飛露喜 特別純米 無濾過生原酒 28BY

本日の家飲み 飛露喜 特別純米 無濾過生原酒 28BY

20161226122303581.jpg  20161226122314831.jpg

 福島県会津坂下町のお酒です。
 ブログでの紹介は4回目ですね。

 年内最後の更新ということで、スペシャルなお酒のご紹介です。
 飛露喜については、最近特殊事情で買えた特別純米火入れ比較的入手しやすい特撰純吟(現純米大吟醸)を紹介しております。
 が、自分にとってのド本命であるこの特別純米無濾過生原酒については前回が24BYの時ですので、実に4年振り、悲願かなっての今回の家飲みとなりました。

 飛露喜については蔵元が頑なに一升瓶オンリー(一部高級品除く)の出荷を続けていることもあって、入手が本当に難しいんですよね…、加えて他の入手困難銘柄と比べて転売対策が甘い印象があり、そっち系の酒屋で大量にプレミア価格で売られてしまっているのも悲しいところ。
 ギャザリーのまとめでも書きましたが、保管状況もよくわからない転売プレミア酒に手を出すぐらいなら、ちゃんとした居酒屋さんでじっくりといただくことを、繰り返し強くオススメいたします!
(仕様により当ブログの広告バナーにたまに出てきてしまうのはご勘弁ください…)

 閑話休題、スペックは相変わらず精米歩合55%ですね、それ以外の情報はラベル上ではよくわかりません。
 特別純米火入れや泉川ふな口は最近ラベルのカラーリングが変わりましたが、この無濾過生原酒は白紙にスミの筆文字記載と相変わらず。
 佇まいにオーラを感じてしまうのは私の思い入れ故にでしょうか…


 上立ち香はスッキリフレッシュな酸と若干のバニラを感じる香りがそこそこに。
 含むと、フレッシュかつ程よい口当たりの旨味がゆっくりと入ってきて、少々遅れて裏方に顔を出す渋味で見事に輪郭を整えつつ、最後まで存在感を保ちつつ染みこんできます。
 味わいは、結構酸渋が立ちつつも、やはり芯に上品な甘旨味があって、芳醇ながら全体としては透明感も感じるほどにキレイにキチンとまとまっている印象を受けます。
 後味はその酸渋が、意外なほどに優しく引き取って、バッチリキレ。

 完成された一つの味わいの世界を感じさせてくれる、無濾過生原酒として極めて完成度の高いお酒でした。
 この銘柄・このスペックならではの魅力をビンビンに楽しめるものでしたね…、この味わいでこのお値段というのはやっぱり異次元のコスパです。
 「無濾過生原酒」というカテゴリの第一人者として、まだまだ他の銘柄が追いつけていない境地にあると思いますね…、やはり飛露喜の真骨頂はこのスペックにあるかと。
 本当はこのスペック増やしてほしいんですが、火入れこそ飲食店向けに安定供給しなくちゃいけないから、難しいんだろうなあ…、せめて四合瓶出してくれればなあ…。
 来年も飲みたいなあ…、飲めるかなあ…、祈るしかない今日この頃でした。


 開栓後は、一口目はちょっとインパクトが弱まって、甘味も引っ込んだかな…と思いきや、二口三口と飲み進めると、やっぱこのバランスがベストなんだな…、と思わせてくれる懐の深さを感じます。
 これは舌が飲み慣れるのと、若干の温度上昇も影響しているでしょうね、玄妙ともいえるバランスかと。
 (と、書いてから気が付いたのですが、4年前も似たようなコメントをしてました、このお酒の安定感を示していますね。後、私の感性もブレて無いことがわかってちょっと嬉しい。)
 ただ、流石に最後の1、2合になると生原酒なだけに若干崩れる(渋過ぎ)気もするんだよなあ、やっぱり個人向け四合瓶も出して欲しい気が致します…

20161226122324615.jpg  20161226122333977.jpg

参考:「20代から始める日本酒生活」さんの同スペックの記事
http://sakepana.blog.fc2.com/blog-entry-31.html

名称:飛露喜 特別純米 無濾過生原酒 28BY
精米歩合:55%
使用米:不明
アルコール度:17度
日本酒度:不明
蔵元情報:合資会社廣木酒造本店
購入価格(税抜):2,600円/1,800ml
お気に入り度:8.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年12月31日 福島の日本酒 トラックバック:1 コメント:2

飛露喜 特別純米

本日の家飲み 飛露喜 特別純米

20160909100238498.jpg  20160909100247086.jpg

 福島県会津坂下町のお酒です。
 ブログでの紹介はようやく三回目。

 入手困難銘柄の一つ、飛露喜です。
 このお酒に関しては現状入手ルートを確保できておらず、数年買い逃していたのですが、たまたま今回その機会が巡ってきたので、迷わず購入しました。
 実をいうと、通販で他の銘柄を発注したときにお店側都合による欠品が生じて、その埋め合わせで入れてもらったものだったりします。
 酒屋さんと仲良くしておくとこういうときにお得ですね。

 ところで、当ブログでは最近購入先の酒屋さんを記載していますが、入手困難と私が思った銘柄に関しては伏せるつもりです。
 これは別に意地悪がしたいわけでなく、転売屋の情報源になることが嫌ということ、お店に問い合わせが行って負担になるのが怖いこと、できればあまり入手困難銘柄ばかりに飛びついて欲しくないこと、などが理由です、あしからずご了承ください。

 さて、スペックは通年商品の特別純米(恐らく生詰)、実は初めての家飲みです。
 無濾過生原酒はマイ殿堂入りとしているぐらいに惚れ込んでいる私ですが、実はこちらの生詰にはそんなに強い思い入れが無かったりします。
 外飲みで他のお酒と飲み比べると、どうしてもインパクト不足に感じるんですよね、飲むお酒に迷った時に鉄板酒として選ぶような存在かな(当然プレミア価格でない前提)。


 上立ち香は実は結構個性的だと思う、白ワイン的な果実香がそこそこに。
 含むと、、程よく落ち着いた感じの奥深い甘旨味が力強く入ってきて、ほんのりとした渋みを伴いバランスを保ちつつゆっくりと染みこんできます。
 味わいは、マスカット的な透明感のある甘旨味が主役、そこに独特な渋みが絡みつくことでやっぱりワインを髣髴とさせる独自の世界を創り出します。
 後味はその渋みが引き取ってグっとキレます。

 強烈に主張するわけではないながら、はっきりとした「飛露喜イズム」という個性を感じる、高完成度のお酒でした。
 いやあやっぱり安定感ありますね、正直「無濾過生原酒に比べたらつまらないだろうなあ」という先入観をバリバリに持ったままいただいたのですが、家飲みでじっくりやると、なかなかどうして十分楽しめました。
 このお酒がこの値段というのはやはり破格でしょう、本当は4合瓶も出して少しでも家飲みし易くして欲しいなあ…
 飛露喜の実力を改めて感じた一本でした。

20160909100255422.jpg  20160909100303351.jpg

名称:飛露喜 特別純米
精米歩合:55%
酒米:不明
アルコール度:16度
日本酒度:不明
蔵元情報:合資会社廣木酒造本店
購入価格(税抜):2,600円/1,800ml
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年10月06日 福島の日本酒 トラックバック:1 コメント:2

飛露喜 特撰純米吟醸

本日の家飲み 飛露喜(ひろき) 特撰純米吟醸

 fc2_2014-05-24_21-52-12-963.jpg  fc2_2014-05-24_21-52-39-153.jpg

 福島県会津坂下町のお酒です。
 家でも外でも何度も頂いている、マイ殿堂入り銘柄ですね。

 飛露喜の味わいとその入手困難さについてはここでまた繰り返すこともないでしょう。
 個人的に毎年一本は飲みたいと思っているのですが今年は無濾過生原酒を入手失敗してしまい、寂しい思いをしていました。
 そんなとき、たまたま某酒屋さんで一人一本限定販売(もちろん通常価格)しているところに出会い、小躍りして購入した次第です。

 こちらは飛露喜には珍しく四合瓶で詰められている少し高価格帯の商品で、以前より一度じっくり飲んでみたいと思っていました。
 いつもは買わないようなお値段なのですが、なんといっても飛露喜なのと丁度引っ越しのタイミングだったので自分へのお祝いということで奮発した次第です。
 スペック的には山田錦の麹40%磨きなので、実質純米大吟醸クラスといっていいでしょう。
 生ではないのですが要冷蔵の記載はありますね、火入れ時期・回数などの細かい部分はラベルからはわかりませんでした。

fc2_2014-05-24_21-51-29-642.jpg  fc2_2014-05-24_21-51-49-939.jpg

 上立ち香は、非常にバランスの良い吟醸香が強めに。
 含むと、非常に柔らかい口当たりの、濃厚ながら非常にバランスの良い旨味が、非常に素直な感じで入り込んできて、自然に広がります。
 旨味は飛露喜らしい芳醇な甘酸味が主役のバランスの良いもので、とにかく雑味が全くない、研ぎ澄まされた完成度を感じさせます。
 後味は打って変わってアルコールの刺激で力強くキレます。

 いつも以上に月並な表現を連発してしまうほど、クセのない完成度の高い美酒でした。
 火入れでこれだけ芳醇な味わいを醸せるのはやはり凄いと思います。
 香りが良いのはもちろん、やっぱり旨味が良いですね…。
 値段は張りますが、贈答品にありがちなこの価格帯でも出色の出来のお酒だと思います。

 開封後一日ぐらいは、旨いこと味が載ってくる感じなのですが、それ以上はアルコール感が出てきてちょっと崩れるかな…。
 個人的には、勿体無いとか思わずに記念の日にでも一気に飲んでしまうのに向いていると思います。

fc2_2014-05-24_21-52-58-904.jpg

名称:飛露喜 特撰純米吟醸
精米歩合:麹40% 掛50%
酒米:山田錦
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:合資会社廣木酒造本店(福島県河沼郡会津坂下町)
購入価格(税抜):2,500円/720ml
お気に入り度:8.3/9.0(値段が値段なので…)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2014年07月11日 福島の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

プチ外飲み雑記2

 最近もちょろちょろと外飲みはしているのですが、話題のネタ切れ&他記事に時間を取られて更新できずにおります。
 まああまり貯めるとさらに更新できなくなるので、ここで再訪分をメモ程度に記録させてください。

 まず、もうずいぶん前ですが四谷三丁目「日がさ雨がさ」さんにお邪魔してきました。
 ここの良さについては何度も書いているので、細かい話はちょっと割愛…。
 
 飲んだ銘柄リストは、みすず・風の森・温羅・而今・こんな夜に・美酒の設計・穏座(都美人)・十六代九郎右衛門・辻善兵衛・三千櫻・南方・天遊林・勢正宗。

ラベル写真はこんな感じです。

fc2_2013-07-28_14-59-32-301.jpg

fc2_2013-07-28_15-00-03-588.jpg

fc2_2013-07-28_15-01-39-861.jpg

fc2_2013-07-28_15-02-14-494.jpg

fc2_2013-07-28_15-02-46-597.jpg

fc2_2013-07-28_15-03-23-095.jpg

 ここのプレミアム飲み放題を頼んだ時は、遠慮なく純米大吟醸クラスをいただくことにしております、中でもこんな夜に満月は鉄板のセレクト。
 ただ、今回一番印象に残ったのは三千櫻のひやおろし23BYだったかな、極めてまろやかに熟成した感じで、個性もある旨酒でした。
 それから、都美人もちょっと個人的に注目したいなということ、私はやっぱり風の森好きなんだなあということ、がこの日の記憶として残っています。
 

 後、これは割と最近ですが、銀座「酒の穴」さんにも再びお邪魔しました。
 前回は気が付かなかったのですが、ここは各席に燗酒機が備え付けられています。
 居酒屋で、自分で温度調節しながら飲めるというのはなかなか面白いですね。

 飲んだ銘柄リストは、鍋島・栗駒山・豊盃・鳥海山・而今(千本山田・9号)・嘉門・飛露喜・鳳凰美田・山間。
 随分と無難なセレクトになってしまったような…。

 ラベルはこんな感じ。

fc2_2013-09-12_08-57-44-756.jpg  fc2_2013-09-12_08-58-10-803.jpg

fc2_2013-09-12_08-58-32-755.jpg  fc2_2013-09-12_08-58-55-102.jpg

fc2_2013-09-12_08-59-15-575.jpg  fc2_2013-09-12_09-24-28-053.jpg

fc2_2013-09-12_09-24-53-978.jpg  fc2_2013-09-12_09-25-18-060.jpg

 今回一番印象に残ったのは、なんといっても飛露喜の特撰純吟でした。
 ちょっとお高めでしたが(プレミア価格ではない)、やっぱり凄いお酒ですね…。
 ここが凄い!という感じではなく完成度が高くて全体的に旨い、こういうお酒は外飲みの時に浮き上がってきます。

 前も書きましたが、ここは本当にメニューに載っていないお酒が多いので、店員さんに聞くなり冷蔵庫見せてもらうなりして選択肢を増やすことを強くオススメします。
 ちなみに特撰純吟や山間はそんな感じで見つけました。

 今回はこんなところで。
 実は現時点でまだ数件分のストックがあったりして…、ちょっと飲み過ぎかしらん。
 まあ一応、外飲みの翌日は基本的に休肝日にしているのですが。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2013年09月13日 外飲み記録 トラックバック:0 コメント:0

外飲み雑記in麹町1 「麹町市場」

 先日麹町の創作和食料理中心の居酒屋、「麹町市場」に男友達と二人でお邪魔してきました。
 私は何度かお邪魔しているのですが、今回はタイミングの関係で結構間が空いた後の訪問です。

 このお店は地下にあるのですが、ゆったりと落ち着いた雰囲気で全体的に洒落た感じで飲める所です。
 今回もお通しがジャガイモの冷スープ(ビシソワーズというやつでしょう)と、いきなりお洒落な一品でした。
 また、最初に頼んだマグロのユッケもアボカド付きでセンスが良い感じ。
 もちろん味も美味しかったです。

fc2_2013-07-22_12-03-17-339.jpg  fc2_2013-07-22_12-05-00-284.jpg

 で、肝心の日本酒ですが、これも非常に充実しています。
 メニューにもかなりの数が列挙されているのですが、冷蔵庫にもマニアックなものがちらほらと…。
 今回飲んだ銘柄を列挙すると、
 残草蓬莱、山間、龍神丸、十四代、獺祭、村祐、上喜元、而今、MUNEMASA、竹鶴、九頭龍、飛露喜、田酒、巌、黒龍、でした。

 印象に残ったお酒はまず、龍神丸 純米吟醸生原酒50 21BY。
fc2_2013-07-22_12-13-19-407.jpg  fc2_2013-07-22_12-12-52-923.jpg
 もやしもんで取り上げられたこともあり、かなり注目を集めていた銘柄ですが未飲でした。
 高垣淳一杜氏が2010年に亡くなられ、もう飲むことはできないのか…と思っていたので驚きの出会いです。
 味わいは流石に熟成感がありましたが、とてもきれいな熟成で、大事に保存されていたんだなあと思わせるものでした。

 次に、MUNEMASA 純米吟醸-15。
fc2_2013-07-22_12-14-41-880.jpg  fc2_2013-07-22_12-15-21-398.jpg
 「酔っても旨い 九州S-1グランプリ 2012」にて、40蔵の中でグランプリを取ったお酒です。
 この大会は一般公募のお客さんがブラインドで評価するというガチバトルらしく、そこでのグランプリは一目おけるのではないかと。
 日本酒度-15の看板に負けない太い甘旨みがありつつ、決してダレず崩れずという今風の旨酒でした。

 次に、飛露喜 純米吟醸 山田穂
fc2_2013-07-22_12-16-19-064.jpg  fc2_2013-07-22_12-16-50-748.jpg
 山田錦の収穫量の関係で今年特別に仕込まれたという一品です。
 話には聞いていたのですがなかなか見ることもなく諦めていたところ、今回冷蔵庫に入っているところが見え、ちょっとお願いしたところ店長決定で出してくれました(すみません…)。
 特別なインパクトは無かったものの、いつもの飛露喜の純米吟醸の延長線上にある、美酒だったと思います。

 極めつけは、ラストに「芳醇系でオススメのやつを持ってきてください」との要望に応えてくれたお酒達です。
fc2_2013-07-22_12-17-49-839.jpg
 ここで田酒の純米大吟醸とは、スゴイの持ってくるなあ…と思ってしまいました。
 しかも山田錦のお父さん「短稈渡船」とお母さん「山田穂」を使ったレアモノです。
 このクラスの田酒は流石に文句なしで美味しいですね、先入観もあるとおもいますが短稈渡船は男酒らしい凛々しい旨味、山田穂はやさしい旨味がしたように思えます(好みは山田穂)。
 
 また、一番左のラベル無しのお酒は普通は出てこない「黒龍 いっちょらい」の生酒とのこと。
 大手蔵のアル添吟醸なわけですが、これがくやしいことにうまかった…。
 比較用に持ってきてくれた普通のいっちょらい(このサービスがまたにくい)と比べて、明らかに芳醇で私好みでした。
 
 他のラベルはこんな感じ。
fc2_2013-07-22_12-05-32-973.jpg  fc2_2013-07-22_12-12-18-658.jpg

fc2_2013-07-22_12-14-03-729.jpg

fc2_2013-07-22_12-15-49-447.jpg  fc2_2013-07-22_12-18-37-896.jpg

 いつにもまして長い記事になってしまいましたが、それほどに印象に残るお酒が多い一夜でした。
 私は毎晩良いお酒を家でもいただいているので、外飲みではそこに加えて思いがけない美酒との出会いという「サプライズ」が欲しいと思っていますが、今回はそのサプライズに満ちたひとときでした。
 お酒と料理のレベルに比べてお勘定も明らかに控えめで、大満足です。

 …ただ、翌日は珍しく二日酔いでダウンしてしまったのが玉に傷だったりしますが…。
 普通は残らないんだけどなあ、やっぱり最後にアル添飲んじゃったのが原因かしら。
 
 ともあれ、また近いうちにお邪魔したいと思います。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2013年07月23日 外飲み記録 トラックバック:0 コメント:0

飛露喜 特別純米 無濾過生原酒

本日の家飲み 飛露喜 特別純米 無濾過生原酒

 fc2_2013-03-07_19-04-59-525.jpg  fc2_2013-03-07_19-05-26-879.jpg

 言わずと知れた飛露喜です。
 喜ばしいことに今年もなんとか無濾過生原酒を確保することができました。

 自分にとって飛露喜は獺祭と並び、日本酒飲み始めたきっかけとなった特別な銘柄だったりします。
 獺祭でこの道に入り、飛露喜で抜けられないほどにどっぷりとはまってしまったという感じですね。
 昨年特約店さんのネット通販に張り付いて、売り始めから1分で売り切れのところを入手できた、特別純米無濾過生はうまかったなあ…。
 自分の無濾過生原酒志向を決定づけた思い出深い1本だったと思います。

 さて、24BYはいかがでしょうか。
 
 上立ち香はフレッシュな、アルコール混じりで甘めの果実香といった感じ。
 含むと濃厚で心地良い、フレッシュな甘旨味と新酒らしい苦味がじんわりと広がってきます。
 旨味はなんともバランスが良い感じで、白ワインを思わせる上品さと透明感があります。
 最初は少し苦渋が強いかなとも思ったのですが、杯を進めるとうまいこと違和感が消えました。
 やっぱり「ああ飛露喜だなあ」と思わせる完成度ですね…。
 後味は渋味と若干の辛さを感じさせつつ、バッチリキレます。

 飛露喜は今年もブレずに旨いです。
 明確で濃厚でありながら上品さを感じさせる旨みに、今回もメロメロにされてしまいました。
 ただ、無濾過生原酒は生詰に比べ甘味も濃厚で苦渋味もはっきりしているため、食中酒指向の人には合わないかもしれません。
 私は断然無濾過生原酒派ですが。

 どうでもいい話ですが、私はこのお酒を飲む数日前に牡蠣にあたってしばらく寝込んでいました(ブログは書き溜めた記事で更新)。
 病み上がりにこういう芳醇酒を飲むのはどうかなあという危惧もあったのですが、杞憂でしたね。
 五臓六腑に沁みわたるとはこのことです、酒飲みは健康であることが最も大事だと、痛感した今日この頃でした。

fc2_2013-03-07_19-05-50-378.jpg

名称:飛露喜 特別純米 無濾過生原酒
製法情報:無濾過生原酒
精米歩合:55%
酒米:山田錦・五百万石
アルコール度:17%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:合資会社廣木酒造本店(福島県河沼郡会津坂下町)
製造年月:2013/1(24BY)
購入価格(税込):2,552円/1800ml
お気に入り度:9.0/9.0 (マイ殿堂入り)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2013年03月09日 福島の日本酒 トラックバック:1 コメント:2

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |