洞 純米吟醸 生酒

本日の家飲み 洞(ほら) 純米吟醸 生酒

20161127141521112.jpg  20161127141529520.jpg

 愛知県西尾市のお酒です。
 同蔵のお酒は以前にも紹介しています(詳しくは後述)、名古屋出張での購入酒の2本目。

 このお酒の購入先である「酒泉洞堀一」さんは、知る人ぞ知る…というかマニア間では常識レベルのお店なのではないでしょうか。
 ネット通販が非常に充実している上、而今・鍋島・花陽浴・射美などなど、綺羅星のごとき取り扱い銘柄で、検索すると真っ先に出てくるんですよね、私も以前に通販を利用したことがあります。
 他にも日本酒マンガ「実在ゲキウマ地酒日記」に登場していたりと、全国レベルでの話題に事欠かないお店であるため、今回出張帰りに聖地巡礼気分でお邪魔してきました。

 店舗外観
20170113101604284.jpg

20170113104550779.jpg  20170113101615714.jpg
 駅からもそこそこ離れた住宅街の中に突然現れるお店に、ちょっと驚きましたね。

 で、今回いただくお酒はその酒泉洞堀一さんのPB(プライベートブランド)品になります、詳しくは商品紹介ページをご参照ください
 蔵元の山崎合資会社の地元銘柄は「尊皇」だそうですが、全国的には「奥」「山崎醸」の蔵と言った方が断然通りが良いでしょう。 当ブログでは山崎醸の春かすみを以前に紹介しています

 「洞」は火入れと生の2バージョンあるようですが、当然のように生酒をセレクト。
 使用米である「夢吟香(ゆめぎんが)」については初めて見ましたね、かなり最近開発された愛知県の酒造好適米のようです。

20161127141539922.jpg

 上立ち香は青さを残したバナナ系の香りが仄かに。
 含むと、落ち着いた旨味が少々のほろ苦さと共にじんわりと入ってきて、最後までその苦味で引き締まったまま、非常に息が長く染み入ってきます。
 味わいはまさにバナナ系の旨味が主役で、甘味控えめかつ非常に芯がしっかりしていて、ほどほどの酸味と独特の苦味が複雑さを添え、なんというか玄人好みの雰囲気です。
 後味はその酸苦が引き取って、力強くキレます。

 いぶし銀という言葉がまず浮かぶような、非常に落ち着いた雰囲気の、まさに「味吟醸」という言葉が似合うお酒でした。
 うーん、PBでバリバリミーハー系でなくこういうお酒を選ぶことに、なんというか信念を感じますね…、結構意外かも。
 でも、本当飲み進めるほどに魅力は増していくタイプのお酒であることは確かです。
 山崎合資のお酒は、今後も色々と試していきたいと思いました。

20161127141606796.jpg

名称:洞 純米吟醸 生酒
精米歩合:60%
使用米:夢吟香
アルコール度:15.5%
日本酒度:不明
蔵元情報:山崎合資会社
購入価格(税抜):1,450円/720ml
購入した酒屋さん:酒泉洞堀一(名古屋)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 純米吟醸

2017年01月16日 愛知の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

米宗 仕込18号 純米酒 無濾過生原酒

本日の家飲み 米宗(こめそう) 仕込18号 純米酒 無濾過生原酒

20161127141443780.jpg  20161127141453017.jpg

 愛知県愛西市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 唐突ですが、私は仕事の関係でここ数年、毎年数回地方出張をしています。
 その時は当然(?)現地のお酒を買って帰るわけで、昨年も、仙台大阪高松福岡出張の際に購入したお酒をパラパラとご紹介してきました。
 今年は、ブログ更新の遅れにより丁度その出張時購入酒の記事が溜まっている状態でして、折角なので一気に連載で紹介していこうと思います。
 (4ヶ所11本分と、当ブログとしては長期連載になる予定です、乞うご期待)

 最初にご紹介するこのお酒は、名古屋出張時にかの「酒泉洞堀一」さんにて購入したお酒です(同店については次回書く予定)。
 初見銘柄につき、店頭でスペックとラベルの雰囲気のみでセレクトしました。

 まあラベルに惹かれた理由は一目瞭然でしょう、たまに見かける、マニア向けの詳細スペックをびっしり記載したタイプのものです。
 各数値は写真をご参照ください、特筆すべきは酸度2.5という部分でしょうね、詳しくは割愛しますが2.0超えは相当高い数値であり、酸味が強いことを否応なく想起させるものかと思います。
 また、山廃にも力を入れているようで、わざわざ「速醸もと」という記載があるのも面白い気がします。(蔵元ホームページのアドレスがhttp://yamahai.co.jp/なんですよね、いち早くドメイン取得したあたり中々やり手かと)

 ちなみにこのお酒、我慢できずに帰りの新幹線車内で開け、紙コップで飲み始めてしまいました…
 我ながら若干イカれた所業だとは思いますが、ビールやカップ酒に妥協するより満足度は高かったかと。
20161127141428139.jpg

 上立ち香は酸とアルコールを感じる個性的な香りがそこそこに。
 含むと、やはり酸の立つ濃厚な旨味がググっと入ってきて、最後まで引き締まったまま、力強く喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、酸が主役の辛口酒と言った趣ながら、いい感じで熟した旨味も存在感があり、濃厚かつ飲み飽きないタイプの世界を創り出します。
 後味は酸でしっかりとキレますね。

 力強く芯のある旨味と、かなり強めの酸味がせめぎ合う、程よく熟した芳醇辛口酒でした。
 生熟によって味わいが向上したように感じましたね、これ新酒のときは相当酸がきつかったんじゃないかしら。
 もちろん勝手な想像に過ぎないのですが、何となく熟成で角が取れて飲み頃になった系のお酒っぽく感じた次第です。
 そのあたりを確認するためにも、米宗はまた他のスペックもいただいてみたいですね。

20161127141510095.jpg  20161127141501255.jpg


名称:米宗 仕込18号 純米酒 無濾過生原酒
精米歩合: 麹米:70% 掛米:60%
使用米: 麹米:山田錦 掛米:若水
アルコール度:18.3%
日本酒度:+6
蔵元情報:青木酒造株式会社
購入価格(税抜):1,300円/720ml
購入した酒屋さん:酒泉洞堀一(名古屋)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 米宗 純米

2017年01月14日 愛知の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

義侠 純米生原酒 特別栽培米 山田錦 27BY

本日の家飲み 義侠 純米生原酒 特別栽培米 山田錦 27BY

20160925213936757.jpg  20160925214002936.jpg

 愛知県愛西市(あいさいし)のお酒です。
 ブログでの登場は2回目ですね、ましだやさん購入酒の5本目。
 
 義侠は使用するお米に非常にこだわりのある蔵元というイメージがあります。
 前回紹介したのは南砺産の五百万石を利用したお酒でしたが、今回は王道の兵庫県東条産特A山田錦ですね。
 わざわざ「特別栽培米」と銘打ち「無除草剤 ボカシ肥」と明記するところにもそういう雰囲気を感じます。
 「ボカシ肥」というのはあまり耳慣れない言葉ですが、ググったところ、どうやら発酵を経た有機肥料のことみたいですね、最初から最後まで微生物のお世話になっている感じ。

 パッケージはいつもの通り新聞紙包装でいかにも「寝かせてOK」という雰囲気を感じますが、製造年月は2月なので、生熟成としてはほどほどといったところでしょう。
 「それ以上の生熟成は自己責任でやってちょうだい」ということかもしれませんが、私は冷蔵庫の都合もあり、何より失敗するのが怖いのでさっさと飲んでしまいます(実際に飲んだのは9月)。

20160925214144696.jpg  20160925214153338.jpg

 上立ち香はセメダインをほのかに感じる洋梨(?)っぽい香りがそこそこに。
 含むと、独特かつ濃厚な甘旨味がヌルリと入ってきて、尻上がりに強まるピリピリした辛さで輪郭をギッチリと保ちつつ、最後まで高濃度なままガッツリと染み入ってきます。
 味わいは甘旨味と酸辛がせめぎ合う、濃厚ながら筋肉質な印象で、杯を重ねるごとに評価が上がっていくタイプの奥深さがあります。
 後味は辛さがギッチリと引き取って力強くキレます。

 極めて引き締まった旨味を直球ストレートで楽しめる、見事なまでの男酒でした。
 義侠もやっぱり確固たるスタイルというものを確立している銘柄の一つですね、まさに名は体を表すというか。
 女酒が好きな自分もこの男らしさには惹かれるものがあると言わざるを得ません。
 義侠、次こそは熟成系をいただいてみたいですね。

20160925214220010.jpg  20160925214210052.jpg

名称:義侠 純米生原酒 特別栽培米 山田錦 27BY
精米歩合:60%
使用米:山田錦
アルコール度:16~17%
日本酒度:不明
蔵元情報:山忠本家酒造株式会社
購入価格(税抜):1,667円/720ml
購入した酒屋さん:増田屋本店(通販)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 義侠 純米

2016年11月07日 愛知の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

ほしいずみ 純米 袋搾り滓がらみ 無濾過生原酒

本日の家飲み ほしいずみ 純米 袋搾り滓がらみ 無濾過生原酒

20160812105625715.jpg  20160812105635868.jpg

 愛知県知多郡阿久比町のお酒です、通販まとめ買い6本目。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 知多繁さんでの通販まとめ買いのトリを飾るのがこのお酒です。
 もともと「日本酒感想日誌」さんが激賞していることから気になっていた銘柄だったのですが、都内ではほとんど取扱店がなくて…
 実は今回通販に踏み切ったのはこの「ほしいずみ」と「御慶事」がメインの目的だったりします。
 ピンポイントで欲しい銘柄があるときは、やっぱり通販は便利ですね。
 
 今回いただくのは一般的なしぼりたて…、と見せかけて袋搾りおりがらみという通好みの誂えですね。
 こういうスタンダードスペックで贅沢というか、手間がかかる方法を採用してくれる蔵元には、無条件である程度信頼をおぼえてしまいます。
 裏ラベルにやけに細かい数値情報があるのも面白いですね(その割にお米の品種が無いのが解せませんが…)。

20160812135846491.jpg

 上立ち香は割とキリリとした印象のセメダイン的な香りがそこそこに。
 含むと、程よく引き締まった濃厚な甘旨味がスルリと入ってきて、ほどほどの苦酸で最後までバランスを保ちつつ、じわじわと染みこんできます。
 味わいは柑橘系果実とメロンの中間というか、濃厚な甘味を主役としつつ、苦味を含めとにかくバランスが良く、全体の印象はあくまで優しいと、極めて高いレベルでまとまっています。
 後味はほんのりと苦味を残して、きっちりとキレます。

 濃厚かつバランスが良く、甘味と苦味を基底としつつ五味がしっかり主張しているのを感じる、非常に完成度の高いお酒でした。
 甘味の存在感がしっかりあって、かつ味わいの複雑さと飲み飽き無さを両立させていて、とても自分好み。
 なんというか、ハイレベルな日本酒って、蜘蛛の糸ほどの細い道筋をギリギリで辿っていくような、危うくも芸術的なバランスを保っているんですよね、このお酒もそんな職人芸を感じさせてくれました。
 ほしいずみ、今後超注目銘柄だと思います。

 開栓後数日経ってしまうと、若干苦味が勝つようになったかな…
 こちらは早めに飲みきるのがオススメではありますね。

20160812135856498.jpg

(参考)「日本酒感想日誌」さんの同スペックの感想
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-1100.html

名称:ほしいずみ 純米 袋搾り滓がらみ 無濾過生原酒
精米歩合:60%
酒米:不明
アルコール度:17.5%
日本酒度:+2.4
蔵元情報:丸一酒造株式会社
購入価格(税抜):1,425円/720ml
購入した酒屋さん:酒専門店 知多繁(通販)
お気に入り度:8.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年08月28日 愛知の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

菊鷹 ~雄飛~ 山廃 純米吟醸 無濾過生酒 26BY

本日の家飲み 菊鷹 ~雄飛~ 山廃 純米吟醸 無濾過生酒 26BY

20160812105117791.jpg  20160812105127350.jpg

 愛知県稲沢市のお酒です、通販まとめ買い2本目。
 外飲みでは何度かいただいていますが、家飲みは初めて。

 こちらのお酒を醸す山本克明杜氏は、以前大阪の蔵で「天野酒」という銘柄の「山本SP」という商品を世に出していました。
 この方はその筋(笑)ではかなり有名らしく、移籍後のこのお酒もマニア間ではかなり注目されていた印象です。
 私も前から気にはなっていたのですが(実は天野酒も飲んだことあります)、どうも四合瓶が無いらしく年単位で二の足を踏んでおりました…
 が、今回日誌係さんがブログで激賞していたスペックが通販ラインナップで見つかったため、セレクトした次第です。

 3種のお米を60まで削った山廃純米吟醸無濾過生酒、恐らく加水して15度です。
 出荷から1年ちょっと寝かされているところがポイントですね。
 しっかり作られた山廃の生なら、きちんと保管されていれば1年ぐらいは過熟ということにはならないだろうと想定しています。

20160812105136736.jpg

 上立ち香は落ち着いているけど青さも感じる甘酸の果実香がそこそこに。
 含むと、まろやかな甘酸の旨味がグっと入ってきて、そこそこの苦味を伴いながら、じわじわと息が長く染みこんできます。
 味わいは、やはり今時の山廃らしい乳酸系の酸味に、青さを伴うメロン的甘旨味が絡みあうバランスの良いもので、さらに苦味が引き締まりを添えて複雑で飲み飽きない世界を創り出しています。
 後味はその酸と苦味が引き取り、最後まで崩れずにキレていきます。

 複雑な味わいがほどよく円熟した、万人にオススメできる山廃生酒でした。
 うーむ流石の味わいですね、注目されていることにとても納得しました。
 良い感じの熟し方でしたが、もともとはガス感もあったらしいので、その状態でも飲んでみたかったかも…
 一升瓶なのでなかなか手を伸ばしにくいのですが、菊鷹は是非またいただいてみたいと思いました。

 燗を付けてみると…、おお、やっぱり濃厚になりますね。
 そして若干アルコール感は増すもののあまり辛くもならず、酸の柔らかさを保っています、良いですね~

20160812105146833.jpg

(参考)「日本酒感想日誌」さんの同スペックの感想
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-982.html
「もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録」さんの同スペックの感想
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-326.html

名称:菊鷹 ~雄飛~ 山廃 純米吟醸 無濾過生酒 26BY
精米歩合:60%
酒米:山田錦、夢吟香、五百万石
アルコール度:15%
日本酒度:+10
蔵元情報:藤一酒造株式会社
購入価格(税抜):3,200円/1,800ml
購入した酒屋さん:酒専門店 知多繁(通販)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年08月19日 愛知の日本酒 トラックバック:1 コメント:2

山崎醸 春かすみ 純米吟醸生原酒

本日の家飲み 山崎醸(やまざきかもし) 春かすみ 純米吟醸生原酒

20160612034853900.jpg  20160612034904559.jpg

 愛知県西尾市のお酒です。
 家飲みは初めて、外飲みはあったようななかったような…

 この「山崎醸」は、「尊王」を醸す山崎合資会社の特約店限定銘柄です、同類の他銘柄には「奥」もありますね。
 特約店限定銘柄はホームページに影も形もない蔵元が多い中、こちらは特約店一覧と共にはっきりと紹介があり、直接の通販も可能のようです。
 ブログでは繰り返し言っていますが、他蔵はこういうちゃんとした情報公開をしているところを見習ってほしいですね…(特に特約店一覧)。
 ネットの発展でこれだけ情報公開へのハードルが下がった現在、商品の性質上消費者が欲しい商品にたどり着くのが難しい現状があって、業界でたったこれだけのことができないところがほとんどというのは、一素人から見て本当に理解に苦しみます。

 閑話休題、今回いただくのは春向けに発売される微発泡のかすみ酒。
 愛知県の酒米である夢山水を55%まで削った生原酒ということで、かなり本格的なスペックですね。

20160612034916063.jpg 20160612034925280.jpg

 上立ち香はガス感混じりのうすにごりっぽいスッキリとした香りがそこそこに。
 含むと、やはり強めのガス感を伴ったしっかりとした甘旨味がシュワシュワと入ってきて、裏化に徹した苦味と拮抗しながら、喉奥に流れ込んできます。
 味わいはサイダー的なシュワシュワとした甘旨味が主役、ガスに加えて酸味も結構ありますね、実に今風な感じです。
 後味はその印象のまま爽やかに引き上げていきます。

 旨味にしっかりと芯のある、飲みごたえがありつつ飲みやすい微発泡酒でした。
 こういうお酒って、結構苦味が先行することが多い印象なのですが、これは甘味がちゃんとあって苦味とのバランスが取れているところが魅力的です。
 ビールが苦くて苦手な人の、最初の一杯のお酒としてこういう発泡日本酒が広まってくれると素敵ですね。
 山崎醸、次は是非発泡していないお酒もいただいてみたいと思いました。

20160612034935659.jpg 

名称:山崎醸 春かすみ 純米吟醸生原酒
精米歩合:55%
使用米:夢山水
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:山崎合資会社
購入価格(税抜):約1,350円(レシート紛失…)/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年07月26日 愛知の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

蓬莱泉 熟成生酒 和 純米吟醸

本日の家飲み 蓬莱泉 熟成生酒 和 純米吟醸

20151125181053097.jpg  20151125181104113.jpg

 愛知県北設楽郡設楽町(きたしたらぐんしたらちょう)のお酒です、これまた難読地名だ…
 家飲み、外飲みともに何度かしていますが、ブログでの紹介は初めてですね。

 蓬莱泉というと、やはり真っ先に思いつくのはフラッグシップ酒の「純米大吟醸 空」の存在です。
 私は日本酒歴が浅いので理由はよくわからないのですが、とにかく圧倒的な人気があって通販等ではいつも売り切れの印象。
 十四代みたいに銘柄全体ではなく、特定商品だけこれだけ入手困難というのも珍しいパターンですよね…、皆さんに愛されているのは間違いないと思いますが、経緯が気になるところです。

 さて、私の家飲みでは当然そんなレベルのお酒は分不相応なので、通常価格帯のお酒をいただきます。
 最近のマイブームである「生熟成」ものですね、しかも氷温で一年以上熟成されているとのこと。
 実は、日本橋付近で行われた飲み歩きイベント「日本酒利き歩き」で実際飲んだことがあり、数多くいただいたお酒のなかでも好印象であったため、今回セレクトしました。


 上立ち香は熟成香無しの落ち着いた吟醸香がそこそこに。
 含むと、極めて濃厚ながら優しい口当たりの旨味が力強く入り込んできて、柔らかな酸味(?)で最低限の引き締めを維持しながら、じんわりと染み込んできます。
 旨味はメープルシロップがごとく高濃度の甘味が主役、熟成香は皆無で味わいが乗り切った印象、ただ独特な酸と雑味の無さで、ギリギリダレない感じですね。
 後味は濃厚さがウソのように自然に引き上げていきます。

 なんとも濃ゆい甘味をまろやかかつ純度の高い状態で味わえる、個性派生熟成酒でした。
 いわゆる熟成香を伴うものとは全く違った「生熟」というものの魅力を強烈に感じさせてくれますね。
 日本酒度がマイナス2ケタぐらいに思えます、なるほど、確かにこれはロックとか冷酒を進めるのもわかる気がします。
 蓬莱泉という銘柄の懐の深さを感じた一本でした。

20151125181114838.jpg  20151125181125949.jpg

(参考)「日本酒ブログ(由紀の酒)」さんの同スペックの記事
http://www.sakeblog.info/houraisenjunmaiginjowajukuseinamazake/

名称:蓬莱泉 熟成生酒 和 純米吟醸
精米歩合:50%
使用米:不明
アルコール度:15度
日本酒度:不明
蔵元情報:関谷醸造株式会社
購入価格(税抜):1,639円/720ml
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年02月22日 愛知の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

長珍 純米吟醸 山田錦 茶袋

本日の家飲み 長珍(ちょうちん) 純米吟醸 山田錦 茶袋

1418615489653.jpg   1418615522127.jpg

 愛知県津島市のお酒です。
 外では何度もいただいており家飲み経験もありますが、ブログでは初めてですね。

 長珍については、愛知の知る人ぞ知る銘酒という印象を持っています、東京の銘酒居酒屋でもかなりの頻度で見かけますね。
 個人的印象としては、どのスペックもコクのある旨味が特長のバランスの良い味わいだったと思います。
 かなり好きな銘柄なのですが、いつも行く酒屋さんのラインナップに無いため久々の家飲みとなった次第。

 長珍といえば光を遮るために瓶を新聞紙で包んだ「しんぶんし」シリーズが有名ですが、今回は茶色い紙袋に入っていました。
 酒屋さんの紹介文をみると、地元限定流通ものであるとのこと。
 スペックは山田錦を半分程度削った火入れ酒、25BYなので1年弱寝かせての出荷のようで、お値段はちょい高めです。

1418615533250.jpg

 上立ち香は濃い目の落ち着いた吟醸香が控えめに。
 含むと、極めて切れ味鋭い印象のスッキリとした旨味が摩擦ゼロでスッと入ってきて、少々の苦味を伴いつつ染みこんできます。
 旨味はほんの少々の熟成感がありますが老ね感はゼロ、甘味は控えめながらクセもゼロ、しかし存在感はしっかりとあります。
 後味は自然な苦味で見事しか言いようがないぐらいにキレます。

 まさに飲み飽きない感じの、味わいがありながら切れ味バツグンのお酒でした。
 お手本のような芳醇辛口酒ですね、口当たりがとても良いのでどんどんイケてしまいます。
 長珍に対するイメージはもっと濃厚個性酒だったので、これは意外に思いつつ、蔵の実力を感じました。
 といいつつ次は長珍の個性をもっと楽しむため、無濾過生原酒か数年熟成系をいただきたいと思います。

 燗をつけると、甘味というより旨みが少し濃くなります。
 ただ、辛さも同時に強烈になりますね、切れ味は衰えないけど少しハードな味わいかなあ。

 開栓後は良い感じに味わいが落ち着いてきます、まろやかさも出てきてこれは良い変化ですね。
 一升瓶がスムーズに空いてしまいました。

1418615505115.jpg

名称:長珍 純米吟醸 山田錦 茶袋
精米歩合: 麹米:50% 掛米:55%
酒米:山田錦
アルコール度:16~17%
日本酒度:不明
蔵元情報:長珍酒造株式会社
購入価格(税抜):3,700円/1,800ml
お気に入り度:8.1/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 長珍 純米吟醸

2015年01月15日 愛知の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

生道井 特別純米 杜氏厳選BLEND

本日の家飲み 生道井(いくじい) 特別純米 杜氏厳選BLEND

1418371996207.jpg  1418372021309.jpg

 愛知県知多郡のお酒です。
 「生道井」ブランドのお酒は初めていただきます。

 先日、同じく原田酒造の醸す「衣が浦」のひやおろしをいただきました
 その際、今度は生道井を飲んでみようと思ったことが心に残っていて、今回通販の在庫があったものを取り寄せた次第です。

 が、その時は新酒をいただこうと思っていたのに係わらず、結局前回同様夏を越えた火入れ酒を買ってしまいました。
 通販を使うときはここらへんに気をつけないとダメですね、サイトの方にはちゃんと書いてあるのに…。
 なお、スペックは60磨きの特別純米と50磨きの純米大吟醸のブレンドとのこと、なぜか酒米の種類は非記載です。
 ラベルに布っぽい素材を使っているところも、面白いと思います。

 上立ち香はいわゆる熟成香が強めに。
 含むと、やはり熟成を感じる伝統的なお米の旨みがスッと入ってきて、辛さと苦味と共に刺さってきます。
 雑味っぽいものがあまりないのは良いのですが、肝心の旨味に火入れもしくは熟成による味わいの減退を感じてしまいますね…。
 後味は辛さでしっかりキレます。

 普通に飲めますが、あまり楽しいところがない平凡な火入れ酒という印象でした。
 うーむ、要冷蔵の記載もないしもしかしたら二回火入れかなあ、まさか保存に問題があったとも思えないし…
 自分のセレクトに問題もあったとはいえ、生道井ブランドに若干の疑問を覚えた一本でした。
 次買うとしたら絶対に生にしたいと思います。

 ただ、燗をつけると素直に甘味が増して、まろやかさも出てきます。
 少々香りと辛さはきつくなりますが、旨辛酒として見事に燗上がりした感じ。
 個人的には燗(上燗ぐらいかな)推奨です。

1418372034223.jpg

名称:生道井 特別純米 杜氏厳選BLEND
精米歩合:歩合60%のお酒を70%、歩合50%のお酒を30%でブレンド
酒米:不明
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:原田酒造合資会社
購入価格(税抜):1,300円/720ml
お気に入り度:7.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2015年01月13日 愛知の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

衣が浦 特別純米 ひやおろし 若水

 本日の家飲み 衣が浦(ころもがうら) 特別純米 ひやおろし 若水
 
fc2_2014-03-07_12-44-00-197.jpg  fc2_2014-03-07_12-45-11-468.jpg

 愛知県知多郡のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 こちらを醸す原田酒造のホームページによると、創業以来の銘柄が「生道井(いくじい)」で、「衣が浦」はその後に名づけた銘柄とのことなのですが、違いは少し見る限りでは不明。
 またラベルには「若水(わかみず)」と使用米が大書され、両側に生道井と衣が浦の記載がありますね。
 これはどうかと思うなあ…、どのブランドを推したいのかさっぱりわかりません。

 ちなみにこちらは24BYのひやおろしです、出荷から半年経ち、約一年熟成された生詰酒になりますね。
 最近新酒ばかり飲んでいることもあり、あえて選んでみました。

fc2_2014-03-07_12-46-53-957.jpg

 上立ち香は、やはりかなり熟していながらちょっとセメダインも残っているような香りが少々。
 含むと、ちょっと熟しすぎな印象がある甘旨味が、じわりじわりと染みこんできます。
 旨味はいわゆる熟成系の干しレーズンを感じるしっかりとした甘味に、若干の薬臭さのようなクセが混じった感じ。
 後味は少々甘味が残る感じかな。

 濃厚な完熟系の旨味を味わえるお酒でした。
 うーん、やっぱりちょっと飲み頃を過ぎてしまった感はあるかなあ、折角の良い感じの甘旨味なのに熟成香が足を引っ張っている気がします。
 初めての銘柄を飲むならやっぱり出荷直後にすべきだったと、少し後悔。
 割とネガティブな書き方になってしまいましたが、甘味自体はとても濃厚で好みっぽいんですよね…。
 次はストレートに、新酒の「生道井」を飲んでみたいと思いました。

fc2_2014-03-07_12-47-29-460.jpg  fc2_2014-03-07_12-47-57-743.jpg

名称:衣が浦 特別純米 ひやおろし 若水
製法情報:ひやおろし 原酒
精米歩合:60%
酒米:若水
アルコール度:18%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:原田酒造合資会社(愛知県知多郡)
製造年月:2013/8(24BY)
購入価格(税込):1,400円/720ml
お気に入り度:7.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2014年03月12日 愛知の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

醸し人九平次 純米吟醸 件の山田

本日の家飲み 醸し人九平次(かもしびとくへいじ) 純米吟醸 件の山田

fc2_2013-09-19_10-48-01-820.jpg  fc2_2013-09-19_10-48-55-051.jpg

 愛知県の、久野九平冶社長率いる萬乗醸造が醸すお酒です。
 東京で活躍する地酒銘柄の代表格の一つともいえるのではないでしょうか。
 私も外飲み家飲みとわずちょくちょくいただいています。

 オフィシャルホームページによると、「件の山田(くだんのやまだ)」という変わった名前は、「酒米の王、山田錦。 その米で造られた日本酒を、いつでも気軽に楽しんでほしい。」という想いから来ているとのこと。
 この場合「件(くだん)」は「いつものこと。例のもの。」という意味ですね。
 なかなかインパクトのあるネーミングかと思います。
 
 そういう思いもあってか、このお酒は普通の純米吟醸よりちょっとお安め、ただスペック的にはそこまでお得感があるわけではないような…。
 今回いただくのは、生酒の表示がないのでおそらく(一回)火入れだと思います。

fc2_2013-09-19_10-49-23-780.jpg


 上立ち香はちょっと甘い感じの吟醸香が、かなり控えめに。
 含むと、九平次特有のワインっぽい甘酸味が、節度を保って少しずつ広がります。
 甘味はしっかりと存在するのですが、酸味を始め他の味とバランスを保ち、全体的にはとても上品な印象。
 雑味が皆無なところも、その印象を加速付けます。
 後味は酸味が引き取ってスッキリとキレます。

 確かな個性と完成度を併せ持つ、ワイン系の美酒でした。
 他のレギュラー品に比べると、より透明感が高い気がします。
 お値段を含めて考えると、九平次のラインナップの中では一番好きかな。
 件の山田は、これからも見かけたら毎年買ってしまいそうです。

fc2_2013-09-19_10-49-44-629.jpg

名称:醸し人九平次 純米吟醸 件の山田
製法情報:
精米歩合:55%
酒米:山田錦
アルコール度:16%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社萬乗醸造(愛知県名古屋市)
製造年月:2013/6(24BY)
購入価格(税込):1,572円/720ml
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2013年10月01日 愛知の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

義侠 純米原酒 滓がらみ 五百万石

本日の家飲み 義侠 純米原酒 滓がらみ 五百万石

fc2_2013-02-17_19-53-36-181.jpg  fc2_2013-02-17_19-54-31-374.jpg

 新聞紙包装が特徴的な愛知のお酒、義侠です。
 義侠といえば兵庫特A地区産山田錦というイメージがありますが、今回は五百万石です。
 ただ、これまた「富山県なんと農業協同組合産米100%」と大きく表記があり、使用米へのこだわりを感じさせます。

fc2_2013-02-17_19-54-55-068.jpg

 表記ははっきりと滓がらみとあるのですが、私の買ったものはうっすらとすら滓が見えない感じです。
 ここらへんそれぞれの瓶で差があるのはわかるのですが、さすがにこれはいかがなものか…。

fc2_2013-02-17_19-55-40-434.jpg

 さて、上立ち香は割りとキツ目ながらスッキリとしたアルコール臭。
 含むと、どっしりとした米の旨味と酸を濃厚に感じます。
 同時に、舌をピリピリとさせる感触と若干の苦味があり、フルーティさとは一線を隠した引き締まった味わいになっています。
 後味はその苦味が受け持つ感じでキレます。

 銘柄名そのままの男酒といった印象です。
 単なる辛口というより、濃厚で複雑な旨みが主役を張る、質実剛健の一本でした。
 コスパも良好。

 また、何となく燗(50度ぐらい)もつけてみました。
 旨味甘味渋味が全体的に、さらに濃厚になる感じです。
 後、びっくりしたのは燗冷ましがかなり柔らかくなって良かったことです。
 これは燗も十分ありですね。

 さらにいうと、開栓二日目以降の方が多少味わいが丸くなったような感じがして個人的には好みでした。
 いろいろと一筋縄ではいかないお酒だったと思います。

fc2_2013-02-17_19-55-18-987.jpg

名称:義侠 純米原酒 滓がらみ 五百万石
製法情報:生原酒
精米歩合:60%
酒米:五百万石
アルコール度:16~17%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:山忠本家酒造株式会社(愛知県愛西市)
製造年月:2012/11(24BY)
購入価格(税込):1,260円/720ml
お気に入り度:7.6/9.0
43

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 義侠 純米

2013年02月20日 愛知の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |