不動 純米吟醸生原酒 吊るししぼり無濾過

本日の家飲み 不動 純米吟醸生原酒 吊るししぼり無濾過

20170616141943601.jpg  20170616141956101.jpg

 千葉県成田市のお酒です。
 ブログでの登場は2回目ですね。

 前回の「鳴海」に続いて千葉のお酒です、私は千葉県出身なので若干思い入れが強まってしまう感じがありますね。
 そしてこの「不動」は、それに加えてもう一つ自分にとって特別な点があったりします。
 というのは、何を隠そう当ブログで初めて紹介した銘柄なんですよ
 特別な意味があって選んだわけではないのですが、やっぱり自分の記憶には残りますね…
 それにしても、もう遥か昔のような気がします、そして読み返すと何ともそっけないなあ(笑)、何年もやってるとやっぱり全然「スタイル」は変わってきますね。

 閑話休題、こちらはスペック的には「秋田酒こまち」を55%まで磨いた、純米吟醸無濾過生原酒。
 一喜や鳴海も含め、何となく千葉のお酒はあえて秋田県産の酒こまちを使っているところが多い気がしますね、なにか組合とか関係で絡みがあるんでしょうか。
  お値段はけして高くないのですが、手間のかかる「吊るししぼり」を行っているところもポイントかと。

20170616142006535.jpg

 上立ち香はあま~い感じのリンゴ的果実の香りがそこそこに。
 含むと、濃厚かつバランスの良い甘旨味が自然な口当たりで入ってきて、奥の方に柔らかい苦味を感じさせつつ、程よく引き締まりながら喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、香りの印象通りの甘いリンゴ的甘旨味が主役で、透明感すら感じさせるバランスの良さが魅力ですね、苦味が嫌らしくないのがポイント。
 後味はそのほんのりとした苦味を残しつつ、しっかりとキレます。

 奇を衒わない、純米吟醸としての魅力を丁寧に、かつ力強く感じさせてくれるお酒でした。
 これは完全にお値段以上の味わいだと思います、蔵の実力を思わせる非常に完成度の高い一本ですね。
 千葉県出身としてもこれは嬉しいですね…、不動への注目度を大きく上げていいきたいと思います。
 というか実は既に不動については既に特別なスペックを購入済みだったりします、開けるのが楽しみですね、まあ紹介するのは随分後になると思いますが…

20170616142032598.jpg  20170616142021992.jpg

名称:不動 純米吟醸生原酒 吊るししぼり無濾過
精米歩合:55%
使用米:秋田酒こまち
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元:鍋店株式会社
購入価格(税抜):1,333円/720ml
購入した酒屋さん:ふくはら酒店
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年06月30日 千葉の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

鳴海 純米吟醸 山田錦 直詰め生 28BY

本日の家飲み 鳴海(なるか) 純米吟醸 山田錦 直詰め生 28BY

 20170616141846959.jpg  20170616141902230.jpg

 千葉県勝浦市のお酒です。
 ブログでの紹介はこれで4回目、大体毎年飲んでますね。

 鳴海といえば、個人的にはシュワシュワの「ガス感」が特徴という印象があります。
 最近の日本酒の一つの潮流であり私が好むところの芳醇甘旨路線と、ガス感って非常に相性が良いんですよね。
 私の経験として、そこまでシュワシュワしていなくても、一口飲んでこりゃ旨いと思ったお酒について、飲み始めてからしばらく後でグラスに気泡がついていることに気付くということがしばしばあります。
 甘みを引き締める要素としては「苦味」「酸味」「アルコールの辛さ」など色々ありますが、中でも私には「ガス感」が一番合っているのかもしれません。
 しかも、ガス有り日本酒は他の発泡系酒(チューハイとか)と違い、ガスが弱かったり抜けたりしても、それはそれで違った魅力を持つことが多いのが奥深くて良いですね。

 閑話休題、今回いただくのは山田錦50磨きの直詰め生、以前(26BY)に全く同じスペックを飲んでおります
 鳴海の中でも個人的に良い印象が強かったスペックだったので、今回も期待をこめてセレクトしました。

20170616141912923.jpg  20170616141923095.jpg

 上立ち香は甘めでほんのりセメダイン混じりの果実の香りが控えめに。
 含むと、高濃度の甘旨味が強めのガス感とともにググっと入ってきて、これまた存在感のある苦渋と一体となって、勢い良く喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、完熟リンゴサイダーといった趣の、前回同様、典型的ながらもインパクトがあって好ましい印象のガス甘旨味が主役、ただ今回は若干苦味が表に出てきており、ちょっとキツさも感じます。
 後味はやはりガスが働いてスッキリとキレます。

 芳醇かつシュワシュワの甘旨味を素直に楽しめる、ストレートな今風フレッシュ酒でした。
 基本前回同様の味わいなのですが、今年はどうも苦味に山田の高精白にありがちな嫌らしい印象を受けますね、甘味と拮抗する印象があって個人的には致命的にはならないのですが、苦手な人は厳しいかも。
 これはやはり28BYの米の特性によるところが大きそうです、このお酒に限らず、例年は苦味をあくまで裏方として利用していた銘柄が軒並みバランスを崩している印象がありますね、飼いならしていた苦味に逆襲されているといいますか…
 ともかく、鳴海は来年度以降も試していこうと思います。

 ちなみに、個人的にはガスが落ち着いてきた開栓二日目が一番良く感じました。
 逆に抜けきっちゃった三日目は一番つまらない感じに…、このあたりはちょっと物足りない気もします。

20170616141932835.jpg

名称:鳴海 純米吟醸 山田錦 直詰め生 28BY
精米歩合:50%
酒米:山田錦
アルコール度:16~17%
日本酒度:+-0
蔵元:東灘醸造株式会社
購入価格(税抜):1,600円/720ml
購入した酒屋さん:ふくはら酒店
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 鳴海 純米吟醸

2017年06月28日 千葉の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

あべ 「SPICA」 27BY

本日の家飲み あべ 「SPICA」 27BY

20170330102439754.jpg  20170330102448658.jpg

 新潟県柏崎市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 はっきり書いてしまいますと、このお酒をセレクトした理由は、日本酒ブログ「日本酒感想日誌」さんのオススメ銘柄だったからです。
 「日誌係Awards2016」ニューカマー賞ということで断然推されてますからね…、ここまでハッキリ書かれると買わないわけにはいかないでしょう(ちなみに最近「二兎」も買いました)。
 こういう年間ベスト酒の発表は「呑みあゆみ」さんもなさっていますが、読み手としては非常に分かりやすくてありがたいところです。(ちなみに私がやらないのは「面倒くさい」からだったり…)

 なお今回は、吉祥寺の「大阪屋酒店」さんに27BYがたまたま残っていたたため、このSPICAを購入した次第です。
 本当は通常シリーズから飲みたかったのですが…まあこればっかりは仕方ないですね。
 ちなみに、蔵元の商品紹介ページ(無駄に重い…)によると、「★(スター)シリーズ」と銘打って、明確なコンセプトのもと造られているみたいです、詳細は是非リンク先をご参照ください。
 スペックは五百万石と越淡麗を利用した低アル生酒で、特定名称の記載はあえてしてないっぽいですね。
 逆にあえて明記してある酸度は2.8と、異常値ともいえる高さです。


 上立ち香は熟感はほぼ無い、スッキリキリリとした酸を感じる果実の香りが控えめに。
 含むと、香りのイメージ通りのキリリとした旨酸味が、強いけどもキツくない苦味を伴って、最後まで引き締まったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、あえていえばグレープフルーツ的な、または白ワインぽさもある、フレッシュさを残したさわやかな酸と苦味が重なった、非常に個性的かつキレの良いもの。
 後味は、酸の印象を口中に振りまきつつ、一貫してキリリとキレます。

 苦味がいわゆる吟醸系にありがちな嫌らしいものでなく、素直に引き締まりとキレを添える役割を担っている、超個性派のさわやか酒でした。
 何というか、蔵元の「この味わいで勝負するんだ!」という気負いを感じますね、そしてそれは間違いではないと思います。
 あべ、次は是非通常の無濾過生原酒もいただいてみたいと思いました。

20170330102458022.jpg

紹介:「日本酒感想日誌」さんの同スペックの記事
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-1242.html

名称:あべ 「SPICA」 27BY
精米歩合:越淡麗47%、五百万石55%
使用米:越淡麗、五百万石
アルコール度:14%
日本酒度:不明
蔵元情報:阿部酒造株式会社
購入価格(税抜):1,650円/720ml
購入した酒屋さん:大阪屋酒店(吉祥寺)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: あべ

2017年06月26日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

百磐 純米 おりがらみ生原酒

本日の家飲み 百磐 純米 おりがらみ生原酒

20170331163315574.jpg  20170331163326256.jpg

 岩手県一関市のお酒です。
 ブログでの登場は2回目ですね。

 前回(27BY)の純米吟醸おりがらみの印象が非常に良かったのでセレクトしました。
 その記事では、蔵元ホームページに「百磐」が載っていないことを例によってディスっていたのですが(笑)、今見たら紹介コーナーができてましたね、素晴らしいと思います。
 ただ、やはり取扱い店舗については問い合わせしたら教えるという扱いになってますね…、個人的にはこれ本当に嫌いです、このご時世でなんと閉鎖的というか、秘密主義的というか…
 (実際のところ、なんでリスト公開でなくこういう形式をとる蔵が多いのか、知ってる方がいたら是非教えてください)
 
 今回いただくお酒は、岩手産酒造好適米「ぎんおとめ(精米歩合65%)」を、これまた岩手開発の酵母「ゆうこの想い」で醸した、純岩手スペック。
 お値段は1,200円台と、このスペックの生原酒としては良心的ですね。

20170331163335324.jpg

 上立ち香は…、むっこれは嫌な予感がする乾い牛乳的ムワっとした香りが仄かに。
 含むと、謎の熟感のある旨味がドロっと入ってきて、時間差で出てくるキリリとした辛さと酸、そして澱の苦味で引き締まりをなんとか維持しつつ、喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、クセのある牛乳的含み香が最初にあるのですが、しばらく含むと辛苦をまとって結構引き締まった旨味がでてきて、重いながらもギリギリダレきらないかんじ。
 後味は酸辛でしっかりとキレます。

 これは(生)ヒネしちゃってるかな…
 甘味はダレてる気がするのですが、辛さと苦味が生きている関係でわりと普通に飲める感じなのでちょっと判断には困ります。
 ただ、色も若干黄色みがかってるし…、なにより前回の印象とかけ離れた味わいなので、うーむやっぱり普通ではないよなあ、期待していただけに残念!
 (ちなみに、2月出荷4月開栓、うちではしっかり冷蔵保管してました)
 流石に評価不能状態ですが、折角飲み切ったので記事は公開したいと思います(今回はケチをつけるつもりはないです)
 まあ、たまたまだとは思いますね、百磐は早めに次をいただいてみたいと思いました。

20170331163344553.jpg

名称:百磐 純米 おりがらみ生原酒
精米歩合:65%
使用米:ぎんおとめ
アルコール度:18%
日本酒度:不明
蔵元情報:磐乃井酒造株式会社
購入価格(税抜):1,250円/720ml
購入した酒屋さん:うえも商店
お気に入り度:つけません/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 百磐 純米

2017年06月24日 岩手の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

智則 純米吟醸 直汲み中取り 無濾過生原酒 28BY

本日の家飲み 智則 純米吟醸 直汲み中取り 無濾過生原酒 28BY

20170331163141564.jpg  20170331163150875.jpg

 島根県安来市のお酒です。
 同銘柄の登場は2回目ですね。

 前回(27BY)をいただいてからそんなに時間が経っていない印象ですが、印象深い旨さであったので今期も購入しました。
 購入した「うえも商店」さんの店頭では、確かスタッフの方が実際現地に行って詰めて来たというような記載のPOPがついていたので、限りなくPBに近い商品と言えるでしょう。
 同店では他にも数銘柄で同様の直汲み商品を扱っていたかと思います、しっかり蔵元と信頼関係を築いている証左かと思いますね。

 最近恒例(?)の蔵元ホームページチェックをしてみると、案の定この「智則」は影も形もないですね(通常銘柄は出雲月山)。
 そして、取り扱い店一覧があるのは素晴らしいのですが、うえも商店さんが無い…(記事作成時現在)、うーん何とも残念。
 スペックは基本的に前回から変更無いようです、地元の酒米「佐香錦」を55%まで磨いた無濾過生原酒になります。

20170331163200796.jpg

 上立ち香はフレッシュかつとにかく濃厚な感じの果実の甘い香りがそこそこに。
 含むと、濃厚かつ透明感のある甘旨味が自然な口当たりで入ってきて、そこそこのガス感とほんの少々の苦味で輪郭を整えつつ、喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、やはり洋梨的なインパクトのある甘旨味を主役に据えつつ、良い意味での青さ、硬さがあって、ガス感と苦味も相まってどんどん飲み進んでしまう魅力があります。
 後味は、やはり酸苦が引き取る感じで、しっかりとキレます。

 濃厚な甘味、上品な透明感、ガス感によるインパクトなどなどの魅力を、ストレートかつ高次元で味あわせてくれる、極めて完成度の高い芳醇フレッシュ甘旨酒でした。
 いやあやっぱり安定感ありますね、私の好みどストレートです。
 ただ個人的にちょっと失敗したかなと思う点は、購入してから少し家で寝かせちゃったんですよね(2月購入、4月開栓)、せっかくの直汲みなのでやはり即開栓でいただいたほうが面白かったかもと思ったりします。
 ともかく、智則は信頼を置ける銘柄の一つとして、今後も追い続けたいと思いました。

20170331163209648.jpg

紹介:「日本酒感想日誌」さんの同スペック(出荷日違い)の記事
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-1762.html

名称:智則 純米吟醸 直汲み中取り 無濾過生原酒 28BY
精米歩合:55%
使用米:佐香錦
アルコール度:17%
日本酒度:+1.0
蔵元情報:吉田酒造株式会社
購入価格(税抜):1,713円/720ml
購入した酒屋さん:うえも商店
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年06月22日 島根の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

媛一会 山廃仕込純米吟醸 無ろ過生原酒

本日の家飲み 媛一会(ひめいちえ) 山廃仕込純米吟醸 無ろ過生原酒

20170402160447991.jpg  20170402160455781.jpg

 愛媛県西条市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 こちらのお酒は全く前情報が無かったのですが、こだまさんの店頭でフィーリング衝動買いしました(次の予定があって試飲する時間が無かったのがくやまれますが)。
 結構ラベルが特徴的ですね、瓶を360度覆っており、デザイン化された銘柄名や、「かい入れ歌」の記載が目を引きます(詳しくは写真を拡大してご覧ください)。
 ただ、この全方位ラベル、お酒の残り量がわかりにくいという致命的な弱点があったりします(笑)、どうにか改善を求めたいですね…

 スペック的には、地元の酒米松山三井の60磨き、やはり山廃無濾過生というのがポイントでしょう。
 数値情報は結構詳細で、その中にしれっと「酸度2.5」という記載がありますが、これは異常値かと…(非常に高い)
 そして確か27BYだったかな、結構な期間熟成されているので、それで酸がどうなったか気になるところ。

20170402160502716.jpg  20170402160510711.jpg

 上立ち香はハッキリと熟感がありつつ、酸も感じるスッキリとした香りがそこそこに。
 含むと、やはりかなりの熟成香を纏った、強烈な酸味が鋭角に舌に突き刺さってきて、唾液腺を強烈に刺激しながらもスルスルと喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、カラメル的な熟感と、乳酸と柑橘果実の中間的な酸が主役を演じて甘さは控えめ、苦渋は皆無ながら、とにかく酸の主張が激しいために全体の印象は非常に引き締まっていますね。
 後味はそのまま酸味が受け持ってキリリとキレます。
 
 熟感と酸がそれぞれ強烈に主張する、極めて個性的な旨酢っぱ酒でした。
 前に舞美人を買ったときに似た印象を受けましたね、個人的にはここまで「酸っぱい」と、甘味が引っ込んでキツく感じて、ちょっと苦手だったりします。
 ただ、一つのお酒として荒は感じず、熟成や空気接触で丸くなれば伸びていきそうな予感もありますね。
 媛一会、次はまた別スペックもいただいてみたいと思いました。


 あーやっぱり、開栓後数日放置でちょっと刺々しさが和らぎますね、というか一週間以上放置しても全然OK。
 また、お店の商品紹介に従いかなり熱めに燗を付けると旨味が増して、さらにほっこりとした甘味も出てきます。
 相変わらず主役は酸ではあるのですが、甘旨派の私的には断然熱燗がオススメ。

20170402160518884.jpg  20170402160526535.jpg

名称:媛一会 山廃仕込純米吟醸 無ろ過生原酒
精米歩合:60%
使用米:松山三井
アルコール度:17~18度
日本酒度:+1
蔵元情報:武田酒造株式会社
購入価格(税抜):1,450円/720ml
購入した酒屋さん:地酒屋こだま(大塚)
お気に入り度:8.3/9.0(燗、変化も考慮に入れて)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年06月20日 愛媛の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

獺祭 純米大吟醸48 寒造早槽 28BY

本日の家飲み 獺祭 純米大吟醸48 寒造早槽 28BY

20170402162614305.jpg  20170402162622434.jpg

 山口県岩国市のお酒です。
 飲んだ回数は数え切れないレベルですが、ブログでの登場は以外にもまだ6本目。

 この寒造早槽は季節限定の生酒で、24BY25BYと家飲みしている、獺祭の中でも私が最も気に入っているスペックです。
 ただ、以前は50%と39%を8対2でブレンドしてあること、そのため精米歩合の表記が法律上「50%」となることがラベルに明記されていましたが、今回の購入品にはそのあたりの記載は無く歩合は48%とだけ記載されています。
 う~む、これはスペック変更されてるってことですよねえ、それで同じ名前でしれっと売るというのは、旭酒造さんらしからぬ商売姿勢なんじゃないかしら…(それともメルマガとかには載ってたんでしょうか)
 しかもググってもこの点に触れている酒屋さんがあまり見当たらないんですよね、素人でも気づくことをスルーとか、プロとしてどうなんでしょう…、「黙ってても売れる」ことにあぐらをかくのはちょっと危険だと、個人的には思ってしまいます。

 といいつつも、このスペックは昔からある種「知る人ぞ知る」限定品という位置づけっぽいので、あまり情報が出てこないのも仕方ない部分もあるかもしれません。
 私としては、諸々の文句を黙らせてくれるような味わいであることを期待しつつ、いただきます。

20170402162630461.jpg

 上立ち香はいつものフレッシュリンゴ的な香りが気持ち強めに。
 含むと、結構な濃度の甘旨味が苦味を伴ってグッと入ってきて、そのまま苦味でキリキリしながらも、高精白らしい口当たりで喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、やはり結構蜜のあるリンゴといった印象の甘味がしっかりあって、口当たりもなめらかなのですが、いやあ苦い、香り系大吟醸にありがちないやな苦味を最初から最後まで感じます。
 後味はほんのりと苦味を残しつつも、わりと自然かつ上品にキレます。

 高精白の純米生酒として、典型的な良い面と悪い面をそれぞれハッキリ感じる、スタンダードな吟醸酒でした。
 決してまずくはないのですが、獺祭は値段にそぐわないバランスが魅力と思っているので、それが崩れると個性のないつまらない感じのお酒になってしまうと思うんですよね。
 まあこれは若干28BYならではのお米由来の問題のような気もするので、もうちょっと様子を見てみたいと思います。
 ともかく、獺祭は生産体制は整ったはずなので、今後より一層酒質のキープに力を入れてほしいなあと思いました。

 何気に温度が上がってきたほうが、苦味以外の味も強まってまだ良いかも。
 ただなんかやっぱり別のお酒になっている気がするんですよね…、スペック変えたのはハッキリいって失敗なんじゃないかしらん。

20170402162646400.jpg  20170402162638252.jpg

名称:獺祭 純米大吟醸48 寒造早槽 28BY
精米歩合:48%
使用米:山田錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:旭酒造株式会社
購入価格(税抜):1,570円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年06月18日 山口の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

川鶴 純米吟醸 Wisdom ~継承~ 限定生原酒

本日の家飲み 川鶴 純米吟醸 Wisdom ~継承~ 限定生原酒

20170402154053914.jpg  20170402154104401.jpg

 香川県観音寺市のお酒です。
 当ブログでの登場は6本目と、かなりの頻度になってます。

 記事ネタ探しに蔵元ホームページに行ってみると、「平成29年度鑑評会金賞受賞」など割とタイムリーな記載があって、ツイッターやFacebookもあり、情報公開には積極的な印象を受けます。
 が、なんと商品紹介コーナーが無い上に、肝心要の「お取扱い店舗」コーナーが「ただいま製作中」…(いつからやねん)。
 正直、「買い手が知りたいこと」が伝わらない情報公開に意味はあるのかしらと、厳しいことを思ってしまいます。
 (なんか最近蔵元の情報公開姿勢ディス記事ばかりになってしまってますが、私としても不本意なんです… 本当は書く内容に困るぐらいの情報を与えて欲しいと切に願っております。)

 今回いただくのは、雄町米利用の新酒生原酒、精米歩合は58。
 川鶴は最近商品名に横文字をよくつけてますね、「Advance」「undiluted sake」なんてのもあるようです。
 裏ラベルには味わい等に関する蔵元メッセージが記載されていますが、ネーミング由来等は謎。

20170402154117540.jpg

 上立ち香は程よく甘くフレッシュな果実の香りがそこそこに。
 含むと、硬質な印象の甘酸旨味が力強く入ってきて、その酸と青い感じの苦味でしっかりと引き締まったまま、グググッと喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、さわやかな酸と程々の甘味が一体化した青目の洋梨的なフレッシュな旨味が主役、苦味も結構存在感はありますがギリギリきつくない感じで個性を演出しています。
 後味は、苦酸がしっかり引き取って力強くキレる感じ。

 しっかりとした個性のある甘旨味を、ストレートに感じさせてくれるある種生原酒のお手本のような芳醇旨酒でした。
 割と前から飲んでいる身からすると、着実に酒質を向上させてきている印象を受けます。
 この歩みは止めないで欲しいですね…
 川鶴、引き続き注目していきたいと思います。

20170402154137890.jpg

名称:川鶴 純米吟醸 Wisdom ~継承~ 限定生原酒
精米歩合:58%
使用米:雄町
アルコール度:17度
日本酒度:不明
蔵元情報:川鶴酒造合資会社
購入価格(税抜):1,600円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 川鶴 純米吟醸

2017年06月16日 香川の日本酒 トラックバック:0 コメント:3

誉池月 しぼりたて 純米 木槽しぼり おりがらみ生原酒 ハーブ米コシヒカリ

本日の家飲み 誉池月 しぼりたて 純米 木槽しぼり おりがらみ生原酒 ハーブ米コシヒカリ

20170330102507921.jpg  20170330102517657.jpg

 島根県邑智郡邑南町(おおちぐんおおなんちょう)のお酒です。
 ブログでの登場は二回目ですね。

 このお酒、なかなかに洒落たデザインも素敵ですが、特筆すべきはそのラベルの情報量だと思います。
 裏ラベルにビッシリと記載された数値情報も素晴らしいですが、特に重要なのはちゃんと「ハーブ米」の解説を書いているところですね(記事下写真参照)。
 やっぱりこういうこだわりポイントはしっかり買い手に伝えて初めて「売り」になるということを、蔵元さんは意識すべきだと思いますよええ。
 そしてその情報媒体として一番重要なのは、(ライバル銘柄が隣に並ぶ)店頭でチェックできる「ラベル」であろうと、個人的には思います。
 (かの新政が売れた要因の一つには、裏ラベルの文章を通じた情報発信があるんじゃないでしょうか)

 閑話休題、今回いただくのはそのハーブ米コシヒカリを60まで削って醸された新酒になります。
 数値的には、日本酒度+10が目を引きますね、ここまで高くなると流石にハッキリ「辛口」な味わいが想像されます(実はこの点には買ってから気づきました…、普通私は買わないレベルの数値です)。
 コシヒカリとはいえ飯米だからか、割とお安いのはありがたいところ。

20170330102528564.jpg  20170330102540596.jpg

 上立ち香は酸とアルコールを感じるキリッとした香りがそこそこに。
 含むと、やはり酸の効いた旨味がキリリと入ってきて、アルコール的な辛さを感じさせつつ、最後まで引き締まったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、甘さ僅少でまさに「ドライ」という形容が思い浮かぶ筋肉質なもので、そこに強めの酸、ほんのりとした苦味が相まって徹底的に鋭角な感じなのですが、細くはなくしっかり味は出ていますね。
 後味はその印象のまま力強くキレます。

 酸辛で極めて引き締まった味わいが印象的な、古臭さのないスーパードライ日本酒でした。
 なんとなく島根のお酒にはこういう引き締まった男酒が多いような気がしますね。
 ただ、結構味が多かった前回とは、正直まったく違った印象を受けました、こりゃ後何本か買わないと銘柄の特徴は掴めないかも…
 誉池月、次はまた違ったスペックをいただきたいと思います。

20170330102558274.jpg  20170330102548988.jpg

名称:誉池月 しぼりたて 純米 木槽しぼり おりがらみ生原酒 ハーブ米コシヒカリ
精米歩合:60%
使用米:コシヒカリ
アルコール度:18~19度
日本酒度:+10
蔵元情報:池月酒造株式会社
購入価格(税抜):1,227円/720ml
購入した酒屋さん:大阪屋酒店(吉祥寺)
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 誉池月 純米

2017年06月14日 島根の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

桃の里 純米吟醸 28BY

本日の家飲み 桃の里 純米吟醸 28BY

20170402160240045.jpg  20170402160248073.jpg

 岡山県赤磐市のお酒です。
 当ブログでの登場は早くも4回目。

 こちらは岡山出張時に購入して衝撃を受けた、私と桃の里との出会いのスペックの28BY新酒バージョンになります。
 その記事ではコメントで色々と情報をいただきまして、非常に参考になりました。
 なかでも、読者様がアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」でこの純米吟醸のカップ酒を発見して、レポしてくれたのが非常に嬉しかったですね。
 そしてさらに、そのコメント情報を見てあろすさんがご自分のブログ「日本酒のカルテ」で購入・感想記事をあげてくれました。
 オススメのお酒を実際に買ってくれた方に反応貰って、その情報が広がっていく手ごたえを感じられるということは、ブロガー冥利につきますね…まさに感無量です。

 ちなみに、このお酒を取り寄せる際に、気になっていた加水の有無と火入れ回数を聞いたのですが、「加水無し・一回火入れ」とのことでした。
 「キエーッ!だったらそう書いてくださいよぉ!」と頭を掻き毟りましたね…、少なくともマニアなら50磨きの一回火入れ原酒で15度という数値を見た時点で、土産物屋に普通に並んでいるような酒とは一線を画したスペックということは読み取れるはず。
 まあ自分としても、この味わいで加水二回火入れとはとても思えないと感じていたので、その意味では納得です。(「要冷蔵にしなくて大丈夫かなあ」という別の心配は生まれましたが)


 上立ち香は少々甘さを感じる果実の香りが仄かに。
 含むと、個性的で濃厚な甘旨味が自然な口当たりで入ってきて、独特の渋味で輪郭を保ちつつ、じんわりと染み込んできます。
 味わいはやはり桃の里味としか言いようのない熟した果実の甘旨味が主役で、伴うのは草や木っぽいこれまた個性的な渋味。
 後味は複雑味の余韻を残しつつも、濃厚さをしっかりと引き上げてキレます。

 確固とした「桃の里味」を感じさせる、オンリーワンの奥深さがある芳醇甘口酒でした。
 前回(27BY)に比べると若干甘味以外の要素が増した感はありますが、誤差の範囲内という印象ですね、比較的安定感のあるスペックだと思います。
 実は自分以外の感想も聞きたかったのでわざわざ実家に持って帰って母上にも飲んでもらったのですが、やはり高評価でした。
 桃の里、芳醇甘口派(特に村裕の黒・常盤が好きな人)にはとにもかくにも一回は飲んでみてほしい銘柄です。

 今回初めて開栓後数日経ったものを飲んだのですが、若干渋味が勝ってきて、開栓直後に比べると若干バランスが悪くなった印象があります。
 やはり本質的には結構繊細なお酒かなあと思います、一回火入れとはいえ常温保存は心配だなあ…

20170402160255920.jpg

名称:桃の里 純米吟醸 28BY
精米歩合:50%
使用米:朝日
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:赤磐酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:赤磐酒造(蔵元直接通販)
お気に入り度:8.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年06月12日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:4

横山五十 純米大吟醸 山田錦 うすにごり生 28BY

本日の家飲み 横山五十 純米大吟醸 山田錦 うすにごり生 28BY

20170402162736748.jpg  20170402162744600.jpg

 長崎県壱岐市のお酒です。
 ブログでは2回目の登場になりますね。

 実は昨年(27BY)も同スペックをいただいており、とても好印象でした。
 その記事でも若干触れましたが、こちらのお酒は日本酒蔵としては休蔵中だった酒蔵の跡継ぎが、つい最近別の蔵の設備を借りて酒造りを再開して醸したお酒です。
 この辺りの背景はSAKETIMESが記事にしていました
 それによると、この横山五十は、東洋美人を醸す澄川酒造に泊まり込んで醸したお酒とのことです、ちなみにその前は「東一」を醸す五町田酒造に修業を兼ねて泊まり込んで酒造りをしたこともあるそうで、何というか泊まり込みまくりですね(笑)
 ただ、その事実には並々ならぬ情熱を感じます。

 スペックは前回と同じく、山田錦の50磨きのしぼりたて生うすにごり。
 私が二年連続で同スペックを飲むのは珍しいのですが、コンセプト的に多くのスペックを並べるブランドでないのと、単純にもう一度同じ酒を飲みたかったのがセレクトの理由です。
 若干お高めなので、思い切って一升瓶購入することでコスパをカバー(したつもり)。

20170402162752197.jpg  20170402162818479.jpg

 上立ち香は何気に珍しいくらい露骨なメロン香が気持ち強めに。
 含むと、少々青さをまとった甘旨味が力強く入ってきて、心地良い程度の酸苦を感じさせつつも、最後まで芯のある旨味を保ってしっかりと染み入ってきます。
 旨味は、香り通りの印象の、青さとフレッシュさをがっつり伴ったメロン度の非常に高い甘旨味が主役で、酸が重さを軽減し、苦味は最低権の引き締まりを添えるという、典型的ながらも魅力的なもの。
 後味はやっぱり青っぽい苦酸でしっかりとキレます。

 昨年と同傾向の、濃厚ながら全体のバランスが良い、直球勝負の甘旨フレッシュ酒でした。
 味の方向性は私のどストライクです、もうちょっと青さと苦味が引っ込んで、洗練された味わいになれば言うことない感じですね。
 まあ先入観バリバリですが、東洋美人のippoシリーズに近い味わいに感じました。
 横山五十、蔵元の動向を含め、今後も注目していきたいと思います。

20170402162759734.jpg  20170402162808073.jpg

名称:横山五十 純米大吟醸 山田錦 うすにごり生 28BY
精米歩合:50%
使用米:山田錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:重家酒造株式会社
購入価格(税抜):3,676円/1,800ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年06月10日 長崎の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

笹の譽 特別純米 初しぼり ひとごこち おりがらみ生

本日の家飲み 笹の譽 特別純米 初しぼり ひとごこち おりがらみ生

20170402160327617.jpg  20170402160334822.jpg

 長野県松本市のお酒です。
 外飲み、家飲み経験については後述。

 前回の本金に引き続き、またも「大長野酒祭り」登場銘柄になりました、ただ実はこちらは家飲み経験ありです。
 私の大長野酒祭り初参加は確か第2回の2012年で、その時印象的だった銘柄のうち、この「笹の譽」と「勢正宗」をイベント後間をおかずにこだまさんのところに買いに行った覚えがありますね。
 その時に飲んだのは「笹の譽純米吟醸 中汲み三割麹」で、当時の感想メモによると「上立ち香からあまーい感じ。含むといかにも長野酒といった濃い甘旨味が一杯になる。後味はきっちり苦酸味が締めるが、新酒っぽい癖を多少感じる気もする。」とのこと。
  偉そうに書いてますが今思うと、8月購入酒に「新酒っぽい」っていうのもどうかと思いますね(笑)、まあ素直な感想ではあるのでしょう、今も基本姿勢は変わっていないと思います。

 閑話休題、こちらも本金同様ひとごこちの55%精米の新酒生酒です、日本酒度が-1と低めなのが特徴でしょうか。
 今年(28BY)の傾向として、「初しぼり」という文言に若干の不安もありますが…、先入観を排していただきます。

20170402160341931.jpg

 注ぐと全く濁ってないですね、若干うたい文句に偽りありかな(笑)

 上立ち香はわりと酸を感じる果実の香りがそこそこに。
 含むと、やはり酸の効いた旨味がググっと入ってきて、奥に独特の渋味を感じさせることで複雑さを添えながら、唾液腺を刺激しつつじわじわと染み込んできます。
 味わいは、強めの酸と甘味がせめぎ合う感じの甘酸っぱい系の果実の旨味が主役、渋味はあくまで程々の脇役で、やっぱり中でも酸の印象が強いですね。
 後味は少々苦味を残しつつも酸で力強くキレます。

 最初から最後まで柑橘系果実の酸が主役を演じ続ける、フレッシュ甘酢っぱ酒でした。
 以前家飲みした記憶ではかなりの甘口酒という印象だったのですが、それは「三割麹」というちょっと特殊なスペックのお酒だったからで、もしかしたらこちらがスタンダードな笹の誉の傾向なのかもしれません。
 もしくはこのBYの特徴なのか…、まだ材料が少ないのでなんとも言えませんね。
 笹の譽、次はまた別のスペックを試してみたいと思います。

 開栓後、二日ぐらいたったらさらに甘味が引っ込んじゃったなあ…
 何とか濃くしようと思って燗を付けても、やっぱり強まるのは酸。
 これはあくまで酸味酒好きな人向けのお酒だと、個人的には思いました。
 (しかし、一体この記事で私は何回「酸」という言葉を使ったんでしょうか(笑))

20170402160349070.jpg

名称:笹の譽 特別純米 初しぼり ひとごこち おりがらみ生
精米歩合:55%
使用米:ひとごこち
アルコール度:16度
日本酒度:-1
蔵元情報:豊国酒造合資会社
購入価格(税抜):1,400円/720ml
購入した酒屋さん:地酒屋こだま(大塚)
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年06月08日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

本金 純米吟醸 無濾過生原酒 ひとごこち

本日の家飲み 本金 純米吟醸 無濾過生原酒 ひとごこち

 20170330102723552.jpg  20170330102850231.jpg

 長野県諏訪市のお酒です。
 外飲みは何度かありますが、家飲みは初めて。

 ちょっと前にいただいた「豊香」に引き続き、「大長野酒祭り」で経験しつつも家飲みできていなかった銘柄となります。
 これについてはパッと見ただけで 「笑亀」「高天」「和和和」「大雪渓」「岩清水」等々、まだまだ気になっている銘柄があるんですよね。
 まあこればっかりは取り扱い酒屋との兼ね合いもあるので、少しずつやっていくしかないでしょう。
 ただ、やはり未家飲みの「御湖鶴」にいたっては倒産してしまいましたからね…、本当に日本酒との出会いは一期一会、一旦タイミングを逃すと下手したら一生飲めなくなってしまうこともあり得るわけです。
 そういう出会いを逃さないために、私は今日も日本酒を開けるのです…
 (実際は飲みたいだけ)

 閑話休題、今回いただくスペックは、長野の酒造好適米ひとごこちを55%まで磨いた新酒純米吟醸無濾過生原酒。
 割とスタンダードですね、ただ原酒でアルコール度数15~16度は少し低めかも。

20170330102858187.jpg

 上立ち香は青さと甘さが同居したフレッシュリンゴ的香りがそこそこに。
 含むと、輪郭がハッキリとした甘酸旨味が程よい勢いで入ってきて、ほんのりとした苦味も伴って最後まで引き締まったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、確かな甘さを奥に秘めつつも、表に出てくるのは強めの酸と独特な味わいとしか私には言いようのない旨味で、存在感と飲み飽きなさをしっかり両立させていますね。
 後味はメイン酸、サブ苦、といった感じで見事にキレます。

 しっかりとした個性のある、量を飲んでしまいそうなフレッシュ旨酸酒でした。
 いわゆるミネラル感もありますね、似たようなお酒飲んだことあるな…としばらく考えたところ「山間」にたどり着きました。
 これ系の味わいは昔から「木香」っぽいと感じていたのですが、ブログ仲間のモウカンさんが使っていた「草っぽい」という表現がより合うと思います。
 本金、次はまたほかのスペックもいただきたいと思いました。

 二日目になると、若干甘味が表に出てきたような…
 これは良いですね、もしかしたら熟成適性もあるお酒なのかも。

20170330102913169.jpg  20170330102905759.jpg

名称:本金 純米吟醸 無濾過生原酒 ひとごこち
精米歩合:55%
使用米:ひとごこち
アルコール度:15~16%
日本酒度:不明
蔵元情報:酒ぬのや本金酒造株式会社
購入価格(税抜):1,446円/720ml
購入した酒屋さん:ふくはら酒店
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 本金 純米吟醸

2017年06月06日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

花陽浴 純米大吟醸 瓶囲無濾過生原酒 美山錦 28BY

本日の家飲み 花陽浴 純米大吟醸 瓶囲無濾過生原酒 美山錦 28BY

20170327121331420.jpg  20170327121339624.jpg

 埼玉県羽生市のお酒です。
 相も変わらず当ブログ最多登場銘柄になっております。

 花陽浴については今期(28BY)既に美山錦純吟八反錦純吟おりがらみにごり生をいただいており、また、今回の美山錦純大については27BYのおりがらみ25BYの同スペックを家飲みしているという、状況になっております。
 まあ、そのペース自体が示していることですが、やっぱり惚れ込んでいるんですよね、この味わいに。
 それだけに28BY最初の美山錦を飲んだ時の「これは違う…」という感触は本当に恐ろしいものでした…

 その後生にごりを飲んだ印象により、ちょっと寝かせた方が「らしい」味わいになりそうだと思い、今回のお酒については、1月出荷分を3月中旬に開栓して飲んでおります(そしてブログ掲載は5月という体たらく)。
 スペック的にはいつもの美山錦48磨きの袋吊り無濾過生原酒になります。

20170327121348647.jpg

 上立ち香は華やかな印象のいつもの柑橘系果実の香り(ただ若干大人しめ)がそこそこに。
 含むと、濃厚ながら透明感のある甘旨味が摩擦なしの口当たりで入ってきて、酸でしっかりと輪郭を維持しつつ、奥の方に苦味も感じさせながらゆっくりと染み込んできます。
 味わいは、やはり花陽浴らしいパイン的な甘旨酸味が主役、濃度も満足できる水準で、透明感に加え苦味もあるからか、ガンガン飲み進んでしまう魅力がありますね。
 後味はほんのりとした苦酸を感じさせつつも、優しくキレイに引き上げてくれます。

 華やかさ、透明感、そしてバランスを兼ね備えた、高次元のまとまりのある芳醇甘旨酒でした。
 何というか、このお酒でようやく今期花陽浴が目指したものの一端が感じられた気がします、ちょっと大人になったかのような。
 ただ、私としてはちょっと苦味が気になるのと、何より花陽浴にはやっぱり超濃厚甘旨路線(ただし荒さは皆無)という方向性を求めたいんですよね…変化を望まないわがままなファン心理というやつです。
 ともかく花陽浴は今後も密着して動向をチェックしたいと思います(実は今期雄町は購入済み)。

20170327121358402.jpg  20170327121410257.jpg

名称:花陽浴 純米大吟醸 瓶囲無濾過生原酒 美山錦 28BY
精米歩合:48%
使用米:美山錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:南陽醸造株式会社
購入価格(税抜):1,800円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年06月04日 埼玉の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

徳次郎 特別純米 無濾過生原酒

本日の家飲み 徳次郎(とくじろう) 特別純米 無濾過生原酒

20170327121419703.jpg  20170327121427569.jpg

 京都府城陽市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 こちらは私にとって完全初見銘柄です、店頭でちょうど「特別純米 無濾過生原酒」という私向けスペック(笑)が出ていたので衝動買いした次第。
 蔵元ホームページを覗くと通常銘柄は「城陽」みたいですね、そして珍しく特約店限定銘柄であるこの「徳次郎」の解説コーナーもあります
 しかし個人的に気になるのは「多くのお客様から問い合わせをいただきまして」紹介コーナーを作ったかのような書きぶりです、そんなんだったら最初から掲載しましょうよ…
 実際特約店限定銘柄が蔵元公式ホームページに載っていないことが多いこの地酒業界の慣習は、今日日異常なものだと当ブログとしては繰り返し主張したいと思います。

 ちなみにこの徳次郎の紹介コーナーは、ブランドコンセプトや個別スペックの紹介も無く情報量としてはイマイチ。
 販売店一覧があるのは素晴らしいと思いますが、私が買ったお店が載ってない…、たぶんあまり更新されていないのでしょう。
 スペック的には、五百万石55磨きの無濾過生原酒と、最近の新酒スタンダードの範疇内になっております。


 上立ち香は酸を感じるフレッシュな果実の香りがそこそこに。
 含むと、かなり引き締まった旨味が、伴う酸で舌を少々刺激しつつスルスルと入ってきて、時間差で出てくる苦味で最後までキリリとしたまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、やはりフレッシュな柑橘系果実という印象の酸が効いた旨味が主役、甘味や苦味がそこに寄り添って、ある程度の「飲みがい」を加えている印象。
 後味は苦酸が引き取って、見事にキレます。

 存在感はありつつも極めて引き締まった味わいが特長の、飲みごたえと飲み飽きなさを兼ね備えたお酒でした。
 最近で飲んだ中では一代弥山に似たような方向性を感じますね、酸でキレるタイプの今風食中酒という趣。
 徳次郎、また機会があれば他のスペックもいただいてみたいと思います。

20170403132817812.jpg

名称:徳次郎 特別純米 無濾過生原酒
精米歩合:55%
使用米:五百万石
アルコール度:17~18%
日本酒度:不明
蔵元情報:城陽酒造株式会社
購入価格(税抜):1,300円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年06月02日 京都の日本酒 トラックバック:0 コメント:4

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |