満寿泉 純米吟醸 無濾過生原酒 おりがらみ

本日の家飲み 満寿泉(ますいずみ) 純米吟醸 無濾過生原酒 おりがらみ

20170221102139596.jpg  20170221102148377.jpg

 富山県富山市のお酒です。
 外飲みでは相当回数いただいている印象がありますが、ブログでの紹介は意外にもまだ2回目。

 こちらを醸す桝田酒造店については、蔵元ホームページの「生立ち」コーナーに来歴の紹介がありました
 その中で印象的なのが「能登四天王」に数えられる名杜氏「三盃幸一」氏に関する記述でした。
 私の生まれるずっと前から酒造りを続けているという時点で「凄い」としか思いようがないのですが、「三盃総杜氏は18歳でこの道に入って以来、 一度も正月を郷里で過ごした事がない。父も親類も杜氏というエリート杜氏の家系、父の後を受け満寿泉の杜氏になった。」みたいな記載に至っては想像を絶する世界です。
 イメージ的には伝統工芸とか伝統芸能を引き継いでいく一族に重なるものがありますね、翻って、そういう伝統と最新工業技術が交錯する日本酒業界のダイナミックさを、私としては改めて想起しました。

 閑話休題、今回いただくのは季節限定品であるおりがらみ生、一升瓶しかないので迷ったのですが、以前紹介した「月中天」と同様に購入先である酒逢さんの店長さんオススメだったので買ってしまいました。
 ラベルにあまりスペック面の記載はありませんが、製造年月と蔵出年月の両方が書いてあるのは流石満寿泉という感じですね、熟成期間に対する意識の高さがうかがえます。
 今回は両方とも1月ということで、搾ってすぐに出荷ということが一目瞭然、やっぱり素晴らしいですよこの表記。

20170221102156113.jpg

 上立ち香はフレッシュさのある、露骨にお米っぽい麹の香りが気持ち強めに。
 含むと、強めの酸味でキリリとした旨味が、しかし自然な口当たりで入ってきて、最後まで甘味と酸味のバランスを保ちつつ喉奥に流れ込んできます。
 味わいはグレープフルーツのグラニュー糖がけのごとく、酸味が中心ながら旨味もしっかり感じるキリリかつ濃厚なもの。
 後味は苦味が表に出てきて、キッチリとキレます。

 万人に勧められるタイプの、旨味の存在感とスッキリ感を両立させつつクセのない、完成度の高いフレッシュ甘酸酒でした。
 人を選ばないと思いますし、単体でも食中酒でもイケそうな、シチュエーション的な万能性も備えている印象。
 いやあ流石ですね、
 ちなみに上澄みを飲んでみると、若干酸がキツく思えたので、これはオリでまろやかを加えている感じだと思われます、この辺りの調整も見事。
 満寿泉は伝統に寄り掛からずに色々新しい試みのお酒も出しているので、今後より注目していきたいと思います。

20170221102210840.jpg  20170221102203557.jpg

名称:満寿泉 純米吟醸 無濾過生原酒 おりがらみ
精米歩合:58%
使用米:不明
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社桝田酒造店
購入価格(税抜):3,000円/1,800ml
購入した酒屋さん:酒逢(金町)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年03月20日 富山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

羽根屋 純米吟醸 煌火 生原酒 28BY

本日の家飲み 羽根屋 純米吟醸 煌火 生原酒 28BY

20161226122356320.jpg  20161226122404899.jpg

 富山県富山市のお酒です。
 ブログ登場は2回目ですね、外飲みでも何度かいただいた記憶があります。

 当ブログの読者様にはもう周知のことかと思いますが、私の日本酒嗜好は完全に芳醇甘口に振れています。
 そしてその立場からは、世間的評価が高くとも、どうにも相性が良くないタイプのお酒が何系統かあったりします。
 まあ「淡麗辛口」がその最たるものなのですが、いわゆる「食中酒として一歩下がったようなお酒」とか、「あまりにバランスが良すぎてとんがりが無いお酒」みたいなものにも実は苦手意識があるのです。
 「静岡吟醸系」なんかが典型で、具体的な銘柄で言ってしまうと「伯楽星」そしてこの「羽根屋」にはそのイメージが強かったりします。

 当然、「じゃあ何で買うのよ」というツッコミがあるとは思いますが、やっぱりたまにそういうお酒を買うことで自分の好みの状況を確認できますし、たまには違った系統のお酒を飲むのも楽しいんですよね。
 今回セレクトしたのは前回(24BY)と同じく「煌火(きらび)」と銘打たれた生原酒。
 羽根屋の中では自分向けのスペックだろうと選んだのですが、どうせなら違うものにした方が面白かったかも…、少々反省。

20161226122413032.jpg

 上立ち香は典型的な、フレッシュリンゴの香りが気持ち強めに。
 含むと、ほどほどの濃度のフレッシュな旨味がスルスルと入ってきて、青い苦味で引き締まりを維持しつつ、最後まで勢い良く喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、典型的ながらもバランスの取れたフレッシュリンゴの甘酸苦からなる旨味が主役で、ある程度の透明感と雑味の無さがやはり特長ですね。
 後味もキツくない苦味が引き取ってお手本のようにキレます。

 甘酸苦がそれぞれ主張しつつも、濃度がほどほどかつバランスが良いために、スイスイといけてしまう軽さも持った万能酒でした。
 すっきり系のしぼりたて生酒として、良くも悪くも一定の枠をはみ出さないという意味での完成度を感じるお酒です。
 前述の通り私には物足りないのですが、この路線を好む方は多いでしょう。
 また、以前から方向性がブレていないことも、蔵の実力を感じさせるポイントだと思います。(ただ、24BYよりは味が出ていたかも)
 羽根屋、一つの指標として今後もたまには飲んでいきたい銘柄です。

20161226122432916.jpg  20161226122424845.jpg

(紹介)日本酒ブログ(由紀の酒)さんの同スペックの記事
http://www.sakeblog.info/haneya-junmaiginjo-kirabi-28by/

名称:羽根屋 純米吟醸 煌火 生原酒 28BY
精米歩合:60%
使用米:不明
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:富美菊酒造株式会社
購入価格(税抜):1,450円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年02月26日 富山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

満寿泉 純米生

本日の家飲み 満寿泉(ますいずみ) 純米生

20150217161120216.jpg  20150217161134075.jpg

 富山県富山市のお酒です。
 家飲みは初めて、外飲みは数回あったような…

 富山県のお酒としてはもっともメジャーな銘柄の一つなのではないでしょうか。
 東京でも百貨店などでそこそこ目にはするのですが、何気に家飲み経験が無かったので新酒を購入してみました。

 ラベルは非常にシンプルで、裏ラベルもないのでスペックがさっぱりわかりません。
 蔵元ホームページの商品紹介を見に行ってみても、スペックは無く「軽やかだが米の旨味が感じれる。」の一言だけ。
 うーん、これはいかがなものか(しかも「感じれる」って、ら抜き言葉…)、もう少し情報公開に力を入れて欲しいところです。
 

 上立ち香はフレッシュな吟醸香がそこそこに。
 含むと、中程度の濃度のフレッシュな旨みがスルリと入ってきて、若干のアルコール感で引き締められながら染みこんできます。
 旨味は甘味そこそこでバランスの良い印象、でも生酒らしい存在感もしっかりあって、単独でも飽きずにどんどん飲める感じです。
 後味は少々のピリピリする辛さで見事にキレます。

 非常に味わいのバランスの良い、フレッシュさもある
 なんというか、いい意味で教科書通りという感じの、奇をてらわない味わいでした。
 ただ、やっぱり個人的にはもう少し個性が欲しい気もしてしまいます。
 満寿泉、また他のスペックもいただいてみたいと思いました。

20150217161154913.jpg

名称:満寿泉 純米生
精米歩合:60%
酒米:不明
アルコール度:16~17%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社桝田酒造店
購入価格(税抜):1,400円/720ml
お気に入り度:8.0/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 満寿泉 純米

2015年03月08日 富山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

苗加屋 純米吟醸 無濾過生原酒

本日の家飲み 苗加屋(のうかや) 純米吟醸 無濾過生原酒

fc2_2014-06-06_12-50-13-278.jpg  fc2_2014-06-06_12-50-38-741.jpg

 富山県砺波市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めて。

 「鶴」関連銘柄特集第二弾は、「若鶴」を醸す若鶴酒造の限定品、苗加屋です。
 正直私は知らない銘柄だったのですが、百貨店の試飲販売をやっていて印象が良かったので購入しました。
 蔵元さんのお話によると、「苗加屋」は基本的に無濾過生原酒限定のブランドとのこと。
 これまた難読銘柄ですね…、私は全く読めなかったので、ラベルのふりがながありがたい。

 スペック的には山田錦の55ということで、スタンダードな純米吟醸の無濾過生原酒です。
 お値段は割と良心的かな、ニュートラルな気分でいただきます。

fc2_2014-06-06_12-51-01-137.jpg

 上立ち香は甘く柔らかいバニラという感じの香りがそこそこに。
 含むと、フレッシュ芳醇系の甘旨味が、若干の青臭さと共に染みこんできます。
 旨味はメロンっぽい印象で、上品というよりは無濾過生原酒らしい荒々しい甘味が魅力です。
 後味はその青臭い苦味が引き取る感じですね。

 これぞ無濾過生原酒!といった青臭さと荒々しさ、そして魅力的な濃厚な甘旨味を感じるお酒でした。
 これは好みが分かれるでしょうが、個人的には大好きなタイプなんですよね…。
 おそらく火入れだと印象がガラッと変わるんじゃないかな、蔵元さんがあえて別名称を付けた気持ちが良くわかります。
 苗加屋、若鶴とともに記憶にとどめておこうと思います。

fc2_2014-06-06_12-51-41-866.jpg

名称:苗加屋 純米吟醸 無濾過生原酒
精米歩合:55%
酒米:山田錦
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:若鶴酒造株式会社
購入価格(税抜):1,425円/720ml
お気に入り度:8.1/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2014年08月20日 富山の日本酒 トラックバック:1 コメント:0

羽根屋 純吟 煌火(きらび) 生原酒

本日の家飲み 羽根屋 純吟 煌火(きらび) 生原酒

fc2_2013-07-10_20-21-50-780.jpg  fc2_2013-07-10_20-22-19-537.jpg

 ブログでは初めての、富山県のお酒です。
 富山県のお酒はお隣新潟同様基本的に淡麗指向というイメージがあります、逆のお隣の石川県とは対照的ですね。
 まあ最近都道府県ごとのイメージもあてにならないので、私は先入観にならない程度に考えているのですが…。

 羽根屋は以前に外飲みで一度いただいたことがありますが、その時の印象はやはり「自分にはちょっと薄すぎるかな」といったものでした。
 ただ今回「生原酒」のスペックを見かけたため、これなら自分好みなのではないかと思い購入した次第です。

 上立ち香はフレッシュ、ちょいセメダインといった香りが強めに。
 含むと、おやっと思うほど無味透明というのが第一印象。
 その後舌で転がしていると、キリッとした甘旨味がようやく現れてきます。
 旨味は細い甘味と生らしいフレッシュさを感じる、控えめな上品さのあるものです。
 イメージとしては熟し切らない柑橘系の果実という感じで、ほどほどの酸味と渋味、そして辛さで徹頭徹尾スッキリな味わいですね。
 後味は渋味と辛さが受け持ってバッチリキレます。

 生原酒とは思えないスッキリ系の、これぞ食中酒!といった感じのお酒でした。
 これは刺身とかに合うだろうなあ…。
 正直芳醇派の私にはかなり物足りないのですが、端麗というよりはスッキリ系という感じの整った旨味は十分魅力的だと思います。

 なお、飲み進めるとスッキリ感が飲み飽きなさにつながって評価が上がります。
 また、常温ぐらいだと旨味が最初から開く感じで、個人的にはこちらのほうが好みでした。
 最終的にはたまにはこういうタイプのお酒もいいかもと思わせてくれるお酒だったと思います。

 まあこの感想自体も濃厚無濾過生ばっかり飲んでる自分の感想なので、かなり偏っているということはご承知おきください。
 羽根屋は濃厚酒にちょっと疲れたときにまたいただくかもしれません。

fc2_2013-07-10_20-22-51-605.jpg

名称:羽根屋 純吟 煌火(きらび) 生原酒
製法など:生原酒
精米歩合:60%
酒米:五百万石
アルコール度:16度
酵母:不明
日本酒度:+3前後
蔵元情報:富美菊酒造株式会社(富山県富山市)
製造年月:2013/7(24BY)
購入価格(税込):1,450円/720ml
お気に入り度:7.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2013年07月21日 富山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |