霧筑波 本生特別純米酒

本日の家飲み 霧筑波 本生特別純米酒

20150705151925302.jpg  20150705151938970.jpg

 茨城県つくば市のお酒です。
 家飲み、外飲み含めたしか初めていただきます。

 ネットの評判のを見る限りですが、個人的に霧筑波には「知る人ぞ知る地酒」というイメージがありますね。
 自分のようなマニアでも、地元消費がほとんどを占めるような地方の銘酒を見つけ、実際に購入するまでにはかなりの苦労があります、昔はもっと大変だったことでしょう。
 現在、地方の日本酒消費が落ち込み、首都圏に販路を求めている蔵が増えていると聞きますが、そのおかげで飲める銘柄が充実していると考えると、自分にとってはありがたいことなのかもと思うことも…
 もちろん蔵元さんにとっては大変な状況でしょうし、そもそも廃業の危険もあるので難しいところなのですが。

 閑話休題、こちらのお酒はラベルに絵画が使われているのが目を引きますね。
 作者の「服部 正一郎」氏については、蔵元ホームページにも記載がありました

20150705151951228.jpg  20150705152001961.jpg

 上立ち香はフレッシュで濃い目の吟醸香がそこそこに。
 含むと、ほどほどの濃度ながら存在感のある旨味が、表面に薄い膜を貼ったかのようにスルリと入ってきて、その勢いのまま喉奥に流れ込んで行きます。
 旨味は、フレッシュフルーティーながら、いぶし銀のように苦味が仕事をして、なんというか伝統を感じさせます。
 後味は、仄かな苦味を舌に残しながらスッキリとキレます。

 今風のお酒の魅力と、良い意味での渋さの両方を感じる飲み飽きないお酒でした。
 確かに十分な存在感があるのですが、やっぱり原酒で飲みたい気もするなあ。
 もしくは、開栓後もへたれない系の予感がするので、外飲みで真価を発揮するのかも。
 霧筑波、次はとりあえず山廃もいただいてみたいと思いました。

20150705152012593.jpg  20150705152023055.jpg

名称:霧筑波 本生特別純米酒
精米歩合:55%
使用米:五百万石
アルコール度:15%
蔵元情報:合資会社浦里酒造店
購入価格(税抜):1,411円/720ml
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 霧筑波 純米

2015年07月24日 茨城の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |