三芳菊 純米吟醸 無濾過生原酒 限定袋しぼり 阿波山田錦

本日の家飲み 三芳菊(みよしきく) 純米吟醸 無濾過生原酒 袋しぼり 阿波山田錦

fc2_2013-09-19_09-25-29-412.jpg  fc2_2013-09-19_09-26-04-820.jpg

 徳島県三好市のお酒です。
 ちなみに三芳菊酒造は三好市池田町「サラダ」という面白い名前の場所にあります。
 この辺りは日本にも珍しいカタカナ地名の地域らしく、サラダの由来も皿田とか更田とか諸説あるとか。

 さて、三芳菊といえば知る人ぞ知る超個性派酒といえるでしょう。
 そのりんご酢のような強烈な甘酸っぱさは一度飲むと忘れられません、お米からできているというのが信じられないレベル。
 私は正直なところ強烈過ぎてちょっと苦手なのですが、やはり他で体験できない味なので一年に一回ぐらい飲んでみようかという気になります。

 また味わいに負けず劣らずラベルも個性的ですね。
 猫ラベルとかもあるのですが、私はやっぱり女の子(ギター付)ラベルを選んでしまいます。
 最近よく見る萌えラベルより、よほどセンスと魅力を感じるんですよね…。

 今回は山田錦使用ということで、かなりお高いスペック。

fc2_2013-09-19_09-27-00-079.jpg  fc2_2013-09-19_09-27-46-323.jpg

 上立ち香はやっぱりりんごと酸と甘さが濃厚に香ります。
 含むと、オンリーワンのリンゴ酢様の甘酸味が、一瞬の時間差の後ブワッと広がります。
 味わいはやっぱり三芳菊らしい唾液腺を刺激される甘酸っぱさがありますが、いつも以上に甘味が濃く、リンゴ酢と蜂蜜を混ぜたよう。
 そして高精白らしく味わいが綺麗ですね、甘旨みをストレートにに感じられます。
 後味も、さすがにちょっと甘酸は残りますが、ベタつきはほとんど無いキレ方。

 三芳菊らしい強烈な個性と、高精白らしい完成度を兼ね備えたお酒でした。
 ここのお酒ばっかりはほんと、一度飲んで見てくださいとしか言い様がないですね。
 ちなみにマイ彼女はここのお酒大好きで、飲む時のペースと表情が他のお酒と明らかに違う。
 苦手な人はどうしようもなく苦手で、好きな人はとことん魅了される、それが三芳菊かと思います。
 そんな中、このスペックは比較的入門には良いかな…、それでも超個性派ですが。

fc2_2013-09-19_09-26-37-221.jpg

名称:三芳菊 純米吟醸 無濾過生原酒 袋しぼり 阿波山田錦
製法情報:無濾過生原酒 袋絞り
精米歩合:60%
酒米:山田錦
アルコール度:17%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:三芳菊酒造株式会社(徳島県三好市)
製造年月:2013/8(24BY)
購入価格(税込)1,890円/720ml
お気に入り度:7.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2013年09月20日 徳島の日本酒 トラックバック:1 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |