徳次郎 特別純米 無濾過生原酒

本日の家飲み 徳次郎(とくじろう) 特別純米 無濾過生原酒

20170327121419703.jpg  20170327121427569.jpg

 京都府城陽市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 こちらは私にとって完全初見銘柄です、店頭でちょうど「特別純米 無濾過生原酒」という私向けスペック(笑)が出ていたので衝動買いした次第。
 蔵元ホームページを覗くと通常銘柄は「城陽」みたいですね、そして珍しく特約店限定銘柄であるこの「徳次郎」の解説コーナーもあります
 しかし個人的に気になるのは「多くのお客様から問い合わせをいただきまして」紹介コーナーを作ったかのような書きぶりです、そんなんだったら最初から掲載しましょうよ…
 実際特約店限定銘柄が蔵元公式ホームページに載っていないことが多いこの地酒業界の慣習は、今日日異常なものだと当ブログとしては繰り返し主張したいと思います。

 ちなみにこの徳次郎の紹介コーナーは、ブランドコンセプトや個別スペックの紹介も無く情報量としてはイマイチ。
 販売店一覧があるのは素晴らしいと思いますが、私が買ったお店が載ってない…、たぶんあまり更新されていないのでしょう。
 スペック的には、五百万石55磨きの無濾過生原酒と、最近の新酒スタンダードの範疇内になっております。


 上立ち香は酸を感じるフレッシュな果実の香りがそこそこに。
 含むと、かなり引き締まった旨味が、伴う酸で舌を少々刺激しつつスルスルと入ってきて、時間差で出てくる苦味で最後までキリリとしたまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、やはりフレッシュな柑橘系果実という印象の酸が効いた旨味が主役、甘味や苦味がそこに寄り添って、ある程度の「飲みがい」を加えている印象。
 後味は苦酸が引き取って、見事にキレます。

 存在感はありつつも極めて引き締まった味わいが特長の、飲みごたえと飲み飽きなさを兼ね備えたお酒でした。
 最近で飲んだ中では一代弥山に似たような方向性を感じますね、酸でキレるタイプの今風食中酒という趣。
 徳次郎、また機会があれば他のスペックもいただいてみたいと思います。

20170403132817812.jpg

名称:徳次郎 特別純米 無濾過生原酒
精米歩合:55%
使用米:五百万石
アルコール度:17~18%
日本酒度:不明
蔵元情報:城陽酒造株式会社
購入価格(税抜):1,300円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年06月02日 京都の日本酒 トラックバック:0 コメント:4

坤滴 純米生原酒 特別栽培米「山田錦」

本日の家飲み 坤滴 純米生原酒 特別栽培米「山田錦」

20161127141352718.jpg  20161127141402082.jpg

 京都府京都市伏見区のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 こちらを醸すのは「東山酒造有限会社」、ネットで調べてみると同じ伏見にあるかの「黄桜」とつながりが深いみたいですね。
 (どうやら子会社っぽいのですが、公式ホームページが無いのであまり詳しくはわかりませんでした)
 この「坤滴」は、百貨店等でも、変わった形の瓶で売られているのを何度か見た気がします(参考:伏見酒造組合の製品紹介写真)。
 また、最近では日本酒漫画「いっぽん!」に登場していたのが印象に残っております。

 そんな感じで、いつか飲んでみたいと思っていたところに、ちょうど生酒のスペックが通販の在庫にあったのでセレクトしてみました。
 使い分けは良くわかりませんが、こちらは普通の瓶ですね。
 「特別栽培」とのことですが、どうやら鳥取県の「田中農場」産の山田錦を使用しているようです。


 上立ち香は若干熟感を感じるアルコール的な香りが仄かに。
 含むと、しっかりと熟した感じの存在感のある旨味がググっと入ってきて、苦味と渋みが程よく絡みつくことで複雑味を感じさせつつ、ゆっくり染みこんできます。
 味わいはまさに生熟といった趣の、ガッツリと乗り切ったお米と果実の中間のような旨味が確固として芯にあるため、苦渋がキツくなり過ぎずに味わいに奥深さを加えています。
 後味はその苦渋を少々舌先に残しつつ、しっかりとキレます。

 様々な味わいがそれぞれに主張しつつ、しっかりした旨味がそれをまとめあげる、芳醇旨熟酒でした。
 自分のボキャ貧もありますが、前回の超超久に若干似た感想となりましたね、実際同系統の「良い生熟感」を感じました(酒屋さんが同じなので、酒質も似ているのかも)
 こうなると「しぼりたて」も飲みたくなってしまうのが人情ですね…、いやあ気になるお酒が増えすぎて参ってしまいます。
 坤滴、知名度に違わない実力派のお酒だと思わせてくれました。

 ちなみに燗を付けると、素直に甘さ辛さが両方強まる感じですね。
 何気に燗冷ましの優しい口当たりと濃い旨味の両立状態が一番好きかも。
 色々な飲み方に耐えてくれる力強さのあるお酒だと思います。

(ラベルのスペック部分撮り忘れました…)

名称:坤滴 純米生原酒 特別栽培米「山田錦」
精米歩合:60%
使用米:山田錦
アルコール度:18%
日本酒度:不明
蔵元情報:東山酒造有限会社
購入価格(税抜):1,520円/720ml
購入した酒屋さん:地酒 みゆきや(通販)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年12月23日 京都の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

京の春 純米生原酒

本日の家飲み 京の春 純米生原酒

20151108212758235.jpg  20151108212813474.jpg

 京都府与謝郡伊根町のお酒です。
 「京の春」ブランドは初めていただきます(詳細は後述)。

 こちらを醸す向井酒造は、以前に紹介した超個性派赤色酸味酒である「伊根満開」を醸す蔵でもあります、まあ別ブランドですね。 
 あのお酒を飲んで、この酸味が赤米酒特有のものなのか、蔵の造りによるものなのかが気になっていました。
 自分は、お酢が苦手なので酢酸っぽい酸味は苦手なのですが、果実系や乳酸系の酸味は大丈夫だったりするところ、伊根満開は後者の酸味だったので、今回通常銘柄の京の春も飲んでみようと思いセレクトした次第です。
 
 スペック的には、自然米の70磨きということですが、品種はラベルに記載なし。
 確か26BYの生原酒なので、ある意味では生熟酒ともいえるでしょう。
 しかし、ラベルはレトロですね…、デザイン的には割と好きなのですが、イメージ的にはどうかな… 

 
 上立ち香はフレッシュな印象の香りが仄かに。
 含むと、かなり強めの酸味を伴う旨味がぐっと入ってきて、少々の渋みと相まって舌を突き刺しつつ染みこんできます。
 旨味は、米の旨味っぽいクセのない旨味が中心にありながら、主役は唾液線を刺激する酸味ですね、ただキツさは無くて全体を素直に引き締めます。
 後味はその酸味がキッチリ引き上げます。

 中庸な旨味を自然な酸味が締め上げる、割と直球勝負な印象の、旨酸酒でした。
 こちらも酢酸系の酸味では無かったですね、かと言って山廃の乳酸味でもなく、より米由来っぽい自然な感じ。
 いやあ表現に迷いますね…、極めて個性的ながらある種のまとまりもあります。
 京の春、やはり実力派の蔵元だと思いました。

 開栓後二日ぐらいで飲んでみると…、お、刺すようだった酸味がかなり柔らかくなりました、甘味もより出てくるような。
 いやあこうなるとさらにバランスの良い、杯が進む芳醇旨酒になりますね、個人的にはこちらが断然好き。

20151108212843765.jpg

名称:京の春 純米生原酒
精米歩合:70%
酒米:不明
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:向井酒造株式会社
購入価格(税抜):1,334円/720ml
お気に入り度:8.3/9.0(開栓直後は8.0くらいと思ってました)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 京の春 純米

2015年12月18日 京都の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

玉川 山廃雑酒 無濾過生原酒 26BY

本日の家飲み 玉川 山廃雑酒 無濾過生原酒

20150705153418190.jpg  20150705153456336.jpg

 京都府京丹後市のお酒です。
 家飲み、外飲みともにかなりの回数をいただいています。
 
 さて、このお酒についてはまず、なぜ「雑酒」を名乗っているかについて語らないわけにはいかないでしょう。
 (長くなります、というか制限なしで書き始めたら全くまとまらず、数か月記事を寝かしてしまいました…。マイルールって大事。)

 玉川のラインナップの一つであるこの「白ラベル」は、アル添無しでありながら非常に高アルコール度を実現していることが特徴で、蔵元さん的にもある意味「発酵の限界」を目指しているシリーズらしいです。
 毎年コンスタントに20度越えしている時点で凄いのですが、26BYはなんと一部のタンクでアルコール度22度を超えたお酒ができてしまいました。
 こちらのお酒、もちろんちゃんとした日本酒の製法(蔵付き酵母を利用した山廃造り)で醸された正真正銘の「日本酒」なのですが、実は法律上では「清酒」を名乗ることができないのです。

 というのは、「清酒」の定義を定める酒税法第3条第7号に「次に掲げる酒類でアルコール分が22度未満のものをいう。」という文言がある通り、22度超えのこのお酒は「清酒」にあたらないことになります。
 いわゆる「特定名称」は前提として「清酒」でなければ名乗れないため、このお酒はアル添もしていないのに「純米」とすら名乗れません。
 さらには、造り方自体は混ぜ物なしの日本酒の造りであるため、「合成清酒」や「リキュール」などの定義にも当てはまらないのです。
 かくしてこのお酒は「いずれにも該当しない酒類」というその他枠のお酒である「雑酒」となってしまいました。

 ここらへん、アルコール度1度の違いだけで扱いがガラリと変わってしまうというのには、法の硬直性のようなものを感じます。
 ただまあ、これに関しては法に不備があるというよりは、このお酒がそれだけ規格外の代物なのだと考えるべきでしょう。
 この度数制限の理由を調べてみたところ、特殊な製法で高度数のお酒にする「鳴門鯛 霧造り」の紹介ページに少し記載がありました、どうやら当時アル添で25度ぐらいまで上げた清酒が出てきたことを、国税庁が問題視したようです。
 確かに、そういうお酒は紛い物感が漂いますね…、普通に飲んじゃうと飲み過ぎそうですし、どこかに線引きは必要なのでしょうね。

 そもそも普通の日本酒の製法では、発酵が進んでアルコール度が高くなると、そのアルコールによって酵母自体が死んでしまうので(いわゆるアルコール殺菌ですね)、加水無しで20度ぐらいが限界と言われているようです。
 ただ、20度という度数は世界の醸造酒の中では日本酒のみがたどり着けるものみたいですね、「並行複発酵」等高度な醸造技術の賜物だとか。
 そして、その限界すら超えたこのお酒…、蔵元さんの技術の高さに加えて利用している「蔵付き酵母」がよほど元気なんでしょうね。

 立法事実を飛び越してしまったともいえるお酒ですが、嫌味な意味でなく、国税庁の見解を聞いてみたい気もします、本当「まさか」という感じなんじゃないでしょうか。
 ちなみに、「雑酒」扱いだと税金が上乗せされるらしく、通常の白ラベルよりも少々値段が高いようですね。
 単純にちょっと加水すれば安くできるので、蔵元さんも少し迷ったそうですが、やはりせっかくだからと原酒での出荷に踏み切ったとのこと。
 個人的には英断だと思います、マニアなら絶対「雑酒」という言葉には反応するでしょうし、オンリーワンの個性を薄めるのはもったいない!

20150705153335309.jpg  20150705153512513.jpg

 注ぐと、いい感じに色が付いていますね。

20150705153551339.jpg

 上立ち香はクリームのような甘い感じにアルコールが絡む独特の香りが気持ち強めに。
 含むと、とろみと酸の両方を感じる旨味が極めて力強く入ってきて、徐々に強まる酸辛に引き締めながら染みこんできます。
 旨味は、かなり強めの酸と辛さが主役ではあるのですが、意外にもアルコールのキツさは控えめ、かつ旨味の柔らかさもしっかり感じます。
 後味は酸辛を少々残しつつ、グッとキレます。

 イメージ通りの非常に力強い味わいと、意外な柔らかさを兼ね備えた芳醇旨辛酒でした。
 やっぱり純米らしいほっこり感はあるんですよね…、日本酒の奥深さをビンビンに感じさせてくれます。
 このお酒は上記の特殊性で日本酒史上に残るべき価値があると思うのですが、味わいの面でも十分個性的でも魅力的でした。
 玉川、やっぱり凄い銘柄だと思います。


 開栓後も全くヘタれませんね、これは熟成にも向きそうな予感。
 そして燗を付けると…、やっぱり辛い!でも旨い!
 ビリビリくる強烈な辛さがありつつスッキリというよりはしっかりした旨味、これは山廃純米でも感じた玉川ならではの燗上がりです。
 ただ比べるとちょっと甘さ控えめかな、恐らく糖分が食いつくされてしまった結果なのでしょうね。

20150705153538424.jpg

名称:玉川 自然仕込み 純米酒 山廃 無ろ過生原酒
精米歩合:66%
酒米:北錦
アルコール度:22~23%
日本酒度:不明
蔵元情報:木下酒造有限会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
お気に入り度:8.3/9.0(燗上がりも考慮に入れて)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 玉川 山廃 雑酒

2015年11月28日 京都の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

伊根満開 赤米酒

本日の家飲み 伊根満開(いねまんかい) 赤米酒

20151108201659058.jpg  20151108201713313.jpg

 京都府与謝郡伊根町のお酒です。
 家飲み・外飲み含めて初めていただきます。

 こちらのお酒の特徴はなんといっても「赤米」を使って醸された赤いお酒だということでしょう、利き猪口に注ぐと一目瞭然の赤さです。
 赤色酵母で醸したお酒がせいぜいピンクなのと比べるとこちらは強烈ですね…、wikipediaによると、赤米はその名の通りお米自体がかなり赤いようなので、その色素がストレートに反映されているということかと。
 ちなみに蔵元ホームページによると、女性杜氏さんが醸しているみたいですね、通常銘柄は「京の春」。
 そういえば、私がこのお酒を知ったのは『酩酊女子 ~日本酒酩酊ガールズ~』という書籍(リンク先はitmediaのインタビュー)に掲載されていたからでした、女性ターゲットは意識しているのかも。

 ラベルには歩合の記載は無し、特定名称もありませんがアル添無しの清酒なので、まあ実質純米酒と言ってよいかと。
 たぶん赤米は等外米扱いなんじゃないかな…・
 アルコール度は14~15と低めで、日本酒度は-18と結構凄い数値らしいです。

20151108201755869.jpg

 上立ち香はチーズっぽい、未経験の発酵感のある香りがそこそこに。
 含むと、何とも個性的な甘酸っぱい旨味が唾液線を刺激しながら入ってきて、存在感を保ったまま強烈に染みこんできます。
 旨味はまさに乳酸菌飲料と言った感じの甘酸味で、かつ極めて濃厚、そして裏にはお米っぽいコクも感じますね。
 後味はその酸っぱさを少々残しつつ、力強く引き上げます。

 極めて濃厚な乳酸系の甘酸っぱさが特徴の、見た目通りの超個性派酒でした。
 ある意味「イロモノ」のお酒ではあるのですが、酸っぱい系が苦手な自分でもわりと普通に飲めたあたり、お米のまろやかさというか優しさもあるお酒かもしれません。
 伊根満開(京の春)、今度は通常スペックもいただいてみたいと思いました。


 熱めの燗を付けると、甘さそのままで酸味が少しやわらかくなる印象。
 これも良いですね、冷酒よりむしろ杯が進む感じがあります。

 そして裏ラベルに従いロックも試してみると…、お、こりゃ飲みやすい。
 酸がいい仕事をして一気にスイスイいけるお酒に変貌しますね、かつそんなに薄い感じではないという。
 個人的にはこのロックがベストかな、ちょっと他では味わえないタイプの魅力があります。

20151108201744604.jpg

名称:伊根満開 赤米酒
精米歩合:不明
酒米:不明(赤米含む)
アルコール度:14~15%
日本酒度:-18
蔵元情報:向井酒造株式会社
購入価格(税抜):1,762円/720ml
お気に入り度:8.0/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2015年11月19日 京都の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

玉川 自然仕込み 純米酒 山廃 無ろ過生原酒

本日の家飲み 玉川 自然仕込み 純米酒 山廃 無ろ過生原酒

20150219094917961.jpg  20150219094932338.jpg

 京都府京丹後市のお酒です。
 外飲みは何回もしてます、ブログでの紹介は2回目。

 前にいただいたアイスブレーカーが非常に美味しかったため、今年も買おうかと思っていました。
 しかし、どうせなら他のスペックにしようかなあどうしようかなあと迷っているうちに、アイスブレーカーは完売。
 限定ものの日本酒、特に人気商品はぼやぼやしていると買えませんね、日本酒がBYごとで味わいが違うことを考えるとまさに一期一会といえるでしょう。

 さて、気持ちを切り替えてどうせなら看板商品をいただこうと思い、見慣れたラベルの山廃純米無濾過生原酒を購入しました。
 ポイントは「自然仕込み」ということでしょうか、きょうかい酵母を利用せず蔵付の酵母菌を利用して造っているお酒です。
 あまり関東では見ない兵庫の酒米「北錦」を3分の1程度削っており、原酒の割にはお安め。

20150227165218996.jpg

 上立ち香は生っぽさと乳酸っぽさを感じるような濃厚な香りがそこそこに。
 含むと、極めて濃厚かつ個性的な旨味が塊となって入ってきて、山廃らしい酸味を伴いじわじわと染みこんできます。
 旨味はまさに甘旨辛酸渋が複雑に絡み合うような奥深い味わいで、新酒なのに熟した果実のような落ち着きというかまとまりもありますね、しかし生らしくフレッシュさも感じるという。
 そして後味には意外にもしっかりとした辛さがちゃんと出てきて、力強くキレます。

 濃厚芳醇フレッシュ甘旨辛口酸味酒としか言いようがないような、様々な要素が凝縮されたお酒でした。
 アルコール度の高さも悪く働かず、力強さを感じる方向に進んでいるように感じます。
 玉川は他にもいろいろと面白そうなスペックがあるので(完全発酵とか)、どんどん試していきたいと思います。

 また、冷やすより常温のほうが単純に口当たりが優しい分好きかな…、雑味も出ませんし。
 そして、燗をつけると…、旨い!
 かなり高い温度でも旨味が飛ばず、むしろ甘辛さが濃厚になります、無濾過生原酒の燗の可能性を感じますね。
 しかし辛いなあ…、私史上最高の強烈さかも、でもそれが魅力。
 これが自然仕込みの底力ということなのでしょうか、生酒ながらこの燗上がりは素晴らしいの一言でした。

20150227165233509.jpg

名称:玉川 自然仕込み 純米酒 山廃 無ろ過生原酒
精米歩合:66%
酒米:北錦
アルコール度:19~20%
日本酒度:不明
蔵元情報:木下酒造有限会社
購入価格(税抜):1,338円/720ml
お気に入り度:8.5/9.0(燗上がりも考慮に入れて)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2015年03月14日 京都の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

澤屋まつもと 特別純米 愛山

本日の家飲み 澤屋まつもと 特別純米 愛山

1412667648668.jpg  1412667660424.jpg

 京都府京都市、伏見のお酒です。
 家飲みは初めて、外飲みは何度かあったような…。

 伏見といえば灘と並ぶ酒どころとして有名です、が、銘酒居酒屋に並ぶレベルとしては最近影が薄い気がします。
 (スーパーにはよく並んでますけどね…)
 そんな中、この「澤屋まつもと」は結構東京で見かける印象。
 ちなみに地元銘柄は「桃の滴」という、「ザ・女酒!」って感じの名称だそうです。
 かなり味わいのイメージが限定される名前なので結構売りにくそうな気が…、全国向けにブランドを再設定したのは正解だと、個人的には思います。

 さて、今回いただくのは愛山を仕様した火入れのお酒です。
 「桃の滴」にも愛山利用のものがあるようなので、蔵元として気に入っているお米なのかも、愛山利用の割にはお値段も普通です。
 米粒を模した肩ラベルがちょっとチャーミングな感じ。

1412667672716.jpg

 上立ち香は落ち着いた吟醸香がそこそこに。
 含むと、とろみを感じるような濃厚な甘旨味がグッときて、時間差で出てきた苦味と共に染みこんできます。
 旨味は愛山らしさを感じるような複雑さのあるもので、濃厚な程よく熟した果実の甘味に苦味が絡みついて独特の世界を醸し出します。
 後味は苦味がしっかり引き取ってキレます。

 独特で濃厚な甘旨味をストレートに楽しめる、愛山酒のお手本のようなお酒でした。
 火入れでこれだけ濃厚な甘旨味の世界を作り出せるところは、見事としか言いようがないと思います。
 甘さが一本調子で無いので飲み飽きないところも素敵。
 流石注目を集めている銘柄ですね、澤屋まつもと、今後追っていく銘柄に追加しようと思います。

1412667683591.jpg

名称:澤屋まつもと 特別純米 愛山
精米歩合:65%
酒米:愛山
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:松本酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2014年12月15日 京都の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

玉川 純米吟醸 無濾過生原酒 「Ice Breaker」

本日の家飲み 玉川 純米吟醸 無濾過生原酒 「Ice Breaker(アイスブレーカー)」

fc2_2013-06-09_16-25-54-185.jpg  fc2_2013-06-09_16-26-59-020.jpg

 何気に当ブログでは初めて扱う京都のお酒です。
 玉川は英国人杜氏であるフィリップ・ハーパー杜氏の醸すお酒として知られていますね。
 日本語教師として来日し、そこで日本酒に惚れ込んで、最終的には杜氏になってしまったという氏の日本酒愛には、いち日本酒ファンとして頭が下がる思いです。

 さてこのアイスブレーカーですが、ラベル・瓶のデザインからしてそんじょそこらの日本酒ではないことを感じさせませす。
 ところで、夏酒というと加水して口当たりを軽くするものが多く、芳醇好きの私としては物足りないためあまりいい印象がありません。
 しかしこちらは無濾過生原酒でアルコール度も17~18、濃い目に仕上げてロックで飲むのを推奨するというとても個性的な夏酒です。
 実は去年夏酒をうたうお酒を何種類か飲んで、唯一気に入ったのがこのお酒で、そのため今年も調達した次第です。

(こちらは付属のカード↓)
fc2_2013-06-09_16-28-31-298.jpg

 まずはそのままストレートでいただきます。
 上立ち香はちょっと甘い感じのセメダイン臭がほどほどに。
 含むと、濃厚で熟した感じながらなぜか軽やかな印象の甘旨味が滑りこんできます。
 旨味は完熟マスカット?バナナ?という芳香で、しっかりとした甘味が主役です。
 非常に不思議なのですが、芳醇なのに加水したかのような軽さを感じるんですよね…、度数も高いのに。
 後味は、喉に若干の刺激を残しつつキレる感じ。

 で、オススメ通り氷を浮かせて飲んでみます。
 う~む、口当たりが凄く優しくなって、甘味はむしろ増しているようにも思えます。
 一気に飲みやすくなりますね、蒸し暑い夜の一杯に最適でしょう。
 
 濃い旨みと飲みやすさを見事に両立させた、夏酒離れした夏酒でした。
 こういう夏酒なら大歓迎ですが、このレベルに到達するには相当の研究が必要だろうなあ。
 ちょっと悔しくなってしまうほどに、外国人杜氏さんに感服してしまいます。
 これは来年も絶対買っちゃうなあ。

 ちなみに今回試しに燗もつけてみました。
 口当たりはまろやか、甘味もしっかりありますが、私でもはっきりわかるぐらい酸がでてきました。
 ああ、この軽さの正体はやはり酸だったのか…、冷酒ではあまりに自然で意識しなかったなあ。
 ちょっと酸味が強すぎて味わい自体は冷やした方が好みですが、目から鱗が落ちる思いです。

fc2_2013-06-09_16-27-42-926.jpg

名称:玉川 純米吟醸 無濾過生原酒 「Ice Breaker」
製法情報:無濾過生原酒
精米歩合:60%
酒米:日本晴
アルコール度:17~18%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:木下酒造有限会社(京都府丹後市)
製造年月:2013/6(24BY)
購入価格(税込):1,100円/500ml
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2013年06月18日 京都の日本酒 トラックバック:1 コメント:4

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |