鳳凰美田 「WINE CELL」 純米吟醸 26BY(蔵元熟成バージョン)

本日の家飲み 本日の家飲み 鳳凰美田 「WINE CELL」 純米吟醸 26BY(蔵元熟成バージョン)

20161212101903564.jpg  20161212101911522.jpg

 栃木県小山市のお酒です。
 ブログでの紹介はようやく5回目。

 私が超ハイレベルな地酒激戦区と考える栃木において、全国レベルの知名度や流通量でまだまだ揺らがない首位にあると思う銘柄、それがこの鳳凰美田です。
 その中でも個人的に好きなスペックが、ワイン酵母を利用したこの「WINE CELL」になります。
 何と今回で、当ブログの鳳凰美田の記事のうち、5回中3回がWINE CELLになってしまいました、ちょっと偏り過ぎですね…

 ただ、今回も買ってしまったのには理由がありまして…、実はこれ、前回に飲んだ26BYのお酒を、蔵元で約2年程度熟成させてから出荷されたものなのです。
 熟成度合の違いを見るという意味ではワインでいうところの「垂直飲み」に近い感じの飲み比べを、一人2年越しでやるというのも面白いと思いセレクトした次第。
 恐らく蔵元としても試験的に熟成させているものなのでしょうね、お値段は据え置きでした。


 上立ち香は落ち着いた、酸を感じる果実の香りが仄かに。
 含むと、酸味強めの非常にキレイな旨味がスルリと入ってきて、時間差で出て来るほんのりとした渋味と相まって、最後まで引き締まったまま喉奥に流れ込んできます。
 旨味は…うーんこりゃ完全に辛めの白ワインとしか言いようがない感じですね、程々の甘味と強めの酸味と渋味がせめぎ合って、全体としては極めて引き締まった印象。
 後味はまさに酸が引き取ってしっかりとキレます。

 二年前とはかなり趣を異にする、酸渋メインのキリリとした、いわゆる食中酒として万能感のあるお酒でした。
 熟成の結果として酸が表に出てくるってのは面白いですね、これはワイン酵母の特性なのかなあ。
 個人的には甘味が引っ込んじゃったのは残念ですが、このラインを好む方も多いことでしょう。
 いつも以上にソガペールエフィスに近い味わいになった気がします。
 これは一般人(私含む)がブラインドで飲んだら8割方ワインと思ってしまうんじゃないかしら…、とてもお米から造られたとは思えない感じかと。
 鳳凰美田、次は流石に他のスペックも試していこうと思います。

20161212101919657.jpg

名称:鳳凰美田 「WINE CELL」 純米吟醸 26BY
精米歩合:55%
酒米:不明
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:小林酒造株式会社
購入価格(税抜):1,800円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年02月06日 栃木の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

鳳凰美田 「Black Phoenix」 無濾過本生 純米吟醸酒

本日の家飲み 鳳凰美田 「Black Phoenix」(ブラックフェニックス) 無濾過本生 純米吟醸酒

20160217095839857.jpg  20160217095854088.jpg

 栃木県小山市のお酒です。
 外飲み回数は数え切れず、ブログでの紹介も4回目となりました。

 今回いただく「Black Phoenix」は、100%高級米「愛山」から醸された限定品です。
 ラベルが実に格好良いですね、銘柄名も相まって迫力すら感じます。
 ちなみに、同じく愛山利用で、「Gold Phoenix」、「White Phoenix」もあるとか…、シリーズ製品みたいですね。
 ただその金と白はさらに高価でブラックの倍以上のお値段となっており、自分の家飲みには厳しいのが残念。
 
 精米歩合は55%、愛山をこれだけ削って税抜1,800円ならまあ割高ではないでしょう。
 裏ラベルには若干の解説文の記載があります、いつも思うのですが、蔵元メッセージで「常温」ぐらいまで温めることを推奨するのは珍しいですね。
 空気に触れさせることも書いてありますし、かなりワインを意識している銘柄であるように思えます。 


 上立ち香はトロピカルな果実香が気持ち強めに。
 含むと、柑橘系果実の甘旨酸味が非常に力強く入ってきて、酸味が唾液線を刺激しかつダレを防ぎつつ、自然に染みこんできます。
 旨味は、やはり完熟の南国果実の甘旨味といった印象で、非常に濃厚ながら一種の落ち着きも感じる、奥深い味わい。
 後味は見事に自然に引き上げていきます。

 華やかながら何とも表現しづらい複雑な甘味が魅力の、ありそうでない個性派甘旨酒でした。
 この複雑さはやっぱり愛山によるものなのでしょうね…、軽くも無く重くも無い非常に微妙なバランスを保っています、そしてクセは皆無。
 最近ようやく愛山酒の良さがわかってきた気がします、後はもう少し安くなってくれないかなあ。
 ともかく、鳳凰美田のど安定っぷりは愛山でも健在だと感じた一本でした。

20160217095914064.jpg

名称:鳳凰美田 「Black Phoenix」 無濾過本生 純米吟醸酒
精米歩合:55%
酒米:愛山
アルコール度:16~17%
日本酒度:不明
蔵元情報:小林酒造株式会社
購入価格(税抜):1,800円/720ml
お気に入り度:8.4/9.0(値段も考慮に入れて)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年03月01日 栃木の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

鳳凰美田 「WINE CELL」 純米吟醸 26BY

本日の家飲み 鳳凰美田 「WINE CELL」 純米吟醸 26BY

20150705155740398.jpg  20150705155751180.jpg

 栃木県小山市のお酒です。
 外飲み回数は数え切れないくらいですが、意外にもブログでの紹介は三回目ですね。

 そして、三回目ながらつい、前回と同じワイン酵母利用スペックを今年も買ってしまいました。
 いやあ外飲みで一杯飲んで、「今年もうまいなあ…」と、どうしても欲しくなってしまったのです。
 ブログを見ればお分かりの通り、色々な銘柄・スペックを飲み散らかしている自分にとって、これは相当のことだったりします。
 とある酒屋さんが「十四代に匹敵する実力の蔵」と評していたのも納得です、酒質も似た部分ありますしね。
 
 さて、こちらはワイン酵母を利用しながら、お米を使ったれっきとした日本酒です。
 最近ワイン酵母を利用する蔵が増えてきた印象がありますが、鳳凰美田のこのお酒はその先駆者といえるでしょうね。


 上立ち香はちょっと甘さ混じりで華やかな印象の吟醸香がほどほどに。
 含むと、透明感のある旨味がスルリと入ってきて、独特な酸味で輪郭を保ちながら自然に染みこんできます。
 旨味は、基本的に甘味と酸味がせめぎ合って絶妙なバランスを保つ感じで、兎に角味わいがキレイな印象が残ります。
 後味は酸味でキレイさを保ったまま、自然にキレます。

 何とも独特な酸味としっかりとした旨味があり、かつ全体的に透明感とバランスの良さを感じるお値段以上のお酒でした。
 ワイン酵母を使った日本酒の中でも、やはり一歩二歩先を行く完成度だと思います、個人的には鳳凰美田の中でも特に好きなスペック。
 決して安いお酒ではないのですが、その上を行く感じですね、十分な満足感があります。
 鳳凰美田は今後もいろいろなスペックを試していきたいと思いました。

20150705155802876.jpg  20150705155815862.jpg

名称:鳳凰美田 「WINE CELL」 純米吟醸 26BY
精米歩合:55%
酒米:不明
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:小林酒造株式会社
購入価格(税抜):1,800円/720ml
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2015年08月27日 栃木の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

鳳凰美田 「WINE CELL」 純米吟醸 無濾過生詰

本日の家飲み 鳳凰美田 「WINE CELL」 純米吟醸 無濾過生詰

fc2_2013-09-07_11-11-45-484.jpg  fc2_2013-09-07_11-12-50-813.jpg

 栃木の実力派銘柄、鳳凰美田の新しい試みのお酒です。
 名前通り、仏国の友情蔵のワイナリーより提供された「ワイン酵母」を使って醸されたお酒だそうです。
 見た目からしてワインらしいデザインですね。

 鳳凰美田はもはや地酒界では確固たる地位を占めていると思うのですが、それでもこういう大胆な試みを続けるということに、尊敬の念を覚えます。
 個人的には「新政」とか「来福」とかも積極的チャレンジを欠かさない蔵元さんというイメージがあります(もちろんここだけに限りませんが)。
 「伝統的味わい」を堅持する蔵元さんの姿勢にも敬意ははらいますが、私は新しい日本酒を指向するお酒の方が断然好みです。

 上立ち香は、酸を感じる爽やかな吟醸香がそこそこに。
 含むと、やっぱり白ワインを想起してしまう、酸味で引き締まった綺麗な旨味が輪郭を保ったままきます。
 面白いことに、最初の一口は酸味がメインに感じるのですが、飲み進めると米の旨みも強く感じます。
 キレは、酸味のスッキリさで、バッチリキレます。

 また、ラベルの記載通り、常温に近づくと旨味が開いてくる感があります。
 味が開ききると、最初とは全く違った、正統派日本酒の味わいに感じられるのがまた面白い。

 飲むたびに色々な表情を見せてくれる、面白い個性派酒でした。
 新しいチャレンジをしながら、これだけ完成度の高いお酒に仕上げるところに蔵元の実力を感じます。
 鳳凰美田の地位は当分揺るがないであろうことを、思い知らせてくれるような一本でした。

fc2_2013-09-07_12-47-06-426.jpg

名称:鳳凰美田 「WINE CELL」 純米吟醸 無濾過生詰
製法情報:無濾過 生詰 
精米歩合:50%
酒米:山田錦
アルコール度:16%
酵母:ワイン酵母
日本酒度:不明
蔵元情報:小林酒造株式会社(栃木県小山市)
製造年月:2013/8(24BY)
購入価格(税込)1,785円/720ml
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2013年09月12日 栃木の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

鳳凰美田 しずく絞り斗瓶取り 純米吟醸 若水 無濾過生酒

本日の家飲み 鳳凰美田 しずく絞り斗瓶取り 純米吟醸 若水 無濾過生酒

fc2_2013-01-29_19-36-50-452.jpg

 ネット上などでの個人的な印象として、鳳凰美田は獺祭やまんさくの花と同様の万人向け銘柄という評価を得ていると感じがします。
 昨年髭判(亀粋)や碧判(若水)を頂き、自分も同じ感想を持ちました。

 後、鳳凰美田はキャップの絵が格好いいですね。
 銘柄の象徴がフェニックスというのはなんというかイカしてます。
 龍力や辰泉のドラゴンに匹敵するかと。

fc2_2013-01-29_19-40-32-484.jpg

 上立ち香は、うおっとひるむぐらい濃厚なマスカット系の吟醸香。
 私は香り高いお酒も好きで良く飲みますが、これほど強烈なのは珍しいです。
 含むと、その香りが若干の甘味と渋味を伴い口の中に広がるような印象を受けます。
 最初の一口はちょっと香りがキツすぎるようにも思えましたが、飲み進み、温度も上がってくるに従って多少柔らかくなってきました。
 後味は、さすがのしずくという感じで、仄かな渋味を残してスッキリキレます。

 おそらく新酒の生だからだと思いますが、同じ米を使っている碧判と比べて若干クセがあった印象です。
 まあ、あくまで美田の中での比較なので、単体では十分美味しいお酒だと思います。
 後、個人的には2日目の方が味わいが落ち着いてきて好印象でした。

fc2_2013-01-29_19-37-11-030.jpg

名称:鳳凰美田 しずく絞り斗瓶取り 純米吟醸 若水 無濾過生酒
製法情報:無濾過生酒
精米歩合:55%
酒米:若水
アルコール度:16~17%
酵母:不明
日本酒度:+3
蔵元情報:小林酒造株式会社(栃木県小山市)
製造年月:2013/1(24BY)
購入価格(税込)1,575円/720ml
お気に入り度:7.7/10 

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2013年01月30日 栃木の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |