太陽 純米吟醸 「たれくち」 無濾過生原酒

本日の家飲み 太陽 純米吟醸 「たれくち」 無濾過生原酒

20151109020046520.jpg  20151109020058805.jpg

 兵庫県明石市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め確か初めていただきます。

 「地酒屋こだま」さん銘柄が続きます、この「太陽」も、正直他の酒屋さんでは見かけたことが無いですね…
 商品紹介ページには各スペックの紹介に加え、銘柄への熱い思いなどが語られており、読み応えがあります。
 ここでは詳しく触れませんが、色々とありながらもしっかりとお酒造りを続けられていることは素晴らしいことだと思いますね、蔵元さんとそれを支えてきた皆さんには頭が下がる思いです。

 スペック的には、これまた一夏超えた無濾過生原酒。
 ラベルはなんというかにぎやかですね…、個人的にはこういう銘柄名がわかりにくいラベルは、いかがなものかと思ってしまいますが。
 使用米等の情報もあまり記載はありません。

20151109020111987.jpg

 上立ち香は濃厚な感じの果実の香りがそこそこに。
 含むと、極めて濃厚な旨味の塊がググッと入ってきて、甘味のベールでキツさを覆いつつ、力強く入り込んできます。
 旨味は直球勝負のアミノ酸旨味!という感じで、甘酸味とアルコール感がそこに複雑さと個性を加えます、全体的な印象は野太いながらもバランスとれた味わいという感じ。
 後味は酸とアルコールが仕事をしてびっくりするほど自然にキレます。

 濃厚芳醇で、どっしりとしながら最後には重さをあまり残さない、それぞれの要素が豪快にバランスを保ったようなお酒でした。
 これもまた一つのワールドを感じさせるお酒ですね…、流行に流されない確かな個性があると思います。
 また、おそらく一夏を越すことで、それがよりストレートに出てきているような気がします。
 太陽、今後他のスペックも試していきたいと思いました。

20151109020131094.jpg  20151109020144443.jpg

名称:太陽 純米吟醸 「たれくち」 無濾過生原酒
精米歩合:60%
酒米:不明
アルコール度:18~19%
日本酒度:不明
蔵元情報:太陽酒造株式会社
購入価格(税抜):1,528/720ml
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2015年12月29日 兵庫の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

此君 純米 無濾過生原酒 25BY

本日の家飲み 此君(しくん) 純米 無濾過生原酒 25BY

20151109015803936.jpg  20151109015815610.jpg

 鳥取県倉吉市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 最近わりと各所のブログなどで見る気がする銘柄です、こちらも「地酒屋こだま」さんで試飲させてもらい、セレクトしました。
 私は1ブロガーではありますが、ある意味それ以上に熱心な日本酒ブログの読み手でもあります(まあ単にミーハーなだけなんですが…)。
 ただ、結局ブログの感想を見ても、自分の好みかどうかなんてほとんどわからないので(自己否定)、初挑戦銘柄でさらに各種スペックが揃っている時なんかは、試飲は本当に助かります。
 
 実際お店にはかなりの種類が並んでいたのですが(参考:商品紹介ページ)、現在生熟がマイブームということもあり1年以上熟成されたこちらを購入。
 数値的には、日本酒度+12で酸度2.1と、超辛口の範疇に入るお酒です、甘口派の自分としては普通敬遠してしまいそうなレベルですね。

20151109015838016.jpg

 上立ち香は落ち着いているけどスッキリした印象の香りが仄かに。
 含むと、キリリとした、かついい感じに味が乗っている旨味が、若干の辛さを伴い鋭角的に染みこんできます。
 旨味は、非常に引き締まった旨味が主役で甘味はほぼ感じず、しかし純度の高い旨味はしっかり感じる印象で、全体的には非常に筋肉質でコシの強い味わいの世界。
 後味は辛さで素晴らしいキレ。

 極めて引き締まった辛口酒ながら、薄さやキツさを感じさせない旨味の世界を魅せてくれる個性派酒でした。
 なんというか、非常に直球勝負な旨味なのですが、独自な世界も感じるんですよ…、表現が難しい。
 正直露骨に甘口派の私が、紛うことなき辛口酒でこれだけ楽しめるという時点で凄いことかもしれません。
 此君、辛口派から甘口派まで、一度は飲んでみてほしい銘柄だと思いました。

 燗を付けると…、うおぐっと濃厚になりますね、隠れていた甘味も感じるような…
 いやあこれは良いです、この辛さキリリ感と芳醇旨味を両立させる感じは正直初めて味わうかも。
 そして少し温度が下がってくると、柔らかさも出てきて…いやあ奥深いお酒でした。

20151109015850448.jpg

名称:此君 純米 無濾過生原酒 25BY
精米歩合:70%
酒米:山田錦
アルコール度:18~18.5%
日本酒度:+12
蔵元情報:高田酒造株式会社
購入価格(税抜):1,400/720ml
お気に入り度:8.5/9.0(燗上がりを考慮に入れて)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2015年12月27日 鳥取の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

仙介 特別純米 しぼりたて 無濾過生原酒

本日の家飲み 仙介 特別純米 しぼりたて 無濾過生原酒

20151109015954721.jpg  20151109020008045.jpg

 兵庫県神戸市東灘区のお酒です。
 家飲み、外飲みともに経験あり。

 こちらのお酒は、以前ブログで紹介した「琥泉」と同じ泉酒造さんが醸したお酒になります。
 その記事でも書いた通り、ブランドの違いは、麹米に兵庫県産山田錦を使ったものが「仙介」、そうでないものが「琥泉」とのこと。
 使用米でブランド名を変えるというのは結構珍しいですね…、それだけこだわりがあるということなのでしょう。

 というわけで、スペック的には、麹米に山田錦、掛米に五百万石を用いている、一夏超えた無濾過生原酒です。
 例によって「こだま」さんでの購入なので、詳細は商品紹介ページを見てもらった方が手っ取り早いかも…

20151109020024509.jpg

 上立ち香はメロン的な果実香が気持ち強めに。
 含むと、いかにも濃厚芳醇、かつ少々の青臭さを感じる甘旨味が力強く入ってきて、その青い苦味で引き締められながら染みこんできます。
 旨味はやっぱりメロン的ですね、直球の甘味に青い苦味が絡みついて、極めて濃厚かつある種のまとまりを感じる味わい。
 後味はその苦味が引取り、見事に引き上げます。

 極めて濃厚な果実の甘旨味をストレートに感じさせつつ、ウィークポイントを感じさせない完成度の高いお酒でした。
 青めなフレッシュ感と、一夏越えてのってきた甘旨味が拮抗して、いい感じのバランスにまとまっている印象を受けました。
 仙介は琥泉とともに、激戦区である甘旨無濾過生原酒の中でも、一歩抜け出た実力を感じる銘柄だと感じました。

 温度が上がってくると、濃い分やはりちょっと甘ダレ感がある気がします。
 ある程度冷やしていただくほうが、個人的にはオススメ。
 でも、開栓後すぐには味落ちしないかな…、旨味の芯が力強い印象。

20151109020034902.jpg

名称:仙介 特別純米 しぼりたて 無濾過生原酒
精米歩合:65%
酒米: 麹:山田錦 掛:五百万石
アルコール度:17~18%
日本酒度:+3
蔵元情報:泉酒造株式会社
購入価格(税抜):1,400/720ml
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2015年12月25日 兵庫の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

谷川岳「一意専心」 純米大吟醸

本日の家飲み 谷川岳「一意専心」 純米大吟醸

20151109015516836.jpg  20151109015531461.jpg

 群馬県利根郡川場村のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 「利根郡川場村」とは、いかにも名水が出そうな地名ですね、私は柏出身で利根川が馴染み深いので、特にそういう印象が強いです。
 こちらを醸す永井酒造さんには谷川岳以外にも、「水芭蕉」という銘柄がありますね、というか首都圏では断然こちらの方が知られているでしょう。
 そして、このお酒には「一意専心」というサブタイトル(?)もついていますが、これは現在見習いの杜氏さんが、現杜氏の監督の元で醸したお酒ということから、特殊性を示すとともに想いをこめたネーミングのようです。

 ラベルには「製造責任者」と「醸造責任者」ということで、お二人の名前が明記されています。
 そして裏ラベルには杜氏さんのコメントがあります、こういう「顔が見える」感じのラベルは良いですね。
 スペック的には最近スタンダードな印象の50磨き(酒屋さんHPによると美山錦利用の一回火入れ)の純米大吟醸、その経緯からか値段はお安め。

20151109015544873.jpg

 上立ち香はバランスの良い典型的な吟醸香が割と強めに。
 含むと、非常に上品でフルーティー、かつふくよかな甘旨味がスルリと入ってきて、強めの含み香と若干の苦味を振りまきつつ、喉奥に流れ込んできます。
 旨味は純大らしい透明感のある華やかな果実の甘味が主役で、酸辛抑えめ、
 後味もそれらしく自然に引き上げていきます。

 いかにもフレッシュフルーティーといった趣の、お値段以上の純米大吟醸でした。
 やはり華やかな分、若干飲み飽きる感もありますが、味わいの芯がしっかりしている上に旨味がとにかく魅力的で、多少の粗が気にならなくなるようなバランスのように思えますね、これが若さか…。
 後、火入れっぽさを全然感じないところも個人的には◎
 谷川岳は、水芭蕉と共に、今後さらに注目していきたいと思います。

 想像できたことでしたが、開栓後はかなりの速さで味わいが減退します。
 これは早めに飲みきってしまうほうがよいでしょう、そういう意味でも典型的なフルーティー酒でした。

20151109015620486.jpg  20151109015609196.jpg

名称:谷川岳「一意専心」 純米大吟醸
精米歩合:50%
酒米:美山錦
アルコール度:15%
日本酒度:+4
蔵元情報:永井酒造株式会社
購入価格(税抜):1,350円/720ml
お気に入り度:8.4/9.0(口開け一杯目は8.7ぐらいに感じました)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2015年12月23日 群馬の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

川鶴 讃岐くらうでぃ

本日の家飲み 川鶴 讃岐くらうでぃ

20151108205252146.jpg  20151108205314131.jpg

 香川県観音寺市のお酒です。
 ブログ掲載は早くも5回目、相当多い方ですね。

 前回紹介した川鶴は限定品の低アルコール原酒でしたが、今回もかなりの変わり種です。
 アルコール度はビール並の6%でお値段も安め、そしておりがかなり濃厚に絡んでいて甘酒と見紛うばかり。
 どうやらこのお酒は、香川県名物「骨付き鶏」と合うお酒というコンセプトで開発されたようですね、確かに味が濃くて油っぽい食べ物には、通常の日本酒はなかなか合わせにくいようにも思えます。

 ちなみに、このお酒は昨年から発売開始のようで、その時のラベルはいわゆる「萌え系」のラベルでした。
 (参考リンク:NAVERまとめ)
 この絵のポスターを秋葉原でも見たことがあるので、おそらく地域振興の企画の一環だったと思われます。
 今年は鶏の絵のラベルに変わってしまいましたが、個人的には前のラベルの方がよかったなあ…(たぶん契約上の問題でしょうけど)


 裏ラベルによると「ロック」推奨とのことだったので、とりあえずそれで飲んでみます。

 上立ち香は…、うーんロックだからか余り感じませんね。
 含むと、クリーミーな印象の甘旨味が、強めの乳酸味とともにドドドっと入ってきて、そのまま喉奥に流れ込んできます。
 旨味は乳酸味とともに米の旨味を強く感じる、日本酒離れした未体験の甘酸っぱい味わい。
 後味も甘酒的な風味を残して引き上げます。

 クリーミーな乳酸飲料の甘酸に、軽いアルコール感がコクを加える、オンリーワンのお酒でした。
 これはもう完全に日本酒とは別物ですね、有名ブロガーさんが甘酒プラスカルピスという表現をしていましたが、まさにそのままの味わいでした。
 私は甘酒が苦手なので、少し合わない感じもありますが、甘酒の風味が好きな人なら、より自然にグビグビ楽しめそうです。
 こういう日本酒の懐の広さを感じられるお酒も、どんどん出てきて欲しいなと思いました。

20151108205327835.jpg  20151108205341782.jpg

名称:川鶴 讃岐くらうでぃ
精米歩合:不明
酒米:不明
アルコール度:6度
日本酒度:不明
蔵元情報:川鶴酒造株式会社
購入価格(税込):950円/720ml
お気に入り度:7.9/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 川鶴 にごり酒

2015年12月22日 香川の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

常山 純米吟醸 無濾過生 氷温貯蔵

本日の家飲み 常山 純米吟醸 無濾過生 氷温貯蔵

20151108205514546.jpg

20151108205604995.jpg  20151108205534280.jpg

 福井県福井市のお酒です。
 ブログでは2回目の紹介になりますね。

 前回は一回火入れの純米吟醸でしたが、今回は無濾過の生酒です。
 今回も「生熟」がテーマのセレクトではあるのですが、個人的には「氷温貯蔵」というキーワードにも注目したいところです。
 実は自分は生熟酒の魅力を強烈に意識したのが「超超久の氷室貯蔵」だったこともあり、氷温熟成生酒の可能性を非常に強く感じているんですよね。
 このお酒のラベルにも「今まで蔵から出ることがなかった」と記載されているように、温度管理等様々な要因から今まで家飲みできなかった類のお酒を、普通に飲めるようになったのはつくづくありがたい限りです。
 
 スペック的には、山田錦と五百万石という2種類の米を使っています。
 これは割とありがちな組み合わせですね、割合からして麹米だけ山田錦のパターンかな…(確実ではないです)。
 BYはたぶん26。

20151108205547105.jpg

 上立ち香は甘くて濃い果実香がそこそこに。
 含むと、良い塩梅に熟した印象の濃厚な旨味が、若干のアルコール的な刺激で輪郭を保ちつつ、自然な印象でゆっくりと染みこんできます。
 旨味は、うーん極めて正統派といった印象のお米のコクが主役で、甘味を中心に裏方に回った苦味が仕事をして、重みをあまり感じさせないバランスの良い印象。
 後味はその苦味が最後まで裏方に徹して、自然な感じにキレます。

 正統派な旨味が素直に、かつ行き過ぎない程度に熟成した感じの、超ひやおろしと言いたくなるお酒でした。
 いわゆる熟成香が全く無く、落ち着いた旨味をストレートに感じられるため、万人にオススメできる完成度です。
 また一つ「生熟成(&氷温貯蔵)」の魅力をしみじみと感じられるお酒に出会えたのは嬉しい限り。
 常山、やはり実力を感じる蔵として、今後も注目したいと思います。

20151108205618964.jpg

名称:常山 純米吟醸 無濾過生 氷温貯蔵
精米歩合:55%
酒米:山田錦・五百万石
アルコール度:16~17%
日本酒度:不明
蔵元情報:常山酒造合資会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 常山 純米吟醸

2015年12月20日 福井の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

京の春 純米生原酒

本日の家飲み 京の春 純米生原酒

20151108212758235.jpg  20151108212813474.jpg

 京都府与謝郡伊根町のお酒です。
 「京の春」ブランドは初めていただきます(詳細は後述)。

 こちらを醸す向井酒造は、以前に紹介した超個性派赤色酸味酒である「伊根満開」を醸す蔵でもあります、まあ別ブランドですね。 
 あのお酒を飲んで、この酸味が赤米酒特有のものなのか、蔵の造りによるものなのかが気になっていました。
 自分は、お酢が苦手なので酢酸っぽい酸味は苦手なのですが、果実系や乳酸系の酸味は大丈夫だったりするところ、伊根満開は後者の酸味だったので、今回通常銘柄の京の春も飲んでみようと思いセレクトした次第です。
 
 スペック的には、自然米の70磨きということですが、品種はラベルに記載なし。
 確か26BYの生原酒なので、ある意味では生熟酒ともいえるでしょう。
 しかし、ラベルはレトロですね…、デザイン的には割と好きなのですが、イメージ的にはどうかな… 

 
 上立ち香はフレッシュな印象の香りが仄かに。
 含むと、かなり強めの酸味を伴う旨味がぐっと入ってきて、少々の渋みと相まって舌を突き刺しつつ染みこんできます。
 旨味は、米の旨味っぽいクセのない旨味が中心にありながら、主役は唾液線を刺激する酸味ですね、ただキツさは無くて全体を素直に引き締めます。
 後味はその酸味がキッチリ引き上げます。

 中庸な旨味を自然な酸味が締め上げる、割と直球勝負な印象の、旨酸酒でした。
 こちらも酢酸系の酸味では無かったですね、かと言って山廃の乳酸味でもなく、より米由来っぽい自然な感じ。
 いやあ表現に迷いますね…、極めて個性的ながらある種のまとまりもあります。
 京の春、やはり実力派の蔵元だと思いました。

 開栓後二日ぐらいで飲んでみると…、お、刺すようだった酸味がかなり柔らかくなりました、甘味もより出てくるような。
 いやあこうなるとさらにバランスの良い、杯が進む芳醇旨酒になりますね、個人的にはこちらが断然好き。

20151108212843765.jpg

名称:京の春 純米生原酒
精米歩合:70%
酒米:不明
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:向井酒造株式会社
購入価格(税抜):1,334円/720ml
お気に入り度:8.3/9.0(開栓直後は8.0くらいと思ってました)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 京の春 純米

2015年12月18日 京都の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

くろまつおきな 特別純米 無濾過生原酒 25BY

本日の家飲み 黒松翁(くろまつおきな) 特別純米 無濾過生原酒 25BY

20151108212307236.jpg  20151108212322470.jpg

 三重県伊賀市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 こちらのお酒も大阪屋酒店さんでの購入なのですが、その店舗ブログによると「(黒松翁を醸す)三重県津市にある森本仙右衛門商店さんが今(2014年)ある在庫をもって酒造りを辞められる。」とのこと。
 うーむ残念ですね…、また一つ日本酒の味が失われてしまうと思うとさびしい限りです。
 特にこのお酒を好きだった方にとっては辛いところだろうと想像します、私の場合日本酒歴が浅いのでまだしばらくはそういう経験はしなくて済みそうですが…

 そんな事情もあり、こちらは25BYで平成27年6月出荷という、主に蔵元でかなりの期間熟成されたお酒になります。
 個人的印象としては、蔵元での保管であればしっかりと温度と遮光管理はされていることが多く、ある程度長期間の熟成での大きく外さないイメージがありますね(最たるものが氷温熟成)。
 
20151108212334502.jpg

 上立ち香は少しアルコールの立つ、熟した香りが仄かに。
 含むと、やはりかなりの熟感のある濃厚な旨味が暴れながら入ってきて、少々の苦味に引き締められつつ、ググッと染みこんできます。
 旨味は、うーむ甘酸苦がせめぎあう複雑な印象で、老ね一歩手前の熟感と相まって、危うくもバランスを保っている印象。
 後味は苦味が引き取って、力強くキレます。

 ぎりぎりまでに熟しきった生酒の、怪しくかつ複雑な魅力を感じさせてくれるお酒でした。
 最初の一杯は強烈過ぎると思ったのですが、杯を重ねると意外と慣れて、むしろ濃厚な割には飲み飽きないかも。
 オンリーワンの味わいがこのお値段なら、素晴らしいコスパと言えるでしょう。
 黒松翁、いつかは復活して欲しいと切に願います。

 開栓後はさらにこなれてきて魅力的になりました、ここまでくると老ねを感じなくなるから不思議。
 うーん不思議なお酒だ…でも良いですね、また飲みたいなあ…

20151108212345357.jpg

名称:くろまつおきな 特別純米 無濾過生原酒 25BY
精米歩合と使用米:山田錦50%と神の穂60%
アルコール度:16~17%
日本酒度:+-0
蔵元情報:合名会社森本仙右衛門商店
購入価格(税抜):1,250円/720ml
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2015年12月17日 三重の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

誉池月 純米 山田錦 無濾過生原酒 木槽しぼり 25BY

本日の家飲み 誉池月(ほまれいけづき) 純米 山田錦 無濾過生原酒 木槽しぼり

20151108205724481.jpg  20151108205739729.jpg

 島根県邑智郡邑南町(おおちぐんおおなんちょう)のお酒です、これまた難しい読みですね…
 家飲み、外飲み含め、確か初めていただきます。

 引き続き秋にいただいた生熟酒の紹介です。
 といいつつ、こちらは25BYなので1年以上熟成されていますね、蔵と酒屋両方で結構な年月を経ているお酒です。
 こちらも吉祥寺の大阪屋さんでの購入なのですが、凄いのはその販売元が裏ラベルに印字されていることでしょう。
 お酒の流通はなかなか難しいものらしく、時にブローカーが介在して蔵元さんの意図に反する売られ方をされることもあるようですが、ここまでやってしまえば問題はほぼ無くなるのではないでしょうか。

 スペック的には山田錦を60まで削りつつ「純米」を名乗っているところにこだわりを感じます。
 裏ラベルには詳細がびっしり…この情報公開姿勢は素晴らしいのひとことですね。
 ちなみに蔵元ホームページも簡潔ながら充実しています、特に特約店一覧があるのが素晴らしい!

20151108205753414.jpg

 上立ち香はバランスが良く濃厚な吟醸香がそこそこに。
 含むと、濃厚でトロリとした甘旨味がぐわっと入ってきて、絡みつく苦酸味によってギリギリの線で輪郭を保ちつつ、力強く染みこんできます。
 旨味はやはり完熟果実の甘酸味が主役で、なんというかスモーキーさもある感じ、そして苦味も力強く全体的ににぎやかな味わい。
 後味は辛さも出てきて、しっかりとキレます。

 五味がそれぞれ遠慮無く主張しつつ、ギリギリながらもちゃんとバランスを保った芳醇旨酒でした。
 最初の一杯は少したじろぐような個性なのですが、少し慣れてくるとクセになりそうな味わい。
 何気にこういうお酒は味が濃い料理にも負けないところもありがたいです(ソースとか)。
 ただ、肩ラベルの「華麗」という表現には疑問も…、まあそれは他銘柄と比べるからなのでしょうけど。
 誉池月、確固としたスタイルを持つ銘柄として、今後注目したいと思います。

 裏ラベルでは否定されていますが、なんとなくイケそうだったので燗も付けてみると、バッチリ柔らかく、クセが抑えられました。
 うーむ、だいたい香り系以外のお酒で、ある程度熟していれば生だろうが余裕で燗映えしますね。

20151108205838633.jpg

名称:誉池月 純米 山田錦 無濾過生原酒 木槽しぼり
精米歩合:60%
使用米:山田錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:池月酒造株式会社
購入価格(税抜):1,359円/720ml
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 誉池月 純米

2015年12月15日 島根の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

ちえびじん 純米吟醸 生熟 八反錦

本日の家飲み ちえびじん 純米吟醸 生熟 八反錦

20151108205632576.jpg  20151108205644904.jpg

 大分県杵築市のお酒です。
 ブログでの紹介は早5回目。

 引き続き「生熟」酒の紹介です、こちらははっきりとそれを打ち出したラベルになっていますね。
 そのストレートさもあって、今期早いうちから目をつけていたのですが、数も少なかったのかあれよあれよと各酒屋さんで売り切れになってしまっていました。
 そこであわててネットで情報収集し、在庫のあった吉祥寺の「大阪屋酒店」さんまで購入に走った次第です。
 私は初めてお邪魔したお店だったのですが、こだわりを感じる品揃えに、ゆとりのある店内スペース、しっかりとした商品紹介POPと非常に良いお店でした。
 



 とりわけ、なんと「井の頭」を特設コーナーまで作って売り出しているのが素晴らしかった!

 閑話休題、今回のちえびじんは八反錦利用の純米吟醸。
 どうやら、生熟を色々と試してみて一番よい仕上がりだったのが八反錦だったとか。

20151108205657685.jpg

 上立ち香は大人しめな果実香が仄かに。
 含むと、芳醇な甘旨味がとろりと入ってきて、その存在感をメインにしつつ、裏方に辛さを感じさせることでバランス良く上品に染みこんできます。
 旨味はまさに完熟果実の甘味が主役なのですが、ちえびじんらしい上品さがしっかり残っていて、雑味を全く感じさせないところが見事。
 後味はほんの少しの辛さが出ますが、不思議なほど自然にキレます。

 とろみのある濃厚そのものの熟した甘旨味を、ストレートかつピュアに感じられるオンリーワン旨酒でした。
 なんというか、ちえびじんの上品な甘旨味が、しっかりと熟されたらこうなるんだろうなあという納得感がありますね。
 こういうお酒をいただいてしまうと、「生熟」の可能性をびんびんに感じずにはいられません。
 そしてちえびじんには、チャレンジ酒をしっかりとまとめあげる実力を感じた一本でした。

20151108205709661.jpg

名称:ちえびじん 純米吟醸 生熟 八反錦
精米歩合:55%
使用米:八反錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:有限会社中野酒造
購入価格(税抜):1,600円/720ml
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2015年12月13日 大分の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

栄光冨士 純米吟醸 無濾過生原酒 秋酒

本日の家飲み 栄光冨士 純米吟醸 無濾過生原酒 秋酒

20151108205405780.jpg  20151108205417108.jpg

 山形県鶴岡市のお酒です。
 ブログでの紹介は早くも3回目。

 昨年の「たかちよ」に続き、今期最大のマイブーム銘柄である栄光冨士の秋酒です。
 ラベルにはっきり「秋酒」とありますが、いわゆる「ひやおろし」の表記のない無濾過生原酒ということで、一般の秋酒と一線を画したスペック。
 実は個人的に、ひやおろしにはどうも中途半端なイメージ(フレッシュ感は無いうえに、熟成酒としては未熟)があるので、今期はほとんど買っていなかったりします。
 代わりに、「生熟」をテーマに、ひと夏超えた生酒をガンガンいただいたので、これから紹介していこうと思います。(大体2ヶ月ぐらいタイムラグがあるのですが…)

 閑話休題、詳細に書かれた裏ラベルによると、今回のお酒は山形の酒米「出羽の里」を60%まで削り、山形酵母を用いた純山形スペック。
 お値段はそのスペックの割には極めて良心的ですね。

20151108205443663.jpg

 上立ち香は露骨に果実感のある特徴的な甘酸の香りがそこそこに。
 含むと、濃厚でほどほどに落ち着いた甘旨味が力強く入ってきて、割と強めの苦味と辛さで輪郭をしっかり保ったまま染みこんできます。
 旨味は完熟の柑橘系果実の甘旨味が主役ながら、裏方の酸苦辛味の存在もしっかりと感じる、濃厚複雑なオンリーワンの味わい。
 後味は酸辛が舌の上に出てきて、面白いほどにキレ上げて行きます。

 芳醇甘旨濃厚酸辛酒でありながら、バッチリバランスの取れた、個性派旨酒でした。
 私個人の感想ではありますが、これだけ複雑な味わいだと、超濃厚でも飲み飽きませんね。
 問題があるとすればこのお値段でこのレベルの味わいだと、高価格帯にあまり食指が伸びなくなってしまうことぐらいでしょうか…
 栄光冨士の秋酒、やはり期待にばっちり応えてくれた味わいでした。

20151108205457004.jpg

名称:栄光冨士 純米吟醸 無濾過生原酒 秋酒
精米歩合:60%
酒米:出羽の里
アルコール度:17~18%
日本酒度:+3
蔵元情報:冨士酒造株式会社
購入価格(税抜):1,204円/720ml
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2015年12月10日 山形の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

白田酒 純米吟醸 (火入れ)

本日の家飲み 白田酒 純米吟醸 (火入れ)

20151108204253838.jpg  20151108204305470.jpg

 青森県青森市のお酒です。
 主に外飲みで結構な回数いただいていますが、以外にもブログでの紹介は2回目。

 前回はレギュラースペックの特別純米をいただきましたが、今回は一目で限定品とわかる白ラベルです。
 このお酒は、通常焼酎を仕込むときに用いられる「白麹」で仕込まれたことが特徴のお酒です、先日いただいた同蔵の「外ヶ濱 micro bubble」と同じですね
 白田酒自体は去年も出していたと思いますし、複数スペックで白麹を使っているということは、蔵元さんが白麹による日本酒にかなりの可能性を感じていると想像します。

 しかし、ラベルにはそのあたりの記載は皆無で、今回は使用米すら書いてないですね。
 この不親切さはちょっといただけないかも…、まあ特約店がしっかり解説してくれることを期待しているのかもしれませんが。
 ちなみに、生バージョンもあるみたいですが、今回いただくのは火入れです。


 上立ち香はやはり酸を感じるスッキリとした香りがそこそこに。
 含むと、日本酒離れした独特の旨酸味がツーっと入ってきて、若干の渋味で輪郭を整えつつ、のど奥に流れ込んできます。
 旨味は、うーんなんというべきか…、あえて言うとレーズン的な甘味と山廃っぽい柔らかな乳酸味が主役かな…、とにかく個性的。
 後味はその酸が引き取ってキレるタイプ。

 オンリーワンの甘旨味を、これまた個性的な酸味で包む、日本酒新時代を感じるようなお酒でした。
 白麹のお酒も随分増えてきましたが、こちらは出色の出来のお酒だと思います。
 田酒の底力を感じた一本でした。

 常温まで温度が上がってきたら甘味が前に出てきたような…
 結構複雑さもあり、一筋縄ではいかないお酒かもしれません。

20151108204334408.jpg

名称:白田酒 純米吟醸 (火入れ)
精米歩合:55%
酒米:不明
アルコール度:15度
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社西田酒造店
購入価格(税抜):1,500円/720ml
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 田酒 純米吟醸

2015年12月08日 青森の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

四季桜 特別純米酒

本日の家飲み 四季桜 特別純米酒

20151108203943178.jpg  20151108203954936.jpg

 栃木県宇都宮市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 四季桜という銘柄は聞いたことがあるぐらいの認識で、普通というか伝統的地酒というイメージがあり、東京でもほぼ見かけなかったので今まで接点がありませんでした。
 今回酒屋さんの冷蔵庫に入っているのを見ていると、店長さんが「今期のそのスペックはかなり良い出来なので仕入れました」とのこと。
 実際に試飲もさせてもらい、かなりの好印象だったのでセレクトした次第です。

 スペックは、五百万石を60まで磨いた火入れの特別純米酒、実にスタンダードな感じです。 
 私の場合つい限定品とか無濾過生原酒に惹かれがちなので、意外とこういうお酒は飲んでいない気がします。


 上立ち香は甘さを感じる果実香がそこそこに。
 含むと、落ち着いた印象ながら濃厚な甘旨味が自然に入ってきて、若干の酸味とアルコールの辛さで締め付けられながら染みこんできます。
 旨味はオレンジ的な柑橘系果実の甘酸味が主役なのですが、やはり程良い熟感があって、全体のバランスが取れている印象。
 後味は酸辛で優しくキレます。

 火入れの落ち着きと熟感がありつつ、後ろ向きな火入れ臭の無い、果実系の甘旨味が魅力のお酒でした。
 あまり他銘柄を出すのも何なのですが、この前いただいた山城屋の火入れにかなり近いかな(こちらの方がより濃厚で、ややキツい)。
 もしかしたら、生酒に慣れた人でも違和感なく飲めるこの系統が新時代の火入れ酒のスタンダードになっていくのかもしれません。
 兎も角、四季桜、今後も注目したいと思います。

 ちなみに開栓後は素直に落ち着いてきて、燗を付けても素直に濃厚になる感じ。
 この安定感は良いですね、いつか晩酌酒として採用するかもしれません。

20151108204017026.jpg

名称:四季桜 特別純米酒
精米歩合:60%
酒米:五百万石
アルコール度:16度
日本酒度:不明
蔵元情報:宇都宮酒造株式会社
購入価格(税抜):1,300円/720ml
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2015年12月06日 栃木の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

髙千代 純米大吟醸 美山錦 無調整火入れ

本日の家飲み 髙千代 純米大吟醸 美山錦 無調整火入れ

20151108204148277.jpg  20151108204159205.jpg

 新潟県南魚沼市のお酒です。
 ひらがなの「たかちよ」は何度も取り上げてますが、漢字の「髙千代」を紹介するのは初めてですね。

 前回の「Summer Blue」で、たかちよレンジャーは各色一通り家飲みできました。
 その時、「次は漢字の「髙千代」もいただいてみたいと思いました。」と書いた通り、一度漢字バージョンも飲んでみたかったので、今回セレクトした次第。
 web情報によると、「たかちよ」はフルーツを意識したジューシーな味わい、「髙千代」は辛口の食中酒をそれぞれ志向しているようですね。
 正直、自分の好みは圧倒的に前者なのですが、ここはひとつ、先入観無しでいただいてみます。

 スペックは美山錦を48まで磨いた純米大吟醸、やはり扁平精米ということもあり、相当手間をかけているのではないでしょうか。
 あえて明記している酸度の数値は2.0とかなり高めですね。

20151108204211910.jpg

 上立ち香は、既にトロミを感じるような濃厚な果実香がかなり強めに。
 含むと、やはり濃厚かつ透明感もある甘旨味が力強く入ってきて、そのまま自然な感じでじわりじわりと染みこんできます。
旨味はたかちよらしい果実の濃厚な甘味が中心なのですが、心なしか透明感と引き締まった印象が強めで、かなり高レベルでバランスがとれている印象。
 後味は面白いことに辛さが出てきて、見事にキレます。

 たかちよっぽい濃厚な甘旨味と、大吟醸らしい香り高さ、そして不思議な辛さが同居する個性派旨酒でした。
 「たかちよ」が酸で引き上げるのに比較して、確かに髙千代は辛さでキレる感じですね。
 ただ、香り系っぽい苦味も結構感じるのが少々キツ気もします。
 個人的にはやはりひらがなの方が好みの方向性ですが、漢字の方も十分旨いと感じます、今後ちょくちょくいただいていこうと思いました。

20151108204228629.jpg

名称:髙千代 純米大吟醸 美山錦 無調整火入れ
精米歩合:48%
酒米:美山錦
アルコール度:17度
日本酒度:不明
蔵元情報:髙千代酒造株式会社
購入価格(税抜):1,700円/720ml
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2015年12月03日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

克正 山廃純米 無濾過生原酒 雄町 

本日の家飲み 克正(かつまさ) 山廃純米 無濾過生原酒 雄町 

20151108204029685.jpg  20151108204043927.jpg

 岡山県新見市のお酒です。
 外飲み、家飲み含め初めていただきます。

 こちらは、通常銘柄「三光正宗」を醸す蔵元の、杜氏「高垣克正」氏の名を冠した限定品です。
 杜氏の名前からネーミングされたお酒は多くありますが(「山本」「智則「農口」などなど)、こちらもその一つですね。
 ラベルに豪快に大書されたその文字は、インパクトがあって格好いいと個人的には思います。
 ちなみに、未飲銘柄ということもあり、店頭で衝動買いしました。

 スペックは岡山という地を生かし地元の雄町を全量使用しています。
 肩掛けラベルに詳細情報が書いてあるのは珍しいパターンですね、ただ日本酒度や酸度などの数値はあえて記載なし、ここらへんには造り手のこだわりを感じます。
 酒屋さんのコメントによると、「とにかくインパクトのある酸味が特徴で、玄人向けというか好みが分かれるかも」とのこと。

20151108204054188.jpg  20151108204111740.jpg

 上立ち香はいかにも山廃といった、酸を感じる香りがそこそこに。
 含むと、いがいにもまろやかさすら感じる旨味が塊で入ってきて、強めの酸味が唾液線を刺激しつつ、力強く染みこんできます。
 旨味はまさに「山廃純米生!」という感じの、強めの乳酸味が主役かつ米の旨味もバリバリに感じる野太い味わい。
 後味は、その味わいを酸味でしっかりキレあげます。

 かなり強い酸味がありつつ、旨味の力強さとうまいことバランスが取れている、超濃厚酒でした。
 やっぱり私の場合は、生だとこういう個性酒でも古臭さとかクセみたいなマイナス要素をあまり感じずにガンガン飲める気がします。(逆に言うと火入れだとその要素でメゲてしまうこと多し)
 克正、三光正宗と共に今後注目していきたいと思います。

20151108204123517.jpg  20151108204136255.jpg

名称:克正 山廃純米 無濾過生原酒 雄町
精米歩合:65%
酒米:雄町
アルコール度:18%
日本酒度:不明
蔵元情報:三光正宗株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 克正 純米 山廃

2015年12月01日 岡山の日本酒 トラックバック:1 コメント:2

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |