旦 純米吟醸 無濾過生原酒 山田錦

本日の家飲み 旦(だん) 純米吟醸 無濾過生原酒 山田錦

20161122112735226.jpg  20161122112745121.jpg

 山梨県大月市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 前回の岩の井に引き続き、パーカーポイント関連銘柄になります、しかも今回は評価対象と完全同スペック。
 今回パーカーポイントで90点以上ついたお酒は、ほとんどが高級品の純米大吟醸ですが、ちょろちょろとお値ごろな純米吟醸が含まれています。
 これは、値段で弾かずブラインドで評価することによる妙味でしょうね、wikipediaにも少々記載がある通り、高級酒に匹敵する日常酒を見つけられることこそ、パーカーポイントの真骨頂なのかもしれません。
 実際、今回リストに「純米吟醸」スペックで入っている銘柄を列挙すると…、萩の鶴御慶事玉川、悦凱陣、ちえびじん仙禽、金滴、勝駒、瀧自慢、早瀬浦、そしてこの旦と、錚々たる顔ぶれです(ブログ登場銘柄には内部リンク貼ってみました。後、金滴はBYが気になるところ…)。

 なお、この「旦」というお酒は、山梨の大手酒造「笹一酒造」の特約店限定ブランドです。
 普通酒・土産ものに力を入れていた地域密着型大手酒造の若い跡取りが、先行きに危うさを感じて県外向けに高品質のお酒を造るという、まあ良くあるパターンのようですね。

 スペックは山田錦55の無濾過生原酒ながら、四合瓶約1500円と良心的な値付け。
 また今回は2月出荷分を秋にいただいたので、お店でひと夏超えた生熟成状態での感想になります。
 
20161122112753754.jpg

 上立ち香はスタンダードなリンゴ系のフレッシュな香りがそこそこに。
 含むと、若干トロミを感じるレベルで濃厚な甘旨味が自然な口当たりで入ってきて、しっかりとした酸味と拮抗しながら、最後まで濃厚にじわじわと染みこんできます。
 味わいはまさに程よく熟した洋梨?系果実の甘酸旨味が主役なのですが、兎に角濃度が高くかつダレ感は皆無、複雑さも相まって濃厚なのに飲み飽きない感じがたまりませんね。
 後味は酸味が引き取って力強くキレます。

 程よい熟感が果実系の甘旨味を濃縮し、かつしっかり純度を保たせている、極めて完成度の高い旨酒でした。
 これは出荷後の熟成期間でより良い感じになっていますね…、裏を返せばそれだけ芯が強いということでしょう。
 このお酒に高評価を付けていることをもって、パーカー氏の評価も捨てたもんじゃないな(笑)と感じた今日このごろでした。
 ともかく、旦は今後色々なスペックを試していきたいと思います。

20161122112802165.jpg

名称:旦 純米吟醸 無濾過生原酒 山田錦
精米歩合:55%
酒米:山田錦
アルコール度:17~18%
日本酒度:不明
蔵元情報:笹一酒造株式会社
購入価格(税抜):1,527円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢元酒店
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年11月25日 山梨の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

七賢 純米大吟醸 絹の味 生酒

本日の家飲み 七賢 純米大吟醸 絹の味 生酒

1418615834819.jpg  1418615844251.jpg

 山梨県北杜市(ほくとし)のお酒です。
 家飲みは初めて、外飲みは…1・2回あったかも。

 こちらの七賢は、やはりその名の由来が中国三国時代の「竹林の七賢」にあるそうです。
 Wikipediaの記事によると、賢人だけになかなか深い考えがあるようですが、やっぱりイメージ的にはお酒飲んで好き放題している方々という感じなんですよね。
 銘柄名としてはどんぴしゃだと思えます。

 今回いただくのは夢三水を47%まで磨いた純米大吟醸の限定品生酒です、スペックの割にはお値打ち価格。
 七賢はもともと地元向け大手蔵のイメージがあったのですが、最近こういった全国向けスペックの酒質が大幅に上がっているという噂を耳にし、今回セレクトしてみました。

1418615855166.jpg

 上立ち香は甘くフルーティーで濃厚な吟醸香が強めに。
 含むと、名前どおり舌触り滑らかな甘旨味が結構力強く入ってきます、その後は強めだけどキツくない絶妙な苦味がそっと寄り添って自然に染みこんできます。
 旨味はリンゴ系のわりとスタンダードでフレッシュなものですが、バランスが良くとても上品な印象。
 後味は苦味が自然と引き取って行きます。

 名は体を表すという感じの、スタンダードながら非常に完成度の高い芳醇旨酒でした。
 香り高い吟醸酒なのですが、香り系の生酒にありがちなイヤらしいキツさをかなり抑えていますね。
 この味わいならお値段以上という感じです、蔵の実力を感じます。
 七賢、是非他のスペックもいただいていこうと思います。

1418615878598.jpg  1418615866737.jpg

名称:七賢 純米大吟醸 絹の味 生酒
精米歩合:47%
酒米:夢山水
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:山梨銘醸株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2015年02月03日 山梨の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

太冠 特別純米酒

本日の家飲み 太冠(たいかん) 特別純米酒

1416126993724.jpg  1416127004135.jpg

 山梨県南アルプス市のお酒です。
 家飲み、外飲みともに初めて。

 こちらのお酒も、百貨店の日本酒売場で試飲の上での購入です。
 ちなみにこの酒蔵さんでは甲斐の国のお酒として「風林火山」という銘柄も扱っており、同時に売っていました。
 風林火山を試飲した印象はスタンダードに香りのある飲みやすいお酒という感じです、歴女向けだったりするのかしら。

 蔵元さんのお話では、酒飲みにはこの特別純米を勧めるとのこと。
 確かにこちらの方が濃厚で玄人向けな印象でした。
 スペック的にはしれっと雄町を使っていますね、お話によると一回火入れだそうです。
 裏ラベルの情報量に、売り込もうという気概を感じますね。


 上立ち香はお米の香りが仄かに。
 含むと、火入れらしく落ち着いていながら強烈に濃厚な旨味がグッと入ってきて、アルコールのキツさを伴いながら染みこんできます。
 旨味は程よく熟した感じのお米の旨味といった感じで、雑味もありながらそれも魅力に感じさせる力強いもの。
 伝統的な味わいですが、裏側に果実様の甘味も少しあるところが個人的に好印象。
 後味はしっかり辛さが出てきて、少々の苦味を残しつつキレます。

 味わいたっぷりの伝統的な旨味が魅力の、落ち着いた芳醇酒でした。
 なかなか東京では見ない銘柄ですが、やはり全国に銘酒ありってことなんですねえ…
 ただ、もう一歩特長が欲しいような、そんな気もします。
 太冠はできれば生もいただいてみたい、そう思わせるお酒でした。

 燗をつけると辛さが出ます、より食事に合いそうな感じ。
 ただちょっと甘みが引っ込んじゃうかな…、個人的には常温が好み。

1416127014537.jpg

名称:太冠 特別純米酒
精米歩合:60%
酒米:雄町
アルコール度:16~17%
日本酒度:+6
蔵元情報:太冠酒造株式会社
購入価格(税抜):1,400円/720ml
お気に入り度:7.9/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 太冠 特別純米

2014年12月27日 山梨の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

ブラックジャックによろしく 純米

本日の日本酒 ブラックジャックによろしく 純米

fc2_2013-11-22_02-37-47-364.jpg  fc2_2013-11-22_02-38-12-718.jpg

 風変わりなラベルが目を引く、山梨県の笹一酒造が醸したお酒です。
 笹一は家外含め初飲みだったかな。

 実はこのお酒を買った最大の理由は「山梨県のお酒だったから」だということだったりします。
 本州の県のうち、まだこのブログで飲んだことの無いのは山梨県のお酒だけだったんで…。
 そこで、ちょっとネタ的にも面白そうなこのお酒を選んだ次第です。

 「ブラックジャックによろしく」といえば、作者の意向でほぼフリー利用可能な素材となったことで有名な漫画です。
 その関係で実にいろいろな分野でコラボアイテムが出ていたはずですが、日本酒も例外ではなかったようです。
 まあ笹一酒造は他にも「甲州純情娘」みたいな萌えラベル酒やら「バルタン星人」というそのまんまなキャラクター酒も出しているコラボ積極派なので、こういう素材は大歓迎なのでしょう。

 酒屋さんでは常温保存でしたし、普段ではあまり買わないタイプのお酒ではあります。
 ただ、買った後にちょっと調べたところ、米は酒米の夢山水・美山錦使用らしいですし、度数からいって多分原酒だと思うので、かなりガチなスペックだと思われます。
 しかもお値段も非常に良心的。

 前置きが長くなりましたが、できるだけ先入観を捨てていただきます。

fc2_2013-11-22_02-39-15-884.jpg

 上立ち香はちょっとだけアルコール混じりの熟した果実香がそこそこに。
 含むと、思った以上にしっかりとした甘旨味が、少し薬っぽい苦味を伴いながら、輪郭と保ちつつ染みこんできます。
 旨味は熟した果実な感じの甘味が主で、そこに苦味がスパイシーさを加える感じ。
 当然ながら生っぽいフレッシュさは無いのですが、生酒に負けないぐらいの濃厚芳醇さを感じるお酒ですね。
 後味は苦味が引き取ってしっかりキレます。

 苦味が全体を引き締める、火入れとは思えないほどの芳醇旨口酒でした。
 半分ネタで買ったのが申し訳なくなるぐらいにきちんと作られたお酒です。
 この苦味を薬に見立てた…と考えるのは流石に邪推かな。
 今度は是非正統スペックの笹一を頂いてみたいと思いました。

 なお、燗をつけると少しクセが大人しくなり、かなり飲みやすいお酒になりますね。
 これはかなりの燗上がりだと思います、オススメ。

fc2_2013-11-22_02-38-46-140.jpg

名称:ブラックジャックによろしく 純米
製法など:
精米歩合:60%
酒米:夢山水/美山錦
アルコール度:18~19度
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:笹一酒造株式会社(山梨県大月市)
製造年月:2013/5(24BY)
購入価格(税込):1,300円/720ml
お気に入り度:7.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 笹一 純米

2013年12月06日 山梨の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |