鷹長 純米酒 菩提もと 生酒

本日の家飲み 鷹長 純米酒 菩提もと 生酒

20160925214322243.jpg  20160925214332582.jpg

 奈良県御所市のお酒です。
 風の森と同じ、油長酒造が醸しているお酒ですね、同銘柄としてはブログ2回目の登場。

 こちらは以前いただいたものと同じ「菩提もと」のお酒です、その説明は裏ラベル写真や前回記事をご参照ください(サボリ)。
 一番の違いは前回が火入れの二年熟成ものだったのに対し、今回は生酒の新酒ということでしょう。
 当ブログ的には前回がむしろ特殊なセレクトだったので、一度いつもの嗜好に即したものも買っておこうという感じですね。

 裏ラベルの解説も前回と同文。
 使用米(飯米のヒノヒカリ)も変わらないので、基本的なスペックも同じかな…と思いきや、精米歩合が「59%→70%」、日本酒度が「-15→-25」と大きく変わっています。
 通常製品ならこれだけ変われば同じラベルで売り出すのがミスリーディングなレベルですが、このお酒については「製法」がキモですからね、製法の魅力を引き出す方法を模索するのも正しいことかなという気がします。

20160925214342311.jpg

 上立ち香は洋梨的な極めて個性のある甘い果実の香りがそこそこに。
 含むと、日本酒離れした超濃厚の甘旨味がグワッと入ってきて、その後もやっぱり甘味を正面に備え付けたまま、ゆっくりと染みこんできます。
 味わいは、甘味が主役なのは間違いないのですが、その甘味自体が熟感等の複雑味を添えて、何とも表現しづらい旨味の世界を創り出します。
 後味は少々の甘味が残るのですが、全体としては面白いほどに自然に引き上げていきます。

 強烈で個性的な甘味が印象に残る、まさにオンリーワンの複雑怪奇な超芳醇酒でした。
 流石にこれは食中酒とするのは難しいでしょうね、ただ逆に、最後にこれを飲めばデザートは要らないぐらいの満足感が得られると思います。
 ちなみにやはり私は火入れより生酒の方が好きでした、まだまだ火入れ熟成のどっしり感よりも生酒のジューシー感の方に魅力を感じるようです。
 ともかく、菩提もとの可能性を感じるお酒ではあると思いました、他の菩提もとのお酒も試してみていきたいですね。


 ちなみに、このお酒は前回紹介した風の森アルファ1と同時に開けました。
 アルファ1を最初に開け、他のお酒を経由し、この鷹長で締める。
 同蔵ながら対照的な酒質も楽しく、そんじょそこらの居酒屋に負けない濃い家飲みタイムでしたね。

20160925214351235.jpg

名称:鷹長 純米酒 菩提もと 生酒
精米歩合:70%
酒米:ヒノヒカリ
アルコール度:17%
日本酒度:-25
蔵元情報:油長酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢元酒店
お気に入り度:8.5(若干特殊な判断)/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年11月17日 奈良の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

鷹長 純米酒 菩提もと 25BY

本日の家飲み 鷹長 純米酒 菩提もと 25BY

20160329123840791.jpg  20160329123926797.jpg

 奈良県御所市のお酒です。
 「鷹長(たかちょう)」は当ブログ推奨銘柄筆頭の「風の森」を醸す蔵の、地元銘柄です。

 熟成酒連続紹介のトリは、私が絶大の信用を寄せる油長酒造のお酒としました。
 実はこのお酒は生バージョンを外飲みでいただいたことがあり、その極めて強い甘さが火入れ熟成でどうなるかを確かめるためのセレクトです。
 約2年と前二つに比べて短めな熟成期間ですが、常温棚でそれだけ置いてあれば、十分熟成は進んでいそうに思えますね。
 
 このお酒の特徴である「菩提もと」については、裏ラベルに解説がある他、wikipediaにも記事がありました
 飯米である「ヒノヒカリ」を使っているのも特徴ですね、そして日本酒度-15はかなり極端な数値です、甘さはどんな感じでしょうか。

20160329123958307.jpg

 これまた良い色しています。
20160329125200343.jpg

 上立ち香は熟感と甘さがネットリと絡みあった感じの香りがそこそこに。
 含むとやはりかなりの熟感のある旨味が強烈にグワッと入ってきますが、甘味と拮抗する感じで、ある種のバランスを保ったまま染み入ってきます。
 味わいは、熟した旨味を主役としつつ、極めて強い甘味が絡みつくことで一般の熟成酒とはひと味違った、極彩色の味わいの世界を創り出しています。
 後味には不思議なことに、熟成っぽい辛さも出てきて、しっかりとキレます。

 見事に熟成した旨味と、それでも存在感を発揮する甘味がオンリーワンのコラボレーションを発揮する、超個性派酒でした。
 流石にこれだけ元々の甘味が強いと熟成後もしっかり残っていて良いですね、満寿泉が既にやっているような貴醸酒の熟成とかも今後人気出るかも。
 また、味わい的に燗を試さないわけにはイカンだろうと思い、試したらやっぱりいい感じです。
 なんというか更に全体的に濃くなった気がします、口当たりも柔らかですし、これは試す価値ありかと。


 さて今回、信頼できる蔵の火入れ熟成酒を数本飲んで改めて思ったことは、「日本酒の味わいのバリエーションって凄いなあ」ということです。
 正直なところ、私の好みの方向性とは完全にズレるのですが、やはりこういうお酒もたまに飲んでこそ、自分のスタンスを確認できるものだと思います、いつか好みが変化するかもしれませんし。
 今後も、「日本酒とはかくあるべきだ!」みたいなこだわりはあまり持たず、幅広く楽しんでいきたいと思います。
 (もちろん好みはあるので、評価は偏るとは思いますが)

20160329124042698.jpg

名称:鷹長 純米酒 菩提もと 25BY
精米歩合:59%
酒米:ヒノヒカリ
アルコール度:17%
日本酒度:-15
蔵元情報:油長酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢元酒店
お気に入り度:8.1/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 鷹長 純米

2016年04月03日 奈良の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |