外飲み雑記 「小路まち(旧:麹町市場)」(飯田橋)

 以前よりこのブログでも紹介している「麹町市場」さんは、私がさんざんお世話になっていた居酒屋であり、最もお気に入りの場所の一つでした。
 しかし、今年の1月ごろビルの建て替えに伴い一時閉店、しかも3月再開予定のところがかなり延期となっていて、私の首も伸びまくっていました。
 が、ついに先日、「小路まち(こうじまち)」と名前を変えて飯田橋にオープンしたとのことで、早速お邪魔した次第です。(移転前最終日にも行っていたので、本当は初日に行きたかったのですが、速攻で満席でした…)

20160615125354961.jpg  20160615125428294.jpg

 場所は飯田橋の大交差点のすぐ近く、その名の通り裏道にちょっと入ったところです。
 詳しくはさしあたりお店のFacebookページをご参照ください。
 (ちなみに、私は以前の職場がここ付近で、同じビルのイタリア料理屋には良く行っていました、面白い縁があるものです。)

20160615125529332.jpg  20160615125454495.jpg

 早速冷蔵庫を見せていただきました(掲載許可済)。
 その時点では大体前の店から持ってきた物だったらしいのですが、いやあ相変わらず垂涎のラインナップです。

 今回は会社の同僚を引き連れ、コースで楽しませていただきました。
 以下、いただいたお酒を一言コメントつきでつらつらとご紹介します。
 
20160615125545212.jpg  20160615125559127.jpg
 発泡系でスタート。

20160615125642047.jpg
 お店のスタートということで「元旦しぼり」があるのがポイントとのこと。

20160615125703163.jpg
 花陽浴をお願いしたらえらいことに。

20160616151310993.jpg
 マニアックな風の森飲み比べ。

 20160616151322778.jpg
 お約束。

20160616151339402.jpg 20160616151404111.jpg
 お約束その2…というには豪華すぎでしょう、ちなみに右は1年熟成&2年熟成。

 20160616151415683.jpg
 酒未来飲み比べ。

 20160616151427321.jpg 20160616151449104.jpg
 鍋島の、山田錦の父母飲み比べ。私はこれ出てるの知りませんでした。

 20160616151458880.jpg 20160616151531926.jpg
 変わり種2種飲み比べ「激酸っぱvs甘々」、さらに極め付け個性酒。

20160616151508684.jpg 20160616151541098.jpg
 ここらへん記憶が…、勿体ないオバケに襲われそう。
 
 というわけで、今回も極めて充実した時間を過ごすことができました。
 ここではあまり取り上げませんが料理のクオリティも相変わらずハイレベルで、コスパの観点では上限振り切っているようなお店だと思いますね。

 「麹町市場」から名前と場所をちょっとだけ変え、新しいスタートを切った「小路まち」。
 これからもお世話になろうと思います!

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年06月28日 外飲み記録 トラックバック:0 コメント:2

外飲み雑記番外編 「十四代飲み比べ in麹町市場」

 最近外飲み記録を更新できていなかったのですが、先日あまりにも凄い経験をしたので紹介&記録しておこうと思います。
 場所は以前よりブログでも取り上げている「麹町市場」さん、内容についてはまず下の写真をご覧ください。

20150727124038418.jpg

20150727124050018.jpg

 こちらのお酒を…

20150727124103580.jpg

 こうですよ。
 まあつまり、十四代飲み比べ会ということで、純吟クラスの十四代をセルフで飲めちゃうという意味不明な会でした。

20150727100933176.jpg  20150727100947203.jpg

20150727101003982.jpg  20150727101018157.jpg

 しかも、コースとして料理付きです。
 一部撮り逃してしまいましたが、上の写真にお通しや、お刺身数点、〆に漬け丼もついて、個人的には十分なボリュームでした。
 これで、開店の17時からお開きの21時付近までダラダラ飲めて、一人5000円ですからね…、もはや狂気の沙汰ともいえるコスパかと。

 さすがに十四代クラスの飲み比べは年に数回だそうですが、5000円のコース自体は、「麹町日本酒部会」と題して毎週土曜日に行っているとのこと(要予約)。
 また、今回のようなイベントはお店のFacebookページに告知されますので、チェックしておくとお得な経験ができるかも…

 兎も角、自分がいつもお世話になっていることを差し引いても、激オススメできるお店だと思います。
 回し者っぽい感じになってしまいますが、ぜひ一度訪ねてみてください。


 ちなみに、十四代だけじゃなくて、店長さんがノリで並べたり、希望に応えてくれたりでさらに色々なお酒をいただいてしまいました。
 まあそもそも、店長さん曰く「皆さんがプレミア酒ばっかりガンガン頼んだりしないので、こういう飲み放題を維持できる」という面もあるとのこと。
 実際客層も良い感じなんですよ、そういえば今回男3名に対して女性が10名ぐらいでしたね。
 女子会のグループが、王祿とか悦凱陣を美味しい美味しいと飲んでいたのが印象的だったなあ…

 最後に写真を載せておきます。
 本当錚々たるラインナップかと…、ちなみに妻の最お気に入りは十四代を差し置いて、陸奥八仙の試験醸造酒でした。

20150727101341578.jpg  20150727101441649.jpg

20150727101453736.jpg 20150727101359637.jpg  

20150727101521808.jpg 20150727101429485.jpg

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2015年07月30日 外飲み記録 トラックバック:0 コメント:0

【ギャザリー】美味しい地酒の最前線!四ツ谷のオススメ銘酒居酒屋紹介(5店)

 「ギャザリー」の記事を更新しました、ずいぶんと間が空いた6回目。
 今回のタイトルは以下の通りです。

美味しい地酒の最前線!四ツ谷のオススメ銘酒居酒屋紹介(5店)

 今回はまさにタイトル通りの内容ですね。
 このブログの「外飲み雑記」で触れているような、私のお気に入り居酒屋さんの紹介です。
 最初は場所問わずで10店ぐらい紹介しようと思ったのですが、文章量とテーマの具体性を鑑みて、少し絞りました。

 特に麹町市場さんとじきしんさんは、お店のレベルの高さの割に日本酒ブログでの紹介記事はあまり見ない気がしていたので、ここで強くオススメしたいと思います。
 私は事あるごとにお世話になっております(その分醜態も晒してたりして…)が、別に贔屓目で見ているわけでなく、本当に良い店だと思っています。

 まだまだ乱筆乱文ですが、是非一度はご覧ください。
 よろしくお願い申し上げます!


(おまけ)麹町市場さんでの外飲みギャラリー
→あまりに膨大な量になってしまったので、追記に退避しました。
 興味がある方は下の「続きを読む」をクリック!

続きを読む

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2015年01月28日 ギャザリーの記事 トラックバック:0 コメント:0

外飲み雑記in麹町1 「麹町市場」

 先日麹町の創作和食料理中心の居酒屋、「麹町市場」に男友達と二人でお邪魔してきました。
 私は何度かお邪魔しているのですが、今回はタイミングの関係で結構間が空いた後の訪問です。

 このお店は地下にあるのですが、ゆったりと落ち着いた雰囲気で全体的に洒落た感じで飲める所です。
 今回もお通しがジャガイモの冷スープ(ビシソワーズというやつでしょう)と、いきなりお洒落な一品でした。
 また、最初に頼んだマグロのユッケもアボカド付きでセンスが良い感じ。
 もちろん味も美味しかったです。

fc2_2013-07-22_12-03-17-339.jpg  fc2_2013-07-22_12-05-00-284.jpg

 で、肝心の日本酒ですが、これも非常に充実しています。
 メニューにもかなりの数が列挙されているのですが、冷蔵庫にもマニアックなものがちらほらと…。
 今回飲んだ銘柄を列挙すると、
 残草蓬莱、山間、龍神丸、十四代、獺祭、村祐、上喜元、而今、MUNEMASA、竹鶴、九頭龍、飛露喜、田酒、巌、黒龍、でした。

 印象に残ったお酒はまず、龍神丸 純米吟醸生原酒50 21BY。
fc2_2013-07-22_12-13-19-407.jpg  fc2_2013-07-22_12-12-52-923.jpg
 もやしもんで取り上げられたこともあり、かなり注目を集めていた銘柄ですが未飲でした。
 高垣淳一杜氏が2010年に亡くなられ、もう飲むことはできないのか…と思っていたので驚きの出会いです。
 味わいは流石に熟成感がありましたが、とてもきれいな熟成で、大事に保存されていたんだなあと思わせるものでした。

 次に、MUNEMASA 純米吟醸-15。
fc2_2013-07-22_12-14-41-880.jpg  fc2_2013-07-22_12-15-21-398.jpg
 「酔っても旨い 九州S-1グランプリ 2012」にて、40蔵の中でグランプリを取ったお酒です。
 この大会は一般公募のお客さんがブラインドで評価するというガチバトルらしく、そこでのグランプリは一目おけるのではないかと。
 日本酒度-15の看板に負けない太い甘旨みがありつつ、決してダレず崩れずという今風の旨酒でした。

 次に、飛露喜 純米吟醸 山田穂
fc2_2013-07-22_12-16-19-064.jpg  fc2_2013-07-22_12-16-50-748.jpg
 山田錦の収穫量の関係で今年特別に仕込まれたという一品です。
 話には聞いていたのですがなかなか見ることもなく諦めていたところ、今回冷蔵庫に入っているところが見え、ちょっとお願いしたところ店長決定で出してくれました(すみません…)。
 特別なインパクトは無かったものの、いつもの飛露喜の純米吟醸の延長線上にある、美酒だったと思います。

 極めつけは、ラストに「芳醇系でオススメのやつを持ってきてください」との要望に応えてくれたお酒達です。
fc2_2013-07-22_12-17-49-839.jpg
 ここで田酒の純米大吟醸とは、スゴイの持ってくるなあ…と思ってしまいました。
 しかも山田錦のお父さん「短稈渡船」とお母さん「山田穂」を使ったレアモノです。
 このクラスの田酒は流石に文句なしで美味しいですね、先入観もあるとおもいますが短稈渡船は男酒らしい凛々しい旨味、山田穂はやさしい旨味がしたように思えます(好みは山田穂)。
 
 また、一番左のラベル無しのお酒は普通は出てこない「黒龍 いっちょらい」の生酒とのこと。
 大手蔵のアル添吟醸なわけですが、これがくやしいことにうまかった…。
 比較用に持ってきてくれた普通のいっちょらい(このサービスがまたにくい)と比べて、明らかに芳醇で私好みでした。
 
 他のラベルはこんな感じ。
fc2_2013-07-22_12-05-32-973.jpg  fc2_2013-07-22_12-12-18-658.jpg

fc2_2013-07-22_12-14-03-729.jpg

fc2_2013-07-22_12-15-49-447.jpg  fc2_2013-07-22_12-18-37-896.jpg

 いつにもまして長い記事になってしまいましたが、それほどに印象に残るお酒が多い一夜でした。
 私は毎晩良いお酒を家でもいただいているので、外飲みではそこに加えて思いがけない美酒との出会いという「サプライズ」が欲しいと思っていますが、今回はそのサプライズに満ちたひとときでした。
 お酒と料理のレベルに比べてお勘定も明らかに控えめで、大満足です。

 …ただ、翌日は珍しく二日酔いでダウンしてしまったのが玉に傷だったりしますが…。
 普通は残らないんだけどなあ、やっぱり最後にアル添飲んじゃったのが原因かしら。
 
 ともあれ、また近いうちにお邪魔したいと思います。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2013年07月23日 外飲み記録 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |