百春 純米中汲み しぼりたて 槽口直詰

本日の家飲み 百春 純米中汲み しぼりたて 槽口直詰

fc2_2014-02-19_19-01-17-367.jpg  fc2_2014-02-19_19-03-36-434.jpg

 岐阜県美濃市のお酒です。
 家飲み、外飲みともに初めて。

 ぱっと見ラベルには色々と興味をそそられる文言(中汲みとか槽口直詰とか)がいろいろと書いてあるのですが、肝心のブランド名が右上に追いやられてますね。
 正直このタイプのラベルは個人的には基本良くないと思っています、確かに売り文句は重要ですが、やっぱり銘柄名を押し出さないとなあ…。

 さて、スペック的には書いてあるとおり、「もろ新酒」という感じですね。
 ラベルの左には色々と解説があり、季節によって味わいが変化する旨も書いてあります。
 こういうメッセージについては、かなり良い感じだと思います。

 上立ち香はバナナっぽい甘めの香りがほどほどに。
 含むと、濃厚ながらキリッとした印象の旨味が、強めのガス感と共に流れ込んできます。
 旨味は新酒らしい強めの苦味とフレッシュさがありつつ、甘酸もしっかり主張するバランスが良いものです。
 後味はその苦味を若干残した感じでキレていきます。

 良くも悪くも新酒らしさを思いっきり感じるようなお酒でした。
 香りは甘めなのに味わいはキリリとした辛口の印象が強かったですね。
 ただ個人的にはもう少し甘めなほうが好みかな…、これは半年ぐらい味が乗るのを待ってみたいかも。
 次は夏を越えたあたりのスペックを飲んでみたいと思いました。

fc2_2014-02-19_19-04-14-261.jpg  fc2_2014-02-27_19-59-44-808.jpg

名称:百春 純米中汲み しぼりたて 槽口直詰
製法情報:無濾過生酒
精米歩合:60%
酒米:不明
アルコール度:18~19%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社小阪酒造場(岐阜県美濃市)
製造年月:2014/1(25BY)
購入価格(税込):1,420円/720ml
お気に入り度:7.8/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 百春 純米

2014年02月27日 岐阜の日本酒 トラックバック:1 コメント:0

竹林 ふかまり 瀞 無濾過生原酒

本日の家飲み 竹林 ふかまり 瀞 無濾過生原酒

fc2_2014-02-19_18-58-14-941.jpg  fc2_2014-02-19_18-58-40-878.jpg

 岡山県浅口市のお酒です。
 家飲みでも外飲みでも初めて。

 こちらを醸す丸本酒造の通常銘柄は「加茂緑」、公式ホームページはなかなか充実していて情報発信への気概を感じます。
 個別の商品紹介に、相性の良い料理の記載があるのも好感触。

 ちなみに、スペック的にはなんといっても熟成がポイントでしょう。
 裏ラベルにはしっかりと搾り日(2011/12/23)と、製造年月(2013/10)が明記されています、ほぼ2年熟成ですね。
 しかも、-5℃での生熟成とのことで、相当なこだわりを感じます。

fc2_2014-02-19_18-59-09-855.jpg

 上立ち香は落ち着いた干しレーズンのような香りがほのかに。
 含むと、まさに完熟果実といった濃厚な甘旨味が、ジワーっと染みこんできます。
 旨味は、熟成感は有りながらクセはあまりなく、しっかりと味が乗った甘味を素直に楽しめます。
 後は酸味も結構ありますね、そのおかげで濃厚さの割にダレた感じは皆無です。
 後味はその酸味で力強くキレる感じ。

 熟成系の旨味をナチュラルに感じられる、熟成酒入門に相応しいお酒でした。
 この感じはやっぱりレーズンっぽい印象があるかな。
 私はあまり飲まないタイプのお酒ですが、これはヒネた感じが全然ないので十分楽しめました。
 また他のスペックも試してみたいところです。

 折角なので燗をつけると、口当たり柔らかながら酸がさらに出てきますね。
 ただ、バランスは崩れない感じで結構ほっとする味わいになります、これも良い感じだなあ。

 うーん、熟成酒の長所をしっかりと伝えてくれた一本でした。

名称:竹林 ふかまり 瀞 無濾過生原酒
製法情報:無濾過生原酒
精米歩合:60%
酒米:山田錦
アルコール度:17.5%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:丸本酒造株式会社(岡山県浅口市)
製造年月:2013/10(23BY)
購入価格(税込):1,420円/720ml
お気に入り度:8.0/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 竹林 純米

2014年02月26日 岡山の日本酒 トラックバック:1 コメント:0

外飲みギャラリーin「じきしん&和ごころ」

 今までちょくちょく外飲み記録をブログで書いていたのですが、最近はちょっとネタ切れ感というかマンネリ化が激しかったこともありサボっていました。
 特に、行きつけのお店だと流石に毎回は書くことが無くて…。

 しかし、外飲み自体をしてなかったわけでなく、しっかりラベル撮影もほぼ毎回していたので、実は写真を相当数ストックしています。
 まあお蔵入りさせるもの何なので、写真だけ放出してしまおうと思います。

 今回は四ツ谷駅しんみち通りの「じきしん」さんと、姉妹店「和ごころ」さんです。

 まずはじきしんさん一日目。

2013jiki (1)  2013jiki (2)

 2013jiki (3)  2013jiki (6)

2013jiki (7) 2013jiki (8)

2013jiki (9) 2013jiki (10)

2013jiki (12)  2013jiki (14)

2013jiki (13)  2013jiki (15)

2013jiki (17)

 次に和ごころさん。

2013jiki (18)  2013jiki (19)

2013jiki (26)  2013jiki (27)

2013jiki (22) 2013jiki (23)

2013jiki (24)  2013jiki (25)

2013jiki (28)

2013jiki (20) 2013jiki (21)



さらにじきしんさん二日目。

2013jiki (30)

2013jiki (31)

2013jiki (29)

2013jiki (32)

2013jiki (34)

2013jiki (35)

2013jiki (36)

2013jiki (38)

 たまにピントずれがあったり、そもそも撮り忘れがあるのはご愛嬌ということで…。
 もうあまり解説はしません、我ながら良いお酒を楽しんだと思います。
 きっとまた近いうちに行っちゃうんだろうなあ…。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2014年02月23日 外飲み記録 トラックバック:0 コメント:0

夜明け前 にごり酒 なまざけ

本日の家飲み 夜明け前 にごり酒 なまざけ
 
fc2_2014-02-19_18-50-33-175.jpg  fc2_2014-02-19_18-51-14-158.jpg

 再び長野酒、上伊那郡辰野町のお酒です。
 意外と私はあまり飲んだことが無かったような。

 ラベルにはスペックがほぼ書いてないのですが、蔵元ホームページ商品紹介には、わりと詳細な記載があります。
 歩合60%で醸造アルコールのみ添加ということで、普通なら本醸造クラスかな。
 
 穴あき栓のおかげで開栓は楽でしたが、いざ注ごうとすると「おり」がほぼ固まっていて、なかなか混ざってくれません。
 振るのも怖いのでゆっくり混ぜましたが、5分ぐらいかかった気が…、それもまた楽しいのですが。
 注ぐと、これはもう特濃といった感じで濁っています。

fc2_2014-02-19_18-51-53-721.jpg  fc2_2014-02-19_18-52-11-602.jpg

 上立ち香は米と炭酸の臭いがほどほどに。
 含むとどろり濃厚で、半分固まりのような米の液体が、強烈な旨味と酸渋を伴って押し寄せて来ます。
 旨味は強めの米の甘旨味に、かなりのアルコール感と酸渋がめまぐるしく絡みつく芳醇そのものの味わい。
 やっぱりこの粘度(?)は凄いですね、ただ、甘ダレもせず粉っぽさも悪く感じないあたり完成度の高さを感じます。
 後味は流石に粉っぽさが残りますが、アル添らしい刺激でしっかりとキレます。

 甘味と旨味超濃厚のにごり酒ながら、それを見事に引き上げていく力強さを感じるお酒でした。
 含んだあとはちょっと噛まないと飲み下しにくいほどですが、それもまた面白く感じます。
 甘味がちゃんとしているので、こういう濃厚にごりの中ではかなり好きなタイプですね。
 ただ、自分としてはやっぱりこれを純米で造ってほしい気もするなあ…、アル添感はやはりちょっと苦手。
 次は夜明け前の通常スペックを是非飲んでみたいと思いました。

 冷やすと酸渋が少しきつい感じですが、温度が上がってくるとまろやかさが増します。
 これは断然常温がオススメ。
 さらに燗をつけると面白いことに飲みやすくなる気がします。
 うん、旨味も濃厚になりますし、これは良い燗上がりですね。

fc2_2014-02-19_18-51-33-673.jpg

名称:夜明け前 にごり酒 なまざけ
製法情報:生酒
精米歩合:60%
酒米:美山錦
アルコール度:18~19%
酵母:不明
日本酒度:-4
蔵元情報:株式会社小野酒造店(長野県上伊那郡辰野町)
製造年月:2013/12(25BY)
購入価格(税込):1,260円/720ml
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2014年02月20日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

互 先発 純米吟醸 無ろ過生原酒

本日の家飲み 互(ご) 先発 純米吟醸 無ろ過生原酒
 
fc2_2014-02-04_01-45-40-807.jpg  fc2_2014-02-04_01-46-55-542.jpg

 長野県上田市のお酒です。
 家飲みは初めてですね、外では一回だけ飲んだような。

 こちらを醸す沓掛酒造さんの主力銘柄は「福無量」で、「互」は特約店限定銘柄とのこと。
 公式サイトの商品紹介によると、純米の無濾過生原酒である「先発」以外にも「中継ぎ」や「隠し玉」など面白い名前を付けて売り出しているようです。
 
 また、特筆すべきはその裏ラベルでしょう、細かいスペックがびっしりと記載されています。
 酒米や酵母あたりはよく見ますが、酸度アミノ酸度明記は珍しいですし、粕歩合やもろみ日数に至ってはレア情報という気がします。
 マニア歓喜というか、他のお手本と成り得る情報公開姿勢といえるのではないでしょうか。

fc2_2014-02-04_01-47-34-547.jpg

 上立ち香は甘さ混じりのセメダインが気持ち強めに。
 含むと、華やかな甘旨味がぐわっと来て、そのまま力強く存在感を放ち続けます。
 旨味は濃厚で完熟リンゴを思わせる甘酸味が中心のものですが、同時に生酒らしいフレッシュ感もかなり強く感じます。
 後味は青臭さと苦味を少し残しつつ、力強くキレます。

 いかにも長野の生酒といった感じの、濃厚フレッシュ甘旨酒でした。
 個人的にはドストライクゾーンですね…、毎回思いますがホント私にとって長野酒は鉄板です。
 ただあえていうと、濃厚かつ割と華やかなので、単独で飲むと少々飲み飽きる感はあるかも。
 ともあれ、互は他のスペックもいつか試して見たいと思いました。

 常温ぐらいだとまろやかさと甘味が増しますね。
 その代わりアルコール感が出てキレが少々落ちる感じかな、好みで選んで良いでしょう。

 ちなみにこのお酒は、私お気に入りの銘酒居酒屋に置いてあったり、「日本酒感想日誌」さんも全く同じスペックのお酒を飲んでいるあたり、結構注目銘柄なのかも。
 私も追っていきたいと思います。

fc2_2014-02-04_01-48-02-924.jpg

名称:互 先発 純米吟醸 無ろ過生原酒
製法情報:無濾過生原酒
精米歩合:55%
酒米:ひとごこち
アルコール度:16~17%
酵母:協会7号
日本酒度:-2
蔵元情報:沓掛酒造株式会社(長野県上田市)
製造年月:2014/1(25BY)
購入価格(税込):1,500円/720ml
お気に入り度:8.0/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 純米吟醸

2014年02月17日 長野の日本酒 トラックバック:1 コメント:2

奥能登の白菊 純米無濾過生原酒 そのまんま

本日の家飲み 奥能登の白菊 純米無濾過生原酒 そのまんま

fc2_2014-02-04_01-43-08-501.jpg  fc2_2014-02-04_01-44-12-633.jpg

 石川県輪島市のお酒です。
 このブログでは、昨年のひやおろしを紹介しています。

 奥能登の白菊は数年単位での熟成酒も店頭で見かけるので、かなり熟成にこだわりのある蔵という印象があります。
 ただ、前回「次はあえて新酒の生酒とかをいただいてみたいと思いました。」と感想を書いた通り、意思を貫徹しての今回のセレクトです。
 日本酒(を始めとする趣味全般)のことになると、俄然意志力と記憶力を発揮する自分の脳にちょっと呆れてしまう今日この頃。

 「そのまんま」というのはほぼ「無濾過生原酒」という意味でしょうね。
 歩合はひやおろし同様55ですが、なぜか使用米の記載がありません。
 酒屋さんのHPによるとどうやら山田錦・五百万石らしいのですが、なんで書かないんだろう。

fc2_2014-02-04_01-43-47-048.jpg

 上立ち香はキリっとしたセメダインがそこそこに。
 含むと、非常にフレッシュさがある濃厚な旨味が、力強く染みとおってきます。
 旨味はかなりセメダインを感じさせる青臭いものながら、旨味に芯があって個人的には好きな感じ。
 濃醇な旨味がありつつ、若い感じの渋味がそれを強烈に引き締めていますね。
 後味はそのセメダインと渋味が受け持って、自然にキレます。

 強烈なフレッシュ感と、それに負けない濃厚な旨みが魅力の力強い新酒でした。
 このセメダインの強さは好みが分かれる気がしますが、私はかなり好みでした。
 ただ、ひやおろしはさらに完成度が高い印象があったので、やはり熟成に向く酒質なのでしょう。
 次は思い切って熟成系も試してみようかな…。

 燗をつけると、クセはそのままながら口当たりが滑らかになるような。
 これは結構いけますね、生酒のなかでは燗上がりするお酒だと思います。

fc2_2014-02-04_01-44-39-880.jpg

名称:奥能登の白菊 純米無濾過生原酒 そのまんま
製法情報:無濾過生原酒
精米歩合:55%
酒米:山田錦・五百万石
アルコール度:18%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社白藤酒造店(石川県輪島市)
製造年月:2014/1(25BY)
購入価格(税込)1,575円/720ml
お気に入り度:8.1/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2014年02月16日 石川の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

梵 GOLD 無濾過 純米大吟醸

本日の家飲み 梵 GOLD 無濾過 純米大吟醸

fc2_2014-02-04_01-41-06-673.jpg  fc2_2014-02-04_01-41-45-459.jpg

 福井県は鯖江市のお酒です。
 外では何度かいただいていますが、意外に家飲みは初めて。

 うーん、透明瓶(ちゃんとUVカットらしい)に金ラベルとはゴージャスなデザインですね。
 所謂限定品ということで、スペック的にも山田錦50の氷温熟成生貯蔵酒と、この価格帯では破格の豪華さだと思います。
 
 注ぐと、いい感じに黄金色…というか薄黄色づいているのがまた良いですね(写真撮り忘れた…)。

 上立ち香は穏やかな感じの吟醸香がそこそこに。
 含むと上品ながらしっかりとした旨味が、とても自然な感じで広がっていきます。
 旨味は落ち着いた印象で透明感もある、高級感を漂わせる様な五味のバランスが良いもの。
 甘辛も中庸で、淡麗ではないのですが非常に自然に喉に落ちていく印象です。
 後味はスーッと消えていく自然なキレ。

 お値段以上に上品さを感じさせる、完成度の高いお酒でした。
 ちょっと先入観もあるかもですが、氷温熟成の落ち着きをじっくり感じます。
 その割に熟成感は皆無なところもポイントですね。
 梵の実力を感じた一本でした、また次のスペックに進みたいと思います。

fc2_2014-02-04_01-42-37-917.jpg  fc2_2014-02-04_01-42-11-696.jpg

名称:梵 GOLD 無濾過 純米大吟醸
製法情報:無濾過
精米歩合:50%
酒米:山田錦
アルコール度:15%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:合資会社加藤吉平商店(福井県鯖江市)
製造年月:2013/12(25BY)
購入価格(税込):1,500円/720ml
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 純米大吟醸

2014年02月14日 福井の日本酒 トラックバック:1 コメント:0

大典白菊 純米 白菊米 瓶火入れ

 大典白菊(たいてんしらぎく) 純米 白菊米 瓶火入れ

fc2_2014-02-04_01-38-53-403.jpg  fc2_2014-02-04_01-39-20-327.jpg

 岡山県高梁市のお酒です、「たかはし」が読めなかった…。
 外飲みでは何度か頂いていますが、家飲みは初めて。

 こちらの蔵元さんは、ホームページにも大きく書いていますが、雄町を使ったお酒ののコンテストである「雄町サミット」でも入賞しているように、雄町を使ったお酒を得意としているようです。
 まあ岡山という立地ですからね、自然な流れと言えるでしょう。

 酒屋さんでも雄町のスペックが並んでいたのですが、今回はあえて白菊米を使用したこちらの方を選んでみました。
 白菊米の由来については裏ラベルに詳しく書いてありますね、豊盃米の時にも思いましたが奥が深いものです。
 当然白菊米を利用したお酒を飲むのは初めてなので、ありがたくいただきます。

fc2_2014-02-04_01-39-44-436.jpg

 上立ち香は驚くほど、ほとんど感じず。
 含むと、落ち着いた印象の旨甘味が、徐々に出てくる辛さとせめぎ合いつつじんわりと染みこんできます。
 旨味はほっとするようなふっくらとした甘味がメインの、少し熟した感じの果実の味わい。
 ただ、辛さも強いので全体としてはキリッとした印象ですね。
 後味は辛さが引き取って力強いキレ。

 懐かしい感じはするけど古臭くはない、そんな感じの芳醇辛口酒でした。
 このお酒もしっかりとした旨味(+甘味)と辛さを見事に両立していると思います。
 白菊米というお米の特性がどこまで出ているのかはわかりませんが、完成度の高いお酒です。
 次は雄町もいただいてみたいと思いました。

 常温だと素直にまろやかさになる感じですね。
 よりほっとするような味わいになるのでこれもオススメ。

fc2_2014-02-04_01-40-22-020.jpg

名称:大典白菊 純米 白菊米 瓶火入れ
製法情報:
精米歩合:60%
酒米:白菊米
アルコール度:16.0~16.9%
酵母:不明
日本酒度:+4.5
蔵元情報:白菊酒造株式会社(岡山県高梁市)
製造年月:2014/1(25BY)
購入価格(税込):1,365円/720ml
お気に入り度:8.0/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 大典白菊 純米

2014年02月12日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

NEXT FIVE "Shangri-La 2013"

本日の家飲み NEXT FIVE "Shangri-La 2013"(ネクストファイブ シャングリ・ラ)

fc2_2014-01-31_21-06-34-900.jpg  fc2_2014-01-31_21-07-11-400.jpg

 秋田の新進蔵元集団「NEXT FIVE」の共同醸造酒2013年バージョンです。
 昨年バージョン「ECHO 2012」に続き、今年も手に入れることができました。

 新政酒蔵専務ブログによると、共同醸造5年目の今回でホスト蔵が一巡することもあり、「総括」的なスタイルで醸したお酒とのこと。
 来年どういう形になるかはわかりませんが、一つの節目となる、「理想郷」の名を冠したこのお酒をいただけるのはうれしいですね。

 スペック的にはアルコール度15度と低めなことと、白瀑蔵発見の新しい酵母が使われていることが特徴でしょうか。
 肩掛けラベルは南国調(?)で極彩色。
 ボトルデザインも相まって、インパクト抜群です。

fc2_2014-01-31_21-07-38-474.jpg  fc2_2014-01-31_21-08-03-472.jpg

 上立ち香は…、うーんなんだろう、米の甘味を感じるようなフルーティーなような、結構不思議な香りがします。
 含むと、個性的な甘味の固まりが、びっくりするほどスルリと摩擦ゼロな感じで入ってきます。
 旨味はフルーティーかつ上品な甘味が中心で、これまた綺麗な酸味が寄り添って白ワインを思い出させますね、ちょっと先入観もあるかもですが。
 とにかく味わいの綺麗さが印象的なのですが、少しフレッシュさと共に固さも感じます。
 後味は新酒らしい苦酸味が出てきつつも、綺麗にキレます。

 非常に上品な甘旨味が印象的な、フレッシュ芳醇酒でした。
 これが55%精米って凄いなあ…、40ぐらいと言われても納得してしまうかも。
 また旨味のタイプとしては山間に近いような、とにかくフレッシュで個性的です、個人的には去年より今年の方が好き。
 NEXT5の次なる挑戦に期待を抱かせる、そんな一本でした。

 開栓後はフレッシュさが減退しますが、口当たりが滑らかになるような。
 フルーティーながらなかなか力強いお酒だと思いました。

fc2_2014-02-03_14-02-07-429.jpg

名称:NEXT FIVE "Shangri-La 2013"
製法情報:無濾過生原酒
精米歩合:55%
酒米:秋田酒こまち
アルコール度:15%
酵母:白瀑蔵の新酵母と秋田酵母No.12のブレンド
日本酒度:不明
蔵元情報:山本合名会社(秋田県山本郡八峰町)(5蔵共同醸造)
製造年月:2013/12(25BY)
購入価格(税込)1,500円/500ml
お気に入り度:8.2/9.0 (値段も考慮に入れて)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: NEXT5 純米吟醸

2014年02月10日 秋田の日本酒 トラックバック:1 コメント:0

而今 特別純米 九号酵母 無濾過生

本日の家飲み 而今 特別純米 九号酵母 無濾過生

fc2_2014-01-31_21-03-37-121.jpg  fc2_2014-01-31_21-03-59-438.jpg

 泣く子も黙る而今です。
 このスペックは家では初飲み。

 而今は通常使用米を肩ラベルに大きく記載しますが、これは「九号酵母」と使用酵母を出しています。
 しかし裏ラベルには「自社酵母」としか記載がありませんね、ちょっと前までは「自社9号」とよく書かれていたような気もするのですが…。
 ここらへんは少し不思議ですが、恐らく毎年試行錯誤していることが関係しているのでしょう。

 使用米は五百万石ですね、これは先日頂いたにごりと同じです。

 上立ち香は程よくフレッシュで甘さを感じる吟醸香が強めに。
 含むと、少しピリッとする程度のガス感がありつつ、やはり甘旨味は非常に濃厚で力強く広がっていきます。
 旨味は而今らしい、フレッシュパインを感じる旨甘酸味が中心ですが、比較的渋味も強くキリッとした印象が強いです。
といいつつ、旨味の濃度がとにかく濃いので、新酒っぽいクセがほとんど感じられないところは流石の一言。
 後味はそのスッキリ感のまま、文句無しにキレます。

 新酒らしい魅力の部分を比較的強く感じられた而今でした。
 而今も何度もブログで紹介して、私のボキャはそろそろネタ切れ感がありますが、本当、毎回飽きない美味しさがあります。
 相変わらず入手は困難ですが、まだまだ飲めるときには飲んでいきたい銘柄です。

 なお個人的には、温度が上がってくると渋味がちょっと強まってバランスが少し崩れるように感じました。
 これに関しては冷やしたほうが好きかな。

fc2_2014-02-03_11-29-20-993.jpg

名称:而今 特別純米 九号酵母 無濾過生
製法情報:無濾過生酒
精米歩合:60%
酒米:五百万石
アルコール度:16.5%
酵母:9号酵母(自社酵母)
日本酒度:+1
蔵元情報:木屋正酒蔵合資会社(三重県名張市)
製造年月:2013/12(25BY)
購入価格(税込):1,365円/720ml
お気に入り度:8.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2014年02月07日 三重の日本酒 トラックバック:1 コメント:2

山猿 純米吟醸 あらばしり 無濾過生酒

本日の家飲み 山猿 純米吟醸 あらばしり 無濾過生酒

fc2_2014-01-31_21-04-55-327.jpg  fc2_2014-01-31_21-05-19-527.jpg

 山口県山陽小野田市のお酒です。
 長い市名だなあと思ったらwikipediaによると「全てが漢字による5文字の市名は現在日本唯一」とのこと。
 味には関係ありませんが、こういう地域に対する興味もわくのが日本酒(地酒)の良いところだと思います。

 閑話休題、このお酒は当ブログでは2回目の紹介になります。
 前回は山廃をいただきました、今回は速醸の新酒です。
 使用米は山田錦ですが、今回も裏ラベルに生産者の名前と水田の写真が載っていますね。
 農作物で「生産者の顔が見える」表示はたまに見かけますが、日本酒のラベルでそれをやっているのはなかなか先進的と言えるのではないでしょうか。

 ラベルのお猿さんも健在。
fc2_2014-01-31_21-05-41-288.jpg

 上立ち香はかなり甘さを感じるセメダイン香が強めに。
 含むと、個性的な甘旨味が塊で飛び込んできて、その後若干の苦味と辛さのピリピリ感と共に広がっていきます。
 旨味は露骨にバナナっぽい甘味が中心で濃厚ながら、尻上がりに出てくる辛さが引き締まった印象を与えます。
 全体としては芳醇辛口を地で行くようなお酒ですね。
 後味はその辛さで力強くキレます。

 超個性派の、甘味がしっかりした芳醇辛口酒でした。
 自分でも矛盾した言い方になっていると思いますが、そうとしか言いようが無いと思うんですよね…。
 いかにも「あらばしり」という感じの荒々しさとチリチリ感もポイント。
 この味わいは気に入れば癖になるというか、ハマってしまいそうな感じです。

 また燗をつけると旨甘味がさらに強烈になってまるでバナナジュースのよう。
 それでいて辛さも凄いので、これは本当オンリーワンです。
 是非一回は味わってみて欲しい銘柄かと。

fc2_2014-01-31_21-06-05-158.jpg

名称:山猿 純米吟醸 あらばしり 無濾過生酒
製法情報:無濾過生酒 あらばしり
精米歩合:50%
酒米:山田錦
アルコール度:18~19%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:永山酒造合名会社(山口県山陽小野田市)
製造年月:2013/12/26(25BY)
購入価格(税込):1,575円/720ml
お気に入り度:8.1/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 山猿 純米吟醸

2014年02月05日 山口の日本酒 トラックバック:1 コメント:0

花陽浴 純米吟醸 八反錦 無濾過生原酒&おりがらみ 25BY飲み比べ

本日の家飲み 花陽浴 純米吟醸 八反錦 無濾過生原酒&おりがらみ 25BY

fc2_2014-01-31_19-29-11-974.jpg  fc2_2014-01-31_19-29-48-247.jpg

 恐らく私が家で最も多く飲んでいるであろう、埼玉県羽生市の花陽浴です。
 おりがらみに関しては全く同じスペックを去年もいただいていますね。
 
 新酒の時期の八反錦といえば、個人的には「らしさ」がストレートに出るスペックとして花陽浴の味わいの基準という印象があります。
 今回は通常品と限定「おりがらみ」が入手できたので、贅沢に飲み比べてみることにしました。

fc2_2014-01-31_21-01-14-903.jpg  fc2_2014-01-31_21-00-53-262.jpg

 注ぐと、おりがらみの方は割合はっきりと濁っていますね。
 これだけ違うと飲み比べのしがいがあります。

fc2_2014-01-31_21-02-41-580.jpg
fc2_2014-01-31_21-03-05-961.jpg

 上立ち香はいつもの甘い果実香が強めですが、ちょっとセメダイン混じりでフレッシュな印象。
 含むと、フルーティーな甘旨味に新酒らしい苦味が寄り添いつつ、じわじわと染みこんできます。
 旨味は、もはや花陽浴味と感じてしまう、フレッシュな甘酸が特徴的でスペック以上に上品ないつもの味わいです。
 やはりこのスペックは花陽浴のスタンダードな感じがしますね、特にフレッシュさを強く感じるかな。
 後味はほんの少々の苦酸が引取り、文句無しのキレ。

 と、ここまで書いた味わいの特徴は両方にほぼ共通。
 違いは、やはりうすにごりの方がうすにごりっぽいです。
 …さすがに適当過ぎるのでもう少し書くと、まず感触として若干の粉っぽさとガス感を感じますね。
 また、甘味が苦味にちょっと押される代わりに、全体の旨味がより濃厚に感じられる気がします。
 逆に含み香はかなり後退して、いわゆる旨味系の味わいになっているような…、「ああやっぱり花陽浴もお米からできているんだなあ」と思い出しました。

 これはそれぞれ魅力がありますね…、どちらを選ぶかは好みでしょう。
 私としては、旨みの濃厚さを評価して、あえて選ぶならおりがらみに軍配を上げます。

 それにしても、贅沢な飲み比べでした。
 普通これだけ同じ銘柄を数日間にわたって飲み続けると流石に飲み飽きることが多いのですが、この二つなら違いもあって最後まで楽しめました。
 来年も入手できることを祈りつつ、これからも応援していきたいと思います。

fc2_2014-01-31_21-01-59-507.jpg fc2_2014-01-31_21-01-35-984.jpg

名称:花陽浴 純米吟醸 八反錦 無濾過生原酒&おりがらみ
製法情報:無濾過生原酒 おりがらみ
精米歩合:55%
酒米:八反錦
アルコール度:16%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:南陽醸造株式会社(埼玉県羽生市)
製造年月:2013/12(おりがらみは11月)(25BY)
購入価格(税込):1,470円/720ml(おりがらみは1,575)
お気に入り度:8.6/9.0(おりがらみは8.7/9.0)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2014年02月03日 埼玉の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |