豊盃 純米しぼりたて 生酒

本日の家飲み 豊盃 純米しぼりたて 生酒

20170116154212820.jpg  20170116154221331.jpg

 青森県弘前市のお酒です。
 ブログでの登場は二回目ですね、加えて何回か外飲みもしたような。

 お酒の話とはズレますが、今現在、「豊盃」でweb検索すると「http://www.houhai.jp/」なるドメインが有った事が確認できます。
 が、実際にアクセスしても404が出てくるだけ…、ちょっと気になったのでwebアーカイブで見てみたところ、昨年後半までは、わりと凝ったデザインのサイトが存在していたことが確認できました。
 はてさてこの状況は、あまり意味がないからサイトを閉鎖したのか、ドメインの更新忘れか…
 部外者からは想像しかできませんが、ネット経由での蔵元からの情報発信が途絶えているのは事実でしょう、地方蔵にありがちな、そのあたりについての意識の低さが透けて見えてしまうことに一抹の悲しさを感じたエピソードでした。
 (別に三浦酒造様にケチをつけるつもりは毛頭ないです、放置よりは閉鎖の方がマシと思いますし…。敢えて言うなら蔵元ホームページが無いと記事のネタに困るというのが少し問題ですが(笑))

 閑話休題、今回いただくのは新酒しぼりたて純米。
 ラベルに細かいスペックの記載はありませんが、取り扱い店の商品紹介によると(リンク先は「くるみや」さん)、使用米は地元産の華吹雪のようですね。

20170116154304918.jpg

 上立ち香はスタンダードなリンゴ的吟醸香がそこそこに。
 含むと、青さと苦味を伴ったフレッシュな甘旨味がググっと入ってきて、最初から最後まで苦味で引き締まったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、まさに青りんご的な青い果実の旨味が中心にありつつ、かなり苦味が強いのですが、香り系っぽいいやな苦味よりは若干奥深いほろ苦さのような感じなので、飲み疲れずに杯を重ねられる印象。
 後味はその苦味でぎっちりとキレます。

 独特の苦味が特徴的な、しぼりたてらしい若々しい旨味をじっくりと楽しめるお酒でした。
 この苦味については前回の豊盃米純米吟醸で感じた気がするので、銘柄の個性なのかも。
 私のストライクゾーンからは若干外れますが、なんとなく、5年後はもっと気に入りそうな奥深さも感じましたね。
 豊盃、またいつか家飲みしてみたいと思いました。

 また、開栓直後よりは二三日開けてからの方が素直に飲める感じだったかと。
 雰囲気的にまだ伸び代がありそうな感じの味わいだった気もします。

20170116154246027.jpg  20170116154238323.jpg

名称:豊盃 純米しぼりたて 生酒
精米歩合: 麹米:55% 掛米:60%
使用米:華吹雪
アルコール度:16~17%
日本酒度:不明
蔵元情報:三浦酒造株式会社
購入価格(税抜):1,429円/720ml
購入した酒屋さん:ふくはら酒店
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 豊盃 純米

2017年02月28日 青森の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

羽根屋 純米吟醸 煌火 生原酒 28BY

本日の家飲み 羽根屋 純米吟醸 煌火 生原酒 28BY

20161226122356320.jpg  20161226122404899.jpg

 富山県富山市のお酒です。
 ブログ登場は2回目ですね、外飲みでも何度かいただいた記憶があります。

 当ブログの読者様にはもう周知のことかと思いますが、私の日本酒嗜好は完全に芳醇甘口に振れています。
 そしてその立場からは、世間的評価が高くとも、どうにも相性が良くないタイプのお酒が何系統かあったりします。
 まあ「淡麗辛口」がその最たるものなのですが、いわゆる「食中酒として一歩下がったようなお酒」とか、「あまりにバランスが良すぎてとんがりが無いお酒」みたいなものにも実は苦手意識があるのです。
 「静岡吟醸系」なんかが典型で、具体的な銘柄で言ってしまうと「伯楽星」そしてこの「羽根屋」にはそのイメージが強かったりします。

 当然、「じゃあ何で買うのよ」というツッコミがあるとは思いますが、やっぱりたまにそういうお酒を買うことで自分の好みの状況を確認できますし、たまには違った系統のお酒を飲むのも楽しいんですよね。
 今回セレクトしたのは前回(24BY)と同じく「煌火(きらび)」と銘打たれた生原酒。
 羽根屋の中では自分向けのスペックだろうと選んだのですが、どうせなら違うものにした方が面白かったかも…、少々反省。

20161226122413032.jpg

 上立ち香は典型的な、フレッシュリンゴの香りが気持ち強めに。
 含むと、ほどほどの濃度のフレッシュな旨味がスルスルと入ってきて、青い苦味で引き締まりを維持しつつ、最後まで勢い良く喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、典型的ながらもバランスの取れたフレッシュリンゴの甘酸苦からなる旨味が主役で、ある程度の透明感と雑味の無さがやはり特長ですね。
 後味もキツくない苦味が引き取ってお手本のようにキレます。

 甘酸苦がそれぞれ主張しつつも、濃度がほどほどかつバランスが良いために、スイスイといけてしまう軽さも持った万能酒でした。
 すっきり系のしぼりたて生酒として、良くも悪くも一定の枠をはみ出さないという意味での完成度を感じるお酒です。
 前述の通り私には物足りないのですが、この路線を好む方は多いでしょう。
 また、以前から方向性がブレていないことも、蔵の実力を感じさせるポイントだと思います。(ただ、24BYよりは味が出ていたかも)
 羽根屋、一つの指標として今後もたまには飲んでいきたい銘柄です。

20161226122432916.jpg  20161226122424845.jpg

(紹介)日本酒ブログ(由紀の酒)さんの同スペックの記事
http://www.sakeblog.info/haneya-junmaiginjo-kirabi-28by/

名称:羽根屋 純米吟醸 煌火 生原酒 28BY
精米歩合:60%
使用米:不明
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:富美菊酒造株式会社
購入価格(税抜):1,450円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年02月26日 富山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

山間 H27BY 5号 中採り直詰め 無濾過生原酒

本日の家飲み 山間(やんま) H27BY 5号 中採り直詰め 無濾過生原酒

20161219175647594.jpg  20161219175656245.jpg

 新潟県上越市のお酒です。
 ブログでの紹介は4回目と、なかなかな登場回数です。

 山間というと、数年前は入手困難銘柄に片足を突っ込んだぐらいのレベルで入荷即完売状態だった覚えがありますが、最近は割と普通に購入できる印象があります。
 理由としては、生産量関連とか、23BYのヤブタ問題(参考:「いとう酒店」ブログ)が尾を引いているとか、色々と考えられますが、買う側としては非常にありがたい話ではあります、むしろこうあるべきと言いますか。

 そもそも、これだけ地酒全体のレベルが上がってきている今、特定銘柄に人気が集中するのはある意味不自然なことだといえるでしょう。
 最初に有名どころから入るのはある意味当然ですが、ある程度飲めば好みの方向性はつかめるし、そうなれば日本酒ブログなり酒屋コメントなりから自分なりのお気に入り銘柄を探し出すことは決して難しくないはず。
 入手困難銘柄を家飲みするのにそんなに血道を上げる必要は本来はないのです!
 …と、ここまで書いて、説得力の無さ(というか自分に嘘をついている感)に我ながら愕然としましたね、やっぱりそれらを(定価で)手に入れる喜び、優越感というのはそれ自体蠱惑的なものがありますし、その上で飲むとやっぱり旨いんですよね…地酒飲みの業は深い。

 完全に話がズレました、今回いただくのは27BYの無濾過生原酒ということで、やはり一年程度の生熟期間を経てから出荷されたものです。
 その上中取りですからね、個人的に気になる要素が多いスペックだったので、今回久しぶりにセレクトしてみました。

20161219175704197.jpg

 上立ち香は山間的な独特な木香っぽい香りがそこそこに。
 含むと、やはり個性的な旨味がググっと入ってきて、落ち着いた酸味と苦味で輪郭を整えつつ、じんわりと染みこんできます。
 味わいは、山間味としか言いようがない濃厚な旨味がとても素直に熟した感じで、高濃度かつ落ち着きとバランスをを保っている印象。
 後味は若干の苦渋で見事にキレます。

 野太い旨味と苦味がせめぎ合う、超芳醇個性派酒でした。
 やっぱり旨味に前と変わらないオンリーワンの複雑さがありますね…、私は木(樽)っぽいと思っているのですが、言っているのが私だけなので、ズレているかも。
 実は個人的にはこの山間の味はあまり好みではないのですが、それでもこのお酒のまとまりは感じますので、相性が合えばきっと素晴らしくハマると思いますね。
 山間は引き続き情勢を注目したい銘柄です。

 冷酒だと個性が際立つ感じですが、温度が上がってくるとちょっと丸くなって素直に飲めます。
 個人的には常温が断然好き。

20170214160702738.jpg

名称:山間 H27BY 5号 中採り直詰め 無濾過生原酒
精米歩合:60%
使用米:たかね錦
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:新潟第一酒造株式会社
購入価格(税抜):1,482円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 山間 特別純米

2017年02月24日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

三重錦 純米吟醸 おりがらみ 中取り生

本日の家飲み 三重錦 純米吟醸 おりがらみ 中取り生

20161226122628787.jpg  20161226122647432.jpg

 三重県伊賀市のお酒です。
 ブログ登場は二回目になりますね。

 今回のスペックは山田錦利用の純米吟醸スペックということで、前回いただいた雄山錦の純米とはかなりの差があります。
 が、おりがらみ(うすにごり)という点は同じですし、何より両方とも11月出荷なのに前BYのお酒という点が特徴的といえるでしょう。
 新酒の時期に、ある程度蔵元で寝かせたおりがらみのお酒を出してくるということ自体に、蔵の差別化戦略的な思惑を感じるのは私だけでしょうか(まあ露骨にマニア目線ですが)

 裏ラベルをみると、精米歩合がやけに細かく書かれているのが印象的ですね、酒母米が書いてあるのは珍しいかと。
 掛米が山田錦・八反錦と、米が違う上に精米歩合まで異なるのはさらに珍しいような…、仕込みの段階で細かく分けて発酵を制御しているのでしょうか、素人には分からないレベルです。

20161226122655643.jpg

 上立ち香はスッキリフレッシュながら濃厚な印象の、ガス混じりのお米的香りがそこそこに。
 含むと、青さの残る旨味がオリの苦味を伴いつつも自然に入ってきて、最後まで濃厚さと引き締まりを維持したまま、喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、セメダイン的で甘さ控えめながらあまりキツさのない、キレとまろやかさを両立した旨味が主役、オリはその濃度を増すことと引き締まりの維持の両方に寄与している印象ですね。
 後味は苦味が引き取って、自然にキレます。
 
 熟成期間を経て、うまいことキツさが取れたんだろうなあと想像させてくれる、ほどよい味乗りのバランス系旨苦酒でした。
 自然にスイスイ飲めるのですが、個人的にはもう一歩、個性やインパクトが欲しいという気もします。
 といいつつ、派手さは無くてもしっかりと旨味を噛みしめられるお酒って需要は確実にあると思うので、恐らくはこれが狙った酒質なのでしょうね。
 三重錦、また別のスペックもいただいてみたいと思いました。

20161226122704413.jpg

(紹介)「もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録」さんの同スペックの記事
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-263.html

名称:三重錦 純米吟醸 おりがらみ 中取り生
精米歩合:裏ラベル写真参照
使用米:裏ラベル写真参照
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:中井仁平酒造場
購入価格(税抜):1,550円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年02月22日 三重の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

花陽浴 純米吟醸 美山錦 28BY

本日の家飲み 花陽浴 純米吟醸 美山錦 28BY

20161226122536251.jpg  20161226122544808.jpg

 埼玉県羽生市のお酒です。
 言わずと知れた、当ブログの最多登場銘柄。

 今期(28BY)の花陽浴については、正月酒として八反錦おりがらみを既にご紹介しています。
 が、実際は12月の時点で先にこちらのお酒を飲んでいました、まあ例年初っ端に出てくるスペックですし、いつものように飛びついたわけです。

 しかし、先に言ってしまいますと、その味わいは例年の花陽浴とは明らかに異なったものでした…、ここまで「同スペックの前年との違い」を感じたのはあまりなく、これは非常に戸惑いますね。
 お米の品質等によってたまたま今期の出来が違ったのか、はたまた路線を切り替えたのか…
 このあたり各商品にわりとブレないコンセプトがある大手酒と違って、小規模蔵の商品には、ブレなのか模索の結果なのか分からない変化はありがちではありますね、まあそれが楽しいところでもあるのですが。

 スペック自体は恐らく例年通りで、美山錦55磨きの袋吊り無濾過生原酒。

20161226122553754.jpg

 上立ち香はいつもの、強烈なトロピカルフルーツ香がかなり強めに。
 含むと、酸渋甘が拮抗したフレッシュな旨味が勢い良く入ってきて、ダイナミックにバランスを保ちつつ、最後まで勢いを保ったまま摩擦少なめで喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、南国果実フレッシュな甘酸を華やかに感じさせてくれるいつもの花陽浴路線の旨さを感じますが、若干甘味と濃度が控えめなような。
 後味は強めの酸味を余韻に残しつつ、キッチリとキレます。

 新酒らしいフレッシュさと酸味の効いた、旨味を素直に楽しませてくれる、バランスの良い甘酸酒でした。
 渋味も少々あって、割りと食中酒としての適性もある、飲み飽きない系の甘口酒になっている気がします。
 が、うーん、私には甘味が足りない、そして薄い…、花陽浴でなければそうは感じないと思うので難しいところですが、やっぱり花陽浴は他の銘柄を圧倒する個性的かつ濃厚な甘味があってこそだと個人的には思っているので、この方向性はちょっと辛いところです。
 花陽浴の28BYに若干の不安を感じてしまった一本でした。

20161226122601394.jpg  20161226122609804.jpg

名称:花陽浴 純米吟醸 美山錦 28BY
精米歩合:55%
使用米:美山錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:南陽醸造株式会社
購入価格(税抜):1,435円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年02月20日 埼玉の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

上亀元 純米吟醸 生 26BY

本日の家飲み 上亀元(じょうきげん) 純米吟醸 生 26BY

20161219175614863.jpg  20161219175622988.jpg

 山形県酒田市のお酒です。
 ブログ登場は初めてですね、外で何度も飲んでいる「上喜元」の方も意外にも未登場でした。

 さて、こちらのお酒はかの有名な復活米である「亀の尾」を用いた、「上喜元」銘柄の特別品…というか限定ブランドです。
 もともとの銘柄名が「上機嫌」とかけていることからか、この蔵元は言葉遊びが好きなイメージがありますね、発泡日本酒に「酒和地(しゅわっち)」なんて付けてしまうのがその最たるものでしょう。
 ただ、今まで外で飲んできた同蔵のお酒はそういうイメージとは対照的に、全体的に引き締まった正統派の男酒が多かったような気がします。

 今回は、そもそも珍しい「上亀元」の、約2年間生熟バージョンという初めて見るスペックがお店の冷蔵庫に並んでいたため、衝動的にチョイスしてみました。
 精米歩合は55、亀の尾利用の2年熟成でこのお値段は良心的でしょう。
 (というか、ラベルを見るに恐らく通常品の一部を蔵元熟成させたパターンっぽいですね。この場合はお得な値付けになることが多いので、狙い目といえるでしょう)

20161219175606044.jpg

 上立香はとても落ち着いたお米っぽい香りが仄かに。
 含むと、程々に熟成感のある芳醇な旨味が力強く入ってきて、徐々に出てくる苦味と辛さでギリギリと締め上げられながら、じわじわと染みこんできます。
 旨味は、穀物系の旨味が主役かつ甘味は控えめ、個性的なのはやはり苦味ですね、ただそれは熟成によっていい感じで丸くなった印象があります。
 後味はその苦味を舌先に残しつつ、見事にキレます。

 実に奥深い味わいの、いぶし銀的な円熟味を感じる芳醇辛口酒でした。
 個性的な苦味はやはり亀の尾由来のものなのでしょうか…、正直あまり亀の尾のお酒を飲んだ経験は多くないのですが、わりと苦渋味に特徴があった印象があります(甘味に特徴のある愛山と対照的ですね)。
 恐らく新酒だとちょっとキツさがあったんじゃないかなあ…、まだまだ熟成できそうなポテンシャルも感じました。
 上喜元は引き続き注目していきたいと思います。

 燗を付けると、辛さは増す感じですが、苦味が柔らかくなってやはり良いですね。
 ちなみに開栓後伸びるタイプです、晩酌使いにしてじっくりゆっくり楽しむのに向いているお酒でしょう。

20161219175630870.jpg  20161219175638806.jpg

名称:上亀元 純米吟醸 生 26BY
精米歩合:55%
使用米:亀の尾
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:酒田酒造株式会社
購入価格(税抜):3,150円/1,800ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年02月18日 山形の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

一代弥山 純米吟醸 おりがらみ 生酒

本日の家飲み 一代弥山(いちだいみせん) 純米吟醸 おりがらみ 生酒

20161219175404399.jpg  20161219175412486.jpg

 広島県廿日市市のお酒です。
 家飲みは初めて、外飲み経験も確か無かったような…(呆)

 こちらを醸す中国醸造のホームページを見ると、焼酎・リキュール・ウイスキー等色々手広くやっている酒造会社であることがわかりますね。
 中でも「カープ応援酒」なるコーナーがあり、赤い特別ラベルの色々なお酒を売り出しているあたりは目を引きます、お国柄といいますか…
 個人的にこういう地場の大手酒造の限定品は中々高品質なものが多いと思っていること、東京の居酒屋等で若干見かけることが増えてきた(気がする)ことから、今回この一代弥山をセレクトしてみました。

 こういうお酒にしては珍しく、ホームページに商品紹介がちゃんと記載されています
 この当たり前のことができない蔵(大手でも)が多いことを考えると、非常に好感が持てますね(まあ、特約店一覧が無いのはちょっと残念ですが)。
 スペックは、広島県産八反錦利用で、精米歩合60のおりがらみ生原酒という新酒らしいもの。

20161219175420336.jpg

 上立ち香は典型的なフレッシュ柑橘系果実の香りがそこそこに。
 含むと、キリリとした印象の旨味がスルスルと入ってきて、果実系の酸で最後まで引き締まったまま、勢い良く喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、香りの印象通りの酸の効いたフレッシュな果実的旨味が純然たる主役、全体的な印象は非常にキリっとしてますね、ほんのり苦味もあり、いわゆる飲み飽きないタイプ。
 後味はやはりその酸が引き取って、見事なまでにキレます。

 甘味が裏方に回った、新酒のフレッシュさを素直に楽しませてくれる非常にキレの良いお酒でした。
 個人的にはこういう酸の効いたお酒こそ万能の食中酒だと思うんですよね、魚系にしか合わない淡麗辛口酒と違って油ものや肉系の濃い味料理とも合いますし。
 私は完全に「お酒単体で楽しめる」ということに重きを置いているため(恐らく少数派)、若干好みのラインからは外れるのですが、こういうお酒を求めている方は多いことでしょう。
 一代弥山、次はまた別のスペックもいただいてみたいと思いました。

20161219175436304.jpg  20161219175428160.jpg

(紹介)「日本酒感想日誌」さんの同スペックの記事
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-1536.html

名称:一代弥山 純米吟醸 おりがらみ 生酒
精米歩合:60%
使用米:八反錦
アルコール度:16~17%
日本酒度:不明
蔵元情報:中国醸造株式会社
購入価格(税抜):1,313円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年02月16日 広島の日本酒 トラックバック:0 コメント:4

田酒 純米吟醸 山廃

本日の家飲み 田酒 純米吟醸 山廃

20161127123211526.jpg  20161127123223291.jpg

 青森県青森市のお酒です。
 ブログでの紹介は7本目となりました、何だかんだで結構飲んでますね。

 田酒はここ数年で色々な新スペックを出し始めていることはマニア間には周知の事実でしょう、私も白田酒雄町純米吟醸を既にいただいています。
 それに対する今の私のスタンスとしては、「ちょうど入手機会があって、気が向いたら買う」というぐらいの熱量だったりします(ただ、うちの母君が田酒好きなので、そのために購入することも多し)。
 今回いただく山廃純米吟醸もその流れの一つですね、丁度特約店への入荷時期に他のお酒を買う用事があり、その時に在庫を聞いたら出してくれました。

 スペック的には、精米歩合50と純米大吟醸を名乗れるレベルまで削っています、使用米は記載ありませんがググるとどうやら華吹雪みたいです。
 レギュラー商品である特別純米の山廃は華吹雪55なので、それだけ見ると大して変わらないようにも見えますね。
 が、こちらは日本酒度も-3程度で、かつ一回火入れと、それ以外の部分ではかなり差別化して造っているような雰囲気も感じますね、ラベルのカラーリングも今風に見えますし。


 上立ち香は柑橘系果実のフレッシュな香りがそこそこに。
 含むと、落ち着いた甘旨酸が自然な口当たりで入ってきて、最後までバランスを保ったままじわじわと染み込んできます。
 味わいはやはり柑橘果実系の酸の効いた甘旨味が主役、苦渋はあまり感じませんが、酸の働きで味わいの濃さの割には軽快な印象です。
 後味はそのまま酸味が引き取って自然にキレます。

 今風のフルーティーな甘旨味を、程よく落ち着いて感じで、バランス良く楽しませてくれるお酒でした。
 母君様曰く、「田酒らしさは無いけど美味しい」とのこと、まあほぼ同感です。
 28BYはどうするのかな…、この方向で洗練させればかなりの旨酒になるとは思いますが、田酒ブランドでやる意味は微妙かも。
 ともかく、田酒のチャレンジ酒は今後も生暖かく見守っていこうと思いました。

 燗を付けると…、げ、香りが薬臭い感じでちょっとキツいですね。
 味わいも若干チグハグというか、バラバラな印象もあります、これは完全に冷酒向けかと…。

20161127123246592.jpg  20161127123236820.jpg

紹介:「もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録」さんの同スペックの記事
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-519.html

名称:田酒 純米吟醸 山廃
精米歩合:50%
酒米:華吹雪
アルコール度:16度
日本酒度:-3
蔵元情報:株式会社西田酒造店
購入価格(税抜):1,648円/720ml
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年02月14日 青森の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

風の森 雄町 純米吟醸 無濾過無加水生酒 笊籬採り 26BY

本日の家飲み 風の森 雄町 純米吟醸 無濾過無加水生酒 笊籬採り 26BY

20161219175237023.jpg  20161219175246581.jpg

 奈良県御所市のお酒です。
 笊籬採り3本飲み比べの最後となります。

 飲み比べのトリを飾るのは、私にとっての殿堂入りスペック、その自家熟成バージョンになります。
 26BYに搾られ、一年近い蔵元熟成を経て平成27年9月に出荷されたものを、更に一年以上我が家の家庭用冷蔵庫に保管した後の平成28年11月に開栓したものですね。
 まあ実際は狙って寝かせたわけではなく(基本的に自分は買って一ヶ月以内には飲むスタイル)、勿体無くて飲むタイミングを逃してしまっただけなのですが…
 家庭用冷蔵庫で1年はどう考えても危険領域なんですよね、ただ購入した伊勢元酒店さんがとても丁寧に新聞紙包装してくれたので、遮光は完璧だったと思います。

 この雄町純吟笊籬採りは風の森の中でも、芳醇・甘旨・フレッシュという三拍子揃った、非常に分かりやすい楽しさが魅力だと思っています。
 それが2年以上の熟成を経たことでどう変わってしまったのか…、おっかなびっくりの開栓です。 

20161219175335890.jpg  20161219175345869.jpg

20161219175302684.jpg  20161219175254433.jpg
 現状廃止されてしまった一升瓶のラベル…、懐かしさすら感じます。

 注ぐと、グラスに気泡がついてくれて一安心、ガスは抜けて無いですね。

 上立ち香はある意味予想通りの、少々ガス混じりの熟れた果実の香りがそこそこに。
 含むと、若干の熟成をまとったまさに完熟果実の甘旨味がグググッと入ってきて、少々のガスのピリピリを感じさせつつ、非常に力強く染み入ってきます。
 味わいは、基本は同スペックのいつもの芳醇なマスカット的甘旨味が主役、しかしやはり確たる熟感がありますね、苦味もあって旨味に円熟味と複雑さが加わった印象。
 後味はやはりガスと少々の苦味で引き上げます。

 通常の同スペックから、フレッシュ感と強めの熟感がトレードオフとなった結果のような、ある意味想像通りのお酒でした。
 最初にふわっと広がり、後に含み香の奥の方に感じるほんのりとした熟成香をどう考えるかですね…、正直一年前なら苦手意識が強かったのですが、今なら結構楽しめる自分がいます(ただ、多分生熟限定)
 何というか、飲んでいる間、たまに物凄く旨く感じる瞬間があるというか、複雑さが自分の感覚にハマるタイミングが何回かあったような気がします。
 ただ、ハッとするようなド直球の旨さは無くなってしまうので、基本的にはやっぱりこのお酒は出荷直後に飲むべきなのでしょう。
 とりあえず風の森のこのスペックについては、28BYを何としてでも入手して家飲みしたいと、決意を新たにした今日この頃でした。 

 ちなみに燗を付けると、いい感じで熟感のクセが無くなり、甘旨味をストレートに感じられるようになりました。
 やはり燗推奨ですね、旨味も濃厚になるのにバカスカ飲んでしまう口当たりの優しさもあります。

20161219175311735.jpg

参考1:「日本酒感想日誌」さんの同スペックの記事(25BYの半年程度追加熟成)
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-840.html

参考2:「飲兵衛廃人の落書き帳」さんの同スペックの記事(27BY四合瓶の半年程度追加熟成)
http://blogs.yahoo.co.jp/kurinotoge/18816801.html

 しかしなぜ日本酒ブロガーは揃ってこのスペックを過熟させてしまうのか…
 まあ何となくそれを誘うような酒質があるんですよね、後、「いつでも飲める」状態を保つ安心感というのもありそうな気がします。

20161219175224087.jpg
 最後に記念写真。
 3本立て続けに飲んでしみじみ感じたのは、「やっぱり私は風の森が好きなんだなあ」ということですね。
 味わいの方向性自体が自分の好みにハマり過ぎていて、他銘柄以上に主観的な感想になっているかも…
 ただ、飲んでいるときの幸福感は間違いなく本物ですね、今後もピッタリと追っていきたい銘柄です。

名称:風の森 雄町 純米吟醸 無濾過無加水生酒 笊籬採り 26BY
精米歩合:60%
使用米:雄町
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:油長酒造株式会社
購入価格(税抜):3,780円/1,800ml
購入した酒屋さん:伊勢元酒店
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年02月12日 奈良の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

風の森 露葉風 純米 無濾過無加水生酒 笊籬採り 28BY

本日の家飲み 風の森 露葉風 純米 無濾過無加水生酒 笊籬採り 28BY

20161127123259288.jpg  20161127123308018.jpg

 奈良県御所市のお酒です。
 前回に引き続き、限定品…というか特別品である「笊籬採り(いかきとり)」の紹介になります。

 前回の秋津穂は27BY、こちらのお酒は28BYになりますが、記載されている製造年月は両方とも2016年9月となっています。
 なんでこんなことになるかということを理解するためには、まずBYの定義を確認する必要がありますね、ちょっと探したところ有名地酒屋「山中酒の店」のコラムが分かりやすく解説していました。
 ポイントは「BYの始まりは7月1日であること」「BYは原則上槽日(もろみを搾った日)で判断されること」及び「製造年月は原則瓶詰め日が基準となること」でしょう。
 総合すると、秋津穂は6月以前に搾られてしばらく保存された後に、露葉風は7月以降に搾られてあまり間を空けず、それぞれ9月に瓶詰めされたものと思います。(タイミング的に、おそらく米は同年産でしょう)
 このあたり非常にややこしいですね、私の経験上居酒屋はおろか酒屋の店長でよくわかっていない人も居ました。
 (もちろん私も正確に理解できているかそんなに自信はありません。間違いあれば是非コメントでご指摘ください)

 さて、今回いただくのは露葉風を70まで磨いた純米スペックですが、以前には60まで磨いた純米吟醸の笊籬採りをいただいたこともありました。
 この辺り、露葉風についてはお米の出来などによっていろいろな歩合を試しているみたいですね、28BYには新製品として50まで磨いた純米大吟醸(しぼり華)も出てきたようです(というか買いました)。

20161127123318813.jpg

 上立ち香は濃厚な葡萄系っぽい甘さを感じる香がそこそこに。
 含むと、奥行きのある上品な甘旨味がガス感を伴いつつもゆっくりと入ってきて、あくまで奥の方で仕事をする渋味でより複雑さを感じさせつつ、じんわりと染みこんできます。
 味わいは、うーむバニラ的な甘旨味に渋味(?)が一体化して、独特な世界を創り出していますね、酸味も結構あって賑やかな印象もありますが、やっぱりガスの働きもあって飲み口は軽快。
 後味はその印象のまま自然にキレます。

 風の森の中でもかなり複雑味のある、個性派芳醇甘酸渋旨酒でした。
 なんというか、色々な味わいが併存するのではなく、一体化しているようで、非常に表現しづらい感じです。
 日本酒離れした感じではありますが、こんなワインも無いんじゃないかな…、個性としては他のスペック以上に感じましたね。

 次回も風の森の笊籬採りで、それもかなり特別な一品をご紹介します。

20161127123420327.jpg

参考:「もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録」さんの同スペックの記事
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-570.html

名称:風の森 露葉風 純米 無濾過無加水生酒 笊籬採り 28BY
精米歩合:70%
使用米:露葉風
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:油長酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢元酒店
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年02月10日 奈良の日本酒 トラックバック:0 コメント:4

風の森 秋津穂 純米 無濾過無加水生酒 笊籬採り 27BY

本日の家飲み 風の森 秋津穂 純米 無濾過無加水生酒 笊籬採り 27BY

20161127123429886.jpg  20161127123438933.jpg

 奈良県御所市のお酒です。
 言わずと知れた、当ブログ常連銘柄。

 もはや語ることもないぐらい頻繁に紹介している風の森です、その限定品である笊籬採りについては27BYから全量四合瓶出荷となっています。
 理由については確かなことは分かりませんが、一つ言えることは、今まで難しかった家での飲み比べ(所謂水平飲み)が格段にやりやすくなったということですね。
 複数スペックがお店に並んでいたので、早速立て続けに開栓して3本ほど飲み比べと洒落込んでみました。(実際飲んだのは昨年11月だったりしますが…)

 トップバッターは、風の森の中でも最もスタンダードなスペックという印象のある、秋津穂の純米です。
 秋津穂については「アルファシリーズ」でも積極的に使われていますね、酒屋さんの店長曰く、蔵元は相当前から地元の農家と話を詰め、このお米の安定供給に腐心していたとのこと。
 やはり日本酒の原料としてほとんどを占める、「お米」と「水」については、一年二年で質を確保できるものでは無いですからね…、先見の明があったということなのでしょう。

20161127123447164.jpg

 上立ち香はガス混じりかつ結構甘い感じのバニラ的香りがそこそこに。
 含むと、透明感のある上品な甘旨味がガス混じりで入ってきて、少しづつ強まっていくほどほどの苦味で輪郭を整えつつ、ジュワーッと染みこんできます。
 味わいは全体としての存在感を強烈に感じさせつつ、「クリスタル」という言葉がつい思い浮かぶような透明感とバランスを併せ持つもので、濃厚さと飲み飽き無さを見事に兼ね備えています。
 後味はキツくない苦味で自然かつしっかりとキレます。

 濃厚ながら非常に硬質かつ透明感のある味わいの、いくらでも飲めてしまいそうなチリチリ芳醇旨酒でした。
 やはり風の森の秋津穂らしい味わいですね、アルファ1にも近い印象があって、甘味は雄町純吟やキヌヒカリ純大と比べると控えめかと。
 風の森は花陽浴等に比べて各スペック間の味わいの違いが大きいと思っているので、一度飲んで口に合わなかったと思っても、是非もう1、2スペックぐらい試してみて欲しいですね。
 秋津穂の純米は優秀なコスパとバランス感の点で、最初に試すのに向いていると思います。

 燗をつけてみると、お、ここでセメダインが表に出てきましたね。
 旨味は濃厚に、透明感は若干後退するので、どっちが良いかは好みかな…

20161127123504518.jpg  20161127123455624.jpg

(参考)「日本酒ブログ(由紀の酒)」さんの同スペックの記事
http://www.sakeblog.info/kazenomori-junmai-ikakidori/

名称:風の森 秋津穂 純米 無濾過無加水生酒 笊籬採り 27BY
精米歩合:65%
使用米:秋津穂
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:油長酒造株式会社
購入価格(税抜):1,350円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢元酒店
お気に入り度:8.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年02月08日 奈良の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

外飲み雑記 「喰場の心(くばのこころ)」 (曙橋)

 久々にご紹介したいお店に出会えましたので、外飲み雑記を更新いたします。
 そのお店は、曙橋にある海鮮居酒屋「喰場の心(くばのこころ)」さん(ホームページはこちら)。
 聞きなれない言葉が店名になっていますが、由来についてはお店のブログに紹介されていました
 
 まあ、お店の紹介記事は専門外なので、ぐだぐだ書くよりまずは写真を紹介したいと思います。

 店舗入り口は若干分かりにくいかも…、お店は地下になっています。
20170205164535815.jpg  20170205164524674.jpg
 
 最初の訪問は新年会でした。
 コースを取らずにバリバリミーハー酒を注文(苦笑)
 ちなみに、プレミア銘柄は相場よりはかなり良心的な、通常に少々上乗せされた程度のお値段でした。

20170205164545174.jpg  20170205164555738.jpg

20170205164606543.jpg  20170205164616071.jpg

20170205164625092.jpg  20170205164633451.jpg

20170205164642557.jpg  20170205164652730.jpg

20170205164730184.jpg  20170205164740644.jpg

 ちなみに、こちらのお店はかの足立区の有名地酒屋「かき沼」さんから専ら仕入れているらしく、プレミア銘柄もその分効率よく入荷できるようです。
 まあ十四代、飛露喜、而今、田酒がカバーできちゃいますからね…。

 お水の瓶に「かき沼エムブレム」が入っているのが、マニア心のツボに入りましたね(笑)
20170205164815390.jpg  20170205164824598.jpg

 まあ、この新年会については調子に乗りすぎてお勘定も大変なことになってしまいました…
 個人的にはむしろ以下に載せる、二回目の訪問でいただいた2H飲み放題コース(期間限定税込み4,980円)でのお酒に注目して欲しいところ。

20170205164834826.jpg  20170205164843252.jpg

20170205164854688.jpg  20170205164904696.jpg

20170205164915890.jpg  20170205164924858.jpg

20170205164944559.jpg  20170205164957055.jpg

 この辺りのお酒が飲めるというのも素敵なのですが、料理が非常に良かったというのも大きいです。
 店長さんが北海道出身ということで、道産の海産物などがガンガン出てきて、それがどれもボリューム十分でかつ美味しいのです。
 特にコースの途中で、厚岸産の生牡蠣が人数分出てきたのは圧巻でしたね。
 (コースの詳細はこちら
 
 なんか提灯記事っぽくなってしまいましたが(笑)、読者の皆様におかれましては、提示した事実だけを見て判断していただいて良いと思います。
 ちなみに店長さん曰く、コースに関しては特定名称酒をガンガン飲まれると原価的にヤバいとか…、このブログを見ている方々が行っちゃうと危ないかもしれませんね(汗)
 (でも、このレベルのお酒の中で、一ノ蔵無鑑査とか八海山普通酒とか頼む気にはなれませんよねえ)

 同店は2016年5月オープンということで、内装もキレイでした(トイレがやけに広く、便座がセンサーで開くのに若干びっくり)。
 ちなみに私が同店を知ったのは、Twitterでフォローしてもらったのがきっかけだったりします、SNSでの地道な営業も結構重要ですね。
 店長さんも志のある方のようなので、新規オープンの応援も兼ねて記事を作成した次第です。
 曙橋は、日本屈指の銘酒居酒屋激戦区である四谷三丁目に隣接していることもあり、競争的になかなか大変だとは思いますが、今後も頑張って欲しいと強く思いました。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 喰場の心

2017年02月07日 外飲み記録 トラックバック:0 コメント:0

鳳凰美田 「WINE CELL」 純米吟醸 26BY(蔵元熟成バージョン)

本日の家飲み 本日の家飲み 鳳凰美田 「WINE CELL」 純米吟醸 26BY(蔵元熟成バージョン)

20161212101903564.jpg  20161212101911522.jpg

 栃木県小山市のお酒です。
 ブログでの紹介はようやく5回目。

 私が超ハイレベルな地酒激戦区と考える栃木において、全国レベルの知名度や流通量でまだまだ揺らがない首位にあると思う銘柄、それがこの鳳凰美田です。
 その中でも個人的に好きなスペックが、ワイン酵母を利用したこの「WINE CELL」になります。
 何と今回で、当ブログの鳳凰美田の記事のうち、5回中3回がWINE CELLになってしまいました、ちょっと偏り過ぎですね…

 ただ、今回も買ってしまったのには理由がありまして…、実はこれ、前回に飲んだ26BYのお酒を、蔵元で約2年程度熟成させてから出荷されたものなのです。
 熟成度合の違いを見るという意味ではワインでいうところの「垂直飲み」に近い感じの飲み比べを、一人2年越しでやるというのも面白いと思いセレクトした次第。
 恐らく蔵元としても試験的に熟成させているものなのでしょうね、お値段は据え置きでした。


 上立ち香は落ち着いた、酸を感じる果実の香りが仄かに。
 含むと、酸味強めの非常にキレイな旨味がスルリと入ってきて、時間差で出て来るほんのりとした渋味と相まって、最後まで引き締まったまま喉奥に流れ込んできます。
 旨味は…うーんこりゃ完全に辛めの白ワインとしか言いようがない感じですね、程々の甘味と強めの酸味と渋味がせめぎ合って、全体としては極めて引き締まった印象。
 後味はまさに酸が引き取ってしっかりとキレます。

 二年前とはかなり趣を異にする、酸渋メインのキリリとした、いわゆる食中酒として万能感のあるお酒でした。
 熟成の結果として酸が表に出てくるってのは面白いですね、これはワイン酵母の特性なのかなあ。
 個人的には甘味が引っ込んじゃったのは残念ですが、このラインを好む方も多いことでしょう。
 いつも以上にソガペールエフィスに近い味わいになった気がします。
 これは一般人(私含む)がブラインドで飲んだら8割方ワインと思ってしまうんじゃないかしら…、とてもお米から造られたとは思えない感じかと。
 鳳凰美田、次は流石に他のスペックも試していこうと思います。

20161212101919657.jpg

名称:鳳凰美田 「WINE CELL」 純米吟醸 26BY
精米歩合:55%
酒米:不明
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:小林酒造株式会社
購入価格(税抜):1,800円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年02月06日 栃木の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

【お知らせ】ギャザリーの記事の非公開化について

 いつも当ブログをご愛顧ありがとうございます。
 1点、読者の皆様にアナウンスしたいことがありまして、記事を更新します。

 もう気付いている方も居るかもしれませんが、実はキュレーションサイト「ギャザリー」に私が投稿した記事がほぼ非公開化(実質削除)されてしまいました。
 残っている記事はわずか二つ…、ほぼ全滅ですね(しかもあまり自分が内容的に満足していないのが残っているのがなんとも)。
 そのため、当然ながら当ブログの「ギャザリーの記事」カテゴリからのリンクもほとんどが切れてしまっています。
 本来ならば整理等すべきなのでしょうが、なかなかそこまで手が回らず、今後の方針も悩んでおりまして…
 取り急ぎ皆さまには状況をお知らせした次第です、ご迷惑をおかけし申し訳ございません。
 特に、リンクを貼ってくれたり、はてブに登録してくれた方に対しては、心苦しい限りです…
 
 今回の削除は前回のものと違い、内容とは全く関係無いようなので、一応手を加えて似たような記事を書くこと自体は差し支えないみたいなのですが、流石にモチベーションがなかなかわかないんですよね。
 結構頑張って書いたからなあ…、正直がっくしという気分です。
 ただ、現状競合する日本酒タグの記事が減っていてある意味チャンスであることや、投稿フォームに慣れている等の利点もあるため、とりあえず人気だった記事を何本か復活させて様子を見る予定です。

 まあ、ギャザリーにこだわる必要もそんなには無いので、色々と検討してみたいと思います。
 今後ともお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。


・おまけギャラリー①:会社の宴会で私がセレクトしたお酒写真(黒龍だけ偉い方の持ち込み)
20170205162049701.jpg

・おまけギャラリー②:会社の宴会で私がセレクトしたお酒写真その2
20170205162115389.jpg
 こういうときには辛口酒も選ぶのです…、もちろんちゃんと全部売り切れました。

・おまけギャラリー③:一番ひどかったとき(年末)の我が家の冷蔵庫
20170205161906467.jpg
 家庭用冷蔵庫に約20本放り込むとか…、罪悪感すら感じる光景ですね…

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: ギャザリー

2017年02月05日 ギャザリーの記事 トラックバック:0 コメント:4

桃の里 純米吟醸

本日の家飲み 桃の里 純米吟醸

20170123133816528.jpg  20170123133825024.jpg

 岡山県赤磐市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。
 岡山酒4本目、さかばやしさんでの購入酒3本目、そして出張先購入酒連載のトリを飾る10本目になります。
 (連載の最初の記事はこちら

 この桃の里については、どこかでオススメコメントを見たというふわっとした記憶と、口コミサイト日本酒物語での高評価(実は結構参考にしてます、特に首都圏であまり見ない銘柄について貴重な情報源かと)ぐらいしか事前情報はありませんでした。
 見た目的には、レトロなラベルかつ裏ラベルの情報も貧弱と、正直惹かれる要素は皆無。

 スペック的にも、火入れ有り、度数15度なのでおそらく加水も有りと、私がいつも買うものからはかけ離れたものとなっています。
 蔵元ホームページの商品紹介によると、使用米は地元赤磐産の「朝日」みたいですね。
 実際のところ購入はかなり迷ったのですが、ここで買わなければ一生買う機会が無いかもという予感と、新幹線車内で開けるなら酒質が安定している火入れ酒も良いかなと思いもあってセレクトしました。


 上立ち香は、火入れらしく落ち着いた、しかし個性的な甘さを感じる香りがそこそこに。
 含むと、香りのイメージ通りの落ち着いてトロリとした甘旨味が優しい口当たりで入ってきて、最後まで甘さを主役にしながらもダレずにゆっくりと染み込んできます。
 味わいは、桃というより梨を煮詰めたような(?)芳醇な甘味が絶対的な主役を演じて、かつありがちな酸味や苦味をほとんど感じさせず、しかし心地よい果実感を与えてくれるという、若干私の理解の範疇を超える深みがあるもの。
 後味は、ようやくほんのすこし出てきた苦渋の印象を舌に残して、しっかりとキレます。

 火入れっぽい熟感に近い風味をほんのり感じさせつつ、甘味が野太い上にその風味と喧嘩せずに前向きの落ち着きを感じさせてくれる、極めて珍しいタイプの芳醇甘口酒でした。
 いやあ驚愕しましたね、フレッシュでもジューシーでもないのにフルーツなんですよ、これは本当に初めての経験。
 今まで飲んだお酒の中では雪中梅の純米が一番近いと思うのですが、それよりも更に濃厚かつ複雑味があって、かの黒村祐に近しいものすら感じます。
 詳細はわかりませんが。これが加水有りで二回火入れのお酒だとしたら、今まで私が学んできたスペック知識が根本から崩れてしまうという危険も孕んだお酒ですね。
 これは甘口派なら一度は絶対飲むべき!私にしては珍しく断言します。
(ちょっと気になるのは、私が飲んだのはきっちり冷蔵保存されてたんですよね。これが蛍光灯下の常温棚という過酷な環境で味わいを保てるかまではわかりません…)
 ともかく、桃の里は早急に他のスペックもいただいてみたいと思いました。

 これだけ濃厚なのに、アルコール度が低め(というか一般的には普通)だからか、ガンガンいってしまいました。
 新幹線社内でここまで飲んでしまうとは…(なお、家で飲んだ残りも旨かったです)
20170123133910127.jpg

 写真が全体的にブレ気味なのは車内撮影ならではの「味」ということで…
20170123133835136.jpg

 さて、10回にも及んだ出張先購入酒連載も最後となりました。
 それぞれハイレベルなお酒だったと思いますが、自分の中では若干桃の里が持って行った感がありますね、それほど衝撃的でした。
 こういうスペック、ラベルのお酒にも未だ知らぬ美酒が日本全国で私を待っているかと思うと、夢が膨らむと同時に限りある人生と肝機能と経済力に若干絶望しますね(笑)
 まあ焦っても仕方がないので、今後もじっくりマイペースに楽しませてもらおうと思います、全国の蔵元さんに改めて感謝を…

名称:桃の里 純米吟醸
精米歩合:50%
使用米:朝日
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:赤磐酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:さかばやし(岡山市)
お気に入り度:8.7/9.0

・おまけ:社内のつまみ用に駅ビルのスーパーで購入
20170123133848936.jpg  20170123133859103.jpg
 日本酒的には実に不吉なネーミング(笑)ながら、相性は良くて車内でやっつけてしまいました。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年02月03日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:10

宙狐 かすみ純米 生原酒

本日の家飲み 宙狐(ちゅうこ) かすみ純米 生原酒

20170123133718038.jpg  20170123133727175.jpg

 岡山県美作市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます、岡山市の「さかばやし」さん購入酒2本目。

 このお酒についてはコメントでの推薦もあり、以前からずーっと気になっていたのですが、今回ようやく出会いがありセレクトしました。
 いやあ見た目からして、いかにも特約店向け銘柄といった洒落たデザインですね、同蔵の地元銘柄「武蔵の里」とのギャップが実に「らしい」気がします。
 蔵元ホームページに商品紹介および取扱店一覧がちゃんと載っているのは非常にグッド。(内容が若干古いのが玉に瑕ですが…)

 「宙狐」という言葉の意味は、裏ラベルにも記載がある通り、「きつね火」という怪異現象の別称らしいです。
 私は知らなかったのですが、Wikipediaを見てみると日本全国(沖縄除く)で確認されている現象とのことで、なかなか面白い内容でした。
 
 スペックはあまり詳細な記載はありませんが、位置づけ的には「しぼりたて」として売られる季節限定品のようです。
 が、製造年月(2016.3)を見るに、私が買ったのは一年近く店頭熟成された状態のものですね、買ってから気づきました。

20170123133755117.jpg 

 注ぐと、にごりかたはほんのうっすらという感じ。

 上立ち香はかなり酸の立つ、フレッシュな印象のセメダイン香がそこそこに。
 含むと、香りのイメージ通りの強めの酸を伴う旨味がググっと入ってきて、最後まで引き締まりを保ったままじわじわと染み込んできます。
 味わいは、甘味控えめながら旨味は濃厚かつ芯がある感じで、苦味はあくまで裏方、主役はあくまで果実系の酸ですね。
 後味は、ほんのりとした苦味を口中に残しつつ、やっぱり酸でしっかりとキレます。

 しっかりとした旨味に、酸がほどほどの軽さを与える、飲み飽きない系のお酒でした。
 所謂熟成感はほぼなかったですね、酸があるのと旨味の骨格がへこたれないことから、新酒のようなフレッシュ感すらありました。
 最初は酸がキツいかなと思ったのですが、杯を進めると慣れ&温度上昇で少し柔らかさも出てきて、結構スイスイと飲んでしまいましたね。
 また、コスパは抜群。
 宙狐、またいつか別のスペック(それも新酒)もいただいてみたいと思いました。

 次回で出張酒特集も最終回になります、個人的に一番印象に残ったお酒をトリに持ってきました、乞うご期待。

20170123133738350.jpg

名称:宙狐 かすみ純米 生原酒
精米歩合:60%
使用米:不明
アルコール度:17~18%
日本酒度:不明
蔵元情報:有限会社田中酒造場
購入価格(税抜):1,235円/720ml
購入した酒屋さん:さかばやし(岡山市)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 宙狐 純米

2017年02月01日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:4

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |