本酒度:不明
蔵元情報:梅津酒造有限会社
購入価格(税抜):1,571円/720ml
購入した酒屋さん:登酒店(奈良・通販)
お気に入り度:8.5/9.0(燗上がり、変化も考慮に入れて)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年07月14日 鳥取の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

松みどり 特別純米酒 生原酒

本日の家飲み 松みどり 特別純米酒 生原酒

20170402162655604.jpg  20170402162704007.jpg

 神奈川県足柄上郡松田町のお酒です。
 家飲みは初めて、外飲みに関しては後述します。

 松みどりについては数年前に一度外飲み経験があるのですが、実はその時一杯飲んだ印象は正直あまり良くありませんでした。
 そんなこともあってしばらくは見かけてもスルーしていたのですが、今年あの矢島酒店さんの店頭に並んでいるのを見つけ、気になったので店長さんにコメントを貰ったわけです。
 曰く「前から試飲はしている、今期は良かった」とのことだったので、じゃあ買ってみるかとセレクトしました。
 
 造り手の中澤酒造については、「しーたかの日本酒アーカイブ」さんが詳細な蔵元訪問記事を載せられていました
 スペック的には麹米山田錦50、掛米美山錦55というコスパを意識したもので、実際お値段も税抜き1,300円以内とかなりお安くなっていますね。
 三日どころか三年以上間が開いているので、刮目しつついただきたいと思います。

20170402162719662.jpg  20170402162711494.jpg

 上立ち香はフレッシュで、洋梨的な甘さを感じる香りがそこそこに。
 含むと、濃厚な甘旨味が新酒らしい力強さで入ってきて、これまた新酒っぽい苦味と程々の酸味で輪郭を整えつつ、じわじわと染み込んできます。
 味わいはメロン的果実系のもので、太い甘味、強めの青さ、そこそこの酸味が絡み合った、ある種の粗さを旨味の勢いで洗い流す力強いものですね。
 後味は甘さをほんのりと残しつつ、青い酸で引き上げていきます。

 今風の新酒無濾過生原酒のど真ん中を行くような、甘く、青く、若干荒く、酸もたった、フレッシュ芳醇酒でした。
 良く言えば素直、悪くいえば有りがちな趣ですが、発展途上の通過点としては上々でしょう。
 既に地酒激戦区のスタートラインを若干超えた位置まで来ていると思いますが、本格的に人気を得られるかはこれからが本当の勝負になると思います。
 松みどり、今後のさらなる発展に期待しつつ、注目していきたいと思います。

20170402162727223.jpg

名称:松みどり 特別純米酒 生原酒
精米歩合: 麹米:50% 掛米:55%
使用米: 麹米:山田錦 掛米:美山錦
アルコール度:16~17%
日本酒度:不明
蔵元:中澤酒造株式会社
購入価格(税抜):1,288円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年07月12日 神奈川の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

巖 特別純米 しぼりたて生酒 華吹雪

本日の家飲み 巖(いわお) 特別純米 しぼりたて生酒 華吹雪

20170706103331147.jpg  20170706103341996.jpg

 群馬県藤岡市のお酒です。
 ブログでの登場は2回目。

 前回いただいたお酒(美山錦+五百万石)がかなり好みだったためセレクトしました、青森酒以外では珍しい、酒米「華吹雪」を使ったお酒です。
 ところで、皆さんは酒米(酒造好適米)というと、何種類ぐらいが思いつくでしょうか。
 私はこの前バーっと書き出してみたところ、大体50種類になりました。(ちなみに「高木酒造シリーズ」「八反シリーズ」あたりで数は稼げますね、どうでもいい話ですが(笑))
 その後Wikipediaで答え合わせしたら知ってる米が結構漏れていたので、もう少し頑張れば60ぐらいは思いついたかもしれません。
 ちなみに、酒米でないけど酒造りに使われている品種も10ぐらいは浮かびます、そして逆に、酒造好適米と思いこんでいた「亀の尾」「松山三井」が一般米だったことにはびっくりしましたね。
 まあ一人遊びとしては結構面白かったです、マニアなら一度試してみてはいかがでしょう。

 完全に銘柄から話がずれましたね、巖に関してはモウカンさんのところで知った、「一途で不器用な男:巌 高井幹人──偏差値エリート4人の酒づくり」という、男性向け雑誌の記事が印象に残っています。
 慶大商学部から京大文学部に転学したとか…、これだけで高学歴なだけでなく変人の匂いもしますね(笑)、ご興味があればご一読をオススメします。
 (よくみたら「いっぽん!!」の原作者さんの記事ですね、流石)


 上立ち香はセメダインメインの硬質かつフレッシュな香りがそこそこに。
 含むと、香りの印象通りの硬質な旨味が、程よい甘味と苦渋味と一体となって、独特の引き締まりを保ちつつじわじわと染み込んできます。
 味わいは、なんというかやはり銘柄のイメージ通りの男らしいというか、ガツンと来ながらキレは良く、かつ旨味の芯の周辺に今風の甘味もしっかりと具備している独特のもの。
 後味は、苦渋味をうっすらと口中に残しつつ、力強くキレます。

 味わいのインパクト、心地良い甘味がありながら、全体の印象はあくまで引き締まり硬質な、様々な魅力を内包した男酒でした。
 いやあやっぱりレベル高いですね巖、凡百に埋もれないまとまりと個性を両立させた酒質だと思います。
 そしてなんとなくまだまだ「これから」の伸びしろも感じますね、素直に洗練させていけば、そのまま人気銘柄になりそうな予感。
 巖、今後要注目の銘柄の一つだと思います。

20170706103351398.jpg  20170706103401791.jpg

名称:巖 特別純米酒 701号 本生
精米歩合:55%
使用米:華吹雪
アルコール度:16~17%
日本酒度:不明
蔵元情報:高井株式会社
購入価格(税抜):1,300円/720ml
購入した酒屋さん:登酒店(奈良・通販)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年07月10日 群馬の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

ささまさむね 特別純米 生酒

本日の家飲み ささまさむね 特別純米 生酒

20170616142042655.jpg  20170616142052713.jpg

 福島県喜多方市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め、確か初めていただきます。

 福島のお酒といえば、先日「全国新酒鑑評会金賞受賞蔵数 五年連続日本一」という快挙を成し遂げたということが記憶に新しいところです(リンク先は同県の酒造組合ホームページ)。
 実際私としても、飛露喜や写楽などのメジャー銘柄はもちろん、豊圀、山の井、会津中将、自然郷などなどまだあまり東京に出てきていない銘柄についても、極めてハイレベルな福島酒との出会いを最近多く経験しています。

 さて、これはちょっと危ないというか、無責任な言説になりますが、ここ最近の福島酒の躍進には、あの原発事故も関係しているんじゃないかと、個人的には思っております。
 復興に対する並々ならぬ意気込みに加え、「放射性物質が検出されたら一巻の終わり」という危機感が、蔵内の衛生環境に前向きな影響を与えている部分があるのではないかと。
 聞くところによると、うまい酒を醸すためには、「蔵内が清潔であること」は非常に大きいらしいですしね。
 もちろん大前提として蔵の実力が無いと金賞なんて取れませんし、例えこの仮説に正しい面があったとしても、それが蔵元さん達の大変な努力によるものであることは変わりません、本当に頭が下がる思いです。

 完全に話がそれましたが、このささまさむねについては前情報皆無のフィーリング買いだったもので、ネタが思いつかず…
 裏ラベルには割と叙情的な解説文がありますね、「ささまさむね」は2014年からの新ブランドとのこと(通常銘柄は笹正宗)。

20170616142102559.jpg

 上立ち香は硬質なマスカット的?甘酸の香りが仄かに。
 含むと、濃厚かつ奥深い印象の甘旨味がグググッと入ってきて、少々の酸味と時間差で奥から滲み出てくる渋味によって複雑さを感じさせたまま、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、マスカットというか、新酒なのにレーズン的な味乗りを感じさせる個性的な甘酸渋味が旨味を演出します、逆に新酒に有りがちな苦味は皆無で、しっかりとした旨味を自然に楽しませてくれます。
 後味は渋味をほんのりと口中に残しつつも、芳醇さをしっかりと引き取ってキレます。

 複雑さと落ち着きが魅力の、個性派芳醇甘旨酒でした。
 たまにこういう新酒らしくない新酒に出会いますね、フレッシュ感があまり無い分粗さも無く、じっくりと楽しめるお酒かと思います。
 特に新酒の時期にこういうお酒と出会えると、家飲みにバリエーションが出て非常にお得な気分になれますね。
 ささまさむね、また他のスペックもいただきたいとお思いました。

 開栓後はやっぱり濃厚甘味系らしくちょっとダレてくるかな…
 こちらは早めに飲みきるのが、個人的にはオススメ。

20170616142133927.jpg

20170616142123195.jpg  20170616142111885.jpg

名称:ささまさむね 特別純米 生酒
精米歩合:55%
使用米:不明
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元:笹正宗酒造株式会社
購入価格(税抜):1,300円/720ml
購入した酒屋さん:ふくはら酒店
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年07月08日 福島の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

謙信 純米吟醸 愛山 生酒

本日の家飲み 謙信 純米吟醸 愛山 生酒

20170703135638384.jpg 20170703135648043.jpg

 新潟県糸魚川市のお酒です。
 当ブログでの登場は3回目。

 いまだ巷では淡麗辛口のイメージが強いと思われる新潟酒ですが、個人的には芳醇系銘柄の宝庫である印象が強かったりします、この謙信もそうですし、たかちよ、村裕、山間なんかは露骨に濃厚ですしね。
 ところでこの「お酒の味と地域性」というのは結構古くて新しいテーマだと個人的には思っています。
 杜氏集団の傾向などの歴史的背景、地元名産品などの食生活に関する事情、お米や水などの原材料の傾向等々、実に色々な要素が絡み合っている、論文の1本や2本余裕で書けそうな奥深さがあるんじゃないかと。
 ただ、昔に比べると、少なくとも全国区で売られるような地酒については、前述の新潟酒に象徴されるように、地域性はかなり薄くなっている印象がありますね。
 結局のところ大事なのはあくまで「銘柄」であって、地域性については、「新潟のお酒だから淡麗辛口に違いない!」といった固定的先入観に囚われるのではなく、「お、なんか変わった味だと思ったら奈良酒じゃないの」みたいに楽しむ要素として、付き合っていくのが良いんじゃないかなあと個人的には思います。

 閑話休題、今回いただくのは高級米愛山を55%まで削った純米吟醸生。
 お値段も若干いつもより高めですが、このスペックならむしろ割安でしょう。


 上立ち香は濃い目の甘さと酸を感じるフレッシュなベリー系の香りが気持ち強めに。
 含むと、香りの印象以上の超濃厚フレッシュな甘旨味がグワッと入ってきて、これまた強めの酸と個性的な渋味?が深みを与えつつ、最後まで存在感を保って染み込んできます。
 味わいは、極めて濃厚かつ奥深さのある甘酸旨味が厳然たる主役を演じる感じですね、味わいたっぷりではありますが、個々の要素が並列するというより絡み合って一体化している印象。
 後味はほんのりと渋味を残しつつ、酸でしっかりとキレます。

 フレッシュジューシーかつ、愛山らしい個性と、何より魅力的な濃度のある力強い芳醇フレッシュ酒でした。
 いやあやっぱり謙信は私の好みどストライクですね、愛山もしっかり使いこなしている印象。
 ちなみに私は自分の好み(芳醇甘旨)がわりとハッキリわかっているため同様のお酒を大量に飲んでおり、それだけにその中でも一歩抜き出していると思ったお酒については自信を持ってオススメできると自負しております。
 謙信はまさにそういう銘柄の一つですね、今後もちょくちょく家飲みしたいと思います。

20170703135659583.jpg

名称:謙信 純米吟醸 愛山 生酒
精米歩合:55%
使用米:愛山
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元:池田屋酒造株式会社
購入価格(税抜):1,759円/720ml
購入した酒屋さん:登酒店(奈良・通販)
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年07月06日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

庭のうぐいす 純米吟醸 うすにごり 生酒

本日の家飲み 庭のうぐいす 純米吟醸 うすにごり 生酒

20170402130455203.jpg  20170402130502746.jpg

 福岡県久留米市のお酒です。
 外飲みは何度かありますが、意外にも家飲みは初めて。

 庭のうぐいすは、個人的なイメージでは、福岡酒の中ではかなりメジャーな銘柄だと思っています。
 居酒屋でも結構見かけますし、かの口コミサイト「日本酒物語」の福岡県ランキングでも1位ですし(ちなみに同サイトのランキングは「味」というより「知名度」を図る指標として有用だと思っております)。
 ただ、意外にも出会いが無かったというか、何となく「いつでも飲める感」が邪魔をして今までセレクトしてこなかった次第です。
 いやあ、通うお店と特約店が被らない限り、家飲み機会を数年逃すなんてざらにありますねえ…、気になる銘柄をコンプするまで一体何年かかることやら(それが楽しくもありますが)。

 裏ラベルの情報は貧弱ですが、蔵元ホームページにはがっつり細かい商品紹介が載っていました。
 うーむ、飲みながら確認する分にはありがたいですが、基本店頭で確認できないのはマイナスかな…。
 麹米山田錦、掛米夢一献、精米歩合は両方とも50と結構削っています。

20170402130519042.jpg

 上立ち香は濃厚な、お米と果実の混じった、甘さを感じさせるようなフレッシュな香りがそこそこに。
 含むと、濃い目かつ新酒らしくフレッシュな甘旨味がググっと入ってきて、結構存在感のある苦味でダレを防ぎつつ、ゆっくりと喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、割りとスタンダードなリンゴ的甘旨味が主役、酸は程々で、吟醸酒らしい苦味も結構存在感がありますね、うすにごりらしく少々粘度も感じるのが面白いところ。
 後味はほんのりと苦味を感じさせつつも、自然にキレていきます。

 生の吟醸酒として典型的な魅力を素直に楽しめる、コンセプトのはっきりしたお酒でした。
 なんというか安定感のある味わいでしたね、ただ苦味が強めなのは玉に瑕だと思いました。
 まあ今期(28BY)の高精白系のお酒は、どこも苦味が強い印象があるので、例年はよりまとまりのあるお酒なのかもしれません。
 庭のうぐいす、来期以降にまたいつか家飲みしたいと思います。

20170402130510293.jpg  20170402130528771.jpg

名称:庭のうぐいす 純米吟醸 うすにごり 生酒
精米歩合:50%
使用米: 麹米:山田錦 掛米:夢一献
アルコール度:16%
日本酒度:+2
蔵元:合資会社山口酒造場
購入価格(税抜):1,528円/720ml
購入した酒屋さん:白鳥屋酒店(川口市)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年07月04日 福岡の日本酒 トラックバック:0 コメント:4

白老 夢吟香 純米吟醸 槽場直汲み生原酒 「For Suvivor Vol.2」

本日の家飲み 白老 夢吟香 純米吟醸 槽場直汲み生原酒 「For Suvivor Vol.2」

20170616141749239.jpg  20170616141800362.jpg

 愛知県常滑市のお酒です。
 ブログでの登場は初めてですね、外飲み経験は結構前に(確か)一度あります。

 こちらもブログ「日本酒感想日誌」さん推し銘柄ということで、素直にセレクトしました。
 丁度同スペックの記事も上げられているので、銘柄情報とかはそちらを是非ご参照ください(サボリ)。
 ただ、実は数年前にも池袋「もり山」で外飲みしたことがあったりします、女将さんが名古屋出身ということもあり、流石愛知酒へのアンテナは高いですね。
 愛知酒は「金虎」とか「众」とか、気になっている銘柄がまだまだあるので、今後重点的に攻めたいと思っています。

 裏ラベルにも記載ありますが、愛知県で2010年に誕生した「夢吟香(ゆめぎんが)」という酒米を用いているところがポイントかな。
 しかしこの酒米、ネーミング的に「吟ぎんが」とか「夢の香」と若干混同しそうな気もしますね、まあそんなこと思うのはマニアだけかもしれませんが…(笑)

20170616141821639.jpg  20170616141811253.jpg

 注ぐと、おお直汲みらしく細かい泡がグラスにびっしりですね。

 上立ち香はスッキリフレッシュな柑橘系果実の香りが気持ち強めに。
 含むと、香りの印象よりふくよかな甘旨味が、しかし酸味とガスを伴うことでキリリさ(?)を両立させつつ、最後まで硬質な印象を保ちながら喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、無茶苦茶味わいが奥深い三○矢サイダーといった趣の、濃厚な甘旨味とグイグイ飲み進めてしまう魅力を兼ね備えたもので、全体的なバランスも高次元でとれている印象。
 後はガスとほんの少々の苦味が、優しく引き取ります。

 非常に完成度の高い、ガスが良い方向で働いている飲み飽きない系の芳醇フレッシュ甘旨生酒でした。
 あまりこういうことを言うのも何ですが…、風の森的なガス感と力強さを感じるお酒ですね、私のどストライクゾーン。
 ガス感は強すぎると味が飛んでしまう面もあり、なかなか難しいところもある要素だと思うのですが、このお酒はバッチリ使いこなしてましたね。
 白老、是非他のスペックもいただいてみたいと思いました。

20170616141835129.jpg

紹介:「日本酒感想日誌」さんの同スペックの記事
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-1744.html

名称:白老 夢吟香 純米吟醸 槽場直汲み生原酒 「For Suvivor Vol.2」
精米歩合:55%
酒米:夢吟香
アルコール度:16~17%
日本酒度:+4
蔵元:澤田酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:ふくはら酒店
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年07月02日 愛知の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |